無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

営業代行会社

あなたの希望に合った
営業代行会社が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

ご紹介件数17万件突破!
続々とご利用いただいてます

 
  • ・6月30日 17:46に見積り依頼 120万円
  • ・6月29日 18:46に見積り依頼 3万円
  • ・6月29日 14:13に見積り依頼 595万円
  • ・6月28日 10:00に見積り依頼 1,300万円
  • ・6月27日 16:31に見積り依頼 50万円
  • ・6月22日 16:30に見積り依頼 120万円
  • ・6月22日 16:30に見積り依頼 120万円
  • ・6月22日 13:42に見積り依頼 30万円
  • ・6月22日 11:19に見積り依頼 30万円
  • ・6月21日 14:58に見積り依頼 30万円

営業代行会社の選び方

営業代行会社の選び方をご紹介します。営業代行の契約書や営業代行の商材についてのノウハウもご紹介しています。

営業代行会社の選び方を見る

おすすめの営業代行会社

東京や大阪など地域別の営業代行会社や、成果報酬・成功報酬やBtoBといった特徴別の営業代行会社など、様々な切り口でおすすめの営業代行会社をまとめています。

おすすめの営業代行会社を見る

営業代行のよくある質問

営業代行についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q 予算はどのくらい必要ですか?
A サービス内容、量、報酬体系によって金額は変わる、ニーズに合ったプランの選択を。
営業・販売代行サービスの内容・量、報酬体系により金額は左右されます。お客様側で、依頼する代行の範囲、その営業代行の成果に対し、どれぐらいのコストをかけられるのかをご検討のうえ、見積もりご請求時にご相談ください。ニーズと予算にあったプランが各代行会社より提案されます。
Q 営業代行を委託できる業務の範囲をおしえてください
A アタックリスト作成、アポ取り、訪問営業・契約、アフターフォローなどが一般的。
主に、アタックリスト作成、アポ取り、訪問営業・契約、アフターフォローの代行サービスが提供されています。営業代行会社によっては、発注企業の営業力強化のサポート、マーケティング分野の各種サービスとの連携等も提供可能です。見積もり請求時に営業に対して現在問題と感じていることをご相談ください。
Q 営業代行スタッフに机や電話を用意する必要はありますか?
A 代行会社のオフィスが起点となるため、お客様側での用意は必要なし。
営業代行会社のオフィスが営業の拠点となるケースがほとんどですので、その場合は、お客様側で席を用意する必要はありません。営業代行スタッフが、お客様のオフィスに出向いて代行業務をおこなうことは稀ですが、代行業務を円滑にすすめるために必要であれば、検討できる場合もありますので、見積もり請求時にご相談ください。
Q 営業代行を依頼した際、リスクはありますか?
A ニーズに合ったプラン選定を行う事でリスクは最小限に抑えることが可能。
費用については、商品の特性に応じて、完全成果報酬・固定報酬・複合型報酬等のプランから最適な報酬体系を設定することで、リスクを最小限に抑えることができます。特殊な商材、営業に専門性が必要な商材などは、アポ取りと訪問のみ代行を依頼し、商品説明は自社スタッフが行う等の分業をすることにより、失注リスクを抑えるといった方法も一般的です。
Q 見積もり以上の費用を請求されることはありますか?
A 思わぬ追加料金の請求にならないように事前見積り時にしっかりと確認を。
基本的にはありませんが、トラブル防止のため、見積もり請求時に、金額に含まれている業務の範囲の明細と単価の記載を依頼しましょう。また、その見積もり内容以外の業務が発生する場合は、必ず事前に再度見積もりを提出してもらうことで、思わぬ追加費用を請求されるリスクを減らすことができます。
Q 営業代行を利用するメリットを教えてください
A 採用や教育に関するコスト削減、必要な時にのみ代行費用が発生する点が大きなメリットに!
営業代行会社のスタッフはすでに営業スキルを身につけた人材のため、採用や教育に関するコストが大幅に削減できるメリットがあります。また、必要なときのみ代行費用が発生するため、長期的な人件費の削減にもつながります。また、外部の視点が入るため、自社だけでは解決できなかった問題の解消につながる可能性もあります。
Q 営業代行スタッフの活動拠点はどこですか?
A 打ち合わせなどで訪問するケースはあるももの、代行会社にオフィスが基本的な拠点に。
営業代行会社のオフィスが営業の拠点となるケースがほとんどですが、打合せや報告のためにお客様のオフィスに訪問することもあります。お客様のオフィスに代行スタッフの席を用意する必要は、通常はありません。もし、代行スタッフの常駐を希望する場合は、見積もり請求時にご相談ください。
Q どのような商材でも営業代行は可能ですか?
A ほとんどの商材で対応可能だが、得意・不得意を十分に考慮すること。
営業代行会社ごとに、得意・不得意な分野はありますが、公序良俗に反するものでない限り、商材の内容に関わらず引き受け可能なケースが多いようです。しかし、商材によっては完全成果報酬では代行を請け負うことができない場合もあります。見積もり請求時に商材情報を提供いただけると、市場ニーズを加味した取り組み内容の提案を受けることができます。
Q 報酬形態について教えてください。
A 基本的には3つのタイプに分類、それぞれの特徴を把握することが大事。
一般的に、成果が発生したときのみ報酬が発生する「成果報酬型」、成果が発生してもしなくても同じ報酬が発生する「固定報酬型」、固定報酬分を低く抑えて成果が発生したときに追加で報酬が発生する「複合報酬型」の3つに分かれます。代行会社によって、商材や売り上げ見込みによって報酬形態を設定する場合と、報酬形態がひとつに決まっている場合とがあります。
Q 営業代行を依頼しても成果が発生しなかった場合はどうなりますか?
A 成果報酬なら費用が発生しない事もあるが、固定報酬なら固定分の費用は発生する。
報酬形態が成果報酬の場合は費用は発生しないことになります。固定報酬の場合は決められた固定報酬分の費用が発生します。成果が発生しなかった場合にも、契約期間終了後、なぜそのような結果になったのかのフィードバックをうけ、商材の改善やこれからの営業活動に活かしましょう。