無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

店舗デザイン会社

あなたの希望に合った
店舗デザイン会社が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

ご紹介件数17万件突破!
続々とご利用いただいてます

 
  • ・5月25日 19:29に見積り依頼 300万円
  • ・5月25日 14:35に見積り依頼 60万円
  • ・5月23日 15:58に見積り依頼 250万円
  • ・5月23日 5:32に見積り依頼 10万円
  • ・5月22日 16:37に見積り依頼 300万円
  • ・5月19日 16:02に見積り依頼 150万円
  • ・5月19日 14:42に見積り依頼 300万円
  • ・5月18日 17:49に見積り依頼 500万円
  • ・5月18日 16:55に見積り依頼 1,500万円
  • ・5月18日 15:49に見積り依頼 200万円

店舗デザイン会社の選び方

店舗デザイン会社の選び方について、様々な情報をまとめました。店舗デザイン会社選びのご参考にしてください。

店舗デザイン会社の選び方を見る

おすすめの店舗デザイン会社

東京や大阪など地域別の店舗デザイン会社や、空間デザインや塗装といった特徴別の店舗デザイン会社など、様々な切り口でおすすめの店舗デザイン会社をまとめています。

おすすめの店舗デザイン会社を見る

店舗デザインのよくある質問

店舗デザインについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q 道路使用許可の申請はお願いできますか?
A 多くの施工会社で申請代行が可能、その費用を含めた見積もりを作成しておくことも重要。
解体や、資材搬入の際に必要になる道路使用許可は、多くの施工会社で申請代行が可能です。また、道路使用許可が降りた場合にあわせて必要になる、道路誘導員の配備も施工会社に依頼可能か確認が必要です。なお、このような工事・解体に付随する業務は、その費用を含めて見積もりに記載するよう、見積もり請求時に依頼しておくと、費用に関するトラブルを防ぐことにつながります。
Q 解体の見積の際に準備しておくことはありますか?
A 図面や解体範囲がわかるもの、あとは納期が分かれば基本的な見積もりは可能。
一般的に、図面、解体範囲がわかるもの、納期があれば解体の見積もりは可能です。多くの場合、運び出す廃棄物の量によって費用が変動するので、費用に対するトラブルを避けるために、必ず解体する現場を施工会社に確認してもらったうえで、見積もりを請求することをおすすめします。
Q 工事可能な時間を指定できますか?
A 要望に応じることは可能だが、通常に比べて高額になることも多いの注意!
施工会社により対応可能な時間は変動しますが、基本的に要望に応じることができます。なお、深夜や早朝などの指定は、通常に比べて高額になる場合があります。あらかじめ、管理会社や所有者、他のテナントと交渉し、工事可能な時間帯を調整のうえ、見積もり請求時にご相談ください。
Q 什器を解体廃棄物と一緒に廃棄できますか?
A 指定がないものの廃棄は別途料金の請求がある場合も、事前に確認を。
見積もり時の現場確認の際、廃棄したい什器を解体範囲として施工会社へお知らせください。見積もり作成時に、解体範囲の指定がないものの廃棄は、後から別途料金の請求がある場合があります。トラブルを避けるために、見積もりで解体内容を確認のうえ、範囲外のものはご自身で持ち出して処分する必要があります。
Q 近隣地域への対策もお願いできますか?
A 共用部分の破損や事故が起きてしまった場合の補償なども併せて確認を。
施工会社によっては、対応可能です。近隣へ工事の告知から、施工の際のゴミ・騒音対策、共用部分の養生、クレーム・事故に発展した場合の対応など、近隣対策の内容と対処方法を事前に確認しましょう。また、共用部分の破損や事故が起きてしまった場合、どのような補償を準備しているかも併せて確認しておくと安心です。
Q 工事開始の際、事前に必要なことは?
A 電気・ガス・水道の停止手続き、解体・廃棄しないものの持ち出し、などが一般的。
電気・ガス・水道の停止手続き、解体・廃棄しないものの持ち出しを工事開始前にするケースが一般的です。なお、これらの準備が工事開始時までに整っていない場合、工期が延び、別途費用がかかる場合がありますので、工事開始日が決まりしだい、すみやかに行い、トラブルを避けましょう。
Q 解体で出た廃棄物は正しく処分されていますか?
A 「マニフェスト」に正しい日付と捺印がされているかどうかを確認すること!
解体作業後、通常数週間で最終処分が適切に終了したことを確認するための「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」という伝票が解体施工会社に届きます。正しく処理されていない場合、お客様側にも責任が及ぶので、「マニフェスト」に正しい日付と捺印がされているかどうかを確認のうえ、コピーを請求しましょう。見積もり請求時に、「マニフェスト」の提出に応じられるかをご確認ください。
Q 工事を行う際、物件オーナー、管理会社へ確認することを教えてください
A 物件によりけり、施工内容の報告や確認は忘れずに!
物件によっては、利用する解体施工会社や内装施工会社が、オーナーや管理会社によってあらかじめ指定されているかの確認を行います。そのうえで、施工会社から提示された施工内容の報告・確認を行ってください。なお、施工内容が物件の賃貸契約に反しないかどうかを、お客様ご自身でもご確認ください。
Q 解体にかかるコストを抑えるコツを教えてください
A 事前に出来るだけ廃棄物減らしておくことがポイント!
一般的な解体の範囲に含まれない廃棄物を、施工前に極力減らすことで、多くの場合コストが下がります。また、内装施工会社に解体から発注できる場合でも、お客様が直接解体施工会社を探して発注することで、内装施工会社の中間マージン分のコストが下がる場合があります。内装施工会社に見積もりを請求する際、解体を含むものと含まないものを提示してもらい、検討しましょう。
Q どのような業務を依頼できますか?
A 利用契約後から内装完成までの一連の業務の依頼が可能です。
対象物件の利用契約後から、内装完成までの一連の業務の全て、または一部が依頼できます。オフィスの内装施工、飲食店の設計・デザインなど、各社で得意分野や実績が異なりますので、発注を検討している業務を展開している施工会社のWEBサイトなどで実績を確認し、イメージに合った施工が可能な会社を探しましょう。