ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

ホームページ制作の費用と料金相場

リーズナブルで品質の良いホームページができる!

掲載社数 7万社以上!

大手や小規模の格安制作会社の中から探せる

一番安い業者の提案を集める

1. 価格帯の分布

アイミツでは毎月3,000枚以上の見積書の確認・分析を行っております。毎月集まる見積書を参考にホームページ制作の料金相場を算出しております。

平均相場

85万円

グラフ
  • 低価格帯

    ~30万円

  • 標準価格帯

    30~100万円

  • 高価格帯

    100万円~

2. 実際の発注と見積書

アイミツが収集している“実際に行われている”発注の相談と、その見積書を開示しております。アイミツではコンシェルジュが発注の相談に対してアドバイスを行い、適正な見積もりの取得、失敗しない発注を実現しています。

実際の見積書から探す

ホームページ制作の料金を”一括見積もり”で調べる

実際の費用はいくら?

  • 平均相場
    85万円~
  • 低価格帯
    ~30万円
  • 標準価格帯
    30~100万円
  • 高価格帯
    100万円~

3. ホームページ制作にかかる費用の内訳

ホームページを立ち上げるには、いくつかのプロセスを踏まなければなりません。
制作費を構成する主な工程と、webサイトの新規作成・リニューアルを問わず、

・各工程でどのようなことを行っているのか
・どのくらいの費用がかかるのか


この2点を詳しく解説していきます。

ディレクション費

ディレクションとは、依頼者との打ち合わせやホームページ構成、写真やテキストデータといった素材集め、最終確認などを含めたプロジェクトの進行管理のことを言います。
この工程は一般的に「ディレクター」と呼ばれるスタッフが担当し、作成をスムーズに進められるように依頼者と社内スタッフとの橋渡し役を勤めます。
ディレクションは企画構成・案件定義など、ホームページ制作に関するすべての進行管理を行う工程であるため、作成するホームページの規模や対応環境(パソコン、スマートフォン)によって異なります。
ホームページ制作料金の20%程度が一般的な価格とされ、5万円から20万円が相場と言われています。

デザイン費

低価格でホームページを制作する場合は、イチからデザインやレイアウトを考える必要がないテンプレートを使用するのが基本です。
一方、オリジナルデザインのホームページを作成する場合には、レイアウトを含めたデザイン要素を個別に用意することになります。

「デザイン」と一括りにしている工程には、トップページや下層ページといったホームページ自体のデザインを決める作業のほかに、イラストやロゴ、ボタンの作成なども含まれます。

トップページは依頼者ごとにデザインを起こし、下層ページを想定した作り込みが必要となるため、相場は5万円から15万円と他のページに比べると割高になっています。
下層ページの費用相場はトップページのおよそ半分程度のケースがほとんどですが、ページの長さや作り込み度合いによって異なります。
テキスト中心のシンプルな構成のページであれば、5,000円から8,000円程度でしょう。

なお、イラストやロゴ制作は別途料金扱いにしている制作会社が多く、簡単なロゴとコンセプトを踏まえた会社のロゴとでは当然ですが制作費用に差が出ます。

いずれにせよデザインは個人のスキルに拠る部分が大きく、極端に言えば制作を依頼する業者のなかでも担当するデザイナーによって価格が異なることも珍しくありません。
つまり、同じボリュームのホームページであっても、スキルの高いデザイナーを使うほど費用も上がっていく可能性が高いと言えます。

コンテンツ費

ホームページ内に掲載するテキストや画像、動画の作成などを制作会社に依頼する場合に発生する工程です。
セールスライティングやSEOライティングといった集客効果が期待できるテキストは、自社で作成するとなると難しいかもしれません。
どちらも専門知識を持ったライターが担当するため、セールスライティングは1ページ3万円から20万円、SEOライティングは1ページ1万円から20万円(キーワード選定によって異なる)が費用相場になります。

また、近年注目を集めている動画に関しては、3万円から5万円程度(15秒)が制作費の一般的な相場だと言われています。

サイトの新規作成ではなくリニューアルであったとしても、既存コンテンツを修正したりあらたに素材を足したりする必要もあるため、コンテンツ制作には安いか高いかは別に、一定の費用がかかることがある点には注意が必要です。

コーディング費

ホームページの設計書をもとに、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を用いてソースコードを書いていく工程です。
デザインの工程同様、ページの長さや作り込み度合いによって費用は異なり、相場としてはトップページが1万円から3万円、下層ページが8,000円から2万円程度となっています。

なお、スマートフォンやタブレットの画面サイズに合わせて自動的に最適化する「レスポンシブデザイン」は大体1ページ1万円から2万円程度が相場ですが、対応デバイスを指定する場合には追加料金が発生するケースもあるので注意が必要です。
またレスポンシブデザインの料金はパソコン(PC)のみの制作費用×1.4~1.7で算出されることも多くあります。

システム費

デザイン制作、コーディングが完了した後に発生する工程であり、PHPやRubyなどのプログラミング言語を用いてCMSの構築など、さまざまなシステム開発を行います。
ホームページでよく見かける「お問い合わせフォーム」や「検索機能」もこの工程に該当し、それぞれの相場は2万円から3万円程度です。

また、更新作業が簡単なことから多くの企業が利用しているCMSツール「WordPress」での構築・カスタマイズ費用の相場は、インストールや基本設定も含めて5万円から数十万円程度になります。

なお、独自のWebサービスや管理システム・業務システムなどの構築費用は内容によって大きく変動しますが、20万円から100万円程度はかかるものと考えておくといいでしょう。

SEO対策費

ホームページをビジネスで活用するのであれば、検索エンジンでの上位表示を狙うSEO対策は必須です。
内部SEOに関してはコーディング作業の工程で当たり前のように実装してくれる制作会社も多く、基本的に料金はかかりません。

ですが、SEO対策に強い制作会社の場合には確実に上位表示されるよう、別途料金を設けてコンサルティングを行います。
SEO対策の費用相場としては、中小企業向けのホームページなら10万円から30万円、大企業もしくは大規模なホームページなら安いものでも数十万円から100万円以上かかります。

そしてもう1つ、SEO以外にも上位表示を狙う上で欠かせない機能といえば、ホームページの閲覧数や滞在時間など、アクセスに関するさまざまな情報が得られる「アクセス解析ツール」です。
「Google Analytics」をはじめ、解析ツール自体は無料の場合がほとんどですが、設置費用として3万円から5万円程度かかります。

制作会社によってはアクセス解析ツールのデータを分析・検証を行い、詳しい月次報告書を作成してくれるところもあるので、別途料金がかかるのかどうかも確認しておくといいかもしれません。

ホームページ制作後にかかる運用費にも注意!

ホームページ(webサイト)を作る際には制作にかかる費用にばかり目が行ってしまいがちですが、公開後に運用していくなかで発生する更新などの費用(保守・運用管理費)も見逃せない問題のひとつです。独自ドメインを利用している場合には、そのドメイン利用料が掛かることも覚えておく必要があります。

公開後にかかる費用

ホームページは公開したらそれで終わりというわけではなく、集客や売り上げを伸ばすためには、商品・サービスに関する情報やコンテンツの追加・修正、SEO対策など、頻繁な更新と運用が重要になります。
ですが、制作会社がすべてオリジナルで作成したホームページの場合には、HTMLやCSSなどの専門知識がないと自社で更新作業を行うのはほぼ不可能です。

そうなると更新作業が発生するたびに制作を業者に依頼しなければなりませんが、もちろん無料で請け負ってくれるわけではありません。
仮に1ページの修正・追加費用が2万円だとして、毎月最低でも5ページは依頼するとなるとそれだけで10万円の費用がかかります。
さらに年間で考えるとホームページの更新だけで120万円と、トップクラスの制作費にも匹敵する費用が必要になってしまいます。
これではいくら制作費を抑えても、後々まで運用・更新の費用負担がかかることになります。

ランニングコストを抑えたいのであれば「WordPress」といったCMSツールを利用するなど、自社で簡単に更新作業が行えるホームページを制作してもらうことが重要です。

4. 費用別にみるホームページ制作例

制作会社のホームページを見ると、「標準プラン」「見積もり例」という形で制作費用が提示してありますが、業者ごとに金額や内訳の項目にバラつきがあり過ぎて「一体何がどう違うのだろう?」「本当に安いのはどこなんだろう?」と首を傾げてしまうこともあるかと思います。

そこでこの項目では、ホームページの制作費用を金額別に分けてどのような特徴があるのかを詳しく説明します。

10万円以下で制作されたホームページ

10万円以下の費用でホームページを作るとなると、制作会社が用意したテンプレートを使用するケースがほとんどです。もしくは、「WordPress」などのCMSで最低限の形まで仕上げてもらい、後のコンテンツ入力などの編集作業は依頼者側で行う方法があります。

どちらの場合もホームページに必要な画像やテキストなどの素材データを依頼者側で用意する必要がありますが、費用を抑えたい、短い納期で依頼したい場合にはおすすめです。

また、ホームページ作成サービスとして知られる「Jimdo」「Wix」での制作を請け負っている会社も、5万円程度からホームページを作成しています。

株式会社ニチクロ本社ホームページ

京呉服さのうちホームページ

~30万円で制作されたホームページ

30万円以下の料金で作成する15ページ程度までの一般的なホームページ(webサイト)は、コーポレートサイトに掲載する画像やテキストなどの素材は発注者側で用意し、デザイン・プログラミング・コーディング作業だけを依頼するケースがほとんどです。

また、制作会社が用意したデザインテンプレートを使用するなど、制約が設けられていることも多く、レスポンシブ対応がなされてスマートフォン向け表示において問題がないとしても、完全オリジナルのホームページを制作するのは厳しいでしょう。

ちなみに、「Jimdo」「WIX」などの無料ツールを利用する会社であれば、webサイトを作成する費用を10万円以下に抑えることもできます。

株式会社レッシー・インターナショナルのホームページ

株式会社ブライト・アースのホームページ

費用数万~30万円のホームページ制作の特徴
  • 発注者側で画像やテキストなどの素材を用意する
  • 決まったテンプレートからデザインを選ぶことが多い
  • 基本的なSEO対策は料金内で実装してくれる
  • 短い納期でwebサイトが仕上がる

30〜100万円で制作されたホームページ

必要な要素を一通り組み込んだオリジナル性の高いホームページを作りたいのであれば、30万円から70万円程度の費用はかかるものと考えておく必要があります。

この価格帯になると制作を依頼する業者はどういったホームページが作りたいのか、また、どのような効果を期待するかなど、依頼者から十分なヒアリングを行った上で作成に取り掛かります。
もちろん、依頼者の要望に沿ったオリジナル性の高いデザインで作成するため、他社との差別化が図れるのはもちろんのこと、格段にホームページのクオリティが上がります。

また、ECサイトネットショップを始める場合も、大体この価格帯で必要な機能を備えたホームページ制作が可能です。ただし、独自のショッピングカートや決済システムを構築するとなると、安くても100万円以上かかることもあります。

トヨタカローラ札幌のキャンペーンサイト

株式会社アスリートプランニングのホームページ

株式会社富士ネットワークスのホームページ

費用30~100万円のホームページ制作の特徴
  • オリジナル性の高いwebサイトを作成できる
  • 発注者の要望に沿ったデザインに仕上がる
  • 独自コンテンツを充実させることができる
  • 中規模・大規模な制作会社が利用できる

100万円〜で制作されたホームページ

100万円以上の価格帯となると、単に制作を依頼するのではなく企画段階からwebマーケティングのコンサルティングなどを絡めて、戦略的なコーポレートサイトを作るケースが多くなります。大手の制作会社や広告代理店が受注する例も少なくありません。

また、近年注目されている動画を取り入れたコンテンツや、スマートフォンやPCなどの閲覧環境に依らず、ほかにはない仕掛けを施したデザインなどといった特色のあるwebサイト制作も、この価格帯であれば十分実現可能です。

クラヴマガ・ジャパン株式会社のホームページ

アコマ医科工業株式会社のコーポレートサイト

株式会社スポーツティエムシーのコーポレートサイト

費用100万円以上のホームページ制作の特徴
  • 戦略的に効果の高いwebサイトが作れる
  • トレンドのコンテンツやデザインが採用できる
  • 大手の制作会社や広告代理店が利用できる

5. 【まとめ】ホームページ制作で何を重視したいか決めよう

このページでは、新規作成・リニューアルを問わず、ホームページ制作(webサイト制作)を外注した場合の費用相場と、費用を構成する各要素について説明しました。

ここまでさまざまな角度からホームページ制作の相場を取り上げてきましたが、言ってしまうと相場はあってないようなものです。
なぜなら多くの制作会社が「仕事量(=人件費)+付加価値(制作に関するノウハウ)」という形で制作費を算出しているため、工程数や日数、関わるスタッフの人数、制作実績によってその金額は大きく変動するからです。

大規模な制作会社の場合には、ひとつの工程を複数のスタッフで行うことも珍しくはありませんし、凝ったデザインや機能を発注すれば一般的なホームページよりも手間と制作日数がかかります。
これらすべての要素が人件費に換算されるわけですから、制作会社ごとに提示する料金が異なるのも当然です。

また、ホームページを制作する目的や用途によって求めるデザイン性や必要なページ数、機能などは異なってくるため、制作会社に見積もりを依頼しない限りは、あくまでも目安の費用にしかなりません。
ですが、工程ごとにかかる費用の相場を詳しく知っておけば「こんなに費用をかけてまで追加する必要はない」というように、無駄な要素を省く上での判断材料になります。

だからと言って費用を抑えることばかり考えてしまうと、どこにでもあるような特徴のないホームページにしかならないだけでなく、後になって「こうすればよかった」とさまざまな要望が出てきて、結果的に制作当初よりも費用が高くついてしまう場合もあります。

そして「ホームページ制作後にかかる運用費にも注意!」でも触れましたが、ホームページを作る際は制作費だけでなく、後々まで必要となるランニングコストについても考えなければなりません。

運用・ランニングコストを抑えるには、web制作会社に依頼しなくても更新・運用作業が行えるCMSの採用以外にも、独自ドメインとレンタルサーバーを自社で用意する方法があります。
制作会社に依頼するとそれぞれの料金とは別に代行料金や管理費用が発生する場合がほとんどであり、自社で行えばそれらにかかる費用をカットすることも可能です。

ホームページの制作費用は決して安いものではありません。無駄な出費を抑えることと、盛り込むべきコンテンツや機能とのバランスをどうするかが重要です。
そのためには制作する目的や用途、想定される閲覧者の環境(PC、スマートフォンなど)に基づいて、どういった要素を重視すべきかを十分に検討する必要があります。

本当にその要素は自社のホームページに必要なのかどうか、費用相場を参考にしながらしっかりと見極めましょう。会社選定にお悩みの場合には、ぜひアイミツのコンシェルジュにお問合せください。

あなたの希望に向き合い優良業者をご紹介します

  • 業者の紹介
  • 業界情報の提供
  • 相場の提供