無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

PR会社

あなたの希望に合った
PR会社が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

PR会社の選び方

PR会社の選び方について、様々な情報をまとめました。PR会社選びのご参考にしてください。

PR会社の選び方を見る

PRのよくある質問

PRについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q PR会社は広告会社とどのように違うのですか?
A ステークホルダー(に対して、企業がPRすべき情報を発信していくのがPR会社。
PR会社は、広告出稿・調整ではなく、パブリック・リレーションズ(Public Relations)の略でステークホルダー(利害関係者)に対して、企業がPRすべき情報を発信していく業務になります。PR会社にも得意分野や業務範囲で種類があり、PRしたい内容や課題によって使い分けることが必要です。
Q 得意とするサービス(領域)は何ですか?
A 得意領域は業者によって様々、自社のニーズに合った選定を。
総合PR会社はPR活動全般(コミュニケーションに関することなら全て)をサポートします。専門PR会社は限られた専門領域に関してのみPR活動を行う為、業界メディア、業界新聞、専門雑誌など強いパイプを持っている場合が多いです。得意とするサービスはPR会社により、様々ですので、詳しくは各PR会社に確認するようにしましょう。
Q ブランド構築とPR業務はどのように関連していますか?
A コンサルティングや企画立案などの側面において密接に関わっている。
PR会社は主に2つの施策をサポートしてくれます。1つは様々なコミュニケーションプランを自社の利益を尊重しながら組み立てるコンサルティングのような側面と、取り上げてもらいたい媒体に取り上げてもらうための企画立案から実行です。この2つともブランディングとは密接に関わっていくものだと言うことができるでしょう。詳しくはPR会社の業務範囲をよく理解することが必要です。
Q 海外でのPRを積極的に進めたいのですが、対応できますか?
A 海外でのPRに精通している得意分野として扱っている業者へ依頼をすること。
PR会社により、得意分野は様々です。特に日本企業の海外PRにおいては、現地に精通したPR会社でない限り、とても難しいものだと言うことができると思います。国やエリアによって、自社のターゲットにアプローチする手法は異なりますし、その手法が日本国内から実施できるかどうかはターゲットにより様々だからです。詳しくはPR会社に確認してください。
Q サービスの品質をどのように高めているのですか?
A 商品の背景などを十分に理解し、ニュース性と絡めることで品質の向上を目指す。
PR会社に最も期待したいことは、ニュース性を兼ね備えた企画に仕上げる力(企画力)です。その商品が必要とされている背景を読み解き、ニュース性のあるシナリオを作成し、時には商品開発段階から関与していくことも求められます。お願いするPR担当者には、「テレビに取り上げられるためのコツ」などではなく、自分なりに情報収集や分析を行い、戦略立案ができる人を選びましょう。
Q どのような業界に対する実績がありますか?
A 業者の規模や実績の規模だけでなく、該当する業界の規模にも注目する必要がある。
PR会社により、過去の実績は様々です。PR会社の選び方として、大手であることや有名であること(企業規模による選定)をあげるケースがありますが、ニュース性の高い企画力勝負であることを考えると、最初は企業単位ではなく担当者単位で信頼がおけるかどうかや、企画力の程度について事前に確認すると良いでしょう。担当者単位で類似事業の担当実績があることで安心して任せることができます。
Q どのような契約形態がありますか?
A 長期に渡るリテイナー契約や短期でのプロジェクト契約などがある。
1〜2年など長期に渡るリテイナー契約、PRしたいプロジェクト単位の契約で、短期契約のケースはプロジェクト契約、取り上げてほしい番組や雑誌への掲載をもって支払う完全成功報酬契約があります。完全成功報酬契約は、発注者側にリスクはありませんが、PR会社側に責任が発生しにくく、結果として取り上げられないままに時間だけが過ぎていってしまうケースもありますので、確実な成果を求める場合にはおすすめできません。
Q PR活動をしたこともなく、知識がなくても大丈夫でしょうか?
A 特に問題はないと言えるが、やはり効果がないケースがあることも念頭に。
PRは広告と違って、売上貢献成果が見えにくいものであり、かつどの程度ネットワークを持っているか、担当者の人脈により結果が左右されるものでもあります。知識がなくても問題はありませんが、PR活動は毎月の固定費を支払っても全く効果が上がらないケースもあり得ることを念頭に契約しなければなりません。
Q どのようなケースにPR会社をお願いすると良いのでしょうか?
A 新製品発表時や事業リニューアルのタイミングなどニュース性を担保するタイミングで。
まず前提として、PRと広告が大きく違うことを前提とすると、PRを依頼するタイミングは新製品発表時や事業リニューアルのタイミングなど、ニュース性を担保していることが必要だと思います。ニュース性のある製品や事業の場合は、それらを伝えていきたいターゲットを明確にしたうえで、PR会社の力で拡散すると、より大きな反応を得ることができるはずです。詳しくはPR会社にご相談ください。
Q 広報担当者がいないのですが、御社にお願いできるものでしょうか?
A 広報担当としての役割もお願いする上では、担当者の人柄なども重要に。
広報担当者がいなくても、PR会社をお願いすることは可能です。中小企業の場合は、むしろ広報担当者としての役割をPR会社にお願いするケースも多くなってきています。PR会社の中でも、広報担当としての役割を果たしてもらうためには、担当者の人柄がとても重要です。発信だけでもなく、受信された問い合わせに対する一次回答を的確に行ってもらえることや、その一次回答について事前にすりあわせすることをお願いしていきましょう。