サーバ・インフラ導入後、運用保守にどのくらい費用と手間がかかる?

更新日:2017年06月30日 | 公開日:2016年12月29日

ホームページ作成に比べてシステム開発にそれなりの費用がかかる、ということは担当者の方も理解しているケースが多いです。
しかし、問題は納品した後です。「保守や運用に費用がかかる」ものだ、という認識を持った担当者の方は少ないものかもしれません。
適切な費用を最初に予算化しておかないと、自社内でせっかくのシステムが運用保守ができない! ということもあり得るので注意が必要です。

サーバ・インフラ導入後の「運用」と「保守」の業務内容を把握

キーボード打つ手

最初に、システム外注担当者の方で納品後の必要になってくるコストについてあまり認識されていない方が多い、ということを書きました。さらに、納品後のコストについてはある程度かかるという認識のある方でも、納品後に必要な作業である「運用」と「保守」の違いについてはよくわからない…という方もいらっしゃいます。

この納品後の「運用」と「保守」の業務内容に関しては、このアイミツまとめの別記事(外注を考えるときに知っておきたいシステム保守と運用保守の違いとは?)を是非ご参照いただきたいのですが、簡単に言うと、運用と保守には下記の違いがあります。

「運用保守」を明確化するには自社の運用業務フローをドキュメント化

プログラミング画面

自社の保守・運用業務を把握するには、まず業務フローを書き出してみることが大切です。最初から図や表を盛り込んでこったものを作る必要はありません。エクセルなどのシートに、箇条書きで良いので、普段日次やっている業務、週の始まりや終わりのみのウィークリー業務、月の始まりや終わりのみのマンスリー業務、イレギュラーな業務に分けて書き出しましょう。

そして作業内容ごとに、その担当者を記入していきます。担当者の記入と並行して、その担当者に運用・保守業務をこなしていく上での課題点やポイントなどをヒアリングして、シートの中に書き込みます。

ここまで終われば、運用業務フローの改善点が見えてくるはずです。また、自社内でやるべきフローと、相見積もりを取って安くやってくれる運用業務のアウトソーシング先を探した方がよさそうな箇所もはっきりしてきます。

運用業務の金額には納品時の金額の○○%という基準はない

マウスとパソコンを操作する人

最初に区別した片方の「保守」業務では、相場として納品時の金額の15%程度を考えればよいとされています(これで明快!システム保守作業の費用相場・適正価格を割り出すにはこうすればよい!)の「保守契約の概算は年間で初期費用の15%が目安」をご参照ください})。

これは、「システム保守」が対象とする業務範囲がシステムそのものの稼働に関することに限定できるからです。これに対して「システム運用」では、自社のサービスに関わる、「お客様からの問い合わせや申込み対応」などの企業ごとに異なる内容となるため、一律に15%程度などの基準を提示することが難しいためです。

したがって、運用と保守の両方を外注先に任せたい場合には、保守料金として初期システム構築の15%+システム運用費用が必要になるということになります。

【まとめ】運用費用が明確な開発会社を選ぶなら

以上見てきたように、最終的に適切な外注費を算出するためには、「企業ごとに異なるシステム運用費用」を明確化して、自社の実情に即した納得の行く見積もりを出してもらうことがポイントになります。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」ではシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください