アカリ・ファインメタル (アカリ・ファインメタル)

金属加工製品を受発注する企業をターゲットとした、
新しいクラウド型サービス

アカリ・ファインメタル(アカリ・ファインメタル)

金属加工業における「クラウド型受発注サービス」を展開

アカリ・ファインメタル01

-貴社のサービスが生まれたきっかけを教えてください。

豊田:起業の際、公益財団法人横浜企業経営支援財団の支援を受けていました。そこで主にお世話になっていた相談員の先生と事業計画の見直しをしていた時に、金属加工業の製造過程において『工程の負荷にムラがある』『産業機械の稼働率には経営者の理想と乖離がある』ということに着目したことから始まりました。

-貴社の「クラウド型受発注サービス」について、詳しくお聞かせください。

豊田:弊社は2015年12月1日より、金属加工製品を発注・受注される企業向けサービスとして、新しい「クラウド型受発注サービス」を提供しています。
金属加工工場の各工程の負荷状況・製造機械の稼働率などの情報をクラウドで管理し、工程負荷・機械稼働率の低いタイミングで発注し製造することにより、製造費の低コスト化を実現できます。

金属加工業(精密板金加工・プレス加工・切削加工など)のマッチングサイトはすでにありますが、弊社が提供するサービスでは、弊社運営のチームサイトへアクセスしていただき、「機械稼働・工程負荷」などの情報を入力していただきます。その後ガンチャートで「見える化」された情報をもとにクライアントから受けた仕事を適切な条件の工場へ発注する、といった流れになっており、先述したとおりのまったく新しい「クラウド型受発注サービス」となっています。

「コスト削減ができた」「これまでの問題を解決できた」と喜びの声が

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがですか。

豊田:地方の企業様からのお問い合わせが多いです。「もっと実力のある企業とも付き合いたい」、「担当者任せではコスト削減ができない」、「納期を急がせると不良が出てしまうところをなんとか改善したい」などといった声を頂いており、それらが弊社サービスを利用することで改善したとご好評をいただいております。
現在、パートナー企業は首都圏を中心に合計22社様です。主なクライアント様はパナソニック株式会社様、半導体装置メーカー様、鉄道保守部品製造会社様、ものづくりベンチャー企業様などです。ほとんどのクライアント様とはNDA(秘密保持契約)を結びますので公開が難しいですが、優良な企業様ばかりですので、安心していただければと思います。

-料金面について教えてください。

豊田:弊社チームサイトはマイクロソフト社のクラウドサービスであるオフィス365を利用しています。そのため、初期費用などさまざまなコスト削減が可能です。また、災害や事故に強く、安全な環境でデータを管理していただいています。
そのため、費用は「Office365 Business Premium」利用で、1360円ユーザー/月とチームサイト利用料2340円ユーザー/月の合計で3700円ユーザー/月になっております。

金属加工業界の支援を通して、日本のものづくりが進化し続けられるようサポートしていきたい

アカリ・ファインメタル02

-貴社の今後の展望や、目標を教えてください。

豊田:展望としては、中小金属加工業界の生産性及び品質向上を目的とした新たなサービスとして、ウェアラブル端末(ヘッドマウントディスプレイ)を活用した新しいものづくり支援システムをご提供いたします。システム導入に関してはコストの問題もありますが、補助金採択の支援もさせていただきます。
今後は、中小金属加工業界がIoTを活用して活性化するためのさまざまな提案を予定しています。

-最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

豊田:金属加工業界は、一般の方には分かりにくい業界です。しかし、主要な電気製品には必ず金属部品が使われています。そういった影に隠れている部品を必死で作っている人たちが日本には大勢いて、今も進化を続けています。
私たちは今後も、そういった人たちの支援をしていきたいです。「日本のものづくりが絶えることなく進化し続けますように」と願い、日々仕事をさせていただいています。

アカリ・ファインメタル<br />
代表 豊田剛由 様

アカリ・ファインメタル
代表

豊田剛由 様

1990年、実父が経営する金属加工会社に入社、1997年常務取締役就任。
ものづくり現場から管理・経営に携わり、2014年個人事業主として独立。

アカリ・ファインメタル

アカリ・ファインメタル

アカリ・ファインメタルは金属加工業の製造過程における新しい「クラウド型受発注サービス」を運営しています。コストダウンや大手企業との提携により、金属加工業務を向上させていくことが可能です。


ほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。