無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

税理士事務所

あなたの希望に合った
税理士事務所が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

ご紹介件数17万件突破!
続々とご利用いただいてます

 
  • ・7月2日 8:20に見積り依頼 5万円
  • ・6月29日 22:59に見積り依頼 36万円
  • ・6月28日 17:45に見積り依頼 24万円
  • ・6月23日 8:40に見積り依頼 5万円
  • ・6月22日 21:10に見積り依頼 18万円
  • ・6月21日 20:36に見積り依頼 30万円
  • ・6月20日 12:40に見積り依頼 10万円
  • ・6月20日 11:15に見積り依頼 30万円
  • ・6月20日 11:15に見積り依頼 30万円
  • ・6月18日 21:38に見積り依頼 31万円

税理士事務所の選び方

税理士の選び方をご紹介します。税理士に依頼するメリットや税理士に依頼する際の契約書についてのノウハウもご紹介しています。

税理士事務所の選び方を見る

おすすめの税理士事務所

東京や大阪など地域別の税理士や、相続や税務調査といった種類別の税理士など、様々な切り口でおすすめの税理士をまとめています。

おすすめの税理士事務所を見る

税理士のよくある質問

税理士についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q 税理士と公認会計士はどう違うのですか?
A 税理士と公認会計士相違点の詳細。
税理士の主な業務は、税金に関する書類作成・申告、申し立て手続きになります。その過程での税務相談や会計処理を、企業側の立場を理解しつつおこないます。公認会計士の主な業務は、企業会計の監査を行うことです。基本的に、監査業務をおこなう場合は監査を受ける企業の要望に応えることはありません。また、公認会計士の資格で税理士業務をおこなうことができます。
Q どの程度の会社の規模から税理士業務を依頼できますか?
A 税理士の実績を確認、得意な分野を把握して依頼する。
基本的に、どのような規模でも税理士に依頼が可能です。ただし、税理士によっては、小規模企業の起業から関わり、事業規模を拡大させていくことに長けている場合と、大企業しか相手にしていない場合があります。また、業種によっても得意・不得意が分かれるので、その税理士の実績などを充分にご確認ください。
Q 利用中の会計ソフトでの会計処理をお願いできますか?
A 依頼主に合わせた会計処理が基本となります。
基本的にお客様の状況に応じた会計処理方法にあわせてもらうことができます。逆に、会計ソフトでの処理がおこなえないような税理士事務所には発注を見合わせる方が賢明でしょう。また、会計ソフトを未導入の企業に対して、導入のアドバイスや提案をおこなってくれる会計事務所もあります。
Q 税務署や国税局出身の税理士だと税務調査時にメリットはありますか?
A 出身にはこだわらず、依頼主の立場を尊重する税理士がオススメ。
税務署や国税局出身の税理士は、税務調査の内容に精通している場合が少なくありませんが、調査官に対して顔が利くので融通してもらえる、などということは期待しない方がいいでしょう。あまり出身にこだわらず、お客様の立場に立って業務をおこなってくれる税理士の方に依頼することをおすすめします。
Q 単発で相談だけ依頼することは可能ですか?
A 単発で相談可能な税理士事務所があります、セカンドオピニオンなどに活用。
顧問契約とは別に、税務や経営に関するアドバイス、融資の支援など、単発で相談が可能な税理士事務所があります。重要な判断の際のセカンドオピニオンとしても活用できるでしょう。なお、相談内容によっては会計情報の開示、相談費用が必要になる場合がありますので、事前にご確認・ご納得のうえ、相談をおこなってください。
Q 個人の相続・贈与・不動産の譲渡に関する税申告をお願いできますか?
A 相続・贈与・不動産の譲渡などの申告は一般的な税理士事務所で対応可能。
一般的な税理士事務所で可能です。のちのちトラブルに発展しないよう、明確な料金表の提示があり、専門用語ではなくわかりやすく丁寧な対応をおこなってくれる税理士に依頼しましょう。また、税理士には守秘義務がありますので、相続や贈与に関する情報漏洩の心配はありません。
Q 公認会計士に経営に役立つようなアドバイスをおこなってもらえますか?
A 企業側に立ってアドバイスをくれる会計士・税理士を選ぶ。
公認会計士の業務は、基本的に企業会計の監査になりますが、その情報をもとに経営に関するアドバイスをおこなっている会計士もいます。ただ、会社の財務状況などからアドバイスをおこなうのは一般的に税理士の場合が多いでしょう。どちらの場合も、企業側の立場に立ってアドバイスをおこなってくれる会計士・税理士をお選びください。
Q 税理士に資金調達のサポートはしてもらえますか?
A 資金調達のサポートは、多くの税理士事務所で可能です。
多くの税理士事務所でサポート可能です。財務状況を把握しているからこそのサポートをタイミング良くおこなってくれる税理士をお選びください。また、お客様の業界に適用できる助成金などの情報に精通していて、積極的に提案してくれるような税理士だと安心して会計処理をお願いできるでしょう。
Q 税理士事務所の規模は大きい方がいいのでしょうか?
A 規模にかかわらず会計処理以外に、的確なアドバイスをくれる税理士を選択。
税理士事務所の規模に関わらず、会計処理以外に、的確なアドバイスを企業側の立場に立ってタイミング良くおこなえるか、小回りが利いて要望に応えてくれるかを重視することをおすすめします。また、企業規模によっては、大きな税理士事務所と契約ができない可能性もあります。
Q 税理士事務所を選ぶときの注意点を教えてください。
A 相談しやすい関係を構築できる税理士事務所がオススメ。
企業の経理部に税理士が在籍するような規模の企業でなければ、料金が明瞭であるか、お客様の業界を把握してアドバイスをおこなってくれるか、様々な要望に応えてくれるかを確認しましょう。また、企業の経営に関わる部分を担ってもらうので、相談しやすい関係を構築できる税理士事務所をおすすめします。