ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2019年12月06日

ポータルサイトとは?例を用いてわかりやすく解説します【2019年度最新版】

ポータルサイトの定義とは何?知れば納得の種類と特徴

「ポータルサイトって聞いたことはあるけれど、何のこと?」と思っている方は意外と多いのではないでしょうか。
ポータルサイトとは、集客などの目的で作られるサイトのことを言います。
そして、魅力的なポータルサイトを作成することができれば、企業のコーポレートサイトでは接触できないユーザーと接触する機会をもうけることができるのです。
ここでは、ポータルサイトの基本情報や種類、作成方法を簡単に解説していきます。
ポータルサイト作成を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ポータルサイトとは

ポータルサイトとは

そもそも、「ポータルサイト」の「ポータル」には「玄関」や「入口」という意味があります。
そのため、ポータルサイトとはインターネット上にあるさまざまなページの玄関口となる巨大なWebサイトのことを言うのです。
では、ポータルサイトのメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか? 
ポータルサイトの利用者のメリットは、インターネット上に散らばっている多くの情報から必要としている情報を検索で探し出せるという点です。また、検索機能の他にも、天気やテレビ番組表、占い、株価など生活に役立つ情報を閲覧できるという点も大きな魅力です。
企業視点からのメリットを考えると、ポータルサイトを運用することによって、コーポレートサイトでは接触が難しいユーザーに接触する機会が得られて、集客効果が見込めます。
利用者・企業ともにメリットがあるので、数多くのポータルサイトが作成されているのです。

ポータルサイトの歴史と現状

検索サービスを提供していたサイトが、ジャンルごとにWebサイトへのリンクをまとめたことから、ポータルサイトが誕生しました。
その後、コンテンツ(天気予報、株価、占い、翻訳、地図など)が追加されていき、インターネットの総合サービスの形態を取り出したのです。
現在は、検索サービスだけではなくて、オンラインショップサイトなども運営されています。
ポータルサイトにアクセスしてくれるユーザーを増やす目的で、便利な機能やコンテンツを増やしているのです。
実際に、大手ポータルサイトではユーザーのニーズに合わせた各種情報やサービスが提供されていて、トップクラスのアクセス数、ユーザー数を誇っていて、非常に権威性のあるサイトへと発展しているのです。

ポータルサイトの種類を例とともに紹介

ポータルサイトの種類を例とともに紹介

ポータルサイトを作成する場合は、作成したサイトがどの種類に該当するのか理解しておかなければいけません。
ポータルサイトには豊富な種類があり、それぞれに特徴があるのです。
これらの特徴を良く理解して、作成するポータルサイトを決めましょう。ここでは、ポータルサイトの種類について詳しく紹介します。

総合型ポータルサイト

話題のニュースや天気など生活する上で必要な情報が、たくさん掲載されているポータルサイトのことを言います。
総合型ポータルサイトは、莫大な情報が掲載されているため、サイトの運用も維持も大変です。莫大な運用費用がかかってしまいます。
このようなサイトを運営することは難しいため、一般的には専門型ポータルサイトなどが作られることが多いです。
総合型ポータルサイトの事例は「Yahoo!Japan」などが該当します。

検索型ポータルサイト

検索エンジンやリンク集、交通情報や天気予報など、さまざまなコンテンツと多数のサービスを提供するポータルサイトです。
大手検索エンジン「Yahoo!」はこの区分にあたります。

地域型ポータルサイト

地域に関する情報を提供するサイトのことを言います。
特定の地域に関する観光名所の情報や病院情報、求人情報が掲載されていて、地域の方に役立つ情報が発信されているサイトです。
地域型ポータルサイトの運営は、民間企業が行っている場合もありますが、行政や自治体が運営しているケースも少なくありません。

専門型ポータルサイト

1つの分野に特化した情報が掲載されているポータルサイトのことを言います。
特定の情報に絞り込んでいるため、SEOの効果が見込みやすく、ページの閲覧数も多くなりやすいサイトです。
情報量が莫大になりやすいため、検索窓を構築する必要も出てくるのです。
代表的なポータルサイトとしては「健康ポータルサイト」や「不動産ポータルサイト」などが挙げられます。

社内ポータルサイト

企業が扱っている情報を集約して、社内向けに情報が公開されているサイトのことを言います。
情報伝達や情報共有を社員間に行うことを目的に運営されているサイトのため、閲覧権限が必要です。
一般的なポータルサイトとは異なり、社内ポータルサイトを閲覧できる人は、社内の従業員もしくは関係者と限定されています。

社内ポータルサイトについてはこちらで詳しく解説しています。
企業で役立つ社内ポータルサイトとは?掲示板やグループウェアとの違いをわかりやすく解説

目的型ポータルサイト

目的を実現するために、情報を提供しているポータルサイト。
婚活サイトなどのような利用者をマッチングさせるサイトなどが目的型ポータルサイトに該当します。

ブログ型ポータルサイト

ブログ記事をまとめて提供しているサイトのことを言います。
サイトの会員になると、自由にブログを投稿できたり、限定公開されている記事を読めたりするのです。
近頃は、ブログに留まらずホームページを簡単に作成できるサイトも登場しているのです。
代表的なブログ型ポータルサイトとして「アメブロ」や「WIX」が挙げられます。

ポータルサイトの作り方

ポータルサイトの作り方

ポータルサイトには、いくつもの種類のサイトがあることをご理解頂けたと思います。
実際に、ポータルサイトを作成したい場合は、どうすればよいのでしょうか?
ここでは、サイトの作り方について解説します。

CMSで作成する方法

ポータルサイトは、莫大な数の情報を更新していかなければいけません。
近頃では、作成にCMS(コンテンツマネジメントシステム)の採用が増えています。
CMSとは、コンテンツの更新作業をソフトウェアで自動化するシステムです。
オープンソースのCMSを利用すれば、簡単にポータルサイトを作成できます。そのため、比較的安価に作成できる点も魅力と言えるでしょう。
プラグインが用意されているWordPress(ワードプレス)がCMSで人気を集めています。

WordPressについてはこちらでも詳しく解説!
WordPressでポータルサイトを作れる!ブログにとどまらないWordPressの可能性

業者に依頼する方法

ポータルサイトを作成する方法として、業者に依頼するという方法もあります。
見積依頼をする前に、どのようなサイトにしたいのか、どんな機能が必要なのかを洗い出しておくことが大切です。
なぜなら、ポータルサイトの作成を依頼する場合は、どの程度の規模のサイトを作成するのか、どのような機能を付けるのかによって、費用が大きく変わってくるからです。
競合他社のサイトを比較して、必要最低限の機能を備えるという方法も費用を抑える1つの方法です。
また、ポータルサイトを作成する際の相場が分からないと思うので、複数の業者に見積もりを取るようにしましょう。

※ポータルサイト構築に定評のある会社はこちらで紹介しています!
ポータルサイト構築に強いホームページ制作会社9選

まとめ

まとめ

ポータルサイトを作成すれば、コーポレートサイトを見てくれていないユーザーと接触することができます。
たくさんのアクセス数を稼ぐことができるポータルサイトを運用することができれば、広告収入を稼ぐこともできるのです。
そのため、ポータルサイトを作成する人は増えています。
興味を持った方は、ポータルサイトをぜひ作成してみて下さい。

“ホームページ制作”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

ホームページ制作業者の
見積もりが最短翌日までにそろう