無料ポータルサイトで集客を狙う!掲載料金不要のサイトまとめ

更新日:2017年07月24日 | 公開日:2017年07月24日

無料ポータルサイトで集客を狙う!掲載料金不要のサイトまとめ

お店や会社を始めてみたはいいものの、いまいち集客が伸びずに悩んでいませんか?
その原因のほとんどが、お店なり商品・サービスの存在が世の中に知られていないからだと言えるでしょう。

「ウチには宣伝用のサイトがちゃんとありますよ!」という場合には、そのサイト自体が知られていないと考えるべきです。
せっかく宣伝用のサイトを設けていてもそれではまったく意味がないですし、サイトを作っただけでお店や商品・サービスの知名度が上がると考えているのだとしたら、大きな間違いです。

世の中のユーザーに会社の存在を広く知ってもらうには、ポータルサイトの活用がおすすめです。
ポータルサイトはたくさんの情報を幅広く扱っていることからユーザーの利用率が高く、会社やお店の情報を掲載すればより多くの人の目に留まる可能性は格段に上がります。

この記事では会社や店舗の売り上げ・集客に伸び悩んでいる事業主の心強い味方となる、ポータルサイトについて紹介します。

1. ポータルサイトに情報を掲載する際の契約タイプとは

ポータルサイトに情報を掲載するための方法には大きく分けて有料と無料の2つがあり、有料の場合は契約タイプによって料金体系が異なります。
この項目では有料でポータルサイトに掲載する場合の主な契約タイプについて説明します。

1-1. 月額・年額で料金を支払う契約

月額または年額という形で決められた料金を支払い情報を掲載する契約で、掲載する件数によって変動するケースもあります。
「ホットペッパー・ビューティー」や「LIFULL HOME'S」のように、テレビCMを放送している知名度の高い大手ポータルサイトが採用していることが多く、掲載すれば一定件数の反響が見込めます。

1-2. 掲載効果によって料金を支払う契約

情報の掲載自体は無料で、掲載したことで予約数や契約数が増えるなど、実際に成果があった場合に料金が発生する契約です。
成果がなければ料金を支払う必要はないので、最も少ないリスクで情報が掲載できます。

検索エンジン大手の「Google」や宿泊施設に特化した旅行ポータルサイト「じゃらん」などが、この契約タイプを採用しています。

1-3. 固定広告費という形で支払う契約

ポータルサイト内にバナー広告などを掲載し、月額いくらという形で支払う契約です。
広告の設置場所や掲載する件数によって料金が変わります。

このタイプを採用しているのは「グノシー」や「NAVERまとめ」「Retty」など、PV数が膨大なポータルサイトが挙げられます。
掲載するポータルサイト自体のPV数が多ければ多いほど、ユーザーの目に留まる可能性は高まります。

2. 無料で掲載できるポータルサイトまとめ

「1. ポータルサイトに情報を掲載する際の契約タイプとは」で説明したように、それなりにかかる広告費も掲載料金も結果が伴えば安いものだと言えます。
ですが、せっかく掲載したのにほとんど成果が見られないとなると、結果的に高くついてしまうかもしれません。

「そこまで広告にお金をかけられる状況じゃないし…」という人におすすめしたいのが、無料で情報が掲載できるポータルサイトです。
大手ポータルサイトほど知名度が高くないところもありますが無料で掲載できるわけですから、仮に自社サイトへの流入が少なくても金銭的なリスクはありません。

まずは無料のポータルサイトに掲載し、どの程度反応があるのかを見てみるといいでしょう。

飲食系のおすすめポータルサイトはココ

ぐるなび

出典ぐるなび

言わずと知れた日本最大級の飲食店検索ポータルサイトで、月間ユニークユーザー数6,100万人(2016年12月時点)を誇ります。
公式サイトから「エントリー会員」に登録することで、店舗の情報ページを無料で作成できます。
店舗の基本情報や写真、地図などが掲載できるほか、リアルタイムでの更新やアクセス解析といったサービスも利用可能です。

とにかく知名度が高く多くのユーザーに利用されている「ぐるなび」は、飲食店を経営しているならぜひとも利用しておきたいサイトの1つです。

食べログ

出典食べログ

株式会社カカクコムが運営する「食べログ」は、「ランキングと口コミで探せるグルメサイト」がコンセプトのポータルサイトです。
多数の口コミを掲載していることから信頼性が高く、月間PV数はなんと19億4,959万件(2017年3月時点)に達しています。

店舗会員になるには専用フォームから申し込みをして、運営側の審査を受ける必要があります。
無事に本登録が済めば、店舗の基本情報や写真、メニュー、クーポン情報などの基本サービスが即日利用できるようになります。

「ぐるなび」同様、非常に知名度が高いサイトですので、利用すれば間違いなく集客率が上がるでしょう。

グルペディア

「グルペディア」は全国にある飲食店の情報を提供する検索ポータルサイトです。
利用には公式サイトの申し込みフォームから掲載申請をする必要があります。

店舗情報の登録・更新や10枚の写真掲載、Twitterとの同期のほか、予約とメッセージの受付、アクセス数やアクセス者の確認なども可能です。
管理画面が店舗ページと同じレイアウト・構図になっているので、完成図をイメージしながら情報が入力できます。

また、何か分からないことがあった場合にはメールによる無料サポートも行っているので、ネット初心者でも安心して店舗ページが作れます。

求人系のおすすめポータルサイトはココ

無料求人com

「無料求人com」は、インターネット事業を手掛ける「株式会社ドリームファースト」が運営する求人ポータルサイトです。
公式サイトにある「求人広告申込フォーム」に必要事項を入力し送信すると、運営側から掲載完了の連絡がくるシステムになっています。

「無料求人com」はIndeed,Incと業務提携をしているため、求人検索ポータルサイトとして知られる「Indeed(インディード)」にも求人情報が掲載されます。
掲載情報の削除・修正を行うには専用フォームから依頼する必要がありますが、無料でしかも期間無制限で求人広告を掲載できるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

スタンバイ・カンパニー

「スタンバイ・カンパニー」は、テレビCMでおなじみの「株式会社ビズリーチ」が提供する求人ページ作成サービスです。
アカウントを取得することで求人情報ページが作成できるようになります。
「スタンバイ・カンパニー」で作成した求人ページは、400万件以上の求人が探せる求人検索エンジン「スタンバイ」や「Yahoo!しごと検索」に無料で掲載されます。

また、iPhone・Android対応のスマホアプリがあり、ダウンロードすることでチャットでの返信やビデオ通話での面接なども可能です。
スマホ世代をターゲットにした求人広告を検討している場合には、おすすめのサービスだと言えるでしょう。

げんきワーク

有限会社じゅんが運営する「げんきワーク」は、全国100万件以上の求人情報を掲載する求人検索ポータルサイトです。
会員登録は不要で、「求人情報の登録」ページから必要事項を入力するだけで求人掲載が完了します。

必要事項の入力時に登録したパスワードを利用すれば、求人情報の修正・削除も行えます。
スマホからもわずか数分で情報入力ができるので、多忙な業務の合間でも簡単に求人広告が掲載できます。

キュリア転職

「キュリア転職」は、求人サービスを展開している「株式会社インディバル」が運営する転職・求人情報ポータルサイトです。
すでに大手企業を含む1万5,000社以上に利用されており、運営側が用意した求職者が本当に知りたい質問・取材に回答することで、求人広告が完全無料で掲載できます。

求職者の質問に回答すればするほどサイト内の検索順位が上がり、注目度が向上するシステムになっています。
無料にも関わらず、思う存分会社の情報や魅力をPRできるサイトですので、利用してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

美容系のおすすめポータルサイトはココ

おすすめサロンナビ.com

「おすすめサロンナビ.com」は全国のおすすめ優良サロンを集約したサロン検索ポータルサイトです。
「都道府県」「カテゴリ」「キーワード」のなかからお気に入りのサロンが検索できます。

公式サイトの「掲載登録フォーム」に必要な情報を入力し、運営側の審査を経てサロン情報が掲載されます。
サイトに掲載後も設定したパスワードでログインし、いつでも情報の修正・追加が可能です。

エステ・人気ランキング

「エステ・人気ランキング」は、全国のエステサロン検索だけでなく、体験レポートや口コミなどの情報も充実しているエステの総合ポータルサイトです。
会員登録をすると、専用のサロン紹介ページが利用できるようになります。

また、自社サイトと「エステ・人気ランキング」を相互リンクすることで、通常の無料登録よりも上位に掲載するなど、紹介ページをバージョンアップすることができます。
トップページにリンクを貼り、申請するだけでユーザーの目に留まるチャンスが増やせるとなれば、実行しない手はないでしょう。

総合系のおすすめポータルサイトはココ

エキテン

出典エキテン

「エキテン」はグルメやヘアサロン、クリニックに学習塾など、幅広いカテゴリの店舗を扱う、日本最大級の口コミ・ランキングポータルサイトです。
470万の店舗と170万件の口コミを掲載しており、月間800万人以上に利用されています。
無料店舗会員になることで、基本情報や写真、メニュー、クーポンの掲載が可能です。

ほかにもWebマーケティングツールをはじめとする集客に役立つツール類や、SEO対策、サポートセンターなど、さまざまなサービスが無料で利用できます。
サービス内容と月間利用者数を見ても分かるように、「エキテン」に情報を掲載すれば集客UPも夢ではないと言えます。

ちょいちょいさーち

「ちょいちょいさーち」は若年層から高年齢層まで、幅広いユーザー利用されている地域密着型のポータルサイトです。
グルメやエンターテイメントなど、全部で8つのジャンルが設けられているため、ほとんどの店舗が登録できるようになっています。
基本情報やクーポン情報の掲載に加え、Googleマップでの検索や口コミ評価の利用も可能です。

また、「ちょいちょいさーち」は「車椅子入店可」や「点字表記」など、福祉対応サービスが一目で分かるアイコンを用意しているのが特徴です。

無料ポータルサイトへの掲載にもデメリットはある

無料で情報を掲載できるポータルサイトは、費用をかけることなくユーザーの認知度を上げることができますし、費用を考えて掲載期間を限定する必要もありません。

「それなら無料で掲載できるポータルサイトを利用した方がお得でしょう!」と思われるかもしれませんが、無料故のデメリットもあります。
無料ポータルサイトはほとんどの場合、アフィリエイトなどの広告を収入源にしています。
そのため、サイト内には多くの広告が表示され、ユーザーは不便に感じるかもしれません。
また、無料となれば掲載を希望する企業も必然的に多くなり、自社の情報が埋もれてしまう可能性もあるでしょう。

それでも、できるだけ広告費などを抑えたい中小企業や個人事業主にとって無料で掲載できることは大きなメリットですので、積極的に活用することをおすすめします。

【まとめ】ユーザーに存在を知ってもらうことが第一

この記事では会社や店舗の売り上げ・集客に伸び悩んでいる事業主の心強い味方となる、ポータルサイトについて紹介しました。

会社や店舗のサイトを活用するために検索エンジンでの検索上位を狙うSEO対策が当たり前となっている今、ただ宣伝用のサイトを作っただけではユーザーの目に留まることはほぼありません。
まずは制作したサイトや会社・店舗の情報をポータルサイトに掲載して、存在自体をユーザーに知ってもらうところから始めるべきでしょう。

なお、ポータルサイトを見たユーザーが自社サイトを訪問した際にお店や商品・サービスの情報が乏しいような状態では、せっかく訪れたユーザーを逃してしまいます。
ポータルサイトはあくまでも自社サイトへの流入手段と考え、しっかりとした自社サイトを用意しておかなければなりません。

ポータルサイトへの掲載を検討する際は、ユーザーにとって必要な情報が提供できているかどうか、今一度自社サイトを見直してみることをおすすめします。

自社サイトの再構築や新たに制作しようと検討する際は、ぜひ日本最大級の業者比較サイト「アイミツ」までご相談ください。
「アイミツ」ではあなたのご希望・ご要望をお聞きした上で、最適な制作会社を無料で紹介させていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください