「ベンチャー」「IT」「グローバル事業」をビジネス視点で手厚くサポート

GVA法律事務所(GVA法律事務所)

ベンチャー企業支援に特化した法律事務所を作るため、開業

GVA法律事務所01

ーー開業の経緯を教えてください。

山本:私はGVA法律事務所を設立する前から、個人的にベンチャー企業、特にIT系企業の案件を請け負うことが多く、こうした仕事に将来性と面白みを感じていました。事務所を立ち上げて独立しようと考えたとき、「せっかくやるなら、ベンチャー支援に特化した法律事務所を作りたい」と思ったのです。ベンチャー企業を支援するということは、必然的にお客様の事業が成長していくことが大前提。お客様の成長を継続的に支援し続けられるような事務所にしたいという設立当初の思いは、今も変わりません。

ーーサービスの主なターゲット層は、どういった企業なのですか?

山本:スタートアップ企業を含め、ベンチャー企業がメインのお客様となっています。中でもIT系は我々の得意分野で、お客様の約7割はIT企業です。たとえば新しくスマートフォンアプリやWebサービスを立ち上げる際、法的に問題ないかご相談いただいたりすることも多いですね。ただし、ITベンチャー以外の案件も多いですよ。たとえば、中堅・大企業が新しくスタートする事業をサポートする場合もありますし、グローバルビジネスも私たちの得意とする分野の一つです。規模に関係なく、「新しい事業に挑戦する企業」を支援するのが、我々の使命だと考えています。

「全体最適の法務サービス」により、ビジネスの成長をしっかりサポート

GVA法律事務所02

ーーサービスの特徴を教えてください。

山本:大きく3つの強みがあると考えています。
まず1つ目は、我々が「全体最適の法務サービス」を提供していること。一般的な法律事務所では、「法務の部分だけを意識したサービス」を行うことが多く、法務的にはベストな提案であったとしても、ユーザーにとって使いにくいものになったり、マネタイズしにくいビジネス設計になってしまったりするケースがあるのです。その点、我々は常にクライアントのビジネスを徹底的に理解し、ビジネス全体を最適化できるような法務サービスを提供しています。

ーービジネス目線での法務サービスを提供しているわけですね。

山本:その通りです。たとえばメールや電話の対応ひとつとっても、クライアントのビジネスに支障が出ないよう迅速を心がけていますし、契約書のチェックなどについても機械的に「OK・NG」の判断を下すだけでなく、ビジネスがうまくいくよう最善のアドバイスをさせていただきます。ひと言で言うと、経営者にとって「非常に話が早い」のが、当事務所の特徴だと思います。

山本:2つ目の強みは、「ITに強い」ことです。当事務所では私も含めて30歳前後の若い弁護士が中心となって活動しており、元IT企業のインハウス経験者などIT業界に精通した者がそろっています。ですから、ITを使ったビジネスモデルを素早く、深く理解した上で法務上のアドバイスができると言えます。
そして3つ目の強みは、海外ビジネスに強いこと。シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム等のASEANを中心に、アメリカ、トルコなど各国の弁護士との間でネットワークを築いているので、グローバル進出する際の法的なご相談にも対応することができます。

創業わずか3年で、顧問数は100以上

GVA法律事務所03

ーーこれまでの実績を教えてください。

山本:現在、創業してから約3年ですが(2015年3月現在)、顧問企業は114社となっています。3年という期間を考えると、嬉しいことにかなりの速さでお客様が増えていると感じています。お客様の中にはIT業界で注目を集めているような企業も多いので、ご興味のある方は当事務所のホームページをご参照ください。
ITベンチャーの事例についてはかなり豊富に蓄積しているので、これを活かしてビジネスモデルそのものに関する積極的なご提案を行えるのも我々の強みです。最近では、国内外のファイナンスやIPO・バイアウトに関するご相談に乗ることも多いですね。

ーー料金についてはいかがですか?

山本:当事務所では明確な料金メニューを用意しており、どれだけ費用がかかるかは必ず事前にわかるシステムとなっていますので、安心してご相談いただけると思います。一般的に、企業法務を専門とする法律事務所はそれ以外の法律事務所と比べて料金が割高になる傾向があるのですが、その相場と比べると、当事務所の料金はリーズナブルだと思いますね。

ーー今後の展開について教えてください。

山本:私たちの理念は、「世界中の挑戦者を支えるインフラになる」というものです。たとえば「これから海外に向けてサービスを作りたい」とベンチャー企業が考えたとき、「GVA法律事務所に依頼すれば世界中のどのエリアに対してでも安心して進出できる」という体制を作りたい。そのために我々が掲げているビジョンが、「2050年・200ヶ国展開」。若く意欲的な弁護士が活躍できる環境づくりにも取り組み、企業の挑戦を力強くサポートしていきたいと思っています。

GVA法律事務所04

山本:アプリビジネス成功への法務戦略 -開発・リリース・運用に必要な法律知識

アプリやウェブサービスの開発・運営で問題となる法規制について解説し、どのように法務リスクを
ヘッジすべきかについてまで、具体的事例を交えてビジネスモデルごとにわかりやすく解説します。
利用規約、プライバシーポリシー、アプリの海外展開などのテーマも網羅的にカバーされており、
アプリ・ウェブサービスを運営する事業者必携の一冊となっております。

GVA法律事務所 <br />
代表弁護士 山本 俊 様

GVA法律事務所
代表弁護士

山本 俊 様

2006年、岡山大学法学部卒業。2008年、山梨学院大学法科大学院卒業。
2008年、最高裁判所司法研修所に入所。
2009年、鳥飼総合法律事務所に入所。
2012年、GVA法律事務所を設立。ベンチャーファイナンス、M&A・企業買収、IPO支援、東南アジア法務、IT法務、その他クライアントの成長フェーズに応じたベンチャー法務戦略の構築に従事する。セミナーの講師実績も多数。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

GVA法律事務所

GVA法律事務所

GVAは創業以来、ITベンチャー企業を中心として最先端ビジネスモデルの構築・運用の支援や東南アジアにおけるビジネス展開の支援を行ってきました。今後もGVAはより組織体制を整備し、企業のフェーズや業種を問わない最先端のビジネスを支援しつつ、またGVA自身もグローバル展開をすることにより、海外におけるビジネス展開を支援する「インフラ」と呼ばれる存在を目指していきます。

弁護士・法律の関連カテゴリー

弁護士・法律のほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。