無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

風評被害対策会社

あなたの希望に合った
風評被害対策会社が翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

ご紹介件数17万件突破!
続々とご利用いただいてます

 
  • ・5月9日 19:06に見積り依頼 240万円
  • ・4月28日 13:25に見積り依頼 15万円

風評被害対策会社の選び方

風評被害対策会社の選び方について、様々な情報をまとめました。風評被害対策会社選びのご参考にしてください。

風評被害対策会社の選び方を見る

おすすめの風評被害対策会社

東京や大阪など地域別の風評被害対策会社や、誹謗中傷対策や逆SEO対策といった種類別の風評被害対策会社など、様々な切り口でおすすめの風評被害対策会社をまとめています。

おすすめの風評被害対策会社を見る

風評被害対策のよくある質問

風評被害対策についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q どのようなWEBサイトでも監視できますか?
A 可能な業者もあるがその場合には料金などの確認も必要。確認などのタイムラグがあることも注意!
検索エンジンで表示されるWEBサイトであれば、ほとんどの場合監視可能です。監視により風評被害につながる書き込みを発見した場合は、基本的に削除をするよう働きかけますが、削除ができない場合は、対象WEBサイトを逆SEOと呼ばれる検索結果の表示順位を下げる方法を使い、上位表示させないような対策をおこなうケースがあります。
Q サイト監視サービスは24時間対応していますか?
A 可能な業者かどうかを事前に確認を!
多くのサイト監視サービス提供会社で、24時間の監視に対応しています。しかし、夜間は監視システムによる機械監視のみを提供している場合がありますので、機械監視の場合の連絡体制について、確認しておきましょう。また、夜間もスタッフによる人力監視での対応を希望される場合は、見積もり請求時にご相談ください。
Q サイト監視サービスに依頼したことが外部に漏れませんか?
A 監視する人数・時間数によって、報酬体系は様々。
多くのサイト監視サービス提供会社で、秘密保持契約を締結し、依頼の事実や契約内容が外部に漏れることの無いよう、情報の管理をおこなっています。見積もり請求時に、スタッフの教育やセキュリティーの状態、万が一情報が漏洩してしまった場合の対処方法などをご確認ください。
Q 風評被害の加害者を特定することは可能ですか?
A 事業者と業者で基準を決める、ルールの決定などは慎重に!
風評被害につながる情報が書き込まれた際のIPアドレスなどの情報があれば、それをもとに加害者を特定することが可能です。特定の際に必要な情報が少ない場合は、加害者の特定は難しくなってきます。できるだけ早期に対処することをおすすめします。なお、風評被害につながる投稿の内容が、名誉毀損、信用毀損、業務妨害に該当する場合は、法的手段に訴えることも可能です。
Q SNSでの書き込みも削除可能ですか?
A 制作プロダクションやシステム開発会社がある場合には可能なことも!
Facebook、Twitter等のSNS、携帯電話でのみ利用可能なサービスでも、風評被害につながる書き込みを削除可能です。SNSの特性上、リツイートやシェア機能で一気に書き込みが拡散してしまうことがあるため、対象となる書き込みを発見したらできるだけ早く削除などの対処をおこなうことをおすすめします。
Q 逆SEOサービスとはどのようなことですか?
A 風評被害やリスク管理の観点から欠かせない。
風評被害につながる書き込みが削除できない場合等、根本的な解決ができない場合の次善策として、その書き込みのあるWEBサイトの検索結果表示順位を引き下げることを逆SEOと呼びます。いくつかの他のWEBサイトに対して被リンク等によるSEO対策をおこない、対象WEBサイトより上位に表示させることで、対象WEBサイトの順位を下落させ、目立たなくさせることができます。対象キーワードにもよりますが、一般的に1?2ヶ月程度で効果があらわれるとされています。
Q サイト監視・風評被害対策ではどのようなことをおこなうのですか?
A 内容次第で導入時期は変わる、しっかりと相談、確認を。
サイト監視サービスでは、依頼された企業や個人への風評被害につながる文章や画像などを、人力またはシステムによる監視により発見し、お客様に報告をおこなっています。風評被害対策では、監視により発見したそのようなコンテンツの削除や逆SEO、加害者の特定をおこなっている場合が多いです。サービス提供会社によってサービス範囲が異なりますので、見積もり請求時に発注できるサービスをご確認ください。
Q 風評被害につながる情報が削除されるまでの期間を教えてください。
A 双方にメリット、デメリットがあるのでニーズに合った方を選ぶこと!
削除対象情報が掲載されているWEBサイトの数や、その運営者のポリシーによって異なります。早いものでは1週間以内、数が多くなると半年以上かかる場合もありますので、拡散される前の早めの対処をおすすめします。なお、削除に時間がかかりそうな場合、まずは1?2ヶ月程度で効果のあらわれる逆SEOをおこなうなど、状況に応じた提案を請求しましょう。
Q 風評被害につながるを情報を発見したときの対処法を教えてください。
A 24時間監視や夜間・休日対応などニーズに合わせた選択が必要。
まずはURLを控え、画面キャプチャや画面保存をするなど、証拠を保存してください。風評被害につながるを情報の削除などが個人では難しい場合は、風評被害対策サービス提供会社に証拠を提示し、被害が拡大しないように、早急に削除や逆SEOなどの対策の提案を求めることをおすすめします。
Q 風評被害を流しているWEBサイトはどのように見つけるのですか?
A システム導入が不要な業者もあり、ニーズに合わせた選び方が必要。
スタッフによる人力、またはシステムにより、企業名や個人名にネガティブキーワードを付加して検索し、風評被害につながる情報を掲載しているWEBサイトを発見・報告する方法が一般的なようです。削除等の対処をおこなうかどうかをすみやかに検討するために、発見・報告のタイミングを見積もり請求時にご確認ください。