無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月10日
更新日:2021年12月10日

ホームページ制作の外注のメリット・デメリット【2022最新版】

ホームページを自社制作した場合のメリット・デメリット、外注した場合のメリット・デメリットをそれぞれ詳しく解説します。「ホームページを自社で制作するか、それとも外注するか」で迷っている方はぜひ参考にしてください。

ホームページ制作を自社対応する場合と外注する場合の違い

ホームページ制作の外注のメリット・デメリットを知る前に、まずは、ホームページ制作を自社対応する場合と外注する場合の大きな違いについて解説していきます。

費用面で差が出る

ホームページ制作を自社で行うのと、外注することの大きな違いのひとつに費用があります。社内にスキルを持った人材がいれば、ホームページの自社制作が可能です。その場合、該当社員の人件費だけでホームページ制作が行えます。ホームページ制作を外注する場合は、もちろん外注費用がかかります。外注費用は、制作するホームページの種類や規模によって変動しますが、一般的なコーポレートサイトは、シンプルな作りのホームページで20万円から30万円。オリジナルデザインで他社と差別化が図れるようなしっかりとした作りのものなら100万円以上が相場です。

クオリティ面に差が出る

ホームページ制作を自社対応する場合と外注する場合とでは、クオリティに大きな差が出ます。外注の場合は、ホームページ制作のプロフェッショナルがチームを組んで制作にあたるため、クオリティの高いホームぺージ制作が期待できます。自社対応の場合は、ホームページのクオリティは制作を任せる社員のスキルやセンス次第ですが、一般的には外注した方がクオリティが高いでしょう。予算が取れるのであれば、ホームページ制作会社に依頼するのが安心です。

効果計測・分析・改善で差が出る

ホームページを作ったあと、「想定していたよりも効果が出ない」こともあるでしょう。ホームページ制作会社のなかには、ホームページの閲覧数やユーザーのサイト内の動き方などを計測・分析して改善提案をしてくれる会社もあります。ホームページは一度作って終わりではないため、自社にノウハウがない場合は制作会社に相談することも検討しましょう。

自社対応した場合のメリット・デメリット

ホームページ制作を自社対応するか外注するかを判断するためには、それぞれのメリット・デメリットを把握する必要があります。まずは、ホームページ制作を自社対応する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

自社対応した場合のメリット

ホームページ制作を自社対応することの最大のメリットは、制作費用の安さでしょう。自社のスタッフの人件費はかかりますが、外注と比べると格安で済みます。人件費以外にかかる費用は、サーバーやドメインにかかる費用やホームページ制作ソフトの費用等があります。サーバーやドメインにかかる費用はそれぞれ月額数百円から数千円程度。ホームページ制作ソフトは無料のものも多数リリースされており、有料のものでも1万円から2万円で購入できます。しかし、ホームページ制作は時間がかかるもの。自社対応にしたことで本来の業務に手が回らなくなってしまっては本末転倒です。また、多くの時間をかけ自社で制作したけれど、クオリティが低く結局外注するはめになるというパターンも大いに考えられます。自社対応にするか、外注にするかは慎重に決めるべきです。

自社対応した場合のデメリット

ホームページ制作を自社対応することの一番のデメリットは、自社の社員にホームページ制作のスキルや知識、デザインのセンスなどが求められる点です。ホームページ制作後は更新作業やリニューアル作業なども発生するため、自社でホームページを管理する担当者をもうける必要もあります。
また、自社対応のデメリットはクオリティの面にもあります。ホームページ制作のプロである制作会社に外注するのと、自社社員が本来の業務の合間に制作するのとでは、クオリティに大きく差が出ます。「とりあえずホームページがあれば良い」ということであれば自社対応でも良いでしょうが、高いクオリティのホームページが必要であれば外注することをおすすめします。

ホームページ制作会社に外注した場合のメリット・デメリット

次に、ホームページ制作を外注する場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

ホームページ制作会社に外注した場合のメリット

ホームページ制作を外注することの最大のメリットは、クオリティが担保されている点です。ホームページ制作会社は、ホームページ制作に関するプロフェッショナルの集団で、高い専門性を持ったスタッフがチームを組んで業務にあたります。デザインはプロのデザイナーが行い、写真はプロのカメラマンが撮影、テキストはプロのライターが執筆。そして、コーダーやプログラマーなど、最終的なホームページの見栄えを左右する専門スタッフも在籍しています。
また、ホームページ制作会社には、これまでの業務からノウハウが蓄積されているため「デザインで他社と差別化してほしい」「検索順位を上げたい」「集客できるホームページを制作したい」といったニーズに合わせた提案してもらえます。さらに外注であれば、自社の課題やニーズのヒアリング、コンセプト・デザインの設計、制作、制作後の運用までをトータルに依頼可能。万が一トラブルが発生した場合にも、保守・メンテナンスの契約を締結していれば、迅速に対応してもらえます。

スケジュール通りに進行できるという点もメリット。自社制作の場合、本来の業務の合間にホームページ制作を行うことになるため時間がかかります。新商品のリリースやキャンペーンに合わせてホームページを開設するということ難しいでしょう。一方、外注の場合は、スケジュール管理も含めて依頼できます。途中で大きな仕様変更など、よほどのことがない限り、スケジュール通りに進めてもらえるでしょう。

ホームページ制作会社に外注した場合のデメリット

ホームページ制作を外注することのデメリットは、外注費用がかかる点です。外注費用は、依頼するホームページ制作会社や制作するホームページの種類や内容によって大きく変動しますが、一般的なコーポレートサイトの場合、簡素なものでも数十万円、本格的な作りのものであれば100万円以上かかります。自社のスタッフを活用して、ホームページ制作を内製化する場合と比べると、制作費用は高くなってしまうでしょう。ただ、インターネットの活用が当たり前となった現在、ホームページの有無や質の高さは、その企業のブランディングや信頼性にも繋がります。外注した方が費用対効果がはるかに高いということも十分考えられるでしょう。短期的な費用だけではなく、長期的な費用も割り出したうえで、ホームページ制作を自社対応するか、外注するかを決めるのがベストです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社から要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ホームページ制作の外注先の選び方・ポイント

ホームページ制作を外注するときの選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

ホームページ制作を外注するときの成功のコツ・失敗例

ホームページ制作の手順を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

まとめ

ホームページ制作を自社対応する場合にも、ホームページ制作に外注する場合にも、メリットとデメリットがあります。「ホームページで他社と差別化したい」「ホームページからの売り上げを伸ばしたい」といった具体的な目的がある場合には、ホームページ制作会社に依頼しましょう。依頼する会社選びに困ってしまった方は、ぜひアイミツにご相談ください。10万件以上の利用実績を持つアイミツが、ご要望やご予算を伺ったうえで、ぴったりな会社を複数社ご紹介致します。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!