無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月23日
更新日:2022年3月22日

【大規模サイト】制作時のポイントを徹底解説!おすすめの業者も紹介【2022年最新版】

人々の嗜好が多様化し、誰でもインターネットで必要な情報を入手できるようになった現代、マーケティングの主流はデジタルドメインに移行しています。そのデジタルマーケティングの中核となるのがWebサイトです。これから本格的にデジタルマーケティングに取り組もうとする企業は、新たなWebサイトの制作を現代のデジタルマーケティングに最適化させたいと考えているのではないでしょうか。しかし、企業規模や発信したい情報が大きくなればなるほど、Webサイトの規模も肥大し、文字通り大規模サイトの制作が必要となります。もちろん、制作当初はコンテンツが少ない状態でも、将来的な規模拡大を視野に入れるのであれば、最初から大規模サイトを想定して制作することも重要です。
そこで今回は、Webサイト制作やコーポレートサイトの統合・リニューアルを検討している企業の担当者に向け、大規模サイト制作のポイントや、制作会社へ外注すべき理由を解説し、おすすめの制作会社を目的別に紹介していきます。

このページについて

このページについて
:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
アイミツパートナーとは
:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

大規模サイトとは?

そもそも大規模サイトとは、どのようなWebサイトのことを意味するのでしょうか。
一般的には、1,000ページ以上のコンテンツ・記事が網羅されているサイト、ユーザー参加型のマッチングサイトやオークションサイト、BtoC型のECサイトやショッピングモールのようなクラウドソリューションが大規模サイトと呼ばれています。また、独自で強力なドメインパワーを持つコーポレートサイトも大規模サイトの例として挙げらるでしょう。
規模の大きさという観点でいうならば、単純な管理ページ数の多さだけではなく、月間PVが1,000万を超えるアクセスの多いWebサイト、基幹システムや外部サービスと複雑に連携しているWebサイト、ブランド別・ECサイトなどの複数のサイトを連携させながら運営するWebサイトなども大規模サイトに含んでいいでしょう。
Yahoo!などのポータルサイトや、食べログなどの口コミサイトなども、そういった意味では大規模サイトに含まれるのかもしれません。しかし、ポータルサイト自体には小規模なものも存在するため、ポータルサイト=大規模サイトであるとは限らず、制作サイドであえて大規模サイトとポータルサイトは分けて考えるという場合も多いようです。
これらの大規模サイトに共通していえることは、Webサイト自体やアクセスなどの規模が拡大すればするほど、管理が非常に複雑になりがちであり、パフォーマンスにも大きな影響を与える可能性があるということです。

大規模サイト制作・リニューアル時の注意点

大規模サイトならではの特徴を活かしつつ、ムリなく運営していくためにも、大規模サイトの制作・リニューアル時は、通常のWebサイト構築時よりも気をつけるべきポイントがあります。具体的に解説していきましょう。

要件定義を丁寧に行なう

Webサイト制作の最初の工程となるのが、コンセプト、サイト制作の目的・目標を設定し、ターゲットを明確にする要件定義です。なぜ大規模サイトでなければならないのか?その理由を含め、大規模サイト制作・リニューアル時の要件定義はより詳細まで踏み込んで、丁寧に行わなければなりません。
情報量が膨大で外部システム連携の可能性もある大規模サイトでは、サイト構造・データ構造が複雑になりがちであり、全体像を明確にしておかなければ後の工程に影響が及びます。膨大なトラフィックにも充分対応できるシステム構成が確保できるよう、必要なスループットがどの程度なのかを検討する必要もあるでしょう。
たとえば、頻繁な更新を前提にしているのであれば、将来的なコンテンツ拡大に備えてキャパシティに余裕を持たせておく必要があり、多岐にわたるカテゴリ間で共通したデザインを採用する必要もあります。大規模サイト制作・リニューアルでは、このように関係者が多数になるケースが多いため、混乱も招きやすくなるでしょう。明確なプロジェクトリーダーを選定し、事前準備を入念に進めながら要件定義を策定するのがおすすめです。

綿密にコミュニケーションをとる

要件定義が確定すれば、それを大まかな形に具体化して調整していく基本設計の段階に入ります。自社内にWeb制作のITチームがあれば、制作担当者がプロジェクトリーダーと内容を詰めながら基本設計までを進めていく形になり、制作会社に外注する場合は、先方のプロジェクトマネージャー(PM)とプロジェクトリーダーがそれぞれの担当者としてプロジェクトを進めていく形になるでしょう。
この工程で重要になるのは、プロジェクトリーダーとWeb制作担当者、もしくはPMとのコミュニケーションです。大規模サイト制作・リニューアル時のコミュニケーションはより綿密に行い、お互いの認識のズレなどがないようにしなければなりません。情報量が膨大でサイト構造が複雑になりがちな大規模サイトでは、わずかな行き違いが最終納品物に大きな違いをもたらせてしまいます。ワイヤーフレームなどを用いて、コミュニケーションに視覚的な要素を盛り込み、認識のズレを無くすなどの対策が必要です。

スケジュール管理を徹底する

Web制作担当者・PMは、詳細設計に移ると同時に作業量から制作に必要な時間を割り出し、納期も考慮したうえで制作スケジュールを策定することになります。制作段階に入ってからのスケジュール管理は、基本的にWeb制作担当者・PMの役割になりますが、プロジェクトリーダーが関与しなくてもいいということではありません。進行状況を逐一確認し、必要であれば遅れを取り戻すためのリソース投入を決断するなど、プロジェクトリーダーにも徹底したスケジュール管理が求められるでしょう。
大規模サイトでは、ひとつの変更点が生じても、1,000ページ以上におよぶすべてに修正が必要になる可能性があり、スケジュールがギリギリの場合は納期に間に合わなくなることもあります。
もちろん、膨大な修正を人海戦術で乗り切る方法もありますが、費用もかかるうえ、自社制作であればそもそも投入できるリソースがないかもしれません。スケジュール管理を徹底するためにも、プロジェクトリーダーは変更・修正が多発しないよう要件定義を詰め、関係者間のコミュニケーションを綿密に行わなければならないでしょう。

顧客目線を忘れない

大規模サイトに限ったことではありませんが、Webサイト制作・運営の大前提となる目的・目標は「ターゲットである顧客・ユーザーにアクセスしてもらうこと」です。つまり、何度でも訪れたいWebサイトだと感じてもらえるよう、ターゲットである顧客・ユーザーの立場に立って、サイト構造やユーザーインターフェースを設計する必要があります。
しかし、複雑なサイト構造になりがちな大規模サイトでは、顧客目線に立ったサイト設計を心がけるのは簡単ではないでしょう。多数の管理者がコンテンツを更新するケースの多い大規模サイトでは、管理側の使い勝手の良さが、ユーザー側の使い勝手の良さと一致するとは限らないからです。
サイト運営や管理を重視し過ぎてユーザーの使い勝手が悪くなってしまえば、アクセスを集めるのは困難であり、その逆であればコンテンツの更新が滞ってしまうかもしれません。常に顧客目線を忘れず、両者のバランスを取って設計していく必要があるでしょう。大規模サイト制作・リニューアルの経験やノウハウが乏しければ、中途半端なものができあがってしまう可能性もあります。

大規模サイト制作・リニューアルは外注がおすすめ

ページ数などの規模の違い、サイト構造・データ構造の複雑度、必要となるデータ帯域などを除けば、大規模サイトも小規模サイトも制作に必要な工程に大きな違いはありません。しかし、大規模サイトの制作・リニューアルは、通常よりも気を使わなければならないポイントがあり、構築のためのノウハウも必要です。
たとえば、想定されるトラフィックに対してどの程度のスループット、データ帯域が必要なのか?そのためにはどのようなシステム構成にすればいいのか?などを自社で導き出しても、大規模サイト制作のノウハウがなければ裏付けのない推測になってしまうでしょう。どのような使い勝手がユーザーに好まれるのか?管理者の更新はやりやすいのか?など、相反する要素をうまく両立させるのも、大規模サイト制作の経験によって左右されます。
日常的なコンテンツ更新は別にしても、大規模サイト制作・リニューアルに求められる多数の要素を、自社リソースのみでクリアするのは困難といえます。これらを解決して大規模サイトを制作・リニューアルするには、経験豊富な制作会社に外注するのがおすすめです。そのほうが結果的に完成度が高く使い勝手のいいサイト構築が期待できるでしょう。

ホームページ制作会社の選び方

ホームページ制作会社を選ぶポイントを3つご紹介します。

・自社の目的に合っているか
ホームページを作る、といっても目的はさまざま。ゴールやターゲットに合う制作会社を選びましょう。そのためには、発注前に制作目的を明確化しておく必要もあります。
・制作費用
費用は発注前に必ず確認するポイントですが、「金額が安いから」という理由だけで制作会社を決めるのは危険です。提示された見積もりで自社の希望が叶うのかをチェックしましょう。
・アフターサポート
ホームページは公開してからが本番です。運用や管理に自信がない場合はアフターサポートの充実性も確認しておきましょう。

さまざまな特徴を持つホームページ制作会社が増えており、前述したポイントだけでは会社を決められない場合もあるでしょう。会社選びでお悩みの際は、ぜひアイミツへご相談ください。

格安で大規模サイト制作できる会社3選

ここからは、大規模サイトの制作・リニューアルに格安対応できるホームページ制作会社をご紹介します。

株式会社ネットコムBB


出典:株式会社ネットコムBB https://www.netcombb.co.jp/

ネットコムBBは、佐賀県佐賀市に本店を、東京都千代田区に本社を置くインターネット関連企業です。大規模サイトに対応するWeb設計・開発事業、ECサイトに対応するeコマース事業のほか、インターネットプロバイダ事業、ホスティングなどのサーバマネジメント事業、システムインテグレーション事業などを幅広く手がけています。
誰でも簡単に写真やテキストなどのコンテンツを更新できるオリジナルCMS「EasyUP」が用意され、小規模〜大規模サイトまで対応できるのはもちろん、低価格でのサイト構築も実現。ニーズに応じたカスタマイズで幅広い業種に対応できるほか、SEO対策やマルチデバイス対応までをトータルにサポートできます。CMSによるWebサイト制作だけでなく、情報検索システム、マッチングサイト、ECサイトなどのWebシステムの構築にも対応。手がけているホスティングサービスと併用すれば、更新代行やリニューアルの依頼も可能です。できるだけ費用を抑えてWebサイトを構築したい方に向けては、月額制でホームページを制作できる「楽ウェブ」プランも用意。あらゆるニーズに対応できる制作会社です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2005年
従業員数 30-99人
会社所在地 天神三丁目2番23号
電話番号 0952-25-0300

有限会社楽風(イッティ事業部)


出典:有限会社楽風(イッティ事業部) https://www.itti.jp/

楽風は、東京都新宿区に本社とデザインオフィスを持つWeb制作会社です。大規模サイトに対応するCMSサイトの制作、フルスクラッチでの開発が可能なWebシステム開発・ECサイト構築などのサービスを提供。そのほか、日英対応サイトの制作・翻訳、SEO対策・リスティング広告、サイト運営代行から写真撮影まで、Web制作をトータルで依頼できるのが特徴です。
Movable TypeやWordPressなどの汎用CMSを活用することで、大規模サイトでも費用を抑えた制作・リニューアルが可能。制作時は予定になかったeコマース機能を追加してサイトを拡大するなど、ビジネスの変化に応じて適切な提案ができるのも魅力です。10ページ構成のコーポレートサイトが20万円から、35ページ構成でフォーム・システム追加の結婚式場サイトが90万円からなど、具体的なイメージの湧きやすい明瞭な料金体系を採用しているのも特徴。小規模サイト向けに、オリジナルデザインで制作できる、5万~15万円までの3つのプランも用意。予算とニーズに応じて選択できるのも嬉しいポイントです。

予算感 要問い合わせ
設立年 2005年
従業員数 30-99人
会社所在地 東京都新宿区西新宿4-29-4
電話番号 03-6276-3320

リタワークス株式会社


出典:リタワークス株式会社 https://hospital.webider.jp/index.html

リタワークスは、大阪府大阪市に本社を、東京都渋谷区に営業所を持つWeb制作会社です。Web制作事業のほかにも、NPOの寄付募集・決済・管理システム「congrant(コングラント)」の提供、協働プロジェクトとしてカンボジア社会貢献、NPO向け助成プログラム「SOCIALSHIP」も手がけています。
特に総合病院を中心とした医療関係、NPO法人関連のWebサイト制作に多数の実績を持ち、誰でも更新できるCMS機能付きのホームページ制作パッケージ「Webider」を提供しています。セミオーダーであればレスポンシブ対応で5ページ15万円、フルオーダーであれば10ページ65万円からという、明快な料金体系も魅力です。独自CMS「DelightCMS」をインストール型として提供しているのも特徴。フォームの追加や更新を重視したディライトCMSは、月額1万2,000円からのサブスクリプションプランのほか、12万円の永続ライセンスも用意、リーズナブルな料金を実現するうえ、電話・メールサポートも受けられます。

予算感 要問い合わせ
設立年 2008年
従業員数 30-99人
会社所在地 大阪府大阪市西区江戸堀1-22-17 西船場辰巳ビル6F
電話番号 06-6443-5541
掲載実績・事例(2件)
横浜市立市民病院ウェブサイトリニューアル
コーポレートサイト制作(企業サイト)
大阪精神医療センターウェブサイトリニューアル
コーポレートサイト制作(企業サイト)

大規模サイト制作の実績が豊富な会社3選

自社ニーズに応じた大規模サイトを制作・リニューアルするには、業界に精通し、豊富な実績を持つ制作会社に依頼したいと考えるかもしれません。そこで次は、大規模サイトの制作・リニューアルの実績を豊富に持つホームページ制作会社を紹介していきましょう。

アイ・ディー・エー株式会社


出典:アイ・ディー・エー株式会社 https://www.idanet.co.jp/

アイ・ディー・エーは、大阪府大阪市に本社を、東京都港区に東京オフィスを持つWeb制作会社です。Webサイトの制作・運営や多言語CMSによるグローバルサイト構築などのサービスを提供。そのほかにも、多言語翻訳、マニュアル作成やカタログ・会社案内・パンフレット制作などのDTP事業も手がけています。
ユーザビリティ・アクセシビリティに優れたサイト設計・デザイン・コーディングによって、小規模〜大規模サイトまでの構築に対応。SEO診断、アクセス解析の結果にもとづいた効果的なWebサイトリニューアルプランも提案できます。翻訳フローが組み込まれた多言語対応CMS「TYPO3」による、グローバルサイト制作も好評です。Webサイトの運営、Webシステムの構築・開発、海外SEO、アクセス解析を含め、企画から運営・更新までをワンストップで対応可能なのもポイントでしょう。Panasonic Beautyグローバルサイト、関西国際空港オフィシャルサイト、大阪マリオット都ホテルなど制作実績も豊富です。

予算感 要問い合わせ
設立年 1997年
従業員数 30-99人
会社所在地 大阪府大阪市北区太融寺町1-17 梅田アスカビル 4F
電話番号 06-6360-6300

有限会社イー・オフィス


出典:有限会社イー・オフィス http://www.matsumoto-web.jp/

イー・オフィスは、長野県松本市に本社を構えるWeb制作会社です。小規模〜大規模までのWebサイト制作、メンテナンス・運営サポートのほか、スマートフォンサイト制作、印刷物も含めたブランディング、セミナーなども手がけています。マルチメディアを駆使したワンストップマーケティングサービス「オールインワン」も提供。
ホームページ制作には自社開発のCMSが活用され、誰でも簡単に更新が可能。15万7,500円のイージー15、36万7,500円からのノーマルパックなど、明確な料金が設定された豊富なプランが用意され、ページ追加や写真撮影などのオプションも豊富。予算とニーズに応じて細かく選択できるのが魅力です。
月間100万PVを超えるWebサイトの制作・リニューアルの実績も豊富。J2所属のプロサッカーチームのオフィシャルサイト、ミュージシャンのオフィシャルサイトのほか、製造・建築、小売、サービス、宿泊、行政など、さまざまな業種で利用されている制作会社です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2000年
会社所在地 長野県松本市中央1-7-13 カネモ公園ビル3F
電話番号 0263-32-2222

インテリジェントレーベル株式会社


出典:インテリジェントレーベル株式会社

インテリジェントレーベルは、福岡県福岡市に本社を構え、鹿児島県鹿児島市に営業所を持つ1995年創業の老舗Web制作会社です。Web制作、Webマーケティング、システム開発、アプリ開発などのIT事業を展開。そのほか、ITビジネスプロデュース、運営代行などのITソリューション事業、Web・ITコンサルティング事業などを幅広く手がけています。
3,000社以上の制作実績を誇るWeb制作では、個々の目的・ニーズに最適化するためにトータルワンストップソリューションを提供。現状分析・調査から、コンセプトの立案、企画設計、制作、運営までのすべてに関わるのが特徴です。システム開発・アプリ開発のノウハウも取り入れ、さまざまなニーズに応えるWebサイト制作・リニューアルが実現できるのが魅力でしょう。もちろん、デザインや運営など、必要な部分のみを依頼するのも可能。店舗、不動産、士業など幅広い業種のコーポレートサイト、ECサイトはもちろん、ランディングページの制作やロゴ・イラスト制作にも対応できます。

予算感 要問い合わせ
設立年 1995年
従業員数 30-99人
会社所在地 福岡県福岡市早良区百道浜2丁目1番22号 SRPビル6F
電話番号 092-833-6633

デザイン性の高い大規模サイト制作が得意な会社3選

自社のブランド価値を高めたい、商品のブランディング戦略を重視したいなどのニーズがある場合は、スタイリッシュでデザイン性に優れたWebサイトが必要になるでしょう。そこでおすすめできる、デザイン性の高い大規模制作・リニューアルを得意とする制作会社をご紹介していきます。

株式会社ベイジ


出典:株式会社ベイジ https://baigie.me/

ベイジは、東京都世田谷区に本社を構え、ロジカルなデザインとマーケティング分析で事業課題を解決する、コンサル型のWeb制作会社です。大規模サイトにも対応するWebサイト企画・制作や運営・サポートのほかにも、業務システムの企画・制作、Webビジネスのコンサルティング、自社サイトの運営も手がけています。
市場調査やデータ解析をもとにコンセプトを決定する戦略、それにもとづいたコンテンツ企画やサイト構造などの設計、デザインを含めた制作・開発・運用はもちろん、Webサイト制作のすべてのフェーズを一環してプロジェクト管理できるのが特徴です。戦略にもとづいたビジュアルデザイン、写真・動画・イラスト制作から取材・コピーライティングまで「成功に導く」ためのWebサイト制作をトータルでサポート。特に強みを発揮するのはBtoBサイト、コーポレートサイト、ECサイトなどであり、日立やエレコム、星野リゾート、ランボルギーニ大阪など、デザイン性の高いWebサイト制作の実績を多数持っています。

予算感 要問い合わせ
設立年 2010年
従業員数 30-99人
会社所在地 東京都世田谷区代田6-6-1 TOKYU REIT下北沢スクエア 3F
電話番号 03-6407-8750

株式会社ミライスタート


出典:株式会社ミライスタート http://www.miraistart.com/

ミライスタートは、東京都中央区に本社を構えるWeb制作会社です。Webデザイン・コーディング・制作、独自CMSパッケージの提供のほか、システム開発受託サービスや、トータルビューティーサービス「fillife」、海外就業支援サービス「stackex」の運営、ヘアスタイル合成アプリ「PiCOT」の提供、人材育成などの幅広い事業を手がけています。
Webサイト制作では、最新のHTML5/CSS3を駆使した動きのあるコーディングに強みを持ち、ランディングページのみから大規模サイトまで豊富な実績を持っています。トータルで制作を依頼できるのはもちろん、デザインのみ、コーディングのみを依頼するのも可能。トップページのメインデザインからロゴ、バナー、イラスト制作まで対応できるのも魅力です。
リーズナブルにWebサイトを制作したというニーズには、フルカスタマイズ可能でレスポンシブデザインにも対応する独自CMS「MARBUS CMS」を提供。オリジナルデザインの制作も含めた「アドバンスプラン」であれば、高いデザイン性はそのままで、リーズナブルなサイト構築が実現します。

予算感 要問い合わせ
設立年 2014年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都中央区銀座2-9-13 GINZA-2 7階
電話番号 03-6380-8156

株式会社シシーダ


出典:株式会社シシーダ http://www.shishi-da.com/

シシーダは、北海道札幌市、東京都渋谷区、大阪府大阪市にオフィスを構えるWeb制作会社です。Webデザイン・制作、ECサイト制作・運用などのほかに、ロゴの制作やグラフィック、チラシ・パッケージ・ポスター制作や動画撮影・制作、空間デザインやインテリア・パース制作まで、幅広い事業を展開しています。
トータルでの企業ブランディングを得意とするため、その一環としてのWebサイト制作も「結果を残す」ために、サイト構築の目的にもとづいたデザインディレクションを行っているのが特徴です。ロゴやグラフィック制作のポイントも、見た目が美しいというだけでなく、やはり「結果を残す」ことを重点においているため、サイトデザインとのマッチングの良さが期待できます。

予算感 要問い合わせ
設立年 2014年
会社所在地 北海道札幌市中央区南9条西5丁目1-15 SAKURA S9中島公園

ホームページ制作の費用相場

ホームページ制作にかかる費用は、サイトの種類や規模によって変わります。たとえば一般的なコーポレートサイトは30万円前後から、大規模なホームページの制作や、マーケティング対策も含む場合には、100万円を超えることも珍しくありません。他にも、多くの機能を備えるECサイトなどでは、工数が増えて高額になりやすい傾向にあります。
「発注前にホームページ制作の料金相場についてもっと詳しく知りたい!」という方は「ホームページ制作の平均費用と料金相場」の記事をチェックしてください。

【まとめ】大規模サイト制作のポイントをおさえて最適な会社を選ぼう

定義が曖昧ではあるものの、ビジネスを加速させるデジタルマーケティングという観点で見れば、大規模サイトの存在は企業にとって欠かせないものだと言えます。しかし、企業にとって欠かせないものであるからこそ、大規模サイトの制作・リニューアルは簡単ではありません。
重要なことは、大規模サイトを制作・リニューアルする目的・目標を明確にし、ポイントを押さえた事前準備を念入りに行うこと、ビジョンを具現化してくれる最適な制作会社を選定することです。今回紹介した制作会社を参考にするのも良いですが、Web制作会社は全国に4,000社あるともいわれており、選定に迷ってしまうこともあるでしょう。
そんなときは、さまざまな分野で強みを発揮するWeb制作会社が多数登録する「アイミツ」までお問い合わせください。多数の見積もりを作成してきた経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングしながら、最適なWeb制作会社を見つけるお手伝いをさせていただきます。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!