劇的に集客数が増える!?WordPressで狙う集客方法・総まとめ

更新日:2017年03月27日 | 公開日:2017年03月27日

WordPressで集客

ご存知かもしれませんが、WordPressは無料で使えるサイト制作ツールです。SEOに効果的だということをGoogleが認めているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)であることから、簡単にサイトが作れるソフトやサービスが多数あるなかで、世界的にみても圧倒的に採用されている制作ツールになります。

SEOに効果的なWordPressですが、集客を狙うためにはサイト制作の段階からSEO対策を考えなければなりません。もともとSEO対策に最適なWordPressは集客を意識したサイト構築を施すことで、より多くのユーザーに見てもらえるサイトにすることができるのです。 

では実際にどういうSEO対策をすれば、確実に集客を狙えるWordPressサイトになるのでしょうか。この記事ではWordPressに慣れている人もそうでない人も、集客サイトを作るうえで「ここだけ押さえておけば大丈夫!」という方法やポイントについて紹介したいと思います。

1. WordPressが集客に最適な理由とは

メリット1. 無料・広告なし

WordPressは無料で利用できるツールでありながら、広告が一切表示されません。そのため、商用サイトとしてWordPressを利用しても、広告表示によってサイトのデザインなどが損なわれる心配はなく安心です。

メリット2. SEOに効果的

SEOの専門家Matt Cuts氏によると、WordPressはSEOの手法の80%から90%を解決できるような作りをしているそうです。また、SEOの強化に役立つプラグインがほかのCMSよりに比べて豊富で、より効果的にGoogleでの検索順位を上げることができます。

さらに、集客を考えるうえで欠かせないアクセス解析との相性も良く、プラグインを追加することでさまざまなデータの取得が可能です。

メリット3. 知識がなくても一定レベル以上のサイトが作れる

サイト制作に必要なHTMLの知識がなくても、記事の追加や編集、画像の挿入を簡単に行うことができるのがWordPressの魅力です。初心者でもWordPressを使用すれば、ある程度SEOに効果のあるサイトを作ることができます。

WordPressに慣れてくればサイトデザインのカスタマイズなどもできるほか、PHPというプログラミング言語が使えれば、さらに作り込んだサイトに仕上げることも可能です。

2. WordPressでより集客を図るにはどうすれば良いの?

2-1. WordPressをインストールする際にやっておくべきこと

HTMLの知識がないまったくの初心者でもサイトが作れるWordPress。インストールすることで初心者でも簡単に使うことができますが、集客を意識したサイトにするのであれば、この段階からやっておくべきことがあります。ここではWordPressを使用する前までに行う手順を一通り紹介します。

手順その1. 初期設定
手順その2. デザイン編集
手順その3. プラグインのインストール
手順その4. ソーシャルメディアとの連携
手順その5. 良質な記事投稿
手順その6. 固定ページの使用
手順その7. その他の設定や機能

7つの手順のうち、集客やSEO対策で最も重要になるのは「手順その3. プラグインのインストール」です。「プラグイン」とはWordPressにさまざまな機能を追加するもので、用意されているプラグインの数はなんと数千種類にのぼります。

その中から集客に最適なプラグインを探すのは困難ですが、「All in One SEO Pack」「WP Social Bookmarking Light」という2つのプラグインをインストールしておけば、とりあえず問題はありません。

ちなみに「All in One SEO Pack」はWordPressの内部SEOを細かく設定するためのプラグイン、「WP Social Bookmarking Light」はブログに「いいね!」やツイートボタンを設置しアクセス数を増加させるためのプラグインになります。

しかし、この手順通りにすれば集客における対策は万全かと言えばそうではありません。次の項目では、集客を意識した投稿方法について説明します。

2‐2. 集客を意識した投稿方法とは

投稿画面の基本設定

新規で記事を投稿する場合、まずは記事投稿画面の右上にある「表示オプション」を開き、設定を確認してください。「表示オプション」内にある「All in One SEO Pack」「カテゴリ―」「アイキャッチ画像」「トラックバック送信」の項目は、WordPressでの集客を効果的にするうえで必須となるものです。

チェックボックスにチェックが入っていない場合には、必ずチェックしておきましょう。

記事タイトル

Webでの集客を狙うには、記事のタイトル付けはとても重要です。タイトルによって検索上位に食い込む確率やソーシャルメディアで拡散される確率が変わるため、

・記事の内容をわかりやすく正確に伝えること
・SEOに効果的なキーワードを適切に含めること
・タイトル文字数は全角32文字以内におさめること

の3点に注意してタイトルを考える必要があります。

SEOを意識しつつ内容をわかりやすく正確に、かつ決まった文字数に収めるというのは、最初のうちは非常に難しいことかもしれません。しかし、集客に影響を与えるためには不可欠なことなので、タイトル付けの注意点にはなるべく早いうちに対応できるよう心がけましょう。

パーマリンクの編集

記事投稿画面でタイトルを入力すると、記事のパーマリンク(URL)が編集可能になります。初期設定では自動的に記事タイトル名がパーマリンクとして表示されるので、

・英語に変更する
・記事の内容が簡潔にわかるものにする(最大5単語以内)
・アンダースコア(_)ではなく、Googleが推奨するハイフン(-)を使用する

という、SEO効果があげられる3つの点に注意して、パーマリンクの編集を行ってください。

SEO効果をあげる本文

本文の作成時に3つのルールを守ることで、SEOの効果を上げることができます。

・適切に「見出しタグ(h2タグ以降)」を使用する
・「続きを読む(moreタグ)」を使用する
・画像サイズの最適化と「画像への説明文(altタグ)」の設定をする

いずれのルールも、検索エンジンにページや画像の情報を伝えるためのものです。もちろん、上記のルール以前に、ユーザーにとって良質な記事を作ることが最も大切なのは言うまでもありません。良質な記事と3つのルールの整合条件が満たされたとき、SEOの効果はさらに大きなものとなるでしょう。

トラックバック送信の設定

本文の完成後に行うのが、「トラックバック送信」の設定です。トラックバックとは、本文中に他サイトの文章を引用・参照した際に、そのことを引用元のサイトに通知する目的で使用されるもの。引用・参照したことを引用元のサイトに通知したいときは、本文中で使用したページのURLを「トラックバック送信」に入力すればOKです。

ちなみに、引用元のサイトがWordPressで制作されている場合には、引用・参照したことを自動的に通知(ピンバック)するようになっているので、「トラックバック送信」の設定は不要になります。

SEO効果と拡散効率を上げるMeta情報

「2-1. WordPressをインストールする際にやっておくべきこと」で取り上げた「All in One SEO Pack」というプラグインをインストールしていると、投稿画面の一番下に追加されるのが、Metaタグを設定するためのメニューです。「Main Settings」タブではSEO Metaについての設定が、「Social Settings」タブではSocial Metaについての設定が行えます。

「Main Settings」タブで設定しておきたいのは、「Title」「Description」「Keywords 」の3つです。特に「Description」は検索結果画面に表示されるテキストになるので、記事内容の分かりやすい、かつSEOを意識した文章を入力するように心がけましょう。

そして「Social Settings」タブでは、「Title」「Description」「Image」の3つを設定します。この3つの設定はおもに記事が「いいね!」をされた時に、Facebookのニュースフィードに表示させるものです。検索結果画面と異なり、Facebookのニュースフィードには画像が表示されるため、最適な画像を用意することでよりタイトルや記事内容を際立たせることができます。

カテゴリー設定

内容の異なる記事を整理・管理するために必要となってくるのが、「カテゴリー」の設定です。「カテゴリー」は投稿画面の右側に表示されていて、該当するカテゴリーのチェックボックスにチェックを入れるだけで設定することができます。簡単であるがゆえについ忘れてしまうことも多いので、記事を投稿する前にカテゴリー設定を確認する癖をつけましょう。

なお、カテゴリーを作成する際にSEOに効果的なキーワードを含めることで、サイト全体のSEOの効果をさらに高めることも可能です。

アイキャッチ画像

「SEO効果と拡散効率を上げるMeta情報」で説明した「Social Settings」タブで画像を設定していない場合に、Facebook のニュースフィードに表示されるのが「アイキャッチ画像」です。

「Social Settings」タブで画像を設定していれば特に必要性はない「アイキャッチ画像」ですが、テンプレートによってはデザイン上重要になってくる場合もあります。必要に応じて設定する・しないを判断するといいでしょう。


WordPressでの集客に効果的な投稿方法について、具体的なものも含めて説明しました。ここまでに述べた内容をしっかりと押さえておけば、かなりSEO的に効果のある、集客が見込めるサイトが制作できるでしょう。後はユーザーにとって有益かつ品質の高い記事を量産していけば、検索上位も夢ではないかもしれません。

3. WordPressのブログで集客を目指す!

ここまではWordPressで通常のサイトを制作し、集客を狙う方法について説明してきました。しかし、WordPressにはブログシステムという側面もあることはご存知かと思います。この項目ではWordPressをブログ用に使い、集客する方法について取り上げます。

3‐1. ブログ集客のメリットとは?

ブログで集客できるようになると、以下のような2つのメリットがあります。

メリット1. 「記事」という資産が増える

ブログの特徴はストック型のコンテンツだということ。2年前、3年前に書いた記事であっても、検索結果にヒットする内容であれば、半永久的にユーザーの目にふれ続けます。

さらに記事と記事を効果的にリンクさせることで、会社側が読んでほしいと思う特定の記事への誘導が可能です。つまり、集客ブログは必死に営業をかけずともお客を連れてきてくれる資産になるということです。

メリット2. セールスルートの開拓につながる

記事という資産が増え、集客できるブログになれば、ビジネスでもっとも重要な要素のひとつである「売る」ということをブログ経由で行えるようになります。

ユーザーは欲しい情報があるからあなたのブログを見ているわけです。その情報に基づいた商品やサービスを提供できるので、確実に収益が得られると言えるでしょう。


集客というのは、ビジネスをする上で大変かつ難しい問題です。そうした問題を解決できるブログが制作できれば安定した集客が見込めるようになるため、会社にとっては大きなメリットとなるでしょう。では、集客できるようなブログを制作するにはどういう点に気を付ければ良いのか、次の項目で説明します。

3‐2. ブログ集客で重要な6つのポイント

ポイントその1. ターゲット設定

集客ブログだけに言えることではありませんが、まずは自社のサービスや商品を売りたいと思うターゲットを設定することが大事です。

ブログのPV数が伸びていたとしても、自社のサービスや商品に興味のないユーザーばかりでは会社の収益にはまったく意味がありません。自社が目的とするターゲットに狙いを絞ることで、はじめて見込み客の集客に有効なブログ制作ができると言っていいでしょう。

ポイントその2. キーワード・カテゴリー設定

ブログにユーザーを集めるには、ターゲットとするユーザーにとって興味のある話題や情報を提供する必要があります。そのためには「キーワードプランナー」などのツールでユーザーが検索するだろうキーワードを調査し、キーワードをもとにした記事を作成しましょう。

また、ユーザーに対して何を扱っているブログなのかわかりやすいように、記事を整理するカテゴリー設定も行っておくと効果的です。

ポイントその3. 検索上位記事の作成

WordPressで作ったブログであればSEO的に効果があり、検索上位に入るだろうと思っているのなら、それは大きな間違いです。検索結果の1ページ目に表示されるような記事は、タイトルや見出し、本文作成時にしっかりとSEO対策をしています。なんとなく書いているだけの記事では、検索上位は見込めません。

アクセス数を増やし、自社がターゲットとしているユーザーを集客するためには、検索上位に食い込むような高品質の記事を作成し続ける必要があります。

ポイントその4. 見込み客の確保

「ポイントその1. ターゲット設定」でもふれましたが、ブログのPV数が伸びているだけでは会社の収益にはつながりません。つまり、「アクセス数=集客」ではないということです。ブログを見に訪れるだけのユーザーを「見込み客」にするには、「メルマガ」を利用するのもひとつの方法です。「メルマガ」ではメールアドレスを登録する必要があるので、会社としては効果的に顧客情報を集めることができます。

また、無料で商品をプレゼントする代わりに、メールアドレスなどの顧客情報を提供してもらう「Free戦略」も、見込み客の確保に効果的だと言われています。

ポイントその5. ユーザーファーストの商品設計・リリース

会社がターゲットとするユーザーがどういうサービスや商品を必要とし、購入したいと思うのかを考え、商品設計を行います。ユーザーの需要にあったサービスや商品を用意すれば、集めた見込み客をそのまま購買客へと変えることができます。ユーザーや見込み客が求めているものを把握する方法として、「メルマガ」のアンケートなどを利用するのも良いかもしれません。

サービスや商品が完成したら、あとはブログ内にあるさまざまな記事から販売ページへと誘導します。無理に販売ページへと誘導する記事内容になっていると「押しつけがましい」「鬱陶しい」と感じて嫌がられるケースがあるため、あくまでも自然な流れで販売ページに誘導するような記事構成を心がけましょう。

ポイントその6. リリース後の検証・改善

サービスや商品をリリースしたら、それで終わりというわけではありません。今後の集客のために販売数の結果をしっかりと分析し、課題や問題を明確化しましょう。明確化した後はその原因を探り、納得するまで改善に改善を重ねて、確実に集客できるサービスや商品へと磨き上げてください。


ブログ集客で重要なポイントを全部で6つ紹介しました。次の項目ではさらに集客ブログを運営するうえで必ず役に立つ、WordPressの機能拡張におすすめのプラグインを紹介します。

3‐3. 絶対に入れたい! ブログにおすすめのプラグイン

All in One SEO Pack

「2-1.WordPressをインストールする際にやっておくべきこと」でも取り上げたプラグインのひとつ。内部SEOを細かく設定するのに最適なプラグインで、ブログでも活躍します。

「All in One SEO Pack」をインストールすれば、記事単位で「ブログタイトル(Title)」「キーワード設定(Keywords )」「検索エンジン抜粋文(Description)」の設定が可能です。

WP Social Bookmarking Light

「WP Social Bookmarking Light」も「2-1.WordPressをインストールする際にやっておくべきこと」で、すでに取り上げたプラグイン。ブログに「いいね!」やツイートボタンを設置して、アクセス数を増加することができます。

日本人が開発したプラグインであり、海外のプラグインと異なり「はてなブックマーク」などの国内サービスにも対応しています。

Broken Link Checker

ブログ内に貼ったサイトのリンク切れをチェック・通知・修正してくれるプラグインが、「Broken Link Checker」です。クリックした際にリンクが切れていると、訪れたユーザーががっかりするだけでなく、SEO的にも好ましいものではありません。

手作業ではどうしてもカバーしきれないリンク切れのチェックも、「Broken Link Checker」があれば手間いらずで済むのでおすすめです。

Akismet

サイト内の記事数が増えSEOの効果が出てくると、一日数十件というスパムコメントが記事についてしまうことがあります。そうした際に役立つのが「Akismet」というプラグインで、迷惑なスパムコメントをほぼゼロにしてくれます。

「Akismet」はWordPressに初めからインストールされているプラグインですが設定することで有効になるため、忘れずに設定してください。

WPtouch

スマホにも対応したPC版サイトを考えている場合には、「WPtouch」というプラグインがおすすめ。インストールするだけでスマホ表示の最適化を自動で行ってくれるので、専門知識は必要ありません。

Googleではスマホサイトの評価が検索順位の基準となっていることから、「WPtouch」は必要性の高いプラグインだと言えるでしょう。


上記で取り上げたプラグインのほかにも、 SNSで「いいね!」ボタンが押された記事を拡散する「Open Graph Pro」やブログ内の記事を人気順でリスト表示する「Popular Posts」、投稿画面が使いやすくなる「Tiny MCE Advanced」など、ブログ集客に役立つプラグインはさまざまです。

集客に効果があるのはもちろん、ブログ運営を快適にしてくれるプラグインは何なのか、いろいろとインストールをして試してみるのも良いかもしれません。

【まとめ】WPのメリットを活かした集客サイトの構築を

この記事ではWordPressで集客を狙う方法やポイント、さらにはプラグインまで、まとめてご紹介しました。これだけ押さえておけば、初心者の方でも意外と簡単にWordPressで集客を狙えるサイトを作ることができるでしょう。

何度も繰り返しますが、集客サイトでもっとも重要になるのは、ユーザーにとって有益で良質なコンテンツを作成すること。どんなにSEOに効果的な方法やポイントを押さえたとしてもサイトの中身がまったく価値のないものでは、結果的に集客を見込めないサイトになってしまいます。

SEO対策に効果的だといわれるWordPressのメリットを活かしつつ、良質なコンテンツ作りに注力し、他社より一歩も二歩も抜きんでた集客サイトを目指しましょう。

「自社で作るにはちょっと難しいかも…」「初心者なのでやっぱり自作は不安…」といった場合には、サイト制作を業者に依頼する方法があります。WordPressでサイトを制作してくれる業者は多数あるので、どの業者にしようか迷った際にはぜひ、日本最大級の業者比較サイト 「アイミツ」までご相談ください。

「アイミツ」ではあなたの会社のご希望やご要望に応じて、もっとも適したサイト制作業者を無料でご紹介させていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください