• アイミツ ホーム
  • 地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」(株式会社コミュニケーション・プランニング)
地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」 (株式会社コミュニケーション・プランニング)

地図アプリケーションシステム「Chizmo」
「位置情報」や「地図」を活用するITシステム会社

地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」(株式会社コミュニケーション・プランニング)

長年の経験からニーズを把握し多角的な提案をすることが可能

地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」01

-まずは、貴社の主事業について教えてください。

片岡:弊社は、位置情報ソリューション、 災害状況を地図に可視化する防災システム(自治体に提供)から、ナビ付きのスマホ地図アプリまで、「位置情報」や「地図」を活用するITシステムを500社に提供している企業です。
弊社のITシステムには、例えば、上下水道などの状況を地図上で管理、登録できる情報管理システム、顧客情報を地図上に可視化する営業支援ツールや電柱やマンホールなどの現地調査ツールなどがあります。
顧客管理や現地調査は、自社製品「Chizmo」をベースに開発・販売しています。 昨年リリースした「Chizmo」は、住宅地図の利活用に特化したモバイルCRMとしては日本初のサービスとなっています。

-貴社の強みはどのような点にありますか。

片岡:各社にあった提案書やアプリケーションを作ることが、他社様より優れていると思います。これまで38年間、パッケージベースではなく、お客様と密に要件定義を重ねてソリューション提案をしてきました。この経験から、しっかりニーズをヒアリングして提案することに長けています。
例えば得意領域の位置情報ソリューションでは、活用する地図はお客様にニーズや用途にあわせて何種類もの地図から提案することができます。測位についても、たとえばiBeaconを使うか音波を使うか、多角的な提案が可能です。もちろんすべてをスクラッチで開発するのではなく、要件の似た部分はモジュール化しているため、イニシャル開発コストを抑えた提案も好評です。

実績の多さ、多角的な提案、スピード感、それらを総合して評価されている

地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」02

-これまでの反響を、実例を含めて教えてください。

片岡:具体的な実例を1件、ご紹介させていただきます。
クライアント会社は、主に山間部などの植生類や猛禽類などの調査業務を官公庁から受託している企業です。モバイル地図システムの導入前は紙の地図やメモ帳などに調査結果を記入し、それらのデータを事務所に戻ってから再度、専用のパソコン地図システム(GIS)で入力し、編集していく必要がありました。現地で取得する情報は膨大であり、事務所での入力作業には多くのコストがかかっていることに課題がありました。この課題をクリアするには、3つの要件が必要です。1つは、既存パソコンの地図システム(GIS)と連携をさせること。2つ目は、ネイティブアプリ、つまり山間部でもオフラインで利用できること。3つ目は、位置情報や写真、調査項目に対する結果の3点を紐付けてデータ処理ができることです。

実は、他社様で同様のシステム構築の実績が多数あったため、工期や予算などを含めて提案させていただきました。お客様からは、実績に対する安心感と、工期や予算に納得ができた点、対応にスピード感があったことなどを評価していただけています。また、モバイル地図システムの導入によって、現地でタブレット端末を活用し調査結果を入力することが可能になったため、事務所内での作業がデータの同期と簡単な修正作業で済むようになりました。そのため、入力作業にかかる時間は従前の60%減となり、効果が出たことに対してもご好評をいただいております。

-サービスの価格帯について教えてください。

片岡:「Chizmo」を利用して顧客管理や調査ツール、動態管理といった地図アプリケーションを開発する場合は、イニシャルコストが10万円+カスタマイズ料金となり、カスタマイズ料金はお客様の要件によって異なってきます。その後の月額利用料は1ID1500円/月~が基本料金となり、地図代は別途費用がかかります。
地図アプリケーションを一から開発する場合は、数百万円必要です。しかし、弊社のサービスを利用することで、リーズナブルにアプリケーションを導入することができる点に対してご評価をいただいています。

ストック型のビジネスに挑戦。若手メンバーの育成なども積極的に支援していきたい

地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」03

-貴社としての今後の展望や目標を教えてください。

片岡:弊社はこれまで受託開発を中心としてきました。今後はストック型のビジネスに挑戦し、企業としてのビジネスモデルの変革を推進していきたいと思います。
また、まもなく創業40期を迎えるにあたり、現在を第二創業期と位置付けて、若手メンバーの育成・挑戦を積極的に支援し、上場も視野に入れて邁進しております。

-最後に、読者の方にメッセージがございましたらどうぞ。

片岡:位置情報を活用したアプリケーションやソリューションにお困りでしたら弊社にお問合せください。位置情報を専門にした私たちだからこそできるご提案があると考えております。

株式会社コミュニケーション・プランニング<br />
執行役員 片岡 卓也 様

株式会社コミュニケーション・プランニング
執行役員

片岡 卓也 様

2015年より位置情報ソリューション事業部の責任者となる。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」

地図アプリケーションプラットフォーム「Chizmo」

株式会社コミュニケーション・プランニングは、位置情報ソリューションから災害状況を地図に可視化する防災システム、ナビ付きのスマホ地図アプリまで、「位置情報」や「地図」を活用するITシステムを提供している企業です。昨年リリースした「Chizmo」は、住宅地図の利活用に特化したモバイルCRMとしては、日本初のサービスです。


ほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。