電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

webシステム開発にかかる費用と料金相場【2021年最新版】

オンラインストレージやショッピングサイト、ネットバンキングなど、あらゆるところでwebシステムを目にすることが増え、今では当たり前の存在となっています。

webシステムは、インターネット環境とインターネットに接続できるデバイスさえあれば利用できる気軽さが何よりのメリット。新たにwebサイトやECサイトを構築したい場合や、気軽に予約・予約管理を行えるシステムを導入したい時などに活用されています。

しかし、新たにwebシステム開発を依頼しようと思うと、どうしても懸念されるのが費用面。システム開発と言っても、何にいくらかかるのか、まったく見当がつかない方も多いでしょう。

そこで今回は、webシステム開発を依頼した際にかかる費用について解説。開発料金の相場や、webシステム開発で失敗しないためのポイントをご紹介します。

目次

1.webシステム開発にかかる料金の相場

まずはじめに、webシステム開発ににかかる料金の相場をチェックしましょう。

webシステムと一口に言ってもさまざま。詳しくは後述しますが、作りたいwebシステムによっては数十万円で済むこともあるでしょう。また、WordPressやMovableTypなどのオープンソースを利用するとリーズナブルに開発することもできます。

しかし、例えばマッチングサイトやSNSを新たに構築したい場合は最低でも100万円以上、規模の大きさによっては数千万円することもあるようです。

以上のことからわかるように、webシステム開発は作りたい物によって費用が大きく左右されるもの。「数千万円はちょっと……」と思う方も多いかもしれませんが、大規模マッチングサイトやSNSなどでない限り、そこまで費用が膨らむことはありません。
最低限の機能、あるいはオープンソースを活用している場合には50万〜、さまざまな機能を盛り込み中規模程度のwebシステムを構築した場合でも、〜500万円ほどが相場でしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • オープンソースを活用した場合にはリーズナブルに構築可能
  • マッチングサイトやSNSを構築する場合には最低でも100万円
    規模の大きさによっては数千万円することも
  • しかし、中規模程度のwebシステムであれば〜500万円ほどに
    収まることが多い

もし「なるべく早く自社に合ったwebシステム開発会社を見つけたい」とお急ぎなら、見積もりも可能なので、ぜひアイミツをご利用ください。

2.webシステム開発にかかる費用の算出方法

続いて、webシステム開発にかかる費用はどのように算出されるのかをチェックしましょう。

webシステム開発に限った話ではありませんが、システム開発の費用を占めるのは基本的には人件費です。簡単に言ってしまえば、どれだけの人数で、どれだけの時間をかけて作られたのかによって決まります。ここで押さえておきたいのが、「人月」と呼ばれる単価です。

システム開発の費用算出に用いられる「人月」とは

システム開発の費用を算出する際、「人月」の単位が用いられます。「人月」とは、システム開発に関わらず作業量を表現する場合に使われる単位。「1人でその作業を進めた場合は◯ヶ月かかる」、つまり「1ヶ月で作業を終わらせたいならば、◯人必要」ということを意味する単位です。

例えば「ECサイトのシステムを構築してほしい」と依頼した場合、「このシステムであれば4人月で作れます」と言われることがあります。つまり、1人で構築作業を進めた場合には4ヶ月かかってしまうものの、4人で進めれば1ヶ月で完了するということです。

ここで重要なのが、人月単価はどのくらいかかるのかということでしょう。

人月単価の相場はどのくらいなのか

システム開発ではこの「人月」と呼ばれる単位を用いて費用を算出しますが、その際、エンジニアやプログラマーの単価が非常に重要です。

例えば、「4人月で作れます」と言われた場合、仮に人月単価が100万円のエンジニア4人で構築作業を進めるならば、100万円×4人=400万円が1ヶ月にかかる費用ということ。

つまりシステム開発の費用は、開発を進めるエンジニアたちの人月単価に大きく左右されます。それでは、人月単価はどのくらいかかるのでしょうか。

プログラマー、エンジニアの人月単価相場
エンジニア/プログラマー 人月単価の相場
下請け/個人事業主のプログラマー 40〜60万円
大手企業のプログラマー 50〜100万円
初級システムエンジニア 60〜100万円
中級システムエンジニア 80〜120万円
上級システムエンジニア 100〜160万円

基本的には、プログラマーやエンジニアの経験・スキルによって人月単価が決められます。1つずつ確認していきましょう。

■下請け企業のプログラマー、個人事業主のプログラマーの場合

下請け企業のプログラマーや、個人事業主として仕事を請け負っているプログラマーの場合、1人月40〜60万円が相場です。プログラマーは、システムエンジニアより月額単価の相場が低い傾向にあります。

■大手企業のプログラマーの場合

大手企業のプログラマーの場合、下請け企業などのプログラマーよりも少し高くなり1人月50〜100万円が相場です。

■初級システムエンジニアの場合

実務経験を積んで2〜4年ほどの初級システムエンジニアの場合、60~100万円ほどが月額単価の相場。初級システムエンジニアの場合、webシステムの中枢的部分の設計・構築を任せられることはあまりありません。部分的な設計を任されるエンジニアと言えるでしょう。

■中級システムエンジニアの場合

最低でも5年以上、10年未満の経験を積んでいる中級システムエンジニアの場合、1人月80〜120万円が相場。開発プロジェクトを牽引していく中心的存在となる層です。

■上級システムエンジニアの場合

上級システムエンジニアの場合、1人月は100〜160万円が相場です。10年以上の経験を積んでいるベテランとなると、設計のみを担うわけではありません。スケジュール管理やタスク管理、定期的なクライアントとのコミュニケーションも担当するなど、マルチに活躍する層です。

つまり、経験やスキルが増えるにつれて人月単価は高くなります。

人月単価の落とし穴に注意

ここまで読んだ方は、「つまり、人月単価の高い人に携わってもらえば、費用は高くつくもののスキルがあってクオリティも期待できる」と思った人もいるかもしれません。

もちろん、人月単価が高いエンジニア=経験を積んできた優れたエンジニアということも事実です。しかし、システム開発会社が設定している人月単価の中には、必ずしもスキルを反映した金額ではない場合もあります。

例えば大手システム開発会社の場合、システム開発を請け負ってもすべての工程を担うわけではありません。一部の設計作業を子会社や外部の下請け企業に外注します。つまり、そこで外注費用がかかっているということ。

その場合、人月単価を通常通り計算してしまうと、自社分の利益を確保できません。そのため、人月単価を少し多めに見積もらざるを得ないでしょう。

大手システム開発会社に依頼した場合に費用が高くなってしまうのは、優れたエンジニアが揃っているというのはもちろん、このような事情も背景にあることを忘れてはなりません。あえて人月単価を高く見積もっている場合があるため、「費用が高い=クオリティを期待できる」と安易に考えるのは少しリスキーです。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • webシステム開発にかかる費用は基本的には人件費
  • 人月単価はプログラマー/エンジニアの経験やスキルで増加
  • 人月単価が高い=クオリティを期待できると考えるのは少しリスキー

3.webシステムの種類別に見る料金相場

続いて、webシステムの種類ごとに料金相場を確認しましょう。

webシステムの種類 料金相場
メールフォーム 3万円〜
CMS 50万円〜
Q&Aサイト 60万円〜
ECサイト 60万円〜
口コミサイト 40万円〜
予約管理システム 80万円〜
マッチングサイト 100万円〜
SNSサイト 100万円〜

メールフォーム

ホームページ、コーポレートサイトなどに埋め込むメールフォームシステムを構築する場合は、非常にリーズナブルで、3万円ほどで依頼できます。

ちなみに、WordPressを用いてサイトを構築している場合、利用するテーマによってはもともとメールフォームが搭載されているほか、プラグインで追加することもできます。

CMS

自社独自のCMSを構築したい場合、シンプルなものであれば50万円ほど〜依頼可能。搭載する機能によって費用は大きく左右されるため、高額では400万円ほどかかる場合もあります。

Q&Aサイト

ユーザー同士が質問する・回答するQ&Aサイトを制作する場合、60万円ほど〜システムの構築が可能です。回答してくれた人にポイントを与える、検索機能を設けるなど機能を追加する場合は費用が高くなっていくため、300万円ほどかかることもあります。

ECサイト

ECサイトのシステムを構築する場合も、60万円ほど〜依頼が可能です。しかしサイトの規模や商品数、搭載する機能によって大きく変動し、400万円ほどかかることもあります。

口コミサイト

商品やサービスなどの口コミサイトを構築する場合、会員登録機能や口コミ投稿機能だけであれば40万円ほどで依頼できます。しかし検索機能やインセンティブ機能などを追加した場合は、300万円ほどかかることも少なくありません。

予約管理システム

予約管理システムを導入する場合は80万円〜構築可能です。電子決済機能や従業員の勤怠管理システムとも連携させるなどの場合は300万円ほどかかるでしょう。より複雑な場合には1,000万円以上かかることもあります。

マッチングサイト

マッチングサイトの場合は100万円〜構築できますが、決済機能や検索機能、メールマガジン機能などを盛り込むと500万円ほど、さらに規模が大きくなれば数千万円まで膨らむこともあります。

SNS

SNSのシステムを構築する場合、マッチングサイト同様100万円〜構築することもできますが、社内SNSではなくオープンかつ大規模なSNSを構築する場合は500万円以上かかるでしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • どのwebシステム開発も、最低限の機能の場合数十万円で可能
  • それぞれどのくらいの機能を追加するかによって
    費用は大きく左右されるため注意

4.webシステム開発で失敗しないためのポイント

最後に、webシステム開発で失敗しないためのポイントをチェックしましょう。

発注先探しを慎重に行う

各種webシステム開発に対応している会社は、システム開発会社のみならずweb制作会社などさまざま。そのため、依頼先を迷ってしまうことも多いでしょう。

しかし、「なるべく早く発注したいから、とりあえず名前を知っている会社にしてみよう」と、安易に発注先を決めてしまうことは非常に危険です。

発注先を選定する際は、これまでの実績や得意分野をチェックし、希望を形にしてもらえそうかを念入りに確認する必要があります。担当者は丁寧に要望をヒアリングしてくれるのか、コミュニケーションに安心感を抱けるかなども非常に重要でしょう。

webシステム開発は、内容によっては非常に開発期間が長く、発注先とは長きにわたって付き合っていくことに。リリース後の定期的な保守運用まで任せる場合には尚更でしょう。

思い描いたwebシステムを構築してもらえるのか、中長期にわたって付き合っていけるほど信頼できるのかを確認するためにも、発注先探しは慎重に行いましょう。

作りたいものを整理しておく

webシステム開発にかかる費用は、何人でどのくらいの時間をかけて作るかによって変動します。そのため、できる限りスピーディに構築してもらえれば、費用が膨らんでしまうことを防ぎます。

できる限りスピーディに構築してもらうためには、ある程度作りたいものの要件を固めておくことが非常に重要。ヒアリング時からスムーズに進むだけでなく、後から「やっぱりあの機能も……」と追加することもなければ、開発期間が予想外に延びてしまうことも防止できるでしょう。

5.webシステム開発で悩んだらプロに相談

今回は、webシステム開発にかかる費用や料金相場についてご紹介しました。

もしも発注先選びで悩んでいる場合は、ぜひアイミツまでお問い合わせください。要望に沿ったおすすめの会社を複数ご提案できるだけでなく、一括見積もりを取ることも可能です。

発注先選びで失敗したくない方、発注先選びの手間をカットしたい方はぜひご相談ください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

このテーマに関連する優良会社