大手企業、自治体など実績は3500社以上!東証1部上場企業による決済代行サービス

決済・収納代行サービス(株式会社電算システム)

1973年からいち早く決済代行サービスを開始

決済・収納代行サービス01

ーーサービス開発の経緯を教えてください。

角:電算システムが決済代行サービスを開始したのは1973年です。最初に手がけたのは口座振替サービスでした。もともと当社はシステム会社ですので、この決済代行システムも自社で開発したものです。それ以来、40年以上にわたり決済代行サービスを提供し続け、時代のニーズに合わせて決済方法のラインナップを増やしていきました。
1997年には、コンビニエンスストアを通じて消費者からの代金・料金を収納代行するコンビニ収納代行サービスもスタートしました。これは業界で私たちが最初に提供したといわれています。
その後も当社はモバイル決済サービスやコンビニの店頭端末による決済サービスなど、この分野での新たな試みを積極的に続けています。

ーーサービスの主なターゲット層を教えてください。

角:顧客から商品・サービスの代金を回収する必要のある企業や自治体であれば、業種に関係なく決済代行サービスを利用するメリットがあります。通信販売会社のビジネスモデルを考えるとわかりやすいと思うのですが、たとえば商品を購入したお客様から代金を回収する際、支払い窓口となるコンビニやクレジット会社などのすべてと直接契約を結び、決済の管理を行うのは非常に手間がかかりますよね。私たちのような会社が決済を代行することで決済管理を一元化し、業務を効率化できるわけです。もちろん通信販売会社以外にも、各種公共料金を回収する自治体や、受講料を回収する学校や学習塾、介護施設、通信会社など、B to B / B to Cを問わずあらゆる分野でご利用いただけます。

国内屈指の実績と、多彩なサービス展開が強み

決済・収納代行サービス02

ーー競合優位性を教えてください。

角:当社には40年以上にわたり決済代行サービスを手がけてきた歴史があり、顧客数は3500社以上にのぼります。その中で自治体が占める割合がかなり多いことからも、サービスの安定性・信頼性が高く評価されているということだと思いますね。お客様に対するフォローの手厚さにも定評があります。当社では岐阜県にカスタマーサポートチームを設置しており、お困りの点があれば何でもご相談いただき、40年にわたり蓄積されてきた経験とノウハウを活かした最適なご提案をさせていただいています。たとえば、代金の未回収に悩んでいらっしゃるお客様に対して、当社のパートナーであるコンサルティング会社を紹介することもできますし、あらかじめ不正注文を防ぐ「不正注文検知サービス」もご提案いたします。

決済代行サービス自体の特徴としては、ラインナップの多彩さが挙げられます。決済代行会社の中にはコンビニ収納とクレジット決済だけを行っている会社も少なくないのですが、私たちはコンビニ収納代行、ゆうちょ振替MT代行、モバイル決済サービス、ペーパーレス決済サービス(払込票を使用せずにコンビニ、電子マネー、ネットバンクで決済できるサービス)、クレジットカード決済、口座振替のすべてに対応しています。特にコンビニ収納代行における実績は業界でもトップクラスで、地方のコンビニも含む全国5万5000以上のコンビニでご利用いただけます。通信販売における高齢の消費者をはじめ、今でもコンビニでの支払いを希望する方はたくさんいらっしゃいますし、「先払いのクレジット決済より、後払いのコンビニ収納のほうが安心だ」という方も多いようですね。

決済の最適化により、経営を力強くサポート

決済・収納代行サービス03

ーーサービスの反響はいかがですか?

角:現在3500社以上の企業様や自治体にご利用いただいています。規模としては、大手企業から中小企業まで幅広く対応していますが、基本的に個人ではなく法人にご利用いただいています。導入後のサポートも手厚く行っていることもあり、長期にわたってサービスをご利用いただけるお客様も多いのですが、特によくおっしゃっていただけるのは「代金の回収率が上がった」ということですね。実は決済のシステムひとつで、未回収率は大きく変わります。たとえば銀行や郵便局でしか支払いができない場合、支払いを行う人は平日の日中に窓口に行く必要があるのですが、これが日中に予定がある人には難しいわけです。
当社のサービスならコンビニ収納をはじめ、多彩な決済・収納手段があるため、こうした未回収を防ぎやすくなり、その結果企業の売上向上にもつながります。さらに、決済や回収にかかる手間を削減すれば業務効率化にもつながるので、その点でも経営上のメリットは大きいと思います。

ーー料金・契約について注意点があれば教えてください。

角:ご利用いただくラインナップによって料金は異なるのですが、通常は「初期費用+月額固定料+1件あたりの手数料」という料金体系となっています。ただし、このプランだと毎月の回収件数が少ない小規模な企業様にとってはコストが高くなってしまうので、毎月の回収件数が130件を下回っている企業様には、ライト版というプランをご提案しています。
ライト版はスモールスタートでコンビニ収納をご利用されたい企業様に適したプランで、「月額基本料金が0円、初期費用は3万円、振り込み事務手数料が1回1000円、収納手数料が1件あたり200円」となっています。スタートアップ時など、売上規模が少ない企業様でも気軽にご利用いただきたいですね。

なお、当社のサービスを導入するにはお申し込みから1ヶ月半から2ヶ月半程度かかります。その間に与信審査や、払込票の印字テストなどを行い、問題なければサービスを開始するという流れになります。どういうプランがお客様にとって最適なのかについては、私たち営業が過去の事例を踏まえて丁寧にご提案いたしますので、初めてのご利用の方も安心してお問い合わせください。

株式会社電算システム<br />
ECソリューション事業本部<br />
決済サービス事業部 営業部第一営業課 角 加奈子 様

株式会社電算システム
ECソリューション事業本部
決済サービス事業部 営業部第一営業課

角 加奈子 様

1990年10月23日、岐阜県出身。愛知大学文学部卒。
2013年4月より株式会社電算システムに入社、営業として活動。

このサービスの詳細を見る
決済・収納代行サービス

決済・収納代行サービス

通販会社などの事業者が商品代金を回収する際に、コンビニエンスストアを通じて消費者からの代金・料金を収納代行するコンビニ収納代行サービスを、業界に先駆けて電算システムが開始しました。
現在、大手4社を含むコンビニチェーン17社及びゆうちょ銀行と契約し、全国70,000以上の窓口で収納代行サービスを提供しております。
他には、ゆうちょ振替・口座振替・クレジットカード決済代行といった各種決済関連サービスによって、大手から中小規模までの事業者とコンビニ・金融機関・カード会社との橋渡しを行っています。

決済代行のほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。