利用率99%を誇る福利厚生食事券で、
会社近くのレストランやコンビニが「社員食堂」に。

チケットレストラン(福利厚生食事補助制度)(株式会社バークレーヴァウチャーズ)

50,000店以上のお店でお得にランチできる食事券とは

チケットレストラン(福利厚生食事補助制度)01

ーー「まずは、「チケットレストラン」について教えてください。

明石:「チケットレストラン」は、すべての従業員の方に公平にご利用いただける、福利厚生食事券です。全国50,000店以上の飲食店やコンビニで利用可能であり、毎日約15万人の方が「チケットレストラン」で食事を楽しんでいます。
福利厚生で食事ができると聞くと一般的な食事手当をイメージされるかもしれませんが、「チケットレストラン」は、従業員様にも企業にも様々なコストメリットがあるシステムです。
というのも、食事券の企業側負担額が月額3,500円(税別)以下で、なおかつ従業員がその同額以上を負担すれば、従業員にとって、企業の食事負担額分の所得税が非課税になるという所得税法上のルールがあるんです。「チケットレストラン」はこのしくみを利用しているので、従業員の方にとってはランチ代が半額となる上に所得税の恩恵を受けることになり、企業にとっても給与のベースアップ以上の効果が期待できる…という、双方にメリットのあるサービスになっています。

誰にとっても本当に「平等」な福利厚生サービス

ーー食事券と聞くと使えるお店が限定されているイメージがありましたが、50,000店以上で利用できるというのはすごいですよね。

明石:ありがとうございます。セブン-イレブン様、ローソン様など全国のコンビニはもちろん、ファミレスやカフェ、お弁当屋さんでもご利用いただけます。
企業の方が福利厚生制度を導入したいと考えた時に、全国に事業所や工場があるような会社ですと、地域によって福利厚生格差が出てしまう可能性が高いんです。たとえば、「本社には社員食堂があるが支社にはない」「スポーツクラブや保育所の利用といった福利厚生プランがあるものの、近くにその施設がないので意味がない」といったケースをよく目にします。
「チケットレストラン」はその点、全国でご利用いただけるので全従業員様にとって平等なサービスだと思います。実際に、利用率は99%と非常に高く、支給すればほぼご利用いただけるというイメージです。チケットをお使いいただける加盟店も、ご利用者の方の「会社近くのこのお店で使えるようにしてほしい!」というリクエストにお応えして日々増やしていっています。

ーー福利厚生格差と聞くと、正社員/契約社員間での待遇の差というのも連想されますが。

明石:「チケットレストラン」は、直接雇用社員であればどなたにでもご利用いただけます。また、最少人数・最低金額などの制限もありません。

食事を通じて、従業員同士のコミュニケーションも活性化

ーー「チケットレストラン」を導入された企業からの反響などはありますか。

明石:一例を挙げると、従業員数500名程の某サービス業の企業様が「社員食堂の維持管理費が莫大で、従業員も同じメニューに飽きてきている」という理由で社員食堂を廃止し、「チケットレストラン」に切り替えたというケースがありました。初めは社員が顔を合わせて食事をする機会が減ってしまうのでは…という心配もあったようですが、いざチケット制にしてみると「チケットレストランが支給されるようになってから、同僚とランチに行く機会が増えた」「少しリッチなお店にも行けるのでお昼が楽しみになった」という声が従業員の方から次々と上がってきたそうで、大変ご満足いただけましたね。

チケットレストラン(福利厚生食事補助制度)02

(写真:代表取締役 ローラン・ガシェ様)

ーー従業員の方のコミュニケーション促進にも一役買える、ということですね。

明石:そうですね。食事というのはやっぱりコミュニケーションの基本です。当社を例に挙げると、昼休みには代表がコミュニケーションの活性化のため、各部署の社員をアトランダムに誘ってランチをしています。もちろん当社でも「チケットレストラン」を利用しているので、そういったシチュエーションでも便利に利用できていますね。そんな風に、「チケットレストラン」を片手に気軽に外食をして、社員の方同士の親睦を深めていただければと思っています。

また、今年12月から職場でのストレスチェックが義務化されることもあり、従業員の方のメンタルヘルス面のサポートにも企業の方の関心が向いてきているのを感じます。メンタル面の健康には、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。仕事に追われていると、ついつい食事が疎かになってしまう…という社員の方も少なくないと思います。ご利用いただけるお店にヘルシー志向のレストランやカフェをもっと増やしていって、従業員の方の健康にも「チケットレストラン」を役立てていただきたい、とも考えています。
「チケットレストラン」は、従業員の方全員にとって平等で、本当にご満足いただける福利厚生制度です。導入費用・年会費などのコストもかからないので、ぜひ一度、お気軽にお申込みしてみていただければと思います。

株式会社バークレーヴァウチャーズ<br />
マーケティング&コミュニケーション部 マネージャー 明石 みき 様

株式会社バークレーヴァウチャーズ
マーケティング&コミュニケーション部 マネージャー

明石 みき 様

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

チケットレストラン(福利厚生食事補助制度)

チケットレストラン(福利厚生食事補助制度)

「チケットレストラン」は、地域・性別職種に関係なく、すべての従業員が公平に利用できる福利厚生用食事券です。利用率は99%以上で、税制優遇もあります。全国50,000店以上のレストランやコンビニエンスストアで利用可能です。

福利厚生代行・アウトソーシングの関連カテゴリー

福利厚生代行・アウトソーシングのほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。