無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月23日
更新日:2022年5月23日

WordPressで役立つ言語とは?特徴や違いを一挙に解説【2022年最新版】

WordPressは基本機能とテーマ・プラグインでさまざまなWebサイトを構築できるCMS。しかし、テーマやプラグインを独自に開発したい場合や、細部までカスタマイズを行いたい場合には、プログラミング言語を駆使する必要があります。当記事では、ホームページ制作会社などさまざまな外注先を比較検討できる「アイミツ」が、WordPressで活用されているプログラミング言語の概要・特徴・習得方法について解説しています。WordPressの可能性を拡げたい方や、オリジナリティのあるWebサイトを構築したい方は、ぜひご参考ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
WordPressに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
WordPress制作の見積もり比較と料金相場

WordPressを使うなら言語の知識も必要

WordPressは、管理画面上からさまざまな操作を行えるほか、テーマやプラグインも充実しているため、プログラミング言語が使えなくてもサイトの構築・運用を行うことはできます。しかし、以下のようなケースにおいては、プログラミング言語が必要となります。

・テーマ、プラグインのカスタマイズを行う
・テーマ、プラグインを自作する
・不具合やエラーへの対処


プログラミング言語を活用すれば、WordPressで実現できることを大幅に広げることができます。本当の意味でWordPressを使いこなしたいのであれば、プログラミング言語の知識・スキルは必須と言えるでしょう。

WordPressで使えるプログラミング言語は5種類

WordPressによるWebサイトの構築・運用・カスタマイズに活用できるプログラミング言語は5種類。以下に各言語の概要・特徴をそれぞれ解説します。

2-1.HTML

HTML(Hyper Text Markup Language)とは、Webサイトの文章構造を記述するためのマークアップ言語のことです。テキストのサイズ・カラーを指定したり、リンクを設置したりする役割を持ちます。

WordPressでは、ビジュアルエディタを使用することでコンテンツの装飾を行うことができますが、詳細な装飾やテーマの編集を行う際にはHTMLを直接記述する必要があります。HTMLは比較的習得の難易度が低く、短期間で実用的なレベルのスキルを習得できるため、WordPressカスタマイズに必要なプログラミング言語のファーストチョイスとしてもおすすめです。

2-2.JavaScript

JavaScriptとは、クライアントサイドで動作するオブジェクト指向のスクリプト言語です。ブラウザー上で動的コンテンツを実現するために活用されます。JavaScriptを駆使すれば、スライドショー・サイドバー・ボタンなどWebサイトに動きをつけるなど、CSSよりもさらに自由度の高いデザイン・レイアウトを実装することが可能です。

WordPressのテーマ作成・テーマのカスタマイズに活用することができるため、高度なデザイン・レイアウトを実現したい場合には習得しておくことをおすすめします。

2-3.CSS

CSS(Cascading Style Sheets)とは、Webサイトの見た目の装飾を指示するための言語です。フォントサイズ・カラー・要素の配置・要素の間隔など、非常に細かく指定できることが大きな特徴。文章の構造を指定するHTMLとは基本的にセットで使用されます。

WordPressではCSSを直接記述しなくとも管理画面からある程度の変更を行うことは可能です。しかし、テーマを直接編集してデザインやレイアウトに変更を加えたい場合や、コンテンツに細かい装飾を行う場合には、CSSを記述して指定する必要があります。

2-4.PHP

PHPとは、WordPress開発に携わる方が必ず習得しているサーバーサイドで動作するプログラミング言語のことで、WordPressの根幹を支える非常に重要な言語です。

WordPressでは、「動的コンテンツ」と呼ばれる仕組みが採用されており、データベースに保存されたデータをPHPで組み立ててページの表示を行っており、テーマやプラグインもPHPで記述されています。PHPを学ぶと細かいカスタマイズ・テーマやプラグインの自作などさまざまなことが行えるようになるため、WordPressを最大限に活用したい方は習得しておくことをおすすめします。

2-5.SQL

SQLとは、データベース管理システムで扱うデータの定義・操作・制御を行うための言語です。システムに問い合わせを行い、データの挿入・取得・更新・削除などを行う際に使用されます。

WordPressではPHPのSQL操作関数でデータベースを取り扱うことができるため、SQLを活用して直接操作を行う必要はありません。しかし、WordPressでは、PHPのプログラムからMySQLデータベースを読み込むことでサイトを生成しているため、SQLを学んでおくとCMSの仕組みを深く理解できるためおすすめです。不具合やエラーへの対処にも役立てることができます。

プログラミング言語の習得方法

ここでは、WordPressによるWebサイト構築・運用を行いたい方を対象に、プログラミング言語を習得する方法についてご紹介します。

3-1.関連書籍で学ぶ

プログラミングを習得したい方に最もおすすめとなる方法が、プログラミング関連の書籍から学ぶことです。書籍の出版は執筆者・編集者・出版社など多くの人が携わっているため、内容と品質が担保されており信頼性が高いためです。

プログラミング関連の書籍は初心者から上級者までさまざまな種類・レベルのものが出版されており、情報量も多く体系的に学ぶことができるため、プログラミングを独学したい方には最適。定番の書籍や人気の書籍を数冊学べば、簡単なWordPressカスタマイズ程度はできるようになります。

3-2.インターネット上の公開情報から学ぶ

プログラミング言語を習得するには、インターネットを活用する方法もおすすめです。インターネット上には以下のようにさまざまな情報が公開されており、自身のレベルや学びたい内容に合わせて柔軟にスキルを獲得することができます。

・無料学習サイト
・有料学習コンテンツ
・技術解説ホームページ、ブログ
・オンラインスクール


スマホやタブレットを活用して隙間時間で学べることもインターネット学習のメリット。無料でも十分に学習することが可能ですが、きめ細やかなカリキュラムやサポートを利用したい場合は有料のコンテンツやスクールを利用することもおすすめです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

WordPressでのWebサイト構築はプロに任せても◎

プログラミング言語を身に付けると、WordPressでさまざまなことを実現することが可能です。しかし、実用的なレベルのプログラミング知識・スキルを身に付けることは簡単ではなく、相応の時間・労力が必要となります。中途半端な知識・スキルでカスタマイズを行うと、不具合やエラーを招いてしまうリスクもあります。

そこでおすすめとなるのが、WordPressのカスタマイズやテーマ・プラグインの開発を得意とするWeb制作会社への外注です。コストは発生しますが、短期間でスムーズに実現したいデザイン・機能を実現することが可能です。自社の目的・課題に応じて検討してみるのも1つの方法です。

【まとめ】WordPressでWebサイト構築を成功させるには?

WordPressではプログラミング言語を活用することで、細かいカスタマイズやテーマやプラグインの自作が可能となるため、より自由度の高いサイト制作を行うことができます。独自性の高いサイトやこだわりのサイトを作りたい場合は、プログラミング言語を習得してみるのもおすすめです。

プログラミングの習得を難しく感じている方や、時間をかけずにカスタマイズを行いたい方は、Web制作会社へ外注するという方法もあります。アイミツでは、ご要望を伺った上で条件に合うWordPressに強いホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
WordPressに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
WordPress制作の見積もり比較と料金相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!