「閉鎖的なインク市場の現状を打開したい」
純正品に限りなく近い互換インクを、純正品の約半額で

インク革命.COM(株式会社シー・コネクト)

「プリンターインク市場の閉鎖性を打破したい」

インク革命.COM01

-「インク革命.COM」立ち上げのきっかけを教えてください。

片桐:プリンターのインク市場というのは、古いビジネスモデルの典型例と言えます。プリンターメーカーは、機器本体を低価格で販売する一方、割高な価格でインクを販売しています。インクに互換性がない上、プリンターの型番が違えば、同じインクを使用することはできません。このように使い勝手が極めて悪いのは、メーカーが消費者を囲い込み、安定収益を確保するためです。そこには、消費者利益の保護や利便性向上といった視点はありません。
こうした市場の閉鎖性を打開するため、第一弾の事業の商材としてインクを選び、「インク革命.COM」を立ち上げました。

-「インク革命.COM」について、詳しくお聞かせください。

片桐:「インク革命.COM」は、互換インクを販売しているサイトです。
インクをご注文のお客様は常にお急ぎである、と考えています。そのため、夜9時までに注文した商品は翌日にお届けするようにし、関東・関西などの対象地域へは、注文したその日のうちに商品をお届けする「当日便」などのサービスを行っています。
読者の方の中には、「互換インク」と言うと粗悪品のイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。私たちはそのようなイメージを払拭するため、「類似度90%以上」の色合いが限りなく純正品に近い高品質な商品を、純正品の約半額で販売しています。さらに、万が一不具合などがあった場合に備え、インクだけでなくプリンター本体も保証するダブル保証サービスも行っています。
購入時にわからないことがあればすぐに質問ができるよう、電話やメール以外にチャットでのお問い合わせにも対応しています。

総合評価・満足度は4.7と高評価。年間80%の経費削減に成功した企業も

インク革命.COM02

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがですか。

片桐:2009年の創業より一般法人・医療・官公庁・学校関係者様を中心に7万社、個人のお客様ですと9万人以上にご利用いただいています。
法人向けにはトナー・インク・用紙などの事務用品のラインナップを日々充実させ、ビジネスパートナーとしてご満足いただけるよう努めています。
ありがたいことに、2015年12月時点ではレビュー総数2538件。総合評価・満足度は4.7をいただいております。

-料金面について教えてください。

片桐:全商品、単品ですと500円、セットでも4,000円程度です。
例えば、「EPSON IC80 6色セット」の場合、純正価格は8,013円ですが、インク革命.COMでは2,980円(63%お得)で販売しています。弊社の製品をお使いいただくことで、年間で80%以上の経費削減をされた法人のお客様もいらっしゃいます。

当日便を全国展開できるようにすることが目下の目標

インク革命.COM03

-貴社の今後の展望や、目標を教えてください。

片桐:現在、物流拠点のある関東・関西だけで行っている「当日便」のサービスを、今後は全国区にしていきたいです。大手流通業者に頼らない流通経路も確立させたいと考えています。

-最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

片桐:コスト削減をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。プリンターインク・トナーという限られた領域ではございますが、お客様の状況にあったご提案をさせていただきます。お客様のコスト削減のお役に立てることができれば幸いです。

株式会社シー・コネクト<br />
広報 片桐優妃 様

株式会社シー・コネクト
広報

片桐優妃 様

新卒で入社したシー・コネクトの初代広報を務める。同社が運営する通販サイト「インク革命.COM」「nunonaの布ナプキン」はもちろんのこと、会社全体のPR、広告業務、社内広報などを幅広く担当。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

インク革命.COM

インク革命.COM

株式会社シー・コネクトは、純正品に限りなく近い互換インクやトナーを販売するネット通販サイト「インク革命.COM」を運営している企業です。注文した当日に届けてくれる「当日便」サービスを行っているほか、チャットでの問い合わせなどにも対応しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。