システム開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:

在庫管理システムの開発に定評のある
システム開発会社(システム構築会社)9選

在庫管理システム開発に強いシステム開発会社

カスタマーの購買ニーズにタイムリーに対応し、効果的に売上を伸ばしていくために欠かせないのが、在庫管理。一昔前までは、Excel台帳での在庫管理が主流でしたが、近年では「在庫管理システム」を導入することで、在庫の適正管理や業務の効率化を図る企業が増えています。

しかし、在庫管理の手法は、企業の業種・業態や規模によって異なるもの。安価に導入できるクラウドシステムでは、自社の在庫管理に適さなかったり、柔軟なカスタマイズが困難なケースもあります。

こうした課題を払拭し、適切な在庫管理システムを導入するには、システム開発会社との協働による自社システム開発が最適です。クラウドシステムに比べれば、コストが割高になるのは事実ですが、自社に最適化された在庫管理システムは、企業の成長を支える強固な経営基盤になります。合理化が進められることによって、長期的な売上増加はもちろん、コスト削減効果も期待できるでしょう。

そこで本記事では、在庫管理システムの開発にアドバンテージを持つ、おすすめのシステム開発会社を紹介するとともに、在庫管理システムを開発する際に、注意しておきたいポイントも解説していきます。

アイミツ
システム開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.自社開発の在庫管理システムをカスタマイズ提供できる会社4選

それぞれのシステム開発会社が、独自のサービス内容や強みを持つなか、自社のスタイルにぴったりと合うシステム開発サービスを見つけるのは至難の業。しかし、自社開発の在庫管理システムをラインナップし、なおかつ、自在なカスタマイズに対応できるシステム開発会社があったらどうでしょう?自社開発である分、カスタマイズの自由度が高くなるのはもちろん、開発コストも抑えられるかもしれません。

そこで、まずは自社開発の在庫管理システムをカスタマイズして提供できる、おすすめのシステム開発会社を紹介していきます。

1-1. 株式会社 東計電算 アイミツパートナー

株式会社 東計電算
出典:株式会社 東計電算 https://www.toukei.co.jp/market/manufactur/pacs-solutions

東計電算は、神奈川県川崎市に本社を構え、東京・愛知・大阪などにも事業所を持つシステム開発会社です。業種別・業務特化型体制のもと、システムの設計・開発から運用サポート、情報システムの構築・導入・コンサルティングなどを行っています。
提供しているSaaS型サービス「PACS」は、物流容器や金型資産、消耗・備蓄品などさまざまな資産の在庫管理に対応。業務に応じた自動認識技術(RFID、カメレオンコード、画像処理など)の提案も可能です。
自社開発サービスのため、クライアント固有の機能カスタマイズや既存システムとのデータ連携など柔軟に対応できるのも大きな魅力。同サービスのプラットフォームをベースに、物流容器のリターナブル在庫管理や金型資産管理、倉庫管理システムとしての活用事例も豊富です。さらに、幅広い知見を有するSEが多数在籍していることから、導入後の課題に対してスピーディな解決支援も期待できます。

こんな人におすすめ
・自動認識技術を活用した在庫管理システムを導入したい方
・自社にあわせた柔軟なカスタマイズを希望する方
・幅広い知見を有するSEが所属するシステム開発会社に依頼したい方

予算感
【物流容器在庫管理システム】
初期50万〜/月額8.5万〜
【倉庫管理システム】
初期500万〜/月額25万〜
【仮想ARデジタルピッキングシステム】
初期120万〜/月額12万〜
設立年
1970年
従業員数
500-999人
会社所在地
神奈川県川崎市中原区今井南町8-46
電話番号
070-3192-4757

1-2. インサイトシステム株式会社

インサイトシステム株式会社
出典:インサイトシステム株式会社 http://www.insight.jp/

インサイトシステムは、愛知県名古屋市に本社を構えるシステム開発会社で、中小企業を中心に業務システム開発、webサイト・ECサイト構築、システム保守などのサービスを提供しています。
オーダーメイドでさまざまな業務システムを開発してきた実績を持つほか、webブラウザだけで利用できる販売在庫システム、顧客管理システム、クラウド販売管理システム、モール連携システム、EDI受発注システムなどの製品を幅広くラインナップ。もちろん、クライアントのニーズにあわせ、カスタマイズを施しての納品にも対応可能です。IT導入補助金2019の対象製品にもなったweb販売在庫システムは、受発注・販売管理・在庫管理システムが統合されているのが特徴。マスタ登録をベースにしたweb受発注は、スマートフォン・タブレットでも操作可能で、発注残と連携した予約注文、得意先ごとの販売価格表示などが叶うため、BtoB利用にも最適と言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・受発注・販売管理の統合された在庫管理システムが必要な方
・既存製品のカスタマイズで開発費用を抑えたい方
・外部連携による拡張性を重視する方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
1997年
会社所在地
愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4 エグゼ丸の内ビル5階
電話番号
052-228-8570

1-3. 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ

株式会社スノーピークビジネスソリューションズ
出典:株式会社スノーピークビジネスソリューションズ https://www.snowpeak-bs.jp/

スノーピークビジネスソリューションズは、愛知県岡崎市に本社を構え、名古屋市と東京都にも支社を持つ、企業活性化の総合コンサルティング企業です。バーコードハンディターミナルを活用した在庫管理システムなど、現場改善を実現するシステム開発を中心とした「GENBA情報化ソリューション」事業を展開しています。
在庫管理システムである「Zaiko STARTER」をはじめとしたシリーズラインナップは、検品管理、棚卸管理、販売管理、品質管理、工程管理などの各種モジュールを用意。マスター登録後、バーコード管理で環境整備すれば、ハンディターミナルで入庫・出庫・棚卸をZaiko STARTERで管理可能です。所在管理を併用すれば現物管理がよりスムーズになるなど、業務に必要なモジュールを組み合わせることで効率的な運用が実現します。
受託開発実績600社、1,800案件以上のノウハウを活かし、ニーズにあわせた柔軟なカスタマイズも可能です。

こんな人におすすめ
・現場作業を効率化する在庫管理システムを導入したい方
・モジュール組み合わせで適切な在庫管理システムを構築したい方
・受託開発の豊富な実績を重視したい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
2016年
従業員数
10-29人
会社所在地
愛知県岡崎市能見通1-61 ウメムラビル2F
電話番号
0564-87-2050

1-4. 株式会社 日本システムテクノロジー

株式会社 日本システムテクノロジー
出典:株式会社 日本システムテクノロジー https://www.jst-wave.ne.jp/

日本システムテクノロジーは、東京都江東区に本社を構えるシステム開発会社です。販売・在庫管理システム「楽商」、オンデマンド型システム構築ツール「Atlantis」の開発・提供・導入支援をメイン事業とし、ワンストップでソリューションを提供しています。
市販パッケージソフトでもない、開発システムでもないという立ち位置を持つ「楽商」は、同社のノウハウ・アイデアが結集された、コストパフォーマンスを重視した販売管理・在庫管理システム。シームレスなデータ連携で、製造・建設・サービス業など、業種・業態を問わない幅広い活用が可能です。ハンディターミナルやCRM、会計ソフトなど、自社・他社システムの区別なく周辺機器との接続が可能なため、抜群の操作性を誇っています。さまざまな用途に活用できるのはもちろん、オプションの追加や、企業ニーズに応じたカスタマイズもローコストで実現可能。導入支援などのサポートも充実しているため、初めてシステムを導入するという場合でも安心です。

こんな人におすすめ
・楽商のカスタマイズで最適な在庫管理システムを構築したい方
・在庫管理システムのカスタマイズ費用を抑えたい方
・Atlantisを利用して業務システムを開発したい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
1971年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都江東区森下5丁目1番2号( JST ビル )
電話番号
0120-86-6181

自社開発の在庫管理システムをカスタマイズ提供できる会社をご紹介しました。

小売業はもちろん、製造・建設業など、資源としてのモノを販売して利益を得る企業では、在庫管理が非常に重要です。適切な在庫管理がキャッシュフローの安定化という経営基盤確保につながるからです。そのためには、ビジネスの成長に貢献できる、在庫管理システムの開発・構築が欠かせません。

しかし、いざシステムの開発・導入に乗り出すと、専門用語が飛び交い、会社選びやサービスの選定を億劫に感じ始める方も多いのではないでしょうか?「アイミツ」では、無料でご希望をヒアリングし、ご要望にあった会社をご紹介することが可能です。業務負担の軽減のためにも、お気軽にご相談ください

2.在庫管理システム開発に強いシステム開発会社5選

ひとことに在庫管理システムを開発するといっても、いくつかの方法が考えられます。たとえば、オーダーメイドで一から開発する、市販のパッケージソフトウェアをカスタマイズする、システム開発会社が自社在庫管理システムをカスタマイズして提供するなどです。
どの手法を採用したとしても、それぞれにメリット・デメリットはありますが、単純にオーダーメイドだから高額な費用が必要、というわけでもなさそうです。逆に必要な機能だけに絞ってコンパクトなシステムが構築できれば、適度な費用に抑えられる可能性があります。

そこで以下からは、在庫管理システムの開発にアドバンテージを持つ、おすすめのシステム開発会社を紹介していきます。

2-1. 株式会社オフィスゼロ

株式会社オフィスゼロ
出典:株式会社オフィスゼロ http://office0.co.jp/

オフィスゼロは、大阪府大阪市に本社を構える、システム開発会社です。オーダーでの開発を専門としており、システムの企画・設計・開発から、保守・運用サービスまで、トータルで提供しています。
Access、Excelのマクロを活用したオーダーソフトなど、中小企業を対象にした事務系システムから、本格的な業務系システム開発までを広く手がけており、在庫管理システムについては、オーダー開発専用サイトを運営。数多くの在庫管理システムをオーダー開発してきたノウハウを活かし、複雑な管理にも対応するシステムを完全オーダーメイドで制作可能です。漠然とした要望でも、現在の管理方法、希望を話すだけで形にできる提案力もポイント。在庫管理に利用しているExcelファイルを持参するだけでも、最適な提案をしてもらうことができます。システムの不具合が生じた場合も、迅速な対応のできる保守サポート契約を用意。万一の場合も安心できる体制が整っています。

こんな人におすすめ
・在庫管理システムをオーダーメイド開発したい中小企業の方
・複雑な在庫管理を効率化したい方
・どんな機能が必要なのか積極的に提案してほしい方

予算感
費用目安:要見積もり
会社所在地
大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目5-6 堺筋本町アーバンライフ601号
電話番号
06-6484-7610

2-2. 株式会社ホロン

株式会社ホロン
出典:株式会社ホロン https://www.holon.ne.jp/

ホロンは、東京・愛知・大阪に事務所を構え、システムのコンサルティングや開発、導入支援からサポートまでを含めたソリューションサービスなど、業務システムのトータルサービスを提供している会社です。
流通・卸・小売業に特化した、柔軟性と高機能を併せ持つ販売物流基幹システム「AP-Vision」を提供するなど、販売・在庫・物流にアドバンテージを持っており、自由な発想でクライアントの課題を解決するソリューションを提案できるのが強み。ハンディターミナルなどのハードウェアを含めた提案はもちろん、既存システムのカスタマイズによるシステム開発、オペレーションシステム、アプリケーションなど、オーダーメイドによるシステム開発も可能です。もちろん、在庫管理・購買管理・販売管理などが統合され、商品バランス管理や売上・利益管理による企業戦略の見直しも実現する、AP-Visionをカスタマイズして提供するのも可能。予算やニーズにあわせた最適な提案が期待できます。

こんな人におすすめ
・ニーズに応じて最適な在庫管理システムを提案してほしい方
・販売物流基幹システムAP-Visionを導入してみたい方
・販売・在庫・物流システム開発のノウハウを活用したい方

予算感
費用目安:要見積もり
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都台東区上野2丁目7-7 (上野HSビル9F)
電話番号
03-6860-8606

2-3. スキルシステムズ株式会社

スキルシステムズ株式会社
出典:スキルシステムズ株式会社 https://www.skill-systems.co.jp/

スキルシステムズは、大阪府大阪市に本社を構え、神戸・姫路にも事業所を持つシステム開発会社です。在庫管理・倉庫管理・生産管理システムといった中小企業向けのシステム開発支援や、ECサイト構築・スマートフォンアプリ開発などのwebシステム開発サービスを提供。幅広い開発サービスを展開することでクライアントのニーズに応えています。
創立は2018年と若いながら、1986年創立のスキルインフォメーションズ株式会社のシステム部門から独立したという経緯があるため、実際には30年以上の歴史とノウハウを持つのが特徴。なかでも、在庫・倉庫管理システム開発センターを開設するなど、在庫管理・倉庫管理には力を入れています。マスタ管理をベースに、在庫管理、入荷、出荷、返品、請求、運用管理、棚卸し、その他オプションなどのモジュールを徹底的に機能分割。必要な機能だけ組み合わせることで、クライアントのニーズに応じたシステムを構築可能。余分な機能を排除できるため開発コスト抑えた導入が可能です。

こんな人におすすめ
・システム開発の歴史とノウハウを重視したい方
・開発コスト・期間を抑えて在庫管理システムを導入したい方
・拡張性の担保された在庫管理システムが必要な方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
2018年
従業員数
10-29人
会社所在地
大阪市東淀川区東中島1-17-26 スキルインフォメーションズビル
電話番号
06-6370-4199

2-4. 株式会社システムエイト

株式会社システムエイト
出典:株式会社システムエイト http://www.system-eight.co.jp/

システムエイトは、福岡県久留米市に本社を構え、設立から40年以上の歴史を誇る老舗システム開発会社です。システム導入のコンサルティングや、システムの企画・設計・開発、SEの派遣・運用技術者の派遣など、幅広いサービスを提供しています。
受注出荷管理システム、POSレジシステムなどのほかに、在庫管理システムの開発経験も豊富。仕入・出入庫・出荷・棚卸入力が可能なのはもちろんのこと、商品在庫一覧表、棚卸一覧表、棚卸差異表、商品在庫照会等の機能なども充実。また、売掛管理、買掛管理、生産管理などの販売システムとの連携を前提に設計されている点も非常に便利です。もちろん、ハンディターミナルなどのハードウェアとの連携も万全。リアルタイムの在庫の管理が可能になり、パーツや原料、資材などの生産の現場で利用されているほか、食品・飲料、雑貨などの小売でも導入実績を持っています。

こんな人におすすめ
・生産現場・小売で使える在庫管理システムを開発したい方
・カスタマイズに柔軟に対応できるシステム開発会社に依頼したい方
・福岡近辺でシステム開発人材を派遣してほしい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
1976年
会社所在地
福岡県久留米市東合川5-8-5 (公財)久留米地域地場産業振興センター3階
電話番号
0942-44-2790

2-5. 有限会社ピーシーサポート長崎

有限会社ピーシーサポート長崎
出典:有限会社ピーシーサポート長崎 http://www.pcsn.org/

ピーシーサポート長崎は、長崎県大村市に本社を構える会社で、業務システムの開発やホームページ制作をはじめ、オフィス機器の販売や業務パッケージソフトの販売など、ITにかかわるさまざまなサービスを提供しています。またIT人材育成に向けた、富士通オープンカレッジ長崎大村校も運営しているのも特徴です。
システム開発では、在庫管理、販売管理、顧客管理システムなどの開発実績を持ち、Microsoft Accessを活用した費用を抑えたシステム開発はもちろん、環境・用途に応じた複雑な開発まで対応しています。膨大な種類を扱う書籍管理などの実績がある在庫管理システムは、仕入れ、在庫管理、頒布処理などを一元管理可能。年度ごとの集計や繰越処理も可能など、多機能ながら安価に提供できるのが特徴。売上・仕入・予算などの販売機能を統合したり、一か月分の入出庫スケジュールを自動生成したりできるため、小売業だけでなく、メーカーや卸業にも対応可能です。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて在庫管理システムをオーダーメイドしたい方
・入念なヒアリングで自社に最適なシステムを開発してほしい方
・販売機能の統合された在庫管理システムを開発してほしい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
2001年
会社所在地
長崎県大村市大川田町426-2
電話番号
0957-47-9751

在庫管理システム開発に強いシステム開発会社を紹介しました。オーダーメイドによる開発はもちろん、AccessやExcel、FileMakerなどのパッケージソフトを活用した開発にも対応するなど、どのシステム開発会社もクライアントのニーズに応じた、柔軟な対応をしているのがわかります。

パッケージソフトを活用した開発であれば、費用を抑えつつも、比較的ニーズを満たした在庫管理システムを構築できるため、需要は意外と大きいのかもしれません。開発期間を短縮できるのも大きなメリットのひとつでしょう。
ただし、在庫管理システムでどの範囲までを管理するかによってコストや開発期間は変わるもの。システム開発会社を選ぶ際は、業務の仕組みを推測しながら、必要な機能を積極的に提案できるような会社を選ぶのがベストです。

アイミツ」ではここでご紹介した5社以外にも、在庫管理システムに強みを持つシステム開発会社を無料でご紹介可能です。会社選びでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください

3.在庫管理システムを開発する際の注意点3つ

どんなに使いやすく、効率的なシステムであっても、現物の在庫状況と一致しないのであれば、在庫管理システムを導入する意味がありません。情現一致(情報と現物が一致すること)を実現するためにも、在庫管理システムを開発する際に、注意しておかなければならないポイントがあります。簡単に解説していきましょう。

在庫の流れを整理して課題・目的を明確にする


まずは、生産・入庫から販売・出庫まで、途中の管理も含め、自社の在庫の流れはどのようになっているのか、正確に把握しましょう。その上で、在庫管理にどのような課題があるのか、どのような目的で在庫管理システムを開発したいのかを明確にする必要があります。

システム開発会社は開発のプロフェッショナルではありますが、あなたの会社の業務の流れについては知る由もありません。つまり、どのように在庫を管理すべきかという正解を、システム開発会社は持っていないと考えるべきでしょう。在庫の流れや解決すべき課題、開発の目的がハッキリしていなければ、結果的に自社のニーズに合致ちないシステムが完成してしまう恐れがあります。特に業務の棚卸し・課題の抽出は、現場の意見を充分に吸い上げたうえで整理が必要不可欠。実際の在庫管理を行うのは現場スタッフであり、現場スタッフが効率的に使えるシステムでなければ、情現一致を実現できないからです。

機能拡張・システム連携を考慮する


在庫管理は仕入や出庫、見積もり・販売・発注・請求など、物流や販売、顧客管理を含めたプロセスの一要素に過ぎません。そのため、各種管理システムとの連携を考慮に入れておくのはもちろん、将来の業務拡大にも対応できるよう、在庫管理システムに機能拡張できる余地を持たせておく必要があります。

在庫管理システムの目的は、どのような在庫が、どこに、いくつあるのかの把握です。しかし、在庫の流れを時期的な傾向から分析し、常に適正数量に保てる管理ができれば、キャッシュフローの安定化によって経営基盤を強化するのも可能です。たとえスモールスタートする予算しかなかったとしても、ビジネスの成長のためには将来的なシステムの拡充が必須です。都度、新たなシステムを開発するなど、非効率な状況に陥らないためにも、将来性を考慮した拡張・連携は確保しておく必要があります。

現場のオペレーションを徹底する


ヒューマンエラーを排除して情現一致を実現させるためにも、システム導入後は、ルールを守ったオペレーションを全スタッフに徹底させなければなりません。

そのためには、現場スタッフがミスをしないような仕組みを、在庫管理システムが備えている必要があります。たとえば、入出庫のたびに商品のシリアルを入力する方法では、ミスを排除できるとはいえないでしょう。バーコード・ハンディターミナルの活用など、業務プロセスをわかりやすく、簡略化する必要があります。

【まとめ】開発会社選びで迷ったらアイミツ


自社に最適な在庫管理システムを構築するには、企業の課題解決やニーズに応えられる、提案力に優れたシステム開発会社との協働が必要です。

しかし、さまざまな強み・特徴を持つ多くのシステム開発会社から、自社に最適な一社を選択するのに迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、優良なシステム開発会社が多数登録する「アイミツ」までご相談ください。経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングしながら、最適な一社を選定するお手伝いをさせていただきます。

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

在庫管理システムのシステム開発会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

在庫管理システムでシステム開発会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

システム開発会社は大企業~中小企業、フリーランスまで様々な規模が存在し、得意分野や実績などは会社によって様々です。得意分野や実績が自社に適しているということがまず重要になりますが、良いシステムができるかどうかは会社ではなく大きく人に依存するということも忘れてはいけません。中心的に関わるエンジニアと事前に面談を行い、コミュニケーション能力や知識に問題はないかを確認するようにしましょう。また、低コストで期待した効果の高いシステム構築を行うためには、「元請け、自社開発」が多い会社を選択することも重要なポイントになります。

システム開発会社が
最短翌日までにそろう