無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

行政書士事務所

あなたの希望に合った
行政書士事務所が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

ご紹介件数17万件突破!
続々とご利用いただいてます

 
  • ・6月20日 18:17に見積り依頼 5万円
  • ・6月19日 10:37に見積り依頼 10万円
  • ・5月31日 10:08に見積り依頼 3万円

行政書士事務所の選び方

行政書士事務所の選び方について、様々な情報をまとめました。行政書士事務所選びのご参考にしてください。

行政書士事務所の選び方を見る

行政書士のよくある質問

行政書士についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q 行政書士に依頼した場合どのような費用がかかりますか?
A 行政書士の手続きは3000種類以上、正確な金額は相談してから見積もりを。
依頼する内容により異なりますが、基本的には行政書士報酬+各種税・印紙代等実費がかかります。行政書士がおこなう手続きは3,000種類以上あり、それぞれ報酬額が異なりますので、正確な金額が知りたい場合は具体的な相談をおこなったうえで見積もりを提出してもらいましょう。また、依頼内容や金額によっては、分割払いに対応していることがありますので、相談の際にご確認ください。
Q 司法書士とは何が違うのですか?
A 行政書士と司法書士、それぞれの異なる役割
行政書士と司法書士は各種認可・届出などの書類を作成し提出するという点は同じですが、提出先が行政書士は役所、司法書士は司法関係と、異なります。また、司法書士は一定の条件内であれば民事訴訟の代理人となることができます。なお、他士業法に抵触する業務をおこなうことは法律で禁止されています。
Q 相談内容の秘密は守られますか?
A 行政書士は守秘義務が課せられています、喫茶店で話す場合は周囲に注意!
行政書士は法律で守秘義務が課せられており、違反した場合は6ヶ月以上の懲役または50万円以下の罰金に処せられますので、相談内容の漏洩の心配は無いでしょう。ただし、相談する場所が喫茶店や公共のスペースなどの場合、意図せず相談内容が漏れてしまう可能性があるので、込み入った相談は行政書士事務所などでおこなうようにしましょう。
Q 相談は無料ですか?
A 初回や30分まで相談無料の行政書士事務所が多い!
無料で相談を受け付けている行政書士事務所が多いでしょう。ただし、無料なのは初回の相談のみであったり、30分までなどの制限時間がありますので、相談事項は事前に簡潔にまとめておくことをおすすめします。また、自宅や会社、会社の近くの飲食店などに出向いてもらう場合は、別途交通費や出張費がかかることがあります。
Q 行政書士にはどのような業務を依頼できますか?
A 行政書士に依頼できるのは、役所に提出する書類の作成や手続き。
行政書士に依頼できる主な業務は、役所に提出する書類の作成・手続きなどです。具体的には、法人登記や各種許認可申請・届出、契約書・内容証明作成などの業務になります。許認可の申請などは、行政書士により得意分野が分かれているので、実績をご確認のうえ依頼をご検討ください。
Q 許認可申請から認可が下りるまでにかかる期間はどれぐらいですか?
A 急いで許認可申請したい場合は、申請分野に精通した行政書士へ依頼する!
申請する内容や行政庁が多岐にわたっているため一概には言うことはできません。一般的な許認可の場合、標準的な事務処理期間が定められているので、無料相談などを利用して申請内容や自社の状況などを伝え、おおよその期間を確認しましょう。なお、急いでいる場合は、依頼したい許認可の分野に精通した行政書士をお選びください。
Q 行政書士が対応できる内容なのか不明な場合も相談できますか?
A 弁護士・行政書士のどちらに相談すべきかわからなくても大丈夫。
多くの行政書士事務所で相談にのってもらえます。弁護士に相談するものなのか、行政書士に相談するものなのかわからない場合、まずは行政書士の無料相談などを利用してみると良いでしょう。相談の結果、弁護士や他の士業への依頼が必要な場合は、紹介してもらうこともできます。
Q 夜間や土日に相談することはできますか?
A 夜間や土日でも相談可能、自宅や飲食店などに出向いてもらう場合は別途経費が発生。
一部の行政書士事務所で、夜間や土日の相談に対応しています。通常の営業時間外の相談を希望する場合は、事前に日時や場所の調整をおこなう必要があります。相談料、制限時間の確認をおこない、相談事項は事前に簡潔にまとめておきましょう。また、自宅や飲食店などに出向いてもらう場合は、別途交通費や出張費がかかることがあります。
Q 行政書士の対応エリアはどこまでですか?
A 事務所によっては対応エリアあり、エリア外になると出張費を請求される場合も。
基本的には対応できるエリアの制限はありませんが、直接会って相談することも多いため、事務所によっては対応エリアを定めている場合があります。対応エリア外になると出張費などを請求されたり、電話やメールのみでの対応となるので、どうしても遠方に依頼したい行政書士がいる場合以外は、近隣の行政書士を選ぶケースが一般的です。
Q 行政書士事務所を選ぶときの注意点を教えてください。
A 依頼内容に対する明細を見積もり書で明示してくれる事務所がオススメ。
料金面では、依頼内容に対する料金の明細を見積書などで明示してくれる行政書士事務所が良いでしょう。業務面では、専門用語やわかりづらい言い回しをせず、依頼者と同じ目線で対応してくれるかどうかを確認しましょう。また、許認可の申請には得意分野がありますので、その分野の実績を確認してください。