ポータルサイトでペットショップが探せる!役立つ参考サイト12選

更新日:2017年07月16日 | 公開日:2017年07月16日

ポータルサイトでペットショップが探せる!役立つ参考サイト12選

今や空前のペットブームとも言われるなかで、以前は愛玩動物として扱われていたペットも家族の一員であるというように考える人が増えています。

特にペットは、癒やしを与えてくれる存在として、第二の人生を歩み始めた熟年夫婦や独身者による飼育が増加していることから、ペットビジネス市場は今後も成長が見込まれる分野として注目されています。

こうしたことを背景に、ペットショップをはじめ、ペット関連の情報を提供するポータルサイトの数も数年前に比べて増加傾向にあります。
ポータルサイトはさまざまな情報を幅広く提供することを目的としているサイトであり、すでにペットビジネスに携わっている人はもちろん、これから参入しようと考えている人にとっても、注目すべきサービスだと言えるでしょう。

この記事ではペットショップを扱うポータルサイトを取り上げて傾向を学ぶとともに、構築の際のポイントについても簡単に説明します。

1. なぜ人気? 近年高まりを見せているペットブームとは

テレビCMや雑誌、カレンダーにブログなど、最近では「アイドルペット」と呼ばれる犬や猫たちがあらゆる媒体で活躍しています。
スマートフォンの普及により誰でも簡単にペット動画を投稿・閲覧できるようになり、いろいろな事情で飼えない人たちにとっても身近な存在になったことから、ネット上でも非常に人気の高いコンテンツへと成長しました。

ペットのなかでも特に猫関連の書籍やグッズの売上が急増していて、猫カフェやたくさんの猫が住む島に多くの人が足を運ぶなど、その経済効果は「ネコノミクス」なる流行語まで誕生するほどの大きさとなっています。

なお、ペットフード協会が行った調査によると、2016年時点での犬猫の飼育頭数合計は全国で1,972万5,000頭とのことです。
飼い主の年代としては50代が最も多く、次いで60代という結果となりました。
犬や猫を飼うことで夫婦の会話が増えたり、散歩により運動不足が解消できたり、孤独を感じなくなったなど、年代を問わずプラスの効果を感じている人が多いようです。

また、ペットとの関わり方の変化から「ペット保険」や「ペット葬祭」といった人間と変わらないサービスや商品の需要もますます増加傾向にあるため、今後もペットビジネス市場が拡大を続けていくことは間違いありません。

出典:ペットフード協会|平成28年全国犬猫飼育実態調査

2. 飼い主必見! ペット関連ポータルサイトまとめ

ペットは生き物ですから、人間と同じように体調を崩すこともあればケガをすることもあります。
また、一緒にどこかに出かけたり、キレイに着飾らせてみたり、家族と同じように接したいと考える飼い主も多いと思います。

この項目ではそんな飼い主のさまざまな要求を満たす、おすすめのポータルサイトを紹介します。
事業主の方はこれらのサイトを見て、ポータルサイト制作の参考にしてみてくださいね!

2-1. ペットショップ検索ならおまかせ!

PetC

出典PetC

「PetC」は犬と猫をメインに、ペットに関する情報をまとめたポータルサイトです。
全部で7つのコンテンツを設けていて、ペット動画やコラムなどが楽しめるほか、ペットに何かあった場合に役立つQ&Aを掲載しています。

また、「ペットリサーチ」では全国のペットショップはもちろん、ドッグカフェや猫カフェ、ペットホテルにペット保険、ペットと泊まれる宿なども探すことができます。

PET PRESS

出典PET PRESS

「PET PRESS」は、使いやすさと探しやすさがテーマのペット情報検索ポータルサイトです。
日本全国のペットショップや動物病院、しつけ教室・トレーナー、ドッグランなどを、「都道府県」「カテゴリー」「キーワード」から探すことができます。

お店や病院のなかには取材・撮影した動画を掲載しているところもあり、事前にどういう雰囲気なのかが分かるのが嬉しいポイントです。

ニャンバーワン

「ニャンバーワン」はペット関連の施設検索に特化した総合情報ポータルサイトです。
ペットショップや動物病院といった定番施設のほかに、グッズショップやペットシッター、ペットレンタル、幼稚園・保育園など、幅広い施設カテゴリーを設けています。

また、会員登録をするとマイページでペットの写真や日記を公開し、全国の会員と交流できるようになります。

Dog Luck

出典Dog Luck

「Dog Luck」は、ペットショッピングをメインとしている犬専門のポータルサイトです。
ペットの写真や動画から販売しているショップが探せるサイトで、775店舗が扱うペットのなかからお気に入りを見つけることができます。

ほかにもショップブログや愛犬家ブログ、誰でも投稿できるフォトギャラリーといったコンテンツがあります。

ペットステーション

「ペットステーション」は、全国のペットショップやブリーダーなどが扱うペット販売情報を掲載しているポータルサイトです。
犬や猫、うさぎはもちろん、爬虫類や両生類、モモンガにハリネズミなど、ちょっと変わったペットも購入できます。

また、ペットショップのお得情報を提供していて、クーポンやセールなどを行っているショップが一目で分かります。

PETPET

出典PETPET

「PETPET」は全国にあるペット関連の施設が探せるだけでなく、さまざまな情報が調べられる情報総合ポータルサイトです。
「動物図鑑」「動物豆知識」といったコンテンツを設けているのが特徴で、読み物としても十分楽しめます。

ほかにも「PETPETおしゃべり広場」なるコンテンツがあり、ペットの自慢をしたり相談したりと、動物好き同士で交流することができます。

ペットの森

「ペットの森」は全国のペット関連店舗・施設が検索できるポータルサイトです。
「犬の森」「猫の森」「小動物の森」「鳥獣の森」「熱帯魚の森」という5つのカテゴリーがあり、それぞれで該当するペットの情報を幅広く提供しています。

各ペットの特徴や飼い方などを解説した「ペット図鑑」や、ペットに関する豆知識をまとめた特集記事も掲載していて、これからペットを飼うという人は要チェックのコンテンツだと言えるでしょう。

2-2. ペット情報ならおまかせ!

ペット大好き!

「ペット大好き!」は、毎日更新している日本最大級のペット総合情報ポータルサイトです。
動物にまつわるニュースやブログ、動画に4コマ漫画、イベント情報など、ありとあらゆる情報を網羅しています。

また、ペットアイドルとして人気の俊介くん(ポメラニアン)などをピックアップした特集記事もあり、動物好きなら押さえておきたいサイトの1つです。

PETomorrow

出典PETomorrow

小学館が運営する「PETomorrow」は、ペットとの生活をより楽しく充実させるための情報を提供するポータルサイトです。
犬と猫とでそれぞれ10のカテゴリーを用意していて、「病気辞典」や「ペット相談室」「ごはんレシピ」など、飼い主にとって役立つ情報が充実しています。

自慢のペットを紹介したい人には、「スマイルギャラリー」や「おもしろ動画」といった投稿できるコンテンツがおすすめ。
写真がたくさん掲載されているので、見ているだけでも癒やされること間違いなしでしょう。

ワンダホー

「ワンダホー」は愛犬と飼い主のための情報ポータルサイトです。
全部で5つのコンテンツがありますが、なかでも注目なのが「迷子犬」。
愛犬を探して欲しい人と迷子になった犬を保護した人が情報交換できる場所で、投稿したデータは1年間保存されるとのことです。

ほかにも日本ドッグマナー協会が監修した「ドッグマナー検定」やテーマに沿った写真を投稿する「フォトコンテスト」といったコンテンツがあります。

ペッツエレメント

「ペッツエレメント」は、ペットや動物に関するさまざまな情報を配信している情報ポータルサイトです。
「知る」「調べる」「見る」というようにシーン別に情報を分けていて、健康管理やニュース、グッズ、フードなど、幅広い情報記事を掲載しています。

ペットを飼っている人もそうでない人も、思わず読みふけってしまうペット情報が満載です。

PECOAS(ペコアス)

「PECOAS」は、ペットが大好きな人やペットに癒やされたい人が集まるコミュニケーションサイトです。
ペット関連の施設が探せる検索ナビのほかに「ペッ友リンク」という独自コンテンツを設けていて、エリアとペットの種類を選んで近所のペット仲間を探すことができます。

また、ペットの写真や動画が投稿できるコンテンツもあり、写真にはコメントをつけることも可能です。
「PECOAS」では里親募集も行っているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。


このようにペット関連のポータルサイトには、ペットショップなどの施設検索をメインにしているものもあれば、コンテンツ化した情報だけを提供しているものもあります。
ペット情報はもはや飼い主だけが必要とするものではなく、飼えないけど癒やされたいという人たちも高い関心を寄せる一大コンテンツです。
どちらの層も満足できる情報を掲載したポータルサイトを構築すれば、より確実に集客をものにできるといっていいでしょう。

3. ペットショップポータルサイトの構築ポイントとは?

「過去にサイトを作ったことがあるから問題ないでしょう!」と考える人もいるかと思いますが、一般的なサイトとポータルサイトでは若干制作過程が異なります。
では、ポータルサイトを構築するにはどのようなフローが必要なのでしょうか。

ポータルサイトの構築フロー
  • 代表的なサイトを徹底的にリサーチする
  • リサーチした情報などを元に目的とターゲット層を決める
  • サイトの目標と達成時期を明確にする
  • 必要なコンテンツ・機能を考える
  • サイトを構築する

一般的なサイトを構築するときよりも重要になるのが、1の「代表的なサイトを徹底的にリサーチする」ことです。
ポータルサイトは提供する情報の量と質、サイトの使い勝手といった要素がアクセス数に直結するため、徹底的なリサーチなくして成功はありません。

全国にあるいろいろなジャンルのショップを扱うのであれば検索機能は必須ですが、それだけではもはやユーザーの心を掴むのは難しいと言えるでしょう。
そのためにはアクセス状況が分かる「SimilarWeb」などのツールを利用して、競合サイトをより詳しく分析することをおすすめします。

分析結果に基づいて他サイトとの差別化を図るために、どのようなコンテンツを用意すべきかを考えることも肝心です。
「2. 飼い主必見! ペット関連ポータルサイトまとめ」で紹介したポータルサイトを見ても分かるように、写真・動画投稿やお役立ちQ&A、動物図鑑にコラム、面白ニュースなど、ほとんどのサイトが動物を飼っていない人でも楽しめる独自のコンテンツを設けています。

他サイトとの差別化を図るためにありとあらゆるペットの情報を網羅して掲載するか、飼育頭数の多い犬・猫だけに絞ってディープな情報まで掲載するかは悩みどころでしょう。

ですが、どちらの場合にも言えることは「ユーザーが見やすい、使いやすいサイトを構築する」ことです。
ポータルサイトは1つのサイトでさまざまな情報が得られるという利点がありますが、その分きちんと整理されていないと必要な情報を探すのが困難になってしまいます。

それではせっかく訪れたユーザーがサイトから離脱してしまう恐れがあるため、ユーザーを第一に考えた構築を心がけなければなりません。

【まとめ】「ペットは家族の一員」であることを前提に構成を考える

この記事ではペットショップを扱うポータルサイトを取り上げて傾向を学ぶとともに、構築の際のポイントについても簡単に説明しました。

今やペットは大事な家族の一員であり、人間と同じように扱うのが当たり前になりつつある時代です。
そうした点に着目した情報やコンテンツを充実させることが、ペット関連のポータルサイトを成功させるカギになると言えるでしょう。

ペットにはまだまだ普及していないサービスや商品などがあり、ペットビジネスは今後も拡大が見込まれる市場の1つです。
既存のサイトを参考にしつつ、いち早く最新のサービスや商品を取り入れた独自のポータルサイトが制作できれば、検索エンジンでの上位表示も夢ではありません。

ただし、「3. ペットショップポータルサイトの構築ポイントとは?」でも触れましたが、ポータルサイトはユーザビリティがとても重要になるため、確実に集客を狙えるサイトを作るのであれば、制作会社に依頼することをおすすめします。

日本最大級の業者比較サイト「アイミツ」ではあなたの会社のご希望・ご要望に応じて、最適なポータルサイト制作会社を無料でご紹介させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください