株式会社マルチブック (株式会社マルチブック)

海外展開コンサルティングのエキスパートが提供する、
多言語・多通貨・マルチ帳簿を実現したクラウド型業務ソフト「multibook」

株式会社マルチブック(株式会社マルチブック)

社員全員がバイリンガル以上!
日本企業のグローバル化と海外展開支援を支援する

-まずは、貴社の沿革を教えてください。

村山:2000年に会社を設立しました。当時はERP(統合型業務)システムの導入コンサルティングや保守サービスを提供し、外資系企業の日本支社へのシステム展開をメインとしていました。
2005年に、日本企業の海外展開に目を向け、メインターゲットを海外プロジェクトへシフトさせます。2年後には香港支社を開設し、海外現地でのサポートを開始しました。その後は、オランダ、フィリピン、ドイツ、タイ、シンガポール、スイスと支社・支店を展開し、海外での日系企業向けのサポートを拡大させました。
2015年に、これまで対象としていた大企業向けのERPシステムではカバーできない中小規模の領域をサポートするため、クラウド型のERPサービス「multibook」(マルチブック)を自社開発し、発売を開始しました。

-貴社は現在どのような事業を営んでいるのか、お聞かせください。

村山:弊社は、日本企業のグローバル化、海外展開を支援することで社会に貢献し、社員とその家族の幸せを追求することを目指しています。社員全員がバイリンガル以上で、日本語と英語だけではなく、フランス語、タイ語などを話すことができます。
現在の主な事業は、グローバルシステムのコンサルティングやヘルプデスク事業、先述させていただいた、クラウド版のグローバルERPサービス「multibook」の販売、フィリピンのBPOサービス(IT業務、経理業務)と、IT人材のグローバル化支援(教育ビジネス)です。

外資系企業へのシステム導入実績50社以上、国内外に多数の実績を持つ

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがですか。

村山:多くの企業様に弊社のサービスをご利用いただいています。
グローバルシステムコンサルティング、ヘルプデスクサービスにおいて、日系企業の海外展開プロジェクトは20か国以上、外資系企業の日本支社へのシステム導入実績は50社以上です。

-素晴らしい実績ですね。貴社の強みはどのようなところにあるのでしょうか。

村山:弊社の強みは、大きく分けて3つあります。
1つ目はグローバル案件における小回りの良さ、2つ目は上流から下流までの一貫した対応、3つ目は、日本品質で競争力のある価格設定です。
たとえば、クライアント企業が日系の商用車・乗用車メーカー様、大手電機メーカー様、外資系製薬会社様、消費財メーカー様など、どのような業種であっても対応可能です。

-料金面について教えてください。

村山:「multibook」は、多通貨・多言語・マルチ帳簿が利用できるシステムを、低価格、短期導入をコンセプトに、インターネット環境があれば世界中どこからでも使えるサービスを目指して開発しています。
大手・中堅企業の中小拠点向けのサービスとなっており、短期導入可能なクラウドシステムです。月額利用料は3ユーザー3万円、初期費用10万円からとなっています。おすすめプランは、30ユーザーまで月額15万円で、世界中の複数の国・会社でお使いいただけるグローバル一括プランでございます。

2020年までに、日系企業の海外拠点1万社をサポートしたい

株式会社マルチブック01

-貴社の今後の展望や、目標を教えてください。

村山:システムコンサルティングビジネス、クラウドシステムサービス、BPO(業務アウトソーシング)サービスにおいて、お客様のグローバルシステム・海外業務に関わる課題をワンストップで解決できる会社を目指しています。
2020年までに日系企業の海外拠点1万社をサポートすることが目標です。

-最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

村山:日本には、ものづくりのグローバル・ニッチ・トップ企業が数多く存在しています。そうした「隠れたチャンピオン」に代表される分厚い中堅企業群が、日本の競争力の源泉です。少子高齢化が進む日本において、そんな中堅企業にも、今後より積極的に海外展開を進める必要があるはずです。
弊社は、日本企業の競争力を高めるためのシステム、サービスをお客様と一緒に作っていきます。ぜひ、お問い合わせ・ご連絡ください。お待ちしております。

株式会社マルチブック<br />
代表取締役 村山 忠昭 様

株式会社マルチブック
代表取締役

村山 忠昭 様

1968年山口県宇部市生まれ。横浜国立大学経済学部を卒業後、91年ユニリーバ・ジャパン入社。日本初のSAP導入プロジェクトに参画した後、外資系コンサルティング企業、外資系消費財メーカーを経て、2000年10月にグローバル企業向けのシステムコンサルティングを専門とする株式会社マルチブック(旧社名:株式会社ティーディー・アンド・カンパニー)を立ち上げる。フィリピンのオフショアセンターを中心に、香港、タイ、シンガポール、オランダ、ドイツ、スイスの海外7拠点に展開している。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

株式会社マルチブック

株式会社マルチブック

株式会社マルチブックは、日本企業のグローバル化、海外展開を支援している企業です。グローバルシステムのコンサルティングやヘルプデスク事業、クラウド版のグローバルERPサービス「multibook」の販売、フィリピンのBPOサービス(IT業務、経理業務)、IT人材のグローバル化支援(教育ビジネス)などを行っています。


ほかのインタビュー

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。