ホームページ制作会社の費用を
知る PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

ホームページ制作発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ポータルサイト制作の平均費用と料金相場【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

ネットユーザーの玄関口となるポータルサイト。草分け的存在のYahoo! JapanやGoogleのほか、ネット通販など特定の分野に特化したポータルサイトを運営し、業績を伸ばしている企業も少なくありません。

たとえば耐久材・消費材の情報ポータルサイト「価格.com」。新製品情報や消費者目線のレビューを充実させ、毎月5憶以上のPVをマークしています。同じ運営元の「食べログ」も、老若男女問わず幅広いユーザーの支持を集め、グルメ情報のインフラ的存在になりました。

ただ、こうしたポータルサイトをつくろうとすると、非常に大きな手間とコストがともなうのも事実。ポータルサイトは一般的なホームページ(コーポレートサイト、ブログなど)と比べると圧倒的に情報量が多く、制作期間も長くなります。

加えて、ユーザーに快適に利用してもらうためにはサイト内検索や口コミ・レビュー、中長期的に運営してくためには会員管理などの機能が欠かせません。「自社ホームページは持っているけど、ポータルサイトとなると実際いくらかかるのか不安…...」という人も多いのではないでしょうか?

この記事ではそうした方に向けて、ポータルサイトの制作費用の相場とその内訳、制作会社を選ぶ際に目を向けるべきポイントなどについて詳しく解説していきます。

アイミツでの実際の取引事例も合わせてご紹介しますので、ぜひ自社に照らし合わせながらお読みください。

ポータルサイトの制作費用の算出方法

ポータルサイトの制作方法は大きく2つに分けられます。
1つは、文字通りゼロから制作するフルスクラッチ型
もう1つはCMSや会員サイト構築システムなどをベースとするシステム型です。

いずれも、企画・ディレクション→デザイン・コーディング→納品→運用という流れは変わらず、費用の大半がディレクターやプログラマーの人件費という点でも同じですが、後者(システム型)の場合、システムに標準搭載されたディレクトリ(サイトの階層)のひな型やデザインテンプレートを利用できるため、フルスクラッチ型に比べると費用が抑えられます。

一方でサイト公開後の運用・保守については、ほかのホームページ(コーポレートサイトなど)より規模が大きくなる分、フルスクラッチ型・システム型問わず、割高になることが多いようです。

【関連記事】
ポータルサイト作成でおすすめのホームページ制作会社の記事も会社選びにお役立てください!

ポータルサイトの制作費用の相場

ポータルサイトの制作費用の相場
費目 平均的な相場
企画・ディレクション費 15万円~30万円
デザイン・コーディング費 20万円~60万円
運用・保守費 月額1万円~10万円

ここからはポータルサイトの制作費用の相場について、工程別により詳しく見ていきましょう。

企画・ディレクション費

ポータルサイトを立ち上げる目的や想定ユーザーなどにあわせて、webディレクターやプランナーがサイト全体の構造やコンセプト、デザインの方向性を決める際にかかる費用です。

ポータルサイトの場合、この段階でとりわけ重要になってくるのが、ディレクトリの構成。良質なコンテンツを制作しても、ディレクトリが雑多で他の情報に埋もれてしまうようでは意味がありません。

ユーザーにしっかり情報を届けるためには、ディレクトリ同士の親和性(たとえば総合ポータルサイトなら、「天気予報」から「ニュース」のカテゴリに飛ぶユーザーが多い、など」を加味しつつ、緻密に構成する必要があります。立ち上げの段階でしっかりとしたディレクトリの構成ができていれば、ポータルサイトとしてのちのち取り扱うジャンルが増えてもスムーズに拡張できるでしょう。

ディレクトリの構成を含めた企画・ディレクション費の一般的な相場としては、15万円~30万円ほど。情報量が多い大規模なポータルサイトほどディレクトリも複雑になるため、費用は高くなります。

デザイン・コーディング費

企画・ディレクションにもとづき、トップページや下層ページのデザイン、コンテンツのコーディングなどを行なう際にかかる費用です。

一般的な相場としては、デザイン・コーディングあわせて20万円~60万円ほど。ポータルサイトはほかのホームページと比べてページ数が多く、企画・ディレクション費と同様に料金が高くなる傾向があります。
ちなみにコーディングの費用の相場については、こちらの記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

運用・保守費

ポータルサイトを公開した後の運用・保守にかかる費用です。内訳として、配信サーバーの管理、ページメンテナンス、コンテンツの修正、ドメインの更新費用などが含まれます。

サーバーの知識などがあれば自社で運用・保守することもできますが、ポータルサイトはボリュームの大きさゆえ、ユーザーからのアクセスが集中してダウンしてしまったりする可能性もあります。できればしっかりと予算を確保したうえで、サイト構築を手がけた制作会社に委託したいものです。

制作会社に委託する場合の運用・保守費は月額1万円~10万円前後が相場。企画費などと同様、サイトの規模に比例して決まります。

また、制作会社によっては取材・撮影含めてサイト公開後のコンテンツ制作まで請け負うところもあるようです。

見落としがちな費用にも注意

自社サーバーがない場合、上記に加えてレンタルサーバー代がかかります。また、CMSや会員サイト構築システムを利用してポータルサイトを構築した場合、システム使用料として月額料金が発生することがあるので注意しましょう。

初期投資する金額だけにとらわれず、しっかりとトータルコストを見極めたうえで依頼先を選ぶことが大切です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • ポータルサイトの制作方法は
    フルスクラッチ型とシステム型の2つに分けられる
  • いずれも基本的な制作工程は変わらないが、
    後者の方が費用は抑えられることが多い
  • 企画・ディレクション費の相場は15万円~30万円前後
  • デザイン・コーディング費の相場は20万円~60万円前後
  • 運用・保守費の相場は月額1万円~10万円前後
  • 上記のほかレンタルサーバー代、
    CMSの月額利用料金などがかかることがある

ポータルサイトの規模別に見る制作費用の相場

ポータルサイトの規模別に見る制作費用の相場
ポータルサイトの規模 一般的な相場
小規模なポータルサイト 40万円~60万円
中規模のポータルサイト 50万円~80万円
大規模なポータルサイト 80万円~100万円以上

次にポータルサイトの規模別に費用の相場をご紹介していきます。

小規模なポータルサイト

前述の通り、ポータルサイトの制作費用はページ数・盛り込む機能に比例し、シンプルで小規模なポータルサイトならコストも相応に抑えられます。

たとえば、立ち上げ時のページ数が10~15ページ前後で、アカウント管理、サイト内検索、問い合わせフォームといった必要最小限の機能に絞ったポータルサイトを制作する場合、40万円~60万円前後が一般的な相場です。

中規模のポータルサイト

より集客に力を入れたい場合や、ユーザーの囲い込みを図りたい場合、前述の機能に加えて、ブログやメルマガの配信機能、会員登録機能なども必要になってきます。そうした機能を盛り込み、15ページから30ページ前後のポータルサイトを構築する場合、おおむね50万円~80万円前後が一般的な相場となります。

ちなみに会員登録や管理機能についてはゼロから構築するのではなく、市販の会員管理システム(「SPIRAL」など)や、CMSのプラグイン(拡張機能)を利用するのが一般的。登録できる会員数などによっては安価で済むものもあるので、あらかじめ制作会社に相談してみるといいでしょう。

大規模なポータルサイト

最近では従来のポータルサイトとしての役割にとどまらず、読み物系コンテンツなどを充実させてユーザーのアクションを喚起し、あわせて資料請求フォームや予約フォームを設置することで直接コンバージョン獲得を目指すポータルサイトも増えてきました。

そうしたポータルサイトの場合、ユーザーへの対応も含めて運営側の負担が増すため、一部のコンテンツを広告化・有料コンテンツ化して運営コストをカバーするのが一般的です。

コンバージョン機能や広告配信機能を備えた大規模なポータルサイトを制作する場合、制作費は少なくとも80万円から、規模によっては100万円を超えることも少なくありません。

加えて、一般的なホームページと比べると制作期間も長くなるため、依頼する側も専任のプロジェクト担当者を立てるなど、しっかり準備したうえで臨みましょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 小規模なポータルサイトの制作費の相場は40万円~60万円前後
  • 中規模のポータルサイトの制作費の相場は50万円~80万円前後
  • 大規模なポータルサイトの制作費の相場は80万円から、
    場合によっては100万円を超える

ポータルサイト制作に関する費用の具体事例

関連する費用事例です。様々な企業の実績をベースに費用事例として紹介しておりますのでぜひご覧ください。

【101万円~300万円】 公益社団法人学校教育開発研究所のeラーニングシステム制作

業界
  • 官公庁・公社・団体
  • 教育
発注元規模
10〜25人未満
納期
4ヶ月~6ヶ月
実績企業
株式会社マテリアルプラス
課題
教員を対象とした会員制度とeラーニングシステムを確立し、多くの人に学びの機会を届けたい
解決
講師による講座データをとりまとめて一括管理し、動画として閲覧できるようになった
教員免許更新がオンラインで行える制度を整えることができた
効果
会員数は創立以来178名となり、外部研修の機会が少ない幼稚園教諭を中心に全国的に増加している
対応できる類似企業を探す

【51万円~100万円】 スイッチオフィス

業界
  • 不動産
発注元規模
50人〜100人未満
納期
3ヶ月
オプション業務
  • ui設計
  • ux設計
  • デザイン制作
  • サイトマップ制作
  • webデザイン
  • ロゴ制作
実績企業
よふかし株式会社
課題
居抜きやセットアップオフィスといった、オフィス不動産市場の中で新しい商品の紹介をするスイッチオフィス。
一般オフィスと比べたときの特徴の把握いただき、比較検討物件として認知を広げたいという課題があった。
解決
Wordpressによって構築された前バージョンサイトから、デザインリニューアルと共にSTUDIOで再構築。物件情報の編集、特集ページなどの増設対応をしやすい環境を構築した。
また、特選フラグやタグ表示など、個々の物件の特徴がわかりやすくなるよう表示面での工夫を施した。
効果
物件へのお問い合わせ数が3倍(前年比)に増加。物件掲載依頼が4倍(前年比)に増加した。
対応できる類似企業を探す

【101万円~300万円】 医療関連M&A ポータルサイト

業界
  • 医療・福祉
  • コンサルティング・調査
  • 医療
発注元規模
10〜25人未満
納期
2ヶ月~3ヶ月
オプション業務
  • ui設計
  • ux設計
  • デザイン制作
  • サイトマップ制作
  • webデザイン
実績企業
株式会社KOP(ケーオーピー)
医療関連M&A ポータルサイト
課題
当サイトの発注に際し、以下のような課題がありました。
・複雑な情報の関連性を整理し、適切なサイト構成を希望
・公開後も管理更新が行いやすいプラットフォームを希望
・閲覧者にとってストレスのない情報設計と、回遊性の高い構成を希望
・デザイン面のみでなく、システム面での理解と提案が必要
・内部SEO対策をしっかりと行い、検索エンジンフレンドリーにしたい
・スマホでも読みやすい情報設計に
解決
ご発注いただいたことで、以下の課題を解決しました。
・複雑な情報の関連性を整理したウェブサイトおよび管理画面の構成
・希望通りの管理更新方法を実装したプラットフォームの構築
・閲覧者にとって見やすい情報設計と、回遊性の高い構成
・デザイン面のみではなく、システム面での適切な提案
・内部SEO対策をしっかりと行い、検索エンジンフレンドリーな構造
・スマホでも読みやすい情報設計、デザイン
効果
ご発注いただいたことで、以下の効果を実現しました。
・複雑な情報の関連性を整理し、ユーザーエクスペリエンスを向上
・管理画面カスタマイズによる管理性/更新性の向上
・閲覧者に対し見やすい情報設計と構成による回遊性の向上
・適切なシステム設計のよる矛盾のない構成
・内部SEO対策をしっかりと行い、検索エンジンフレンドリーに
・レスポンシブ対応によりスマホからのアクセス向上
対応できる類似企業を探す

【101万円~300万円】 葬儀供花配達 ポータルサイト

業界
  • 流通・小売(その他)
  • 葬儀
発注元規模
10〜25人未満
納期
4ヶ月~6ヶ月
オプション業務
  • webコンサルティング
  • ui設計
  • ux設計
  • デザイン制作
  • サイトマップ制作
  • webデザイン
  • seo対策
  • セキュリティ対策
  • アクセス解析
実績企業
株式会社KOP(ケーオーピー)
葬儀供花配達 ポータルサイト
課題
発注前のホームページは、以下のような課題がありました。
・情報が整理されておらず、見て欲しい情報への導線が曖昧
・掲載情報の一部が古く、最新の情報へ差し替える必要がある
・デザインを一新し、クオリティを上げ見やすいページへ変更したい
・SEO対策が適切に施されておらず、検索結果で上がってこない/適切に認知されていない
・作ってからしばらく更新を行なっておらず、求める集客につながっていない
解決
ご発注いただいたことで、以下の課題を解決しました。
・複雑な情報の関連性を整理したウェブサイトおよび管理画面の構成
・希望通りの管理更新方法を実装したプラットフォームの構築
・閲覧者にとって見やすい情報設計と、回遊性の高い構成
・デザイン面のみではなく、システム面での適切な提案
・内部SEO対策をしっかりと行い、検索エンジンフレンドリーな構造
・スマホでも読みやすい情報設計、デザイン
効果
構造化データのマークアップ(リッチリザルト)対応などにより、アクセス数の大幅な増加を実現。 結果、最大で前年比売上高232%アップが実現しました。

その他、
・管理画面カスタマイズによる管理性/更新性の向上
・閲覧者に対し見やすい情報設計と構成による回遊性の向上
・レスポンシブ対応によりスマホからのアクセス向上
対応できる類似企業を探す

【1001万円〜】 ブランド品買取会社 / 自社サブスクサービス開発

業界
  • 通販・ネット販売
  • リサイクルショップ
  • Webサービス・アプリ
  • サービス(その他)
発注元規模
10〜25人未満
納期
10ヶ月
オプション業務
  • webコンサルティング
  • ui設計
  • ux設計
  • webデザイン
  • アクセス解析
実績企業
株式会社koujitsu
ブランド品買取会社 / 自社サブスクサービス開発
課題
・ 事業拡⼤のため、個⼈法⼈の査定業者に査定の値付け機能を提供するサブスクサービス「MIRUNE」を開発。
・ 要件整理 / 開発 / その後の運用までまるっと対応できる会社に頼みたい
対応できる類似企業を探す

【事例紹介】制作方法によっても金額が変わる!

ここまで見てきてわかるように、ポータルサイトの費用を大きく左右するのは、規模と制作方法です。

では、実際にアイミツで取引された事例を用いて、制作方法によって金額がどれほど変わるのかを見てみましょう。
下の表は、小規模サイトの案件に対し、ある制作会社が提案した2つの見積書の内訳です。

制作方法による金額の違い
オリジナルデザインで構築する場合 テンプレートで構築する場合 備考
ディレクション費 75,000円 75,000円
サイト構築費
(WordPress)
350,000円 300,000円 ・レスポンシブ対応
・10ページ
デザイン/コーディング費 325,000円 0円
ドメイン・サーバ費
(初期費+継続費)
49,600円 49,600円
合計 799,600円 424,600円

ご覧の通り、CMS(WordPress)を利用する場合でも、オリジナルデザインで作成するか、テンプレートを利用するかの違いだけで、金額が約2倍もの差が生まれます

CMSを利用する場合でも、どれほどこだわりたいのかを考える必要があると言えるでしょう。

自社が考えるポータルサイトがいくらになるのか気になる方は、こちらからお問い合わせください!

こんなホームページ制作会社探していませんか?

できるだけ費用を抑えるためには

ポータルサイトの制作費用をできるだけ費用を抑えたい方には、CMSや会員サイト構築システムのカスタマイズを得意とする制作会社がおすすめです。
そのうえであらかじめサイトの構成案やデザイン案を用意しておけば、制作会社の工数も減り、限られた予算でもポータルサイトを形にできます。

ただその際は、システムの機能や登録できる会員数に充分配慮するよう注意。

ポータルサイトの本来の役目は、充実したコンテンツによって人を集めること。システム側の制限によって思うようなコンテンツがつくれなかったり、会員数が増やせなかったりして運営が行き詰まってしまうようでは本末転倒です。

ポータルサイトを立ち上げる目的を念頭に置き、コスト偏重にならないよう気をつけましょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • ポータルサイトの制作費用は規模と制作方法によって大きく変わる
  • 費用を抑えたい場合は、CMSや会員サイト構築システムを利用している
    制作会社がおすすめ
  • ただし、利用するシステムの機能や会員登録数をしっかり考慮すること
    コスト偏重は避けるべき

こんなホームページ制作会社探していませんか?

【低予算で作りたい方必見!】Web制作に使える補助金・助成金まとめ

効果のでるホームページを制作するにはそれなりの費用がかかります。そこで、少しでも費用を抑えたいときに役立つのが国や地方自治体の補助金です。以下にホームページ制作に活用できる補助金を3つ厳選してご紹介します。原則、契約前に申請が必要なので、発注先選びと並行して補助金情報を調べるのがおすすめです。

ホームページ制作で使える主な補助金の種類と補助額
最大補助額 補助率 申請方法
IT導入補助金 450万円 1/2以内 電子
持続化補助金 200万円 1/4 電子または郵送
事業再構築補助金 1億5,000万円 2/3から1/2 電子

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

「IT導入補助金」は、ITを活用した中小企業や小規模企業の業務効率化・売り上げの向上を目的とし、ホームページ作成、クラウドツール・業務用ソフトウェアの導入にかかる費用の一部を補助します。最大補助額は450万円・補助率1/2以内です。

出典:IT導入補助金2023 https://www.it-hojo.jp/ 
IT導入補助金を活用!おすすめのホームページ制作会社15選はこちらから! 

持続化補助金(小規模事業者持続化補助金)

「持続化補助金」は、小規模事業者が制度変更に対応し、持続的な経営を実現するために必要な、ホームページ制作など販路拡大に関わる経費を一部補助するものです。通常枠または特別枠(賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠など)の申請類型いずれか1つの枠のみ申請可能。補助額は200万円でウェブサイト関連費の補助率は1/4です。

出典:小規模事業者 持続化補助金(一般型)https://r3.jizokukahojokin.info/

事業再構築補助金

「事業再構築補助金」は、ウィズコロナ・ポストコロナの経済社会の変化に対応するために、事業再構築に前向きな中小企業を支援し、日本経済の構造転換を促すことを目的としています。支援類型は、通常枠や大規模賃金引上枠など合計6つ。補助金額は枠によって異なりますが、最大補助金額は1億5,000万円で、その場合の補助率は2/3から1/2です。

 出典:事業再構築補助金 https://jigyou-saikouchiku.go.jp/  

補助金について、さらに詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

補助金を利用する際は、申請スケジュールや必要書類の準備に注意しましょう!

補助金を利用する上で何より大切なのは、規定に沿ってきちんと申請を行うことです。事業計画書、経費明細書など、必要な書類は各補助金・助成金の公式ホームページに記載されているため、もれなく準備し、不備のないように記載しましょう。

しかし、補助金申請は揃える書類や申請項目も多く、業務が煩雑になりがちです。スケジュールをきちんと把握しておらず、「気がついたら申請期限を過ぎていた」なんてことが起こる場合も。

「アイミツ」は、申請をスムーズに進められる補助金に詳しいホームページ制作会社を厳選し、「無料」でご紹介可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

※補助金については2023年5月時点の情報をもとにご説明しています。

こんなホームページ制作会社探していませんか?

ポータルサイト制作におすすめのホームページ制作会社

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するホームページ制作会社一覧

ポータルサイトに条件を追加して企業を探す

ポータルサイトに関連する記事