「品質」にこだわるオフショア開発で国内外問わず多彩なアプリを提供

アットマークカフェ(アットマークカフェ株式会社)

上質なオフショア開発を目指し、ベトナム支社を立ち上げ

ーーサービス立ち上げの経緯を教えてください。

山本:私はもともと外資系企業でエンジニアとして勤務していたのですが、その中で常々感じていたのが「日本では今、エンジニアの絶対数が不足している」ということ。開発プロジェクトにおけるコストも必要以上にかかっていることが多いと感じていました。その後2006年に当社を設立してしばらく経った頃、ベトナム人のエンジニアと知り合う機会があり、それがきっかけでベトナムと連携したオフショア開発をスタートしました。当初は現地の下請け企業に開発業務を発注するスタイルをとっていたのですが、どうしても日本から見ると海外の開発環境はブラックボックスになりがちで、品質管理が難しい部分がありました。そこで3年ほど前からは当社のベトナム支社を立ち上げ、ここを拠点に自社内でのオフショア開発を始めました。

アットマークカフェ01

ーーどのようなシステムの開発を行われているのですか?

山本:スマートフォンアプリを中心に、Webシステム、業務系システムなど幅広いシステムを開発しています。

ーー主なユーザー層を教えてください。

山本:現在、特に多いのは「自社サービスを持っているが、それを開発・運営するためのエンジニアの人手が足りない」という企業ですね。長期的に安定した開発リソースを確保したいというお客様向けには、ベトナムの開発チームの一部をお客様の専任チームとしてご利用いただける「ラボ型開発」もお勧めです。

トップクラスの人材を集結させ、高い品質基準を実現

アットマークカフェ02

ーーサービスの強みを教えてください。

山本:オフショア開発というと真っ先にコストメリットが挙げられることが多いのですが、実は当社は一般的なオフショア開発と比べると、やや料金が高めとなっています。一般的にベトナムのオフショア開発の相場は日本の3分の1程度と言われていますが、当社は日本の2分1程度といったイメージですね。1人月30万円~50万円ぐらいでしょうか。「コストだけで勝負したくはない、日本に負けない品質のサービスをきちんとお客様に提供したい」というのが、私たちのポリシーなのです。

ーー品質を高めるためにどのような工夫をされているのでしょうか。

山本:第一に、人材です。当社のベトナム支社で働いているエンジニアは非常に優秀で、日本の東京大学、大阪大学、東京工業大学といった一流大学に国費留学していたメンバーが何人もそろっています。日本語によるコミュニケーションも円滑にとれますし、日本のシステム開発における品質基準も十分理解しているので、複雑な案件におけるお客様との意思疎通も問題なくできます。また、そうした人材がプロジェクトのマネジメントを行っているため、成果物の品質も高いというわけです。

ーー確かに、システム開発における顧客とのコミュニケーションは重要ですよね。

山本:はい。日本のシステム開発では、「出来上がったシステムがお客様の希望していた仕様と違っていた」ということが多いと言われています。当社ではこうした事態を防ぐため、アジャイル型の柔軟な開発スタイルをとっています。たとえば週に1回などのペースで周期的にお客様と打ち合わせを行い、そのつど実際に動くデモ画面を見ながらブラッシュアップをしていく。こうすることで、開発プロジェクトの進行中に仕様の調整・確認がしやすく、お客様のイメージどおりのシステムを仕上げていくことができます。

多言語対応アプリも開発可能

アットマークカフェ03

ーーこれまでの実績を教えてください。

山本:スマートフォンアプリの開発実績としては、数十件というところです。当社ではエンジニア一人で作れるような小規模なアプリは作っておらず、じっくり時間をかけて作りあげていくスタイルをとっています。上場企業からスタートアップ企業まで、お客様の規模はさまざまですね。もともと私が外資系企業の出身ということもあり、外資系企業のお客様も多いですよ。アメリカ、オーストラリア、シンガポール、ドイツなど、さまざまな国の企業とやりとりをしています。多言語対応のアプリや、海外向けのアプリも私たちが得意とするところです。

――今後の展望を教えてください。

山本:現在はベトナムがメインの開発拠点となっていますが、2015年中には東南アジアの他の地域にも支社を作りたいと考えています。将来的には東南アジア全域を開発拠点にしていきたいですね。こうした大きな開発拠点を持つことで、これまで以上に大規模な開発にも対応できるはずですし、お客様が希望するコスト感によって開発拠点を選べる、といったメリットも生まれます。今後東南アジアのインフラが整えば、こうした構想は十分実現可能であると考えています。

アットマークカフェ株式会社<br />
代表取締役 山本 智久 様

アットマークカフェ株式会社
代表取締役

山本 智久 様

1969年10月2日、大阪府出身。外資系企業でエンジニアとして経験を積み、2006年12月にアットマークカフェ株式会社を設立。現在に至る。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

アットマークカフェ

アットマークカフェ

アットマークカフェは、ベトナム、シンガポールの拠点と連携したオフショア開発を展開しています。コスト以上に品質にこだわり、国内開発と同等の上質なスマートフォンアプリ開発を得意としています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。