無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月30日

SEOに強いオウンドメディア運用を徹底解説!【2022年最新版】

インターネット経由での影響力拡大を目指す場合、注目すべきがオウンドメディアの運営によるSEO対策です。自社でメディアを運営し、独自コンテンツ経由で検索流入を獲得するという方法は、なぜ多くの企業が採用しているのでしょうか。今回はオウンドメディアを使ったSEO対策について、その作り方や効果的な運用方法について、ご紹介します。

【関連ページ】
ネット広告にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
ネット広告の費用と料金相場
コンテンツSEOを依頼できるWeb広告会社一覧

オウンドメディアが注目される理由

オウンドメディアは、企業が自社で運営するWebメディア全般を指します。オウンドメディアは自社のブランド認知を拡大するのはもちろん、自社サービスや商品のプロモーションを効果的に行う上で重要視されている媒体で、インターネット経由での集客改善を見込む際、最も初めに取り組みたい施策の一つと言えます。

また、オウンドメディア運営において大いに注目するべきなのが、検索流入です。Google検索などからキーワードを頼りに自社サイトへ辿り着く人が増えれば増えるほど、自社の認知度はますます高まることとなります。ユーザーを一人でも多く流入するためには、検索エンジンにおいて上位に表示される必要があります。そのために実施するのがSEO対策です。SEO対策において、オウンドメディアの運営は非常に有効とされており、能動的に情報を発信すればするほど、検索上位に表示され、多くの人に自社の存在を知ってもらう事ができます。

SEOに強いオウンドメディアとは

SEO対策を念頭においたオウンドメディア運営を考える場合、重要視されるのがどのようにしてSEOに特化したオウンドメディアを構築すれば良いかという問題です。SEO対策のアプローチにはいくつかの種類がありますが、ここで押さえておきたいのは、CMS選定、クローラビリティの最適化、キーワードに沿ったサイト構築、そしてコンテンツSEOの強化です。それぞれの運用方法について、ご紹介します。

SEO対策しやすいCMSを選ぶ

自社でサイトを運営するとなると、これまでオウンドメディアに携わってこなかった場合、「一からメディアを構築するのは大変ではないか」というように考える方も少なくありません。ただ、一昔前に比べれば、近年はWebサイト運営ツールであるCMSの普及により、個人でもその日からサイトを立ち上げ、コンテンツを発信できるようになっている点は押さえておくべきでしょう。もちろん、オウンドメディア運営を実現するためには正しい運用ノウハウが求められますが、ただサイトを立ち上げるだけであれば、CMSを利用するだけで簡単に実現できます。最近ではSEO対策に強い、多機能なCMSも登場しているため、SEO対策を念頭においたメディア運営も簡単に始められます。

検索エンジンのクローラビティを最適化する

2つ目に、クローラビリティの最適化です。クローラビリティを使った最適化とは、 Googleがサイトを巡回し、SEOの順位を獲得させるクローリングと呼ばれる評価活動に対して、サイトを改善することで高い評価を得ようという取り組みです。Webサイトの各ページにおいて、どのような構成になっているかを逐一確認したり、どんな内容のコンテンツが評価されているのか、どんな人たちが閲覧しているのか、といった判断を自動的に行なっています。クローラビリティを最適化することで、「ここは無駄のないサイトである」とGoogleに判断してもらいやすくなります。クローラーにとってストレスのないサイトということは、それだけSEO対策にも有効というわけです。

キーワードに沿ったサイト構築を行う

キーワードに則ったサイト構築とは、会社が取扱いたいトピックを積極的に取り上げ、関係のなさそうな領域については触れないという手法です。SEO対策において重視されるのは、そのサイトの独自性や専門性です。少しでも多くの人に注目してほしという思いが全面に出過ぎるあまり、自社と関係のない話題を頻繁に出してしまっていては、クローラーに「専門性がない」と判断されたり、読者にも「信頼性の低いサイトだ」と思われてしまいます。オウンドメディアを運営する場合、まずは自社と相性の良いキーワードを理解し、そこからサイト構築を進めていくのが正解です。単純にメディアとしての独自性を大切にする上でも、重要な姿勢です。

コンテンツSEOを強化する

オウンドメディア運営において最も重要なのが、SEOコンテンツの発信です。どれだけ立派なメディアを立ち上げても、肝心の中身がついてきていなくては、思ったように集客流入を得ることはできません。自社の特性にあったトピックを選び、メディアとして読者に有益な情報発信に努めましょう。SEOコンテンツは、通常のWeb記事とは違い、キーワードの盛り込み方や、文章の方向性に特徴が見られます。これはGoogleクローラーを意識した文章でもあるため、コンピュータによって「このコンテンツは有益だ」と判断してもらう必要があるからです。人間の読者にとって有益なだけでなく、第三の読者としてクローラーも意識しなければならないという、やや込み入った技術が求められるのがSEOコンテンツです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

オウンドメディア運営の目的

オウンドメディア運営の最大のメリットとも言えるのは、やはり自由にコンテンツを発信できる点にあるでしょう。もちろん公序良俗に反しない、SEOを意識したコンテンツ発信や文章の書き方、といった制約はあるものの、他社メディアに依頼して自社コンテンツを発表するよりは、遥かに自由度の高い媒体であると言えます。また、オウンドメディア運営は最低限の予算で実現できるため、マスメディア広告などを展開するよりも高いコストパフォーマンスを実現できるのも強みです。そして、これらの強みを存分に生かすためには、オウンドメディア運営経験や、マーケティングノウハウもある程度求められることとなります。適切な戦略のもとにメディア運営を行わなければ、期待しているような結果はえられません。

オウンドメディアは自社運用すべき?

オウンドメディアの戦略的な運用を進める場合、会社によってはオウンドメディア運用を外部に委託するという手段を選ぶ方も増えています。せっかくの自社コンテンツの発信機会を外部に依頼する最大の理由は、やはり運用ノウハウの有る無しです。計画的にオウンドメディアが運用できなければ、当初想定していたような結果を期待する事ができず、時間の無駄に終わってしまうこともあります。こういったリスクを回避する上で、専門の会社に依頼することは有効です。ただ、外注先が自社の業界について詳しくなかったり、ただコピー記事を量産しているだけの粗悪な会社であったりした場合、やはり期待通りの成果を得られないこととなります。外注のメリットを最大限活かすには、適切な会社選びに努めましょう。

SEO対策外注費用の料金表

SEO対策の費用相場をご紹介します。

項目 初期費用の相場 月額費用の相場
固定報酬型SEO対策 5万~20万円 20万~40万円/月
成果報酬型SEO対策 5万~20万円   1キーワードにつき 1万5,000円~30万円/月  
SEOコンサルティング 10万円~ 10万円〜30万円/月
コンテンツSEO ~30万円   1記事につき1,000円〜3万円/月  
SEO内部対策 応相談 10万〜100万
外部SEO被リンク対策 応相談 3万円〜15万円

SEO対策の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

【まとめ】Web広告会社選びで迷ったらアイミツへ

オウンドメディアの運営は、SEO対策による検索流入の機会を得るのはもちろん、自社が自由に情報を発信できる機会にもつながるため、積極的に活用したいところです。戦略的な運営が、オウンドメディア成功に欠かせないところですが、そのためには適切な外注先選びを行わなければなりません。
アイミツでは、そんなオウンドメディアの運営代行を引き受けてくれる会社を、あなたのニーズに合わせてピックアップしながらご紹介できます。オウンドメディア運営をご検討の際には、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
コンテンツSEOを依頼できるWeb広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
Web広告の費用と料金相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!