システム開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

システム開発
登録者数No.1
お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日: 更新日:

VBA開発に強いシステム開発会社(システム構築会社)8選

VBA開発に定評のあるシステム開発会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」「実績」「サービス」を基準に□VBA開発に強いシステム開発会社を厳選!

・VBA開発に定評のある格安システム開発会社
・VBA開発の実績豊富なシステム開発会社
・VBAに強く業務管理システム開発が得意な会社

の3つに分けて8社紹介します。
システム開発会社選びで失敗しないためのポイントも解説。VBA開発にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
システム開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.VBA開発に定評のある格安システム開発会社2選

はじめに、格安で依頼できるVBA開発が得意なシステム開発会社をご紹介します。

1-1. 株式会社マクティズム

株式会社マクティズム
出典:株式会社マクティズム http://www.mactism.com/

マクティズムは、大阪府大阪市と東京都港区にオフィスを構えるシステム開発会社です。2009年の設立以来、ソフトウェア・システムの構築、スマートフォンアプリの制作、POSレジ開発、ネットショップ構築といった幅広い事業を展開しています。
とりわけExcelマクロ・VBAとAccessを使ったシステム開発を得意としています。特徴は、丁寧な開発スタイルに裏打ちされたコストパフォーマンスの高さです。
まずは低予算でプロトタイプを開発し、クライアントが機能や使い勝手を納得したうえで本開発をスタートするので、認識のブレや手戻りを防ぐことで、結果的に相場を大幅に下回る開発費用を実現しています。
介護福祉事業者向けの申請書作成システム、生産支援システム、会員管理システムなど、多岐にわたる開発実績が信頼の証と言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・VBA開発の費用を抑えたい方
・実績豊富なシステム開発会社に依頼したい方
・使い勝手のいいシステムを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2009年
会社所在地
大阪府大阪市北区天神橋3-3-3 南森町イシカワビル7階
電話番号
06-4801-9617

1-2. 有限会社タイム

有限会社タイム
出典:有限会社タイム http://www.timsoft.co.jp/

タイムは、1990年に設立された福岡県福岡市のシステム開発会社です。1994年にExcel・Accessの公認トレーナー資格を取得し、以来20年以上にわたってMicrosoft製品を使った業務用システム・アプリの開発を中心に、ホームページ制作、ITコンサルティングなどの事業を展開しています。
VBAの活用においては、地域のパイオニア的存在で、最大の魅力はライセンス料2万円で利用できる台帳管理システム「BARI」です。リーズナブルな料金ながら、データのエクスポートや選択条件の指定など豊富な機能が搭載されており、クライアント情報の登録・管理から行政書士業務などの案件管理まで幅広い用途に活用できます。
また、アフターサポートが充実しているのも特徴の一つで、リモート操作によって、不意のトラブルもスピーディに解決可能です。

こんな人におすすめ
・VBA開発の費用を抑えたい方
・台帳管理システムを開発したい方
・アフターサポートを重視する方

予算感
システム開発:カード台帳「BARI」ライセンス料2万円
会社所在地
福岡県福岡市博多区博多駅前4-33-11 朝日プラザ博多715号
電話番号
092-434-3233

VBA開発に強く格安のシステム開発会社を2社ご紹介しました。

システム開発費について、どのくらいかかるのか全く想像が付かない方もいるでしょう。
とある会社に見積もりを依頼したものの、それが適正価格なのかどうかを判断するのも困難です。

また、単に料金の高い・低いで開発会社を選ぶこともおすすめしません。
システム開発を行っている会社を複数者比較し、最適な依頼先を選ぶ必要があるでしょう。


アイミツでは、専門のコンシェルジュがあなたのご要望にぴったりなシステム開発会社を無料でご紹介します。
ぜひお気軽にお問い合わせください

次に、VBA開発の実績豊富なシステム開発会社を3社ご紹介します。

2.VBA開発の実績豊富なシステム開発会社3選

ここから、VBA開発で豊富な実績を持つシステム開発会社をご紹介します。

2-1. 有限会社ManPlus

有限会社ManPlus
出典:有限会社ManPlus http://manplus.co.jp/

ManPlusは、2006年に設立された愛知県名古屋市のITサービス企業です。webアプリケーション開発、法人向けホームページの企画・制作から、ネットワーク構築、SEO対策、リスティング広告運用まで企業のIT活用を支える幅広い事業を展開しています。
特に、VBAを活用したクライアントの業務効率化を得意としており、実績は地域トップクラスを誇ります。
成功事例としては、オンラインショップの商品登録ツールの開発では、CSVデータによる一括処理機能を設けることでコピペ作業のミスを解消し、クライアントから高い評価を獲得しました。
また、社員日報作成ツールでは、データ収集と編集の大部分を自動化することによって、スタッフ一人あたりの作業時間を一時間程度まで短縮を実現しています。
一方で、リーズナブルな料金を設定しており、一般的なプログラムなら10万円程度で発注可能です。

こんな人におすすめ
・VBA開発の実績豊富なシステム開発会社に依頼したい方
・業務の効率化を図るシステムを開発したい方
・VBA開発の費用を抑えたい方

予算感
VBAプログラム作成:3万1,500円から
外部プログラムとの連携:5万2,500円から
設立年
2006年
会社所在地
愛知県名古屋市熱田区新尾頭3-1-17 ハヤシビル4F
電話番号
052-671-7166

2-2. システムメトリックス株式会社

システムメトリックス株式会社
出典:システムメトリックス株式会社 https://www.systemmetrix.com/

システムメトリックスは、愛知県名古屋市に本社を構え、東京都中央区、兵庫県神戸市にも営業所を持つシステム開発会社です。主に、ソフトウェア開発・販売、CAD関連アプリケーションの開発、システム開発、データ変換サービスを行っています。
VBAを活用したシステム開発では、FRP製大型容器の自動設計システム、貯槽図面自動作図システム、特注家具自動設計システム、プレハブ住宅用自動作図システムなど、製造業や建築業向けに多数のシステムを開発しています。
また、VBAだけでなくCADシステムの活用にも定評があり、自動設計・作図システムを通して、費用削減だけでなく、短納期を実現し、競合企業よりもスピーディかつ安く製品をクライアントに提供しています。市販パッケージだけではできない差別化が可能なシステム開発会社です。

こんな人におすすめ
・VBA開発の実績豊富なシステム開発会社に依頼したい方
・製造業・建築業でシステム開発を行いたい方
・技術力の高いシステム開発会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
愛知県名古屋市中区丸の内1-15-20 ie丸の内ビルディング11F
電話番号
052-219-8831

2-3. 株式会社エス・エス・シー

株式会社エス・エス・シー
出典:株式会社エス・エス・シー http://www.ssc.co.jp/

エス・エス・シーは、東京都千代田区にある会社です。1981年の設立以来、システム開発を行っており、新規のシステム構築はもちろん、システムの統廃合、マイグレーションなど、これまで多くの経験と支援を行っています。
VBA開発においては、証券会社の投資信託累投口、銀行の投資信託窓販システム、リース会社の与信管理システムなど、豊富な開発実績を持っています。
金融系基幹システムの構築、プロジェクト推進を中心に行っており、各支店や代理店、外部機関との連携をサポートしています。
また、既存システムから新たなシステムへの刷新、既存システムに新制度の取り込み、拡張機能などさまざまなニーズに対して、ルーチンワークではなく常ね変化を察知し、柔軟な対応でクライアントを支援しています。

こんな人におすすめ
・VBA開発の実績豊富なシステム開発会社に依頼したい方
・金融系の基幹システムを開発したい方
・既存システムのカスタマイズを行いたい方

予算感
要問い合わせ
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都千代田区富士見1-6-1富士見ビル
電話番号
03-3239-7801

ここまで、VBA開発の実績豊富なシステム開発会社を3社ご紹介しました。

制作実績を見て依頼先を探すときには、VBAなど得意としている開発言語のチェックだけでなく、これまで手がけたシステムの種類やジャンル、取引先企業の業種にも注目しましょう。

自社と同じ業種や似たようなシステムの開発実績があれば、ノウハウの蓄積があり、スムーズなやりとりができる可能性が高まります。

アイミツでは、過去5万件以上の実績データから、要望に応じたおすすめのシステム開発会社を無料で紹介しています。
実績のあるシステム開発会社をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください

それでは最後に、VBAに強く業務管理システム開発が得意な会社を3社ご紹介します。

アイミツ
システム開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.VBAに強く業務管理システム開発が得意な会社3選

ここから、業務システム開発が得意でVBA開発に強いシステム開発会社をご紹介します。

3-1. 株式会社クレッシェンド

株式会社クレッシェンド
出典:株式会社クレッシェンド http://crescendo.jp/

クレッシェンドは、東京都荒川区に本社を構えるシステム開発会社です。豊富な経験を持つベテランエンジニアが代表を務めており、外資系金融機関の業務システム開発をきっかけとして2000年に起業し、以来15年以上にわたってExcelのマクロを使ったシステム・アプリケーション開発事業を行っています。2008年には、Microsoft社のパートナー企業にも認定されており、文字通りVBAのエキスパート集団と言えるでしょう。
トータルでの開発実績は1,300以上を誇っており、ソニーや日産など日本を代表する企業との取引も多く、勤怠管理、帳票管理など多種多様なニーズの業務システムに対応してきました。
説明書を読まなくても操作できるわかりやすい設計と、3年先、5年先まで見据えた中長期的なソリューション提案に定評があります。

こんな人におすすめ
・VBAを使った業務管理システムの開発を依頼したい方
・VBA開発の実績豊富なシステム開発会社に依頼したい方
・初めてシステム開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
2001年
会社所在地
東京都荒川区西日暮里4-1-20 西日暮里ACビル2F
電話番号
03-5834-0461

3-2. 株式会社セルネッツ

株式会社セルネッツ
出典:株式会社セルネッツ http://www.cellnets.co.jp/

セルネッツは、2007年に設立された東京都杉並区のシステム開発会社です。クライアントの業務効率化をモットーに掲げ、Excel・Accessを使った業務用システム・アプリケーション開発を中心に、データベース連携、ITコンサルティング、Excelの活用セミナー開催といった事業を運営しています。
何より大きな魅力は、リーズナブルな料金とレスポンスの早さです。Excelによる簡易的なシステムなら5万円で開発し、最短1~2営業日で納品でき、在庫管理や顧客管理、見積・請求書管理など、これまで数多くのクライアントに業務システムを提供しています。
できるだけ費用を抑えたい方や、中小規模の企業・店舗にとっては最適な依頼先の一つではないでしょうか。また、年間契約の運用保守サポートプランなどフォロー体制も万全です。

こんな人におすすめ
・VBAを使った業務管理システムの開発を依頼したい方
・VBA開発の費用を抑えたい方
・アフターサポート重視の方

予算感
Excelでの小規模システム開発:5万円から
設立年
2007年
従業員数
5-9人
会社所在地
東京都杉並区高井戸東3-7-2 ピケビル3F
電話番号
03-5941-9130

異なるの観点から、8つの会社を紹介しました。VBA開発を手掛ける会社でも、それぞれ異なる強みを持っていることが分かります。
Excel VBAによって、さまざまな業務を効率化できます。人材不足が深刻化しており、省力化・業務効率化が求められている現在、Excel VBAの導入は多くの会社で役立つことでしょう。

アイミツでは、コンシェルジュのヒアリングを通して、最適な会社をおすすめしています。会社選びに迷っている方は、お気軽にご連絡ください。

4.VBA開発とは

VBAとは、プログラミング言語のひとつです。プログラミング言語には色々なものがありますが、VBAはExcelやWord、Access、PowerPointなどMicrosoftのアプリケーションで使用されるプログラミング言語です。
VBAは、MS Officeの拡張機能として使用されます。これにより、MS Officeの機能を拡張でき、業務の効率化に役立ちます。

4-1. VBAとマクロの違い


「VBA」は、「マクロ」と混同されることが少なくありません。しかし、両者の概念は異なります。
「マクロ」とは、コンピューターの処理を自動化する技術の総称です。これに対し、「VBA」とはMS Officeを拡張するためのプログラミング言語です。拡張に伴って処理を自動化するため、VBAは「MS Officeでマクロを作成するために用いるプログラミング言語」であるといえます。VBAの概念は、マクロの概念に含まれるとイメージすると良いでしょう。

4-2. Excel VBAとAccess VBA


VBAは、MS Officeの中でもExcelで使われることが多いため、「VBA=Excelの拡張に用いるもの」というイメージがあります。しかし、VBAはMS Officeに広く用いられるものであり、例えば同じVBAでもExcel VBAとAccess VBAがあります。
Excel VBAも、Access VBAも、どちらも根本的には同じであるものの、実際にVBAでプログラミングを行う際にはいくつかの点で異なります。Excel VBAではVBE(VBA専用の編集画面)によってのみマクロを編集できるのに対し、Access VBAではこれに加えてマクロツールという独立した編集ツールによってマクロを編集するといった違いがあります。

5.Excel VBA開発のメリット

Excel VBAには、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットを3つご紹介します。

5-1. Excel VBAで事務処理を効率化できる


VBAが最もよく利用されるのはExcelです。これは、Excelにおける作業をExcel VBAによって自動化することで、事務処理を大幅に効率化できるためです。
Excelでは、顧客情報やアンケート結果などのデータを入力する、入力したデータを一部抽出して整理する、グラフや表に加工するといった事務処理を行います。Excel VBAを用いて自動化することで、これらの事務処理を効率化できます。

5-2. Excel VBAで労務管理を効率化できる


Excel VBAは、労務管理の効率化にも役立ちます。1のメリットでも触れた通り、Excel VBAによってデータの入力・加工・編集などを自動化できます。これを労務管理に活用すれば、従業員の勤怠状況をスピーディかつ正確に表やグラフにまとめることも可能です。
時間外労働時間や有給休暇の把握が容易になるほか、データ分析によって業務の有効性評価、業務量の予測と定量化、稼働ロスの特定などにも役立ちます。

5-3. Excel VBAで資金繰りを改善できる


Excel VBAによって事務処理や労務管理を効率化すれば、労務コストの削減につながります。経費に占める労務コストの割合は大きいため、これを削減することで資金繰りが改善します。また、Excel VBAで取引に関するデータを整理し、与信管理と売掛債権の回収を円滑化することでも、資金繰りの改善が期待できます。
このほか、Excel VBAを使えば資金繰り表や試算表を簡単に作成でき、資金繰りの管理・改善にも役立ちます。

6. Excel VBA開発を外注した場合の相場

Excelのマクロ(VBA開発)を外注した場合、簡単な依頼なら1万円~、大がかりな工程が必要な依頼なら10万円~と内容によって費用は大きく異なります。例えば大量のデータ処理を効率化、データ変換システムの構築などであれば1~5万円で発注可能。しかし別システムとの連携、複数の帳票を出力など、システムエンジニアが関わるような大掛かりな内容では10~100万円かかることもあります。
VBAはExcel限定の言語であり、システムの規模も小さいため、通常のシステム開発と比べると安価ですが、連携させるシステムによっては値段が大幅に上がるため注意が必要でしょう。請求書を見てから後悔しないよう、見積もりは事前に取ることが大切です。

7.Excel VBA開発の見積もり方法

もし見積もりを依頼したとしても、適当に行えば後に機能の追加や仕様の変更を余儀なくされ、予算がオーバーするという事態を招きかねません。見積もりを行う際はどんなシステムにしたいのか、なるべく細かく具体的にイメージしましょう。どうしてもこの機能は入れたい、というものをリストアップしておけば、依頼先との打ち合わせもスムーズに進みます。
見積もりを作る前は、基本的に数回に渡るヒアリングが行われるため、その段階で疑問点を解消し、必要となる工数を明確にしておきましょう。また、見積もりは複数の会社で行うのがおすすめ。金額を比較するのはもちろん、システムの内容を比較することで、より理想的なマクロを納品してくれる会社が選べます。

8.VBAで開発できるおすすめツール3選

Excel VBAでは、業務効率化に役立つツールを自作することも可能です。
ここからは、Excel VBAを自作したい方のために、おすすめのツールを紹介していきます。

8-1.データ入力を自動化するツール


ほとんどの会社が、事務処理にExcelを使っていることと思います。事務処理の中には、日報や週報の内容、顧客情報などのデータを転記する作業も少なくありません。Excel VBAでは、このような転記作業の自動化が可能です。転記作業の自動化ツールは、Excel VBAの中でも基本的なツールであり、事務作業の負担を大幅に軽減することができます。
また、インターネットやPDFから情報を取得し、Excelにまとめる作業も自動化できます。

8-2.レポート作成が楽になるツール


レポート作成の自動化ツールもおすすめです。Excelに入力した情報を、データ分析のためにグラフ化し、レポートを作成している会社も多いことでしょう。Excel VBAでは、このようなレポート作成も自動化できます。
転記作業の自動化だけではなく、転記された情報を用いたレポート作成も自動化すれば、事務作業の負担はさらに軽減されます。レポート作成の頻度を増やせば、より精度の高い分析も可能となります。

8-3.データ管理を行うツール


Excelは事務処理に欠かせないものですが、データ管理のミスが事故を引き起こすこともあります。転記作業によって自動化されたデータの管理にミスがあれば、レポート作成の自動化もうまくいかなくなります。
そこでおすすめしたいのが、Excel VBAでデータ管理ツールを作成することです。データ管理ツールが、転記作業やレポート作成の自動化ツールを補完する役目を果たします。

9.システム開発の会社選びで失敗しないために

今回はVBA開発に強いシステム開発会社を8社ご紹介しました。VBA開発は工数によって費用が1~100万円と大きく変化します。安易に発注してしまうと、想定していた費用よりも膨らんでしまった、となる可能性があるので、必ず見積もりを取ってから依頼しましょう。複数の会社で相見積もりを行えばより適正な価格を比較できるのでおすすめです。
アイミツでは今回紹介した以外にも、VBA開発に強いシステム開発会社の情報を多数保有しています。もっと違う会社とも比較して検討したいという方や、それぞれの会社の具体的な情報が知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。経験豊富なコンシェルジュが要望をうかがった上で会社選びのサポートを無料で行います。

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

VBAに強いのシステム開発会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

VBAに強いでシステム開発会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

業種・規模を問わず多くの企業で日常的な業務ツールとして使われているExcel。ExcelのVBA(マクロ)は他の開発言語に比べれば身近な存在で、小規模なシステムなら短期間・低価格で開発できるため、小規模法人や個人事業主まで多くの事業者がVBAによる開発サービスを提供しています。加えてAccessなどExcel以外のソフトによるシステムやプログラム開発に対応している企業や、一般的な開発言語を使った大規模なシステム開発やweb開発を行っている企業もあるので、開発実績やサービス内容に着目しながら自社の業務フローに合わせて依頼先を選びましょう。

システム開発会社が
最短翌日までにそろう