無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

オフィス清掃会社

あなたの希望に合った
オフィス清掃会社が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

ご紹介件数17万件突破!
続々とご利用いただいてます

 
  • ・5月27日 12:20に見積り依頼 4万円
  • ・5月27日 11:50に見積り依頼 5万円
  • ・5月26日 9:57に見積り依頼 43万円
  • ・5月25日 12:54に見積り依頼 5万円
  • ・5月25日 9:43に見積り依頼 58万円
  • ・5月25日 9:43に見積り依頼 115万円
  • ・5月24日 13:14に見積り依頼 30万円
  • ・5月23日 17:31に見積り依頼 144万円
  • ・5月23日 14:12に見積り依頼 84万円
  • ・5月23日 13:51に見積り依頼 4万円

オフィス清掃会社の選び方

オフィス清掃会社の選び方について、様々な情報をまとめました。オフィス清掃会社選びのご参考にしてください。

オフィス清掃会社の選び方を見る

おすすめのオフィス清掃会社

東京や大阪など地域別のオフィス清掃会社や、定期清掃や業務用エアコンといった特徴別のオフィス清掃会社など、様々な切り口でおすすめのオフィス清掃会社をまとめています。

おすすめのオフィス清掃会社を見る

オフィス清掃のよくある質問

オフィス清掃についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q オフィス清掃中に物損や事故が起きた場合の補償はありますか?
A 万が一に備え保険加入している清掃業者がほとんど、事前に確認しておくこと。
万が一の備品の破損や清掃中の事故に備え、損害保険に加入している清掃業者が一般的です。しかし、補償の内容は業者により異なるので、見積もり請求時に、その業者が損害保険に加入しているか、また、その保険で補償可能な範囲、認定方法などを確認しておきましょう。損害保険に加入していない清掃業者は、価格が安くてもおすすめできません。
Q 機密情報等の管理体制を教えてください。
A 守秘義務なども踏まえたスタッフ教育がスタンダード、情報管理についても確認は必要。
多くの清掃業者では、清掃業務を行ううえで知り得た情報の漏洩や不適切な行動が起きないよう、スタッフの教育や守秘義務の契約を行っています。見積もり請求時に、どのような情報管理を行っているかをご確認ください。また、業者の取引実績、営業年数等も参考に信頼できる清掃業者の選定を行いましょう。
Q 土日や早朝・夜間の清掃は可能ですか?
A 柔軟な対応が可能なケースが多い、割高になる費用なども事前に確認しておくこと。
清掃業者により対応可能な時間帯は様々ですが、多くの場合、発注側の要望に柔軟に対応してもらえるでしょう。しかし、清掃内容に制限があったり、費用が通常に比べ割高になる場合もありますので、見積もり請求時に、希望の清掃曜日・時間帯と清掃内容をお知らせのうえ、ご相談ください。
Q 決まった清掃担当者に来ていただくことは可能ですか?
A 定期的な清掃業務であれば固定のスタッフが派遣されることが多い。
日常清掃の場合、決まった清掃スタッフが担当する場合が多いでしょう。効率的な清掃や、トラブル防止のために、毎回同じスタッフで清掃が可能な業者を選定することをおすすめします。なお、清掃内容や時間帯により清掃スタッフが変動する可能性もありますので、どのような場合に固定の清掃スタッフが担当可能なのかを、見積もり請求時にご確認ください。
Q 清掃内容を変更することはできますか?
A 当初の見積もりから変更する場合には新たな見積もり・契約などが必要。
ほとんどの清掃業者で契約後の清掃内容の変更が可能です。清掃業務を何度か行ってから過不足が見極められるケースが多くあります。変更を行いたい場合は見積もりを請求しなおし、新たな清掃内容の提案を受けてください。そのようなニーズにもスムーズに対応可能な清掃業者を選定しましょう。
Q 清掃時に出たゴミの処理はどのようにされますか?
A 基本は発注企業側での処分となる、別料金で処分、引き取りなどが可能な場合も。
通常、日常清掃で発生したゴミは、発注企業側での処分となります。オフィスや店舗の各ゴミ箱などにあるゴミを集約し、定められた集積所へ運ぶところまでが日常清掃の範囲となる場合が多いでしょう。あとは、事業ゴミとしての処分を行ってください。なお、日常清掃以外の大掃除などを発注の場合は、契約内容により廃棄物の引き取りに応じられる場合がありますので、ご相談ください。
Q 日常清掃の場合は週何日から発注できますか?
A 週一からの少ない頻度でも可能、柔軟な設定が可能な業者も多い。
週1日〜などの少ない頻度でも、日常清掃を発注できる清掃業者は多数あります。ゴミ集め、トイレ掃除は週2回、掃除機がけ、拭き掃除は週1回などのように、清掃内容ごとに柔軟に清掃頻度を設定できる業者もあります。見積もり請求時に、希望の日程、清掃内容をご提示ください。
Q 定期清掃の作業状況の報告は可能ですか?
A 書面や口頭による報告が一般的、しっかりと確認しておくこと!
ほとんどの清掃業者で定期清掃後に書面や口頭による報告が受けられます。日常清掃で対応していない清掃内容になるため、見積もり内容と報告書を照らし合わせ、発注した内容が不足なく行われているか確認しましょう。また、清掃中に設備の不具合などを発見した場合は、すみやかに報告を行うよう依頼しましょう。
Q 除菌・消毒は可能ですか?
A 扉・トイレ・シンク等の除菌が可能、害虫駆除、消毒なども可能な清掃業者も。
多くの清掃業者は日常清掃の範囲内で、扉・トイレ・シンク等の除菌が可能です。また、害虫駆除、消毒は一部の清掃業者で可能です。定期的に害虫駆除や消毒が必要になる飲食店などの場合は、それらの清掃が発注可能な清掃業者に、日常清掃を依頼すると、発注管理や清掃スケジュール調整がスムーズになります。
Q どのような作業が発注できますか?
A 基本的な日常清掃がメイン、その他メニューは業者ごとに確認を。
日常清掃(掃除機がけ、給湯室・トイレ掃除・ゴミ捨て・デスク拭き)、カーペットクリーニング、床ワックス掛け、ガラス清掃、外壁清掃、害虫駆除・消毒、エアコンクリーニングなどが、発注可能な主な清掃サービスです。清掃業者により得意分野や提供していないサービスがあったり、日常清掃に含まれる清掃内容が異なる場合があるので、見積もり請求時にご確認ください。