業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中小企業向け対応の優良業者

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発

100万件のクチコミと5万社の調査から選ばれた優良企業のみで一括見積もり 完全無料

お電話でのお問い合わせは、0120-917-819

■中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発会社を探す際のワンポイントアドバイス

WEBシステム・ソフトウェア開発とは、簡単に言うと、Webブラウザで閲覧できるようにするシステムやまた、そのプログラムを開発する事を指します。インターネットを見る事ができる環境であれば、パソコンや携帯電話などでWebシステムを利用することができるようになります。ITの普及に伴い、コンピュータシステムを適切に活用することによって、業務の効率化とコスト削減を行う事ができます。また、特殊なシステムを導入することにより、会社の外からも利用することが可能になり、PCのバージョンなどに左右されることなく使用することができます。ITシステム関連費用を、事業費用として計上できるのも、中小企業の大きなメリットとなります。情報システムを積極的に利用することで、効果的な経営革新にもつながるでしょう。

紹介件数2万件突破!

ところで

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 業者の選び方がわからない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう・・・

  • 業界事情や相場を知らない

    業界事情や相場を知らない…

    業界ランキングNo.1、実績が豊富な
    人気業者はいったいどこなの?

  • どの企業が優れているのか

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれているけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決!発注先選定を無料でお手伝い!

  • 相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • 専門コンシェルジュによる徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、 全国5万社以上の業者比較・調査から要望に適した会社をご紹介。

  • 評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから評判の良い
    業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは、手間も費用もかからない簡単3ステップ

  • 希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 業者選びのコンシェルジュが無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表を見る
  • 直接商談も可能!スピーディに見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もりを見る

ご要望にあわせてこんな業者もご紹介

  • アジャイル型
    アジャイル型

    システムの仕様・要件を固めて開発に臨むウォーターフォール型の開発に対して、短い開発期間単位を繰り返すアジャイル型開発ができる会社が近年出てきています。仕様が未定な部分もあるため、高いスキルが求められます。

  • 常駐対応
    常駐対応

    一般的な請負の受託開発は開発会社で行われますが、円滑なコミュニケーションと素早い開発を実現するため、常駐型に対応しているシステム開発会社もあります。開発費用は割高になるケースもありますが、スピードが求められる開発には有効です。

  • オフショア対応
    オフショア対応

    オフショア開発は中国やベトナム、フィリピンなど人件費の安い国でプログラミングなどを行う開発方法です。小規模開発ではブリッジエンジニアのコストが高いので、コストメリットは出ませんが、大型開発では有効な手段になります。

その他の要望イメージ

はじめてシステム開発を外注するのですが何に気を付けたら良いでしょうか?/人材派遣会社なのですが営業マンの業務管理システムを安く作りたいと思います、オススメ業者を教えてください/Rubyで作った方が良いと聞いたことがあるのですが、どんなメリットがあるのでしょうか?/SESなどで常駐させて作るべきか?完全外注すべきか悩んでいます・・/などシステムやソフトウェアの開発の発注に関する色々なご相談を承っています。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

1万社以上の相談実績!業界NO.1のお客様満足度98%
  • Gunosy 松本様

    Gunosy

    株式会社Gunosy 松本様

    CMでも話題のニュースアプリGunosy。「未知の優れた企業を、短期間で紹介してもらえました。」とのご感想を頂けました。

  • レアジョブ 鈴木様

    レアジョブ

    株式会社レアジョブ 鈴木様

    業界No.1のオンライン英語学習レアジョブ様。「アイミツを利用することで自社の目標設計にもつながりました。」という嬉しいお言葉をいただきました。

  • バルクオム 八木澤様

    バルクオム

    株式会社バルクオム 八木澤様

    男性用化粧品で人気のBULK HOMME。「発注ポイントを知ることで、圧倒的な業務効率化につながる」というご感想をいただけました。

  • ヘルツ 久保様

    ヘルツ

    株式会社ヘルツ 久保様

    創業40年を超える革鞄のブランドHERZ。「情報の透明性が抜群に良く、コストダウンも図れました」とご満足いただけました。

  • 共生基盤 中村様

    共生基盤

    株式会社共生基盤 中村様

    「つづいていく」をデザインする、を経営理念に掲げる共生基盤。ベンチャー企業経営者から見たアイミツの利点を語っていただきました。

  • Grow 一ツ木様

    Grow

    Grow株式会社 一ツ木様

    ECやinstagramを利用したWebサービスを展開するGrow様。「スピーディに最適な発注先が見つかった」とご満足いただけました。

  • フロンティアリンク 森様

    フロンティアリンク

    フロンティアリンク株式会社 森様

    レベルの高いビジネス講座が大人気のフロンティアリンク様。「マニュアル通りではない丁寧なコミュニケーション」と評価いただきました。

tv asahi、Gulliver、TEIJIN、GREE、DeNA、NTT DaTa、YAMAHA

規模を問わず、数多くの有名企業様にご利用いただいているのには 理由があります!

利用料0

ご相談は無料です

業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

満足度998%

安心の満足度98%

紹介企業数は業界No.1。東証一部上場企業との共同運営。2014年の満足度は、なんと98%。

調査社数5万社

プロによる徹底調査

最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

会員登録不要

スピード即日対応

原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

お電話でのお問い合わせは、0120-917-819

対応地域:

東京神奈川愛知大阪兵庫福岡 をはじめ、全国47都道府県対応。

アイミツが比較している企業を、ほんの一部ご紹介

各業者の評判や実績など、より詳しい情報についてはアイミツにご相談ください。

自分で中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の全会社を比較するCompare

掲載業者数152

詳しい条件で絞り込む

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP / JavaScript
対応しているOS
Linux
対応しているデータベース
MySQL
対応しているシステム
WEBシステム / CMS構築 / 業務システム/管理システム ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新

エンジニア、デザイナー、ディレクターなどのITプロフェッショナル人材を支援する【ITPROPARTNERS】を運営、「週2回」からのお仕事を紹介しています。
受託サービスである『ITプロクラウド』は、数千名のITプロフェッショナル人財から御社の為の選抜チームを最短1日で結成し、製品を納品します。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP / Ruby / JavaScript ... もっと見る
対応しているOS
Linux / Windows / UNIX
対応しているデータベース
MySQL
対応しているシステム
WEBシステム / インフラ構築 / 業務システム/管理システム ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新 / サーバ保守・運用

・代表はベンチャーキャピタル経験者、制作陣は大手ERPパッケージ提供会社・大手SIer出身など、経験豊富なメンバーが中心です。

・従業員の大部分は20代と非常に若く、活気のあるチームです。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP / JavaScript / .net ... もっと見る
対応しているOS
Linux / Windows / UNIX
対応しているデータベース
PostgreSQL / MySQL / Oracle ... もっと見る
対応しているシステム
WEBシステム / インフラ構築 / CMS構築 ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新 / サーバ保守・運用

ホームページ制作・システム開発のITまっちゃ。わかりやすく集客力のあるホームページと、使いやすいシステム開発がモットーです。

得意規模
小規模(~300万円)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP
対応しているOS
Linux
対応しているデータベース
MySQL
対応しているシステム
WEBシステム / CMS構築 / ECシステム ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新

LAMP 開発一筋でWebアプリケーション開発だけを行います。したがい実績、ノウハウが蓄積されて、
高品質なサービスをお届けできます。
また、単に開発するだけでなく、自社でサイト運営も行っており、そのノウハウを開発にフィードバックし、絶えず顧客目線で、開発を行います。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円) / 大規模(1,000万円~)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP / Ruby / JavaScript ... もっと見る
対応しているOS
Linux / Windows
対応しているデータベース
PostgreSQL / MySQL / Oracle ... もっと見る
対応しているシステム
WEBシステム / 業務システム/管理システム
対応業務
システム保守・運用・更新

クロノスの経営ビジョン「面白いことを真面目に取り組む」を実現するため創業以来、高い技術力を維持することを目標に活動をしてきました。Webシステム開発を基盤とするクロノスの各ソリューションは、最先端技術とそれぞれのドメインで培ったノウハウを効率的に活用することによって生まれています。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円)
実績数
100~500
対応している開発言語
PHP / JavaScript / Java
対応しているOS
Linux
対応しているデータベース
PostgreSQL
対応しているシステム
WEBシステム / インフラ構築 / 業務システム/管理システム ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新 / サーバ保守・運用

ブレインテックは情報管理の安全面にも十分考慮したシステムの研究・開発を行い、お客様環境の情報管理の質を向上するべく、サービス提供に貢献して参ります。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP / C# / .net ... もっと見る
対応しているOS
Windows
対応しているデータベース
PostgreSQL / MySQL / Oracle ... もっと見る
対応しているシステム
WEBシステム / 業務システム/管理システム / ECシステム ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新

株式会社神戸Cafeとは、コミュニケーションを重視したソフトウェア開発会社です。Windows向け業務アプリケーションの開発、WebサイトとWindowsアプリとの連携システムなら神戸Cafeにお任せ下さい。京阪神~西日本を中心に、全国からのお問い合わせをお待ちしております。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円)
実績数
~100
対応している開発言語
PHP / Ruby / JavaScript ... もっと見る
対応しているOS
Linux / Windows
対応しているデータベース
MySQL / SQL Server
対応しているシステム
WEBシステム / CMS構築
対応業務
システム保守・運用・更新

東京でBtoB向けのWEB受注システム開発を承っているサイトプラン株式会社。クラウドを利用した法人向け受注システム、各種予約システム開発、その他WEBシステムの開発を行います。コストについてのお見積り、コンサルティングもお気軽にご相談ください。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円) / 大規模(1,000万円~)
実績数
100~500
対応している開発言語
PHP / Ruby / JavaScript ... もっと見る
対応しているOS
Linux / Windows / UNIX
対応しているデータベース
PostgreSQL / MySQL / Oracle ... もっと見る
対応しているシステム
WEBシステム / インフラ構築 / CMS構築 ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新 / サーバ保守・運用 / オフショア開発(スポット型) ... もっと見る

【開発成功率100%達成!!】
とにかく経験が豊富です。そして誠意ある対応を心がけています。
気軽に相談ができ、フットワークの軽い会社です。

得意規模
小規模(~300万円) / 中規模(300~1,000万円) / 大規模(1,000万円~)
実績数
5,000~
対応している開発言語
PHP / Ruby / JavaScript ... もっと見る
対応しているOS
Linux / Windows / UNIX ... もっと見る
対応しているデータベース
PostgreSQL / MySQL / Oracle ... もっと見る
対応しているシステム
WEBシステム / インフラ構築 / CMS構築 ... もっと見る
対応業務
システム保守・運用・更新 / サーバ保守・運用 / オフショア開発(スポット型)

WEB制作~システム構築~EC事業開発、WEBホスティング、ストリーミング配信代行・支援ほか。企業WEBサイトの全面リニューアル、WEBキャンペーン等の企画、コンサルティング等もお任せ下さい。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

下矢印

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の選び方ガイドGuide

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

あいみつ君

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の選定ポイント

目的をはっきりさせて外注先を絞り込んでいく

自社の目的を明確化する、開発会社の得意分野を把握!

一口にWebシステム構築・ソフトウェア開発といっても、システム開発業者によって得意分野が異なります。外注先候補のシステム開発業者は、それぞれ独自の強みやノウハウと開発実績を持っています。まずは自社が何を目的としているのか明確にすることから始めましょう。中小企業向けITシステムの導入にあたっても、システム開発業者選びのポイントは様々です。しっかり検討を行ってください。

 

  • コスト削減を目的とするシステム

生産管理システム、サプライチェーンマネジメントシステム(SCM)など、製造業の業務効率化や、総務のドキュメント管理や勤怠管理、経理部門の会計システムのオンライン化、物流管理部門ではロジスティクス構築などがあてはまります。これらを社内向け、またはBtoB業務にWebシステムを使う場合、外注先業者が必ずしもそうした業務内容に精通しているとは限らないので目的の明確化とその説明は非常に重要です。

 

  • 売上拡大を目的とするシステム

営業管理やマーケティング支援など、基本的に市場開拓や顧客開拓にかかわる分野です。在庫状況管理や販売・仕入・伝票管理などはコスト削減グループにまたがる分野ですが、最近では、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客関係管理)などの、売上拡大を目的としたシステムの一環として考える必要が出てくるケースも多いです。また、Webサイトと連動させた集客を目的とするSNSアプリなどの開発などもこの分野に入ります。

費用対効果について社内で検討してから、外注先選定をする

費用対効果のイメージを社内で固める、必要経費をまとめてパフォーマンスの高い会社に依頼。

今やバブルの頃のようなどんぶり勘定的IT投資をやっている企業は皆無です。「コスト削減を目的とするシステム」「売上拡大を目的とするシステム」どちらのグループの投資にしても、費用対効果のざっくりしたイメージを社内である程度固めておくことが必須となります。

 

  • 「コスト削減を目的とするシステム」の費用対効果最大化の手順

 

まずは、現状ハードウェア・ソフトウェアの保守費用などがどれくらいかかっているのかを洗い出しましょう。その資料を基に外注先候補業者と打ち合わせを行い、一番パフォーマンスの高い提案・見積もりを出してくれた業者が費用対効果を最大化してくれる外注先との指標になります。

 

ちなみに近年この分野のコスト削減効果が最も高いとされているのが、クラウド化です。ビッグデータ分析やクラウド型のデータベースなどの導入事例も数多く見られ、ありとあらゆる分野で優秀なクラウドシステムが提供されてきています。

「現状のシステムをクラウド化したらどのくらいコストが下がりますか?」というざっくりした聞き方でも相談に応じてくれる業者はたくさんあります。

 

 

  • 「売上拡大を目的とするシステム」の費用対効果最大化の手順

 

このグループの費用対効果は、将来的な目標に対して、どのくらいの効果が出るかを算出する必要があるので、先の「コスト削減を目的とするグループ」よりも工夫が必要です。

現在幅広く使われているのが、「KGI」=「キー・ゴール・インジケーター」(企業やプロジェクトが達成すべき目標を定量的な指標で表したもの)や「KPI」=「キー・パフォーマンス・インジケーター」(目標の達成度合いを計る定量的な指標のこと)を使う方法です。

「KGI」のGはゴール(Goal)のGで、「月間売上を100件増やす」などざっくりしたイメージの設定です。この大きな目標に対して「外回り営業マンの成約率を1.5倍に引き上げる」「Webからの問い合わせ件数を2倍にする」などのゴールまでの「実績」とか「成績」(P=パフォーマンス)の指標への落とし込みを行います。

 

ここから例えば、「外回り営業マンの成約率を1.5倍に引き上げる」ためにCRMやSFAとしてどんなパッケージシステムが最適なのか、どんなカスタマイズをお願いする必要があるのかが見えてきます。ここから実現の可否をを含め、最適な外注先が見えてきますし、ここまで目的が具体的になってくれば「実現出来ます」と応えた業者からも見積依頼に沿った精度の高い見積もりと提案書が集まってくるでしょう。

 

同様に「Webからの問い合わせ件数を2倍にする」という指標に対して、申し分のない提案をしてきてくれた業者であっても、費用をはるかに上回るシステム構築見積もりを出してきた場合には、今回の外注先選定候補からはずす必要があります。

 

このように「費用対効果という選定基準の軸」を決めておいて、そこから自社特有の課題を踏まえて外注先を選んでいけば、外注先の各種提案に翻弄されて大きな失敗をすることもなくなります。

逆に言えば、この軸がぶれているシステム構築は失敗に終わるケースが多いと言えます。ただし、最初から完璧なRFP(提案依頼書)を用意しなくてもコンサルタントベースで相談に応じてくれる業者や、アジャイル型開発で柔軟に発注側の意見を開発に反映させてくれる業者もありますので、必要に応じて検討しましょう。

納品後の運用についてしっかりした方針を決めておく

納品後の運用コストを考慮、自社でバグ対応出来ない場合は運用を外注化。

費用対効果の「費用」に納品後の保守や運用コストがかかってくるのは当然なのですが、意外とそこまで考えずに発注してしまうケースもあります。システム運用は、日々のサービス運営(ユーザー問い合わせ、システムの監視、ネットワークセキュリティやサーバー環境のメンテナンス、障害対応など)を行うことを指し、システム保守はOSに脆弱性が見つかった場合のアップデート作業によるバグや障害に対応することも含みます。もし自社内で手に負えない場合には、運用そのものも外注することを選択肢に入れましょう。「運用保守対応のWebシステム・ソフトウェア開発の会社」http://imitsu.jp/list/Web-system/hoshu なども参考にしてみましょう。

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の費用・料金相場情報

imitsu(アイミツ)では独自調査やお客様の声からソフトウェア開発における料金相場情報を集めています。開発規模や開発内容などでもその料金は大きく変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

あいみつ君
吹き出し

中小企業向けの相場

システム・サーバ構築の料金相場、初期費用や月額費用など。

  • システム構築の費用算出方法の基本を知っておく

システム開発にかかる費用は開発会社の規模や開発内容によって様々です。中小企業向けのシステムだからと言って一概に安い訳ではないことを認識してください。一般的に外注価格は従事するエンジニア数に比例し、エンジニアの人月単価も中小では60万円、大手では120万円と企業規模よって2倍以上の差がある場合があります。基準となる金額が存在しないため、仕様が不確定の場合や、仕様確定のスピードが遅い場合は過大な見積もりを出されてしまうことになります。見積もりを適正価格に近づけるためには仕様の詰め方や仕様確定日の約束などを確約して、開発会社の不安を払拭することが大切です。

 

  • サーバー構築費用の相場

 自社のWebサーバー、メールサーバー、DBサーバーの構築とそのバックアップ、サーバーの監視設定等を依頼した場合、20万~30万程度が相場となっています。その他、サーバー本体費用やデータセンターを利用する場合その費用、社内に置く場合は電気代、月々の保守費用等が別途必要になります。

 

  • SaaSをベースとする場合には初期費用、月額費用の他カスタマイズ費用をおさえておく

クラウドやASPなどのSaaS型サービスはコストパフォーマンスに優れており、初期費用無料や、月額数千円から業務効率化やBtoCのウェブサービスを展開できます。ただし、業務で使いこなすためには将来的にカスタマイズがどうしても必要になるケースもあり、その場合にはカスタマイズ費用がかかってきます。また消費者向けシステムの場合にも、ユーザーからの要望やサイトの方向性の戦略転換などで、既存の安価なSaaSがそのままでは使えない、というケースも出てくるかもしれません。

想定されるケースを考えておいて「もし、こういったカスタマイズをお願いするとしたら、どれくらい費用がかかりますか?」という部分を確認しておくことが必要です。

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発のトラブル事例

プロジェクトが上手く進まない、そもそも上手く行かずに途中で止まってしまったなどの特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。ソフトウェア開発にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

あいみつ君
吹き出し

プロジェクトの進捗状況が分からない

下請けに出している可能性あり、納期に間に合わないなどの大きなトラブルに発展することも。

いったん発注した後、進捗報告がほとんどなく、こちらから問い合わせをしても要領を得ない、というケースがあります。受注した業者が実際の作業を下請けに出している場合などによくあるケースです。下請けに出すこと自体はよくあるケースですが、進捗状況が適切に報告できないということは、請け負ったまま下請けに丸投げしているなど、外注先が業務の内容を主体的に管理できていない恐れがあります。

この場合、納期に間に合わなかったり、仕様変更の要望に応じてもらえなかったりといった大きなトラブルに発展する可能性もあります。

仕様がつめ切れず、プロジェクトが空中分解した

担当者と綿密なコミュケーションが不可欠、信頼関係を築き上げる姿勢が大切!

見切り発車的に仕様を確定しないままにプロジェクトをスタートしてしまい、結局意思疎通もうまくいかずにプロジェクト自体の進行が止まってしまうケースです。

「ウォーターフォール型」や「プロトタイプ型」でプロジェクトを遂行する場合には仕様の明確な決定が不可欠ですが、これが甘かった場合に空中分解がおきがちです。また「スパイラル型」「アジャイル型」開発の場合でも、プロジェクトの方向性と完成イメージの共有は欠かせません。実際にプロジェクトを遂行しながら詳細をはっきりさせていくというやり方では、「ウォーターフォール型」や「プロトタイプ型」以上に担当者との密なコミュニケーションと信頼関係が必要となってきます。

担当者と信頼関係が築けなかった

認識のズレを最後まで調整、担当者との信頼関係が最も重要!

プロジェクトを遂行するにあたって、発注側と受注側に認識のズレがあることは避けられません。これは中小企業同士の契約ばかりでなく、例えば国際的な大企業が銀行・証券システムなどを受注したようなケースでも発生し、訴訟に発展することも少なくありません。中小企業向けのSIにおいても大企業同様にプロジェクト管理が必要です。

認識のズレを最後まで調整・吸収しプロジェクトを成功に導くには、担当者間での信頼関係が最も重要です。技術的に定評のある業者であっても、担当者と信頼関係が築けない状態でプロジェクトが進行した場合には大きなトラブルに発展する可能性もあることを十分理解しておきましょう。

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発のよくある質問

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

あいみつ君
吹き出し

見積もりはすぐにもらえますか?

要望の明確化が重要、実績豊富な会社であれば概算見積もりを用意してくれるケースもあり。

こちらからの要望がはっきりしている場合には、信頼できる見積もりが早い段階で出てきます。「だいたいどのくらいかかるの?」という問い合わせに対して出てくる「概算見積もり」は、受注実績が豊富な会社であれば、営業マンが過去の受注実績から似たケースを想定して社内で確認を取った後すぐに用意してくれるケースもあります。

「概算見積もり」と「詳細見積もり」はどこが違うのですか?

概算見積もりは低めに出すのが営業テクニック、要望は早く正確に伝えるのが重要!

「概算見積もり」は受注企業がその案件の受注を取りたいがための営業的な側面も大きく、相場よりも低い金額で出す場合も多いです。また想定されるリスクも最小限で済むケースを想定して低めの概算見積もりを出し、次の段階である詳細見積もりに話を進めようとする営業テクニックも常套手段です。
こうした場合は、「概算見積もり」の低さにつられて外注候補先を安易に絞って話を進めてしまい「詳細見積もり」を出してもらったら最初の金額の何倍にもなっていた、というケースもおきがちですので注意しましょう。
見積もりの妥当性は、詳細見積もりを取るまでははっきりしませんので、こちらの要望を早い段階で正確に伝える必要があります。

仕様の詳細を詰めきれないのですが、そこから相談に乗ってもらうことはできるのでしょうか?

相談に乗ってもらうことは可能、仕様の決定には多くの場合で料金が発生します。

可能です。しかし仕様の決定には料金が発生するケースが大半です。「まだ実際に作業が発生していないのにお金がかかってしまうの?」という疑問を持つ発注者の方が多いのですが、仕様を決定するにあたっては調査・コンサル費用や設計費用、技術的な検証費用が発生します。

保守を行ってもらうことは可能ですか?

開発会社に保守まで発注可能です、その場合保守契約と保守費用が別途必要になります。

基本的に、システム開発を依頼した業者に保守まで発注可能と考えていいでしょう。
別途保守契約と保守費用がかかりますので、希望される保守の内容をあわせて提示のうえ、開発会社へご相談ください。
なお、システムに異常があった場合に、早急に対応できる体制が作られているか、充分に確認をおこなったうえでご契約ください。

ネットワークやサーバの構築・保守・運用もお願いできますか?

インフラ構築から保守まで発注可能、大規模システムなら一括発注が効率的!

一部の開発会社では、ソリューション事業の一環としてネットワークやサーバーなどのインフラ構築から発注できます。
特に大規模なシステムの場合などは、インフラの構築から保守までを一括で発注できる開発会社に発注すると効率的でしょう。
なお、インフラに問題が発生すると、システムが制御できなくなるなど深刻な問題に発展するので、異常があった場合に、早急に対応できる体制が作られているか、充分に確認をおこなったうえでご契約ください。

納品後にバグがでた場合はどうなりますか?

瑕疵担保期間であれば無償で対応、期間終了後は有料で対応します。

多くの開発会社が検収(納品)後に瑕疵担保期間を設けており、期間内のバグであれば無償で対応しています。
瑕疵担保期間の終了後に発見された不具合がバグであっても、基本的に改修には費用がかかります。
なお、瑕疵担保期間は開発会社ごとに異なります。多くの場合は契約書に記載されているので、ご確認ください。

発注先を得意分野分散させることでリスクを軽減できますか?

結合テストが課題、開発部門がない場合はリスキーな方法と言えます。

可能ですが、その場合には最終的な結合テスト(異なる外注先から上がってきた製品を組み合わせて最終的に稼動させるテスト)に対して自社で責任を持つ必要があります。自社に開発部門があり、自社でさばききれない部分を外注する場合にはこうした手法で価格を下げ、納期を短縮できる場合もありますが、自社に開発部門がない場合には非常にリスキーな方法であるといえます。今後導入が予定されているマイナンバー制度などは、現時点の開発実績では判断しづらい部分ですので、個人情報の取扱いについて別途契約を締結しておく必要があります。

既存のシステムを改修してもらうことはできますか?

ソースコードが読めれば可能、見積もり請求時に資料の有無を伝える!

ソースコードが読める状態のシステムであれば、対応可能なケースが多いでしょう。
仕様書や設計書などの資料があれば効率的に進められますが、ない場合でも多くの場合可能です。
資料がない場合、修正箇所を探したり、テストに時間がかかったりと、改修規模に関わらず納期が長くなるケースが多いので、見積もり請求時には各種資料の有無を明記の上、納期をご確認ください。

万が一プロジェクトがうまくいかなくなりそうな場合、どうしらたいいでしょう?

会議を開いて問題点を明確にする、解決策を模索し事態に対処!

まずは担当者同士連絡を取り合って状況を確認し、場合によっては双方の上席の人間を含んで対策会議を開きましょう。問題の所在がどこにあるのかがはっきりすれば、解決の方法は見えてきますので、辛抱強く事態に対処することが必要です。もし、責任の所在が外注先にあることが明らかになれば、中堅以上の企業では万が一プロジェクトが滞ったときのために予備の予算を取ってある企業がほとんどですので、訴訟などに至らずに対処してくれるケースが多いでしょう。
逆にこちら側の無理な仕様変更などが原因の場合、追加料金を支払ってプロジェクトを前に進めることも可能です。

自社に常駐して開発してもらうことはできますか?

常駐開発は可能です、但し費用が高額になる場合があります。

開発内容や規模、業務内容によっては常駐での開発が可能な開発会社が多いでしょう。
なお、常駐になると費用が高額になる場合があります。
プロジェクトの全体像がある程度固まってくると、エンジニアが常駐する必要性の有無についても検討ができるため、費用と併せ確認をおこなってください。
また、どのようなエンジニアが常駐するのかを、事前に面談などで確認することをおすすめします。

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発のアイミツ利用事例「中小企業向け」

どのようなWEBシステム・ソフトウェア開発業者を探していましたか?

とにかく安低価格オンリーな業者を探していました。

当初は「とにかく安く」という低価格オンリーで探していましたね。予算が決まっていたので仕方がなかったんですが、業者の出してくる見積もり金額がバラバラでなかなか外注作選定の決め手がなかったんです。「○○くらいまでしか出せないんですけど」と言ったところ「じゃあ、その金額でいいです」といわれて逆に面食らってしまったこともありました。じゃあ、もっと安い金額を伝えればその金額でやるんだろうか?逆に高い金額を言っていたらその金額で決定なの?あまりにもいい加減じゃないかな・・・という思いがありましたね。

あいみつ子さん

imitsu(アイミツ)を利用したきっかけ

信頼できる業者を探したいと行動して、辿り着いたのがimitsuです。

「とにかくもっと信頼できる業者を探したい!」価格の上限は動かせなかったのですが、これが大前提だなと思いまして、たどり着いたのがimitsu(アイミツ)です。信頼できる業者をその理由付きで教えてくれるimitsu(アイミツ)の担当者の方とやり取りをしているうちに、「外注先担当者とのコミュニケーションのコツ」みたいなところが見えてきて、ずいぶん中身の濃いやり取りができるようになりました。

あいみつ子さん

見積もり時に気をつけたこと、反省点

概算見積もりはあってないようなものだと実感しました。

今回システム開発の外注で学んだのは「概算見積もり」はあくまで「概算」でしかないということ。もっとはっきり言うと「概算見積もり」はあってないようなものだなというのが実感です。正確な見積もりを出してもらうには、こちらの要望を正確に伝えるだけのプロジェクトの中身がや目的はっきりしていないといけない。出来合いのモノを買うのとは違って、システム開発やソフトウェア開発で見積もりを取る、というのは発注側でもかなりの労力が必要だということでした。いくらお金を出す側だからだといって「いくらでやってくれるの?」という態度で概算見積もりをたくさん出させても、結局あまり意味のないことなんだなということがわかりました。
やりたいことをはっきりさせた後は、業者選びも見積もりの検討もぐっと楽になりましたね。

あいみつ子さん

実際に発注してみた感想や気づき

勉強して情報を整理することが不可欠、タイムリーなアドバイスに感謝しています。

真剣に外注先を探せば探すほど、数ある業者の中からいったいどこを最終的に選定したらよいのか迷ってしまいました。こちらも勉強しながら情報を整理することが不可欠だったのですが、その時々に本当にタイムリーなアドバイスをimitsu(アイミツ)さんにはもらえたなと思っています。実際に紹介を受けた業者と打ち合わせをしたり、最終的な決定をしたりするのはもちろん我々なのですが、もしimitsu(アイミツ)サービスがなかったら、その目的地の現場までたどり着けなかったんじゃないかな?という気もします。
そういう意味で、評判や相場を徹底的に調査している「コンシェルジュサービス」というのは、相見積もりを取るときに不可欠だと思いました。
概算見積もりをたくさん取るだけは意味がない。じゃあどうすれば質の高い見積もりが手に入るのか。imitsu(アイミツ)さんのサービスはまさに弊社が必要としていたもので、本当に感謝しています。

あいみつ子さん
失敗できない業者選定。アイミツにご相談を
無料で相談する

中小企業向け対応のWEBシステム・ソフトウェア開発の用語・基礎知識

ウォーターフォール型開発

システムの開発を「基本計画」、「プログラミング」、「テスト」などの工程に分けて順に段階を経て行う手法です。基本的に前の工程には戻らないことを前提としているため、下流から上流へは戻らない水の流れに例えてこの名が付いています。1つの工程が終わるごとにその工程での成果を文書化するため管理がしやすいというメリットがありますが、後からの仕様変更が難しい、ユーザーの意見を反映しにくいなどのデメリットもあります。

プロトタイプ型開発

ウォーターフォール型の「できあがったら要望と違った」というデメリットを解決するために考案された手法で、要求されたシステムの試作品(プロトタイプ)を手早く開発し、ユーザーに試用してもらい、要求や仕様などを確認して実用的なレベルまで発展させていく開発手法です。

スパイラル型開発

システムの部分単位に「設計」、「プログラミング」、「テスト」の工程を繰り返していく手法です。問題が発覚しても早い段階で対策することができるといったメリットがある一方、テストの度に新しい要件を提示されてしまい、いつまでたってもシステムが安定しない可能性があったり、当初の予定よりも仕様が膨らむ可能性があるなどのデメリットもあります。

アジャイル型開発

「俊敏な」「素早い」という意味の英単語で、ソフトウェア開発において、より迅速な開発を重視する方法の総称です。ユーザーの要求を随時取り入れる、実際に動作するプログラムをより短い期間で作成する、チームの連携を重視する、計画よりも具体的な実践を重視するなどの特徴があります。特にWeb系、オープンソース系の開発で重視されている手法です。Webサービス等をスピーディーに立ち上げたい場合にオススメできる開発手法です。

閉じる

サービスにかける想い

株式会社ユニラボ 代表取締役 栗山規夫

株式会社ユニラボ
代表取締役 栗山規夫

感動できる、業者紹介のコンシェルジュサービスを目指して

発注先選びに苦労したことはありませんか。時間もなく、その分野に詳しくないから外注するのに、どうしてあれこれと調査に時間をかけなければならないのでしょうか。

残念ながら、どの企業のホームページにも良いことしか書いていません。相場も分からないままに、いたずらにたくさんの業者に見積もりを依頼した結果、ろくに料金交渉もできなかった苦い経験が私にもあります。

逆に、受注者側の視点に立ってみるとどうでしょうか。一件でも多くの受注を得るためには、一件でも多くの見積もりをとらなければ、と考えてしまいます。当然、ホームページ上には聞こえのよい情報だけを掲載し、広告宣伝に多くの費用を割くことになります。結果、受注に繋がらないような見積もり依頼ばかりが増え、その対応にもすくなからぬコストがかかることになります。そんな受注者側の悩みも、たくさん耳にしてきました。

発注者と受注者とが、お互いにムダな時間やコストを省き、より幸せなかたちで出会うにはどうしたらよいか。をアイミツはそんな想いから、日本一と言える5万社以上の業者ネットワークを構築し、現在も日々優良企業を発掘し続けています。

業者選びのプロとも言えるアイミツのコンシェルジュは、東証一部上場企業の役員経験者や、コンサルティング業界出身者、大手総合商社出身者など、ビジネス経験豊かな人材ばかりです。発注先を探しておられる皆様の頼れる存在として、業者選びから相見積もりの取得まで幅広いサポートを行っています。

おかげさまで、新規の利用者様はもちろん、リピーターの皆様からの厚いご支持により、気がつけばご相談実績は1万件を超え、100万件以上のクチコミ評判を高度に分析できるサービスにまで、成長することができました。

業者との素敵な出会いが、よりスピーディーに、より簡単に実現できる。そんな世界を目指し、これからも利用者の皆様の声を大切にしつつ、さらなるサービス品質の向上に取り組んで参ります。

  • ワールドビジネスサテライト

    チラシや看板の発注から、弁護士への依頼まで比較でき、
    既にこのサイトを通じて企業同士で、数億円の取引が成立した。

    2014年2月 ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

  • 日本経済新聞

    120の分野で計5万6千社の発注先を比較・検索できる。
    半年で2,000社が利用し、発注総額は10億円を超えた。

    2014年2月 日本経済新聞

  • IT media

    「印刷通販」「貸し会議室・セミナー会場」「オフィス清掃」「OA機器レンタル」など
    100以上のカテゴリーに分かれいて、企業の発注業務にかかわるものであれば、ほぼ網羅。

    2014年2月 IT media