社会に必要不可欠なIT技術でニーズを解決する
Web・スマートデバイスを活用したシステム開発会社

株式会社デルタウィング(株式会社デルタウィング)

業務要件や新規アイデアを1システムとして実現する設計・実装能力が強み

株式会社デルタウィング01

-サービスについて、詳しくお聞かせください。

海老澤:今後の社会に必要不可欠なITのソフトウェア開発事業を軸に、法人向けのPC・スマートデバイス用のアプリを開発しています。ビジネス法人向けには、社内サーバや基幹システムに連携する業務ツールの開発や保守を提供しています。また、NPO法人向けには、位置情報を活用したシステム開発を中心に展開しております。

当社は、クライアントの業務要件や新規アイデアを1システムとして実現する設計・実装能力が強みです。セキュリティ・インターフェース等の技術は日々変革しており、当社の場合は、設計工程で過去の経験と最新技術の動向をインプットして入念な調査を行い、メンテナンスコストを抑えるための最適な成果を意識しています。

スマートデバイスをターゲットとしたアプリを開発する環境は、目的特化型のオリジナリティを追求するアプリの引き合いが多く、ご要望に対応するため、応用の利くネイティブアプリを採用して、OS別の環境で開発しています。実績の代表例として、大手クライアント様の社内用電話帳アプリがあります。連絡の時間効率化を図るためにモバイル端末から部署、人事、電話番号の社員情報、内線を調べ、通話発信機能を備えたアプリを開発しました。一方、NPO法人向けとして、モバイル端末で取得したGPS情報に必要なデータを付与してシステム上で情報共有するための開発機会を複数頂いております。当社が得意とする技術の一つである位置情報機能を用いて、福祉・介護・バリアフリーの各センターが抱える課題の解決をお手伝いしています。

-“技術力”を強みとして発揮できている理由は、どのような点にあるのでしょうか。

海老澤:会社を設立した2000年より、主に社内のクライアントサーバ型システムの開発運用保守に携わっております。その後、Webアプリケーションへと移行して、Webの技術で培ったスキルを応用して、2009年にスマートデバイスのAndroidより参入しました。そのため、PC端末とAndroid端末を対象とした開発を最も得意としており、AndroidOSと親和性の高いGoogleの各サービスに関する技術研究を現在も進めております。

2011年後半には、iPhoneやiPadを業務活用するニーズに応えるために、iOSアプリも技術習得しました。 社員間でiOSの勉強会を行うなど、技術力向上に励んでいます。当社は、技術側の視点で相談機会を頂くケースが多いため、主に企業の情報システム部門やビジネスコンサルタントおよび制作会社と取引をさせて頂いております。事務所のロケーションは、ITの基盤技術が集まり、電子部品の街である秋葉原を選びました。必要な機器があれば、スピーディに調達することができます。

生産性の高い分野は、位置情報を活用したアプリ開発

株式会社デルタウィング02

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがですか。

海老澤:年間収入のうち約6割のお客様と、5〜10年以上の御付き合いをさせて頂いております。 リリースから6年以上経過しているWebシステムや、4年を経過した数千人規模を対象とするアプリも、安定して稼動しているとご感想を頂いております。体制面では、開発中の柔軟な対応実績からお声掛けいただき、特有のシステム開発でリピートをして頂いております。ただし、見栄えの良いデザインに関しては、当社が不得意な点であり、お客様側で青写真を取り決めて頂くケースや、他社様と協業体制で行う機会がほとんどですので、今後の当社の勉強点だと考えています。

-料金面について教えてください。

海老澤:価格帯は、規模や難易度により大きく異なるため一概には申し上げられませんが、サーバ機能を要するアプリケーションの場合、当社の平均目安として5画面程度の規模で200万円〜400万円が相場です。ご予算に応じて、機能数の増減などを行っております。最も生産性を高めている分野は、位置情報を活用したアプリ開発です。

些細なことでも役立った証として、企業が存続していくという考えを理念にしている

株式会社デルタウィング03

-貴社の今後の展望や、目標を教えてください。

海老澤:「たとえ些細なことでも、役立った証として企業が存続していく」という考えを理念にしており、事業継続の結果、未来の次世代へ資産を残すことを目標にしています。現代は、人口減少社会に入り、ビッグデータ、IoTなどがニュースで話題となっております。今後更にITで実現できることの可能性と必要度が高まっていくと考えています。業務においては、1人あたりの生産性が求められ、生活環境では、高齢者が生活しやすい環境づくりの整備などが重要視されています。当社の役割は、身近なIT化のニーズに対して応えられる技術を取得するために、これまでに蓄積したノウハウと流行技術も取り入れた成長に取り組むことだと考えます。

-最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

海老澤:「技術屋魂」が好きな方は、当社のメンバーにご相談下さい!

株式会社デルタウィング<br />
代表取締役 海老澤 義明 様

株式会社デルタウィング
代表取締役

海老澤 義明 様

1984年12月神奈川県横浜市生まれ。2005年4月から2009年9月まで大手旅行会社に勤務したのち、2009年10月に株式会社デルタウィングに入社。2012年2月に株式会社デルタウィングの2代目として代表取締役に就任した。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

株式会社デルタウィング

株式会社デルタウィング

株式会社デルタウィングは、Web・スマートデバイスを活用したシステム開発会社です。社会に必要不可欠なIT技術を使いながら、クライアントのニーズを解決しています。法人向けには、PC・スマートデバイス用のアプリを開発しており、NPO法人向けには、位置情報を活用したシステム開発を中心にサービスを提供しています。事業を継続させていき、未来の次世代へ資産を残すことを目標にしています。

株式会社デルタウィング(システム開発)の提供元が展開している別のサービス

WEBシステム・ソフトウェア開発のほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

テクノロジーとコンサルティングを併せ持つ、独自のIT路線を進むプロフェッショナル集団

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。