無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2019年6月19日
更新日:2022年6月15日

ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】

現在、個人消費が低迷している中でも右肩上がりの成長を続けている国内EC市場。この先も物販ビジネスでチャンス拡大を狙うのであれば、ECサイトは不可欠です。

ECサイトは一度構築すれば24時間365日営業できるので、導入後は売上の向上を見込めます。ただ、一口にECサイトと言っても、いくつかの種類があり、作り方によって料金相場も異なります。

今回は、これからECサイトを制作する方に向けて、ECサイトの制作費用の相場や制作時の注意点を紹介します。

□関連記事:ECサイト制作に強いおすすめ制作会社

予算別!ECサイトの作り方5つ


予算別に見るECサイトの制作方法
予算 ECサイトの制作方法
〜10万円 モール型ECサイトやオープンソース
〜100万円 ASPを利用する
〜500万円 パッケージソフトを利用する
500万円〜 フルスクラッチで制作する

ECサイトを制作する方法は複数ありますが、制作方法によって費用は大きく異なるので、予算から制作方法を決めるという手もあります。ここでは予算別のECサイトの作り方を5つ紹介するので、ECサイトを作る際の参考にして下さい。

予算~10万:モール型ECサイトに出店する

ECサイト制作の予算を10万円以内に抑えたい、という方はECモールへの出店を検討しましょう。

ECモールとは楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのモール型プラットフォームのことです。自社でECサイトを一から構築する必要はなく、コストを最小限に抑えることができます。また、サイト制作期間も短く1週間〜1ヶ月程度で出店が可能です。

ECモールは既にサイトが強力なパワーを持っており、ユーザーの信頼も高いので、新規参入でもアクセスが見込める点は大きなメリットです。また、運営側から集客のサポートを受けることができるので、順調にスタートを切ることができるでしょう。

一方、ECモールには多くの店舗が出店しているので、新たに参入しても沢山の店の1つであり、カスタマイズできる幅も限られるので、独自性を打ち出しにくい、多くの店舗の中に埋もれてしまうという恐れはあります。また、売り上げに対して一定の割合でロイヤリティを支払う必要があるので、長期的に見れば自社でECサイトを構築したほうが利益が上がる可能性もあります。

ECモールへの出店は、ECサイト構築の予算が限られている方、ECモールのブランドや集客力に魅力を感じる方におすすめの方法です。

予算~10万:オープンソースを利用する

ECサイト制作の予算が10万円以内だけれど、自社のECサイトを持ちたい!という方にはオープンソースを利用する方法もあります。

オープンソースは無料で公開されているサイト構築システムのことで、誰でも利用可能です。改変も自由にできるのでカスタマイズすれば独自性のあるECサイトを構築できます。ECサイト用のオープンソースとして有名なのは「EC-CUBE」「Magento」で、両方とも無料ダウンロード可能。すでに多くの企業が利用をしています。

ECサイト用のオープンソースのメリットは無料で利用できることに加え、ショッピングカートを始めとするECサイトで必要な機能が標準装備されている点です。独自開発をするとこうした機能を一から装備する必要があるので、開発に時間がかかりますが、オープンソースならその心配もありません。サイト制作期間はおよそ1〜2ヶ月程度です。

デメリットはサイト制作にある程度の専門知識が必要で、トラブルには自分で対処する必要があることです。また、セキュリティについても注意が必要となるので、初心者には扱いが難しいのが難点です。

よって、オープンソースはサイト制作費用を抑えたい方、独自性のある自社サイトを作りたい方、サイト制作の知識がある方におすすめの方法です。

予算~100万:ASPを利用する

サイト制作にあたり10~100万円程度の予算がある場合は、ASPの利用も可能です。

ASPは「Application Service Provider」の略語で、インターネット上でアプリケーションの仕組みを使うためのサービスです。ECサイトのASPで有名なのは「BASE」「カラーミーショップ」「MakeShop」「ショップサーブ」「Shopify」などがあります。

ASPはソフトウェアをインストールする必要がなく、ブラウザベースで利用できるのが特徴です。サーバーは不要、制作も簡単で、比較的短期間でサイト構築&オープンも可能、とにかく手軽な点が人気です。サイト開設後に月額費用が発生しますが、初期費用の負担が少ない点はメリットです。

一方、オープンソースやパッケージソフトと比較するとカスタマイズの幅が狭いので、独自性を打ち出したい方には物足りない可能性があります。また、拡張性も高いとは言えず、将来的に自社システムと連携をしたい方には不向きです。

以上の特徴から、ASPはサイト作成初心者の方、コスパ重視の方におすすめの方法です。

予算:~500万:パッケージソフトを活用する

サイト作成に500万円まで費用をかけられる方は、パッケージソフトの活用が可能です。

パッケージソフトは、市販のソフトウェアのことで代表的なECサイト用のパッケージには「Orange EC」「ecbeing」「ebisumart」があります。パッケージソフトのメリットはカスタマイズ性が高く、デザインも自由度が高い点です。大規模なECサイトの構築にも適しており、クリスマス、バレンタインなど季節柄発生する一時的なトラフィックの増減にも対可能です。

一方、パッケージソフトはECモール、オープンソース、ASPに比べると費用が格段に高く、サイト構築後も保守、バージョンアップ、メンテナンスにも費用がかかるので、ランニングコストについても考慮する必要があります。また、サイト制作期間も2〜5ヶ月ほどかかるので、サイト開設までにある程度の期間が必要です。

パッケージソフトは大規模なECサイトを構築予定の方で、予算にもある程度余裕のある方におすすめの方法です。

予算:500万~:フルスクラッチ制作をする

ECサイト制作の予算が500万円以上ある方はフルスクラッチの導入も選択肢に入ります。

フルスクラッチとは既存のサービス、プログラムを全く使わずにゼロベースからサイト構築をする方法です。フルスクラッチでECサイトを構築した場合も、ゼロから独自開発ができるので、全て自社の思い通りにサイト構築をできます。自社システムとの連携も自由自在、追加機能を加えるにも制限がありません。

フルスクラッチのデメリットは、制作費用・維持費用が高額になる点、開発技術者が必要となる点、制作期間が長くなる点などがあげられます。サイト開設までには4〜8ヶ月程度を計画しておく必要があるでしょう。また、自社開発をするとどうしても不具合も発生しやすくなるので、サイト構築後もトラブルに対処できる人材が必要です。

よって、フルスクラッチは予算に余裕がある方、ECサイトを自社のメイン業務としたい方にはおすすめですが、最近はパッケージも柔軟性や拡張性が高く、大規模サイトでもフルスクラッチを利用するのは少数派です。

ECサイト制作の費用面で注意したいこと


ECサイト制作をする際に費用のことは気になりますが、安かろう悪かろうになったのでは困ります。サイト制作費用を抑えられるに越したことはありませんが、次の3つの点には注意をしておくことをおすすめします。

決済方法はどうするか

ECサイトを制作する際は、決済方法をどうするかよく検討する必要があります。ECサイトの決済方法はクレジットカード、銀行振り込み、コンビニ振り込み、代金引換などがありますが、どの方法を選ぶかでサイト制作にかかる費用は異なります。

できるだけ費用を抑えたい場合、搭載する機能も必要最低限で済ませがちですが、決済機能に関しては節約をするのは考え物です。なぜなら、web決済サービス「Paidy」の調査によると、ユーザーの7割は自分の希望する決済機能がないと買い物を中止するか、他のサイトで購入をするという結果がでており、決済機能の選択肢をできるだけ増やすことは、機会損失を防ぐ重要なポイントだからです。

特にECサイトの決済ではクレジットカードが多く使われるので、費用はかかってもクレジットカード決済機能は搭載しておくことをおすすめします。

どこから制作会社に任せるのか

ECサイトを作る際、どこまでを自社で行い、どこからを制作会社に任せるかでも費用は大きく変わります。

ECサイト制作のプロセスは多岐に渡り、企画、分析、デザイン、コンテンツ作成、サイト構築、運営の全てを制作会社に依頼すると費用は高くなります。反対に写真やコンテンツは自社で用意をして、制作会社にはサイトの枠組みだけ構築してもらう、という場合は費用を抑えられるでしょう。

また、サイト制作ソフトを購入して自社で構築をする場合は、ソフト購入費用だけで済みます。その場合、ある程度専門的な知識は必要となりますが、費用は格段に抑えることが可能です。

何を重視してECサイトを作るのか

ECサイトを作るときには、重視したいことを決めておくことも大切です。

ECサイト制作にあたっては、費用、制作期間、耐用年数など様々な検討事項があります。全てを思い通りにいけば良いのですが、なかなかそうもいかないこともあります。

そうしたときに、サイト構築において一番重視したいことが決まっていれば、制作会社を選びやすいでしょう。ECサイト制作会社にはそれぞれ強みがあるので、優先順位の高いニーズを満たせる会社を選ぶことをおすすめします。

【まとめ】ECサイト制作の業者選びに迷ったらアイミツへ

ECサイト制作をする際は、予算によって制作の仕方を決める方法もあります。ECモールの出店やオープンソースを利用すれば10万円程度でECサイトを制作できるので、予算に限りのある方でもEC市場への参入は可能です。

今回紹介したECサイト制作の業者は定評のある会社ばかりですので、ぜひECサイト制作時の参考にしてください。もし、業者選びでお困りの場合は、お気軽にアイミツにご相談下さい。丁寧にご要望をヒアリングして、最適の業者を紹介させて頂きます。

「ECサイトに強いホームページ制作会社をもっとたくさん知りたい!」という方は、こちらをどうぞ!

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!