無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年4月12日
更新日:2022年4月12日

【アプリ開発】初心者向けのプログラミング言語や作り方【2022年最新版】

「アプリ開発を行いたいが、初心者なので色々と不安が大きい……」、「アプリ開発について基本的な知識をおさえておきたい」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、アプリケーションの種類や開発に用いるプログラミング言語、アプリ開発に必要な環境や期間など、アプリ開発に関する基本的な知識をまとめて紹介していきます。アプリ開発の初心者という方はぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。

システム開発の平均費用と料金相場
システム開発会社一覧

制作できるアプリケーションの種類は3つ

はじめに、アプリケーション開発ではどのようなアプリを開発できるのか確認していきましょう。
アプリケーション開発では、

・Webアプリ
・ネイティブアプリ
・ハイブリッドアプリ

上記の3つを開発することができますが、それぞれによって特徴や使用する言語は大きく異なります。以下では、それぞれがどのようなアプリケーションなのかを詳しく解説していくので、具体的なイメージをつかんでいきましょう。

1-1.Webアプリ

Webアプリとは、PCやスマートフォンなどで開くブラウザ上で使用することのできるアプリケーションのこと。例えばメールのやり取りのできるフリーメールサービスや動画配信プラットフォームサービス、インターネットを通じて通話が可能なサービスなどが当てはまります。GmailやYouTube、Skypeなどが代表的なWebアプリとしてあげられるでしょう。

「Webサイトと同じでは?」と思う人もいるかもしれませんが、Webサイトは情報の閲覧・収集などがメインの一方で、Webアプリでは受動的な側面だけでなくコメントや商品の購入、自身によるコンテンツの投稿などといった能動的な行動も可能です。

1-2.ネイティブアプリ

ネイティブアプリとは、アプリケーションストアを経由してOSにインストールすることのできるアプリケーションのこと。例えばApp StoreやGoogle Playからダウンロードすることのできるアプリケーションであれば、そのサービスはネイティブアプリと言えるでしょう。

Webアプリケーションとは異なってインストールしなければ使用できないほか、アプリのリリース時には審査を通過しなければならない点も特徴です。

1-3.ハイブリットアプリ

ハイブリッドアプリとは、先に説明したWebアプリとネイティブアプリのそれぞれのメリット・特徴が合わさったもの。Webアプリをベースとしていながらも、ネイティブアプリのようにデバイス機能を使用することが可能です。

ネイティブアプリのようにアプリケーションストアからインストールして使用するため、アップデートが簡単であるほか管理側もサーバーのデータ更新のみでOKなのがうれしいポイント。ネイティブアプリよりOSのアップデートの影響は受けづらく、iOS・Androidどちらでも利用できる点も魅力です。

Webアプリの開発に使う言語

PCやスマートフォンで開くことのできるブラウザ上で利用できるのがWebアプリであると先に説明しましたが、Webアプリを開発する際にはどのプログラミング言語を用いるのか確認しておきましょう。Webアプリ開発で使用するプログラミング言語は、以下のとおりです。

■フロントエンド言語(実際にユーザーに見える部分の開発)
・HTML / CSS
・JavaScript

■バックエンド言語(実際にユーザーに見えることのないサーバーやデータベース部分の開発)
・Ruby
・PHP
・Python
・Java
・Go

アプリ開発の初心者としておさえておきたいのが、難易度が低く初心者向けとされているHTML / CSSやJavaScript、Rubyでしょう。なかでもRubyにはメジャーなフレームワークとして「Ruby on Rails」が提供されており、初心者向けでありながらも生産性に優れたWebアプリを開発することができます。

ネイティブアプリの開発に使う言語

iOSやAndroidなどといったOSにインストールして使用することのできるネイティブアプリは、HTML/CSSやJavaScript、RubyなどといったWebアプリに用いるプログラミング言語とはまったく異なる言語を使用して開発されます。

ネイティブアプリ開発に用いられるプログラミング言語は、以下のとおりです。

■iOSアプリの場合
・Swift
・Objective-C

■Androidアプリの場合
・Kotlin
・Java

iOSアプリの場合、Swift、AndroidアプリであればKotlinがおすすめのプログラミング言語で、現在の主流となっています。

また、iOS・Androidまとめてワンソースで開発したい場合には「Flutter」や「React Native」というフレームワークがおすすめですが、使用するOSに依存してしまう箇所がまだ存在する、大規模アップデートが繰り返されているなどといった懸念点に注意が必要です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ハイブリットアプリの開発に使う言語

Webアプリ・ネイティブアプリ双方の特徴やメリットを兼ね備えたハイブリッドアプリですが、その成り立ちを簡単に説明すれば、Webサイト制作で使用する技術を用いながら、iOSやAndroidなどといったネイティブアプリを開発するというもの。つまり、ハイブリッドアプリ開発には「HTML/CSS」「JavaScript」などといったWebサイト制作・Webアプリ開発などに用いられる言語が使用されるということです。

ちなみに、Webアプリとネイティブアプリの両方の面が備わっているアプリケーションとしてPWA(Progressive Web Apps)があげられますが、ネイティブアプリのような操作感で使用できるWebアプリに分類されるため、作動するのはブラウザ上。アプリケーションストアからインストールするハイブリッドアプリとは大きく異なります。

何も決まっていない初心者におすすめの言語

「特に何を開発するのかは具体的に決まっていない」、「アプリ開発の初心者としてとにかくプログラミング言語を学びたい」という場合は、どの言語の習得から進めるべきなのでしょうか。

もちろん、これまでに説明してきたとおり、アプリケーション開発はどのようなアプリケーションを作りたいのかによって使用するプログラミング言語が大きく異なります。そのため、どのようなアプリケーションを作るのか決めた上で言語を決めるのがベストですが、そもそも何を開発するべきか決まっていないという場合には、習得しやすい言語から始めてみるのがおすすめです。

プログラミング言語のなかでも、JavaScriptやRuby、Pythonなどに代表されるスクリプト言語の場合、可読性が高いのみならず書かれたコードはすぐに実行できるため、とりあえずプログラミング言語を習得したいという方にはおすすめでしょう。

プログラミング知識なしでもアプリ開発をする方法

「アプリ開発を行いたいが、プログラミングの知識はないし、習得に割く時間もない」という場合には、ノーコード開発がおすすめです。

ノーコード開発の「ノーコード」とは、プログラミング言語を用いてソースコードを記述しなくともアプリケーションやソフトウェアを開発できるサービスのこと。ノーコード開発はカスタマイズ性には劣りますが、簡単な画面操作(GUI)だけで開発できるため、プログラミング言語やITスキルを習得する必要はありません。

ノーコード開発では、あらかじめ用意されているテンプレートやパーツをドラッグ&ドロップなどの単純作業で組み合わせていくことから、簡単なアプリケーションであれば1時間ほどで開発できることも。サービスによっては無料で利用できることもあるので、開発費用をおさえたい場合にもおすすめです。

アプリ開発に必要な環境

アプリ開発を行う際には、どのようなアプリを開発したいのかによって必要となる開発環境が異なります。ここでは、ネイティブアプリでありiOSアプリ・Androidアプリそれぞれの違いを確認していきましょう。

■iOSアプリに必要な環境
・iMacやMacBookなどのMacPC(CPUはCore i5以上であるほか、可能であれば8GBのメモリ、ハードディスクは64GB〜)
・Xcode(アプリ開発ソフト)
・テスト用iPhone

■Androidアプリに必要な環境
・WindowsPCの場合はWindows 8・64bit以上
・MacPCを使用する場合はMac® OS X® 10.10(Yosemite)以上
・どちらを選ぶ場合でも8GBのメモリ、最低でも4~5GB以上のハードディスク
・Android Studio(アプリ開発ソフト)
・テスト用Androidスマートフォン

開発スキルを取得するまでの期間

初心者がアプリ開発に携われるようにプログラミング言語を習得するとなると、基本的には1,000時間ほどの学習時間が必要とされています。

株式会社SAMURAIが行ったリサーチによると、初心者がエンジニアとして仕事をできるようになるまでにかかる平均学習期間は約17ヵ月、1日あたりの学習時間は4時間24分という結果に。独学で習得するのか、あるいはスクールに通うのかによって変わる面もありますが、どちらにせよそれなりにまとまった時間を学習にあてなければならないようです。

加えて、初心者向けのわかりやすいプログラミング言語を習得するのか、あるいは複雑でハードルの高い言語に挑戦しているのかによって学習期間が左右されるでしょう。

参照元:https://www.sejuku.net/corp/news/4211

アプリ開発を勉強する方法

それでは、アプリ開発について勉強するとなるとどのような方法があるのでしょうか?ここからは、独学・スクールといった2つの学習方法について説明していくので、プログラミング言語の習得をどのように進めていくのかお悩みの場合は参考になさってください。

9-1.独学

アプリ開発のためにプログラミング言語を学びたいという場合は、独学で習得することも可能です。

昨今では、プログラミング言語について学習できる書籍のほか、Webサイトやアプリケーションも数多くリリースされています。かわいいキャラクターとともにゲーム感覚で学習できるものもあれば、隙間時間を活用してサクサク学習を進められるものも。日中は本業をこなしながら、通勤時間や移動中の時間をプログラミング学習にあてることができるでしょう。

動画でわかりやすく学習できるサービスもあるなど、わかりやすいコンテンツを活用し自分のペースで習得したい場合には独学が非常におすすめです。

9-2.スクール

プログラミング言語について自分のペースで学習したいというよりも、よりスピーディにかつ効率的に学習したいという場合には、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

プログラミングスクールに通う場合、学びたいプログラミング言語別や作りたいもの別などといったそれぞれの目標・目的にマッチしたカリキュラムを受講できるほか、プロによるサポートが整っているのがうれしいポイント。

学習進捗具合も管理できるほか、カスタマーサポートも整っているため、自分一人ではなかなか学習が進みそうにないという場合にもプログラミングスクールがおすすめでしょう。

企業担当者には外注もおすすめ

これまでに説明してきたとおり、アプリ開発についての知識やプログラミング言語は気軽に習得して使いこなせるものではありません。1日に4時間ほどの学習時間を割きながらコツコツ学習し続けるのは簡単なことではないでしょう。

気軽にノーコード開発サービスを利用する手段もありますが、カスタマイズ性には劣るため、自社オリジナルのアプリを開発したいという場合には向いていません。

そのため、自社でアプリ開発を検討しているという場合には、一からプログラミング言語の習得を進めるのではなく、アプリ開発のプロであるアプリ開発会社に外注するのもおすすめでしょう。

【まとめ】システム開発会社選びで迷ったらアイミツへ

今回は、アプリケーションの種類や開発に必要なプログラミング言語についての解説を中心に行ってきました。もしもよりスピーディにアプリ開発を行いたいという場合は、ぜひアイミツよりアプリ開発会社に見積もりをとってみてください。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!