無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

助成金会社の見積比較、特徴や費用相場を知って依頼・相談を|アイミツ

助成金会社

あなたの希望に合った
助成金会社が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

助成金に関する新着記事

助成金に関する新着記事を紹介します。

  • 2021年6月22日
    助成金コンサルティングにおすすめの申請・取得支援会社6選

    助成金コンサルティングにおすすめの申請・取得支援会社6選

    助成金コンサルティングでおすすめの申請支援会社をご紹介。価格や実績、中小企業向けなどを基準に厳選した会社です。助成金コンサルティングの会社選びで失敗しないためのポイントも解説。会社探しに迷われた際は専任コンシェルジュへの相談も可能です。

    コンサルティング
  • 2021年1月12日
    神奈川県のおすすめ助成金会社7選

    神奈川県のおすすめ助成金会社7選

    神奈川県でおすすめの助成金会社をご紹介!神奈川県の助成金会社探しでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

    神奈川県
  • 2021年1月12日
    大阪府のおすすめ助成金会社6選

    大阪府のおすすめ助成金会社6選

    大阪府でおすすめの助成金会社をご紹介!大阪府の助成金会社探しでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

    大阪府
助成金に関する新着記事一覧を見る

おすすめの助成金会社

アイミツおすすめの助成金会社を東京・大阪といった地域、医療・不動産等の業界などに分けて紹介しています。

  • 2021年6月22日
    助成金コンサルティングにおすすめの申請・取得支援会社6選

    助成金コンサルティングにおすすめの申請・取得支援会社6選

    助成金コンサルティングでおすすめの申請支援会社をご紹介。価格や実績、中小企業向けなどを基準に厳選した会社です。助成金コンサルティングの会社選びで失敗しないためのポイントも解説。会社探しに迷われた際は専任コンシェルジュへの相談も可能です。

    コンサルティング
  • 2021年1月12日
    神奈川県のおすすめ助成金会社7選

    神奈川県のおすすめ助成金会社7選

    神奈川県でおすすめの助成金会社をご紹介!神奈川県の助成金会社探しでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

    神奈川県
  • 2021年1月12日
    大阪府のおすすめ助成金会社6選

    大阪府のおすすめ助成金会社6選

    大阪府でおすすめの助成金会社をご紹介!大阪府の助成金会社探しでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

    大阪府
おすすめの助成金会社記事一覧を見る

助成金のよくある質問

助成金についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q 助成金や補助金は本当に返済の必要がないのでしょうか?
A 助成金や補助金を返済する必要はありません。
返済の必要はありません。しかし、創業や研究開発等の経費を補助する助成金は先に経費を使う必要があり、実際に受給されるのは申請から半年後や1年以上先のこともあります。また、申請不備や虚偽報告があると不正受給とみなされ返済義務が生じる可能性がありますので注意が必要です。
Q 助成金や補助金は必ずもらえますか?
A 申請しても受給できない場合も、公募要領を理解して受給する可能性を上げる!
助成金や補助金は申請すれば必ずもらえるというものではありません。しかし、公募要領をしっかり理解し、求める要件を実施することでもらえる可能性は高くなります。
Q 助成金や補助金は何度でも申請できますか?
A 何度でも申し込みできます、ただし同一テーマは厳しい。
一般的には可能です。しかし、同一テーマについての複数申請は制限されることもあります
Q 助成金や補助金は課税対象になりますか?
A 助成金や補助金も課税対象となり、営業外収入として記載。
助成金や補助金はほとんどの場合、課税対象となります。助成金申請を行い、支給された場合には「営業外収入」として決算書に記載する必要があります。(個人事業主で受け取れた場合でも同様です。)経理上は雑収入として計上するため、課税の対象となります。
Q 助成金や補助金が余った場合はどうすればよいのですか?
A 実際に発生した費用を申請、助成金や補助金が余ることはありません。
助成金や補助金は原則として後払いで、発生した費用を申請し、その内容を評価した後に支給されます。そのため、減額されることはあっても余ることはありません。