無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月29日
更新日:2022年3月29日

Shopifyを導入するメリット・デメリットとは【2022年最新版】

Shopifyとは、ネットショップを開設・運用できるECプラットフォームのことです。近年では、IT技術の発展にともないEC事業が加速しているため、Shopifyの導入を検討しようか迷われている方も多いでしょう。
この記事では、営業・バックオフィスなど、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、Shopifyを導入するメリットやデメリット、その対策方法について詳しく解説していきます。

【関連ページ】
Shopifyにかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】
shopifyに強いホームページ制作会社一覧

Shopifyを導入する5つのメリット

Shopifyの導入を検討する際に大切なのは、自社にどのようなメリットがもたらされるのかを確認しておくこと。ここでは、Shopifyを導入するメリットについて詳しくご紹介していきます。

リーズナブルに利用でき決済手段も豊富

Shopifyの月額料金は、Shopify Liteが9ドル(日本円で1,050円程度)、ベーシックの場合は29ドル(日本円で3,400円程度)と、低コストで導入できます。
プランは全部で「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」「Shopify Plus」「Shopify Lite」の5つ。もちろん、契約の途中でプランの変更も可能です。全世界に対応する豊富な決済手段を利用できるのもメリットで、国内だけでなく、海外向けのECにも適しています。

デザイン性に優れている

Shopifyでは、100種類以上のデザインテンプレートが用意されており、自社のイメージに合うデザインを選択することが可能です。そのため、デザインに関する知識が少ない方でも、簡単にデザイン性の優れたECサイトを作成できます。
また、デザインテンプレートの適用後にカスタマイズもできるため、オリジナリティを出すことも可能。デザイン性を重視したECサイトを構築したい方にもおすすめだと言えます。

SNS連携も簡単

Shopifyでは、管理画面から簡単にさまざまなSNSと連携できます。たとえば、InstagramやFacebook、Twitter、Pinterestなど。ShopifyとSNSを連携すれば、SNSから効率的に集客を行うことが可能です。
商品リンクの連携もできるため、ユーザーはSNSで商品やサービスを確認したその場で、スムーズに購入画面へ移れます。ECサイトの作成から集客までをワンストップで行いたい方にもShopifyはおすすめです。

商品管理や配送面も安心

Shopifyでは、商品管理や配送面を効率化できるというメリットがあります。国内の主要配送企業はもちろん、海外でも知名度の高い配送会社を利用することが可能なため、配送面も安心。Shopifyの管理画面から、依頼する配送事業者の指定や配達状況も把握できます。
また、商品管理もShopifyの管理画面や、スマートフォンのアプリケーションを活用することが可能。管理画面のユーザーインタフェースがわかりやすく、直感的に操作できる点もメリットでしょう。

カスタマイズ性が高い

カスタマイズ性の高さもShopifyのメリットです。Shopifyのアプリストアには、6,000種類を超える豊富なアプリケーションがあります。自社のイメージや目的に合ったアプリケーションを購入し、ダウンロードすることが可能です。
また、API機能も充実しているため、機能の拡張性も申し分ありません。たとえば、CRMやMAなどの管理システム、タスク管理ツールなどの外部システムとShopifyを連携させることも可能です。業務負担やコストの削減にも期待できるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Shopifyを導入する3つのデメリット

ここからは、Shopifyのデメリットについて詳しくご紹介していきます。Shopifyには多くのメリットがある一方で、デメリットもあります。詳細を把握した上で導入を検討することが重要です。

サポート体制は不十分

Shopifyのデメリットとしては、サポート体制が不十分であることが挙げられます。ヘルプセンターやカスタマーサポート、コミュニティフォーラムなどを利用可能ですが、質問に対する回答に数日かかる場合も少なくないようです。
そのため、不具合やトラブルが発生した際の対応方法を事前に検討しておく必要があります。

HTMLの知識がないと高度なカスタマイズは難しい

Shopifyでカスタマイズを行う場合は、HTMLやCSSなど、コーディングに関する専門的な知識やスキルが必要となる場面もあります。
たとえば、文字のサイズを変更したい、色を修正したい、写真を入れ替えたい場合など。テンプレートを利用してホームページ制作を完了させたあとのカスタマイズには、コーディングスキルが必要だと考えておきましょう。

英語でわかりづらい面もある

Shopifyはカナダで開発されたECプラットフォームであるため、日本語化されているとは言え、多くの情報は英語をメインとしています。そのため、知りたい情報が日本語で読めない場合もあり、デメリットとなることも。
不具合やトラブルが発生した際や、詳細な情報収集を行いたい場合は、英語の知識がないと業務負担が増加することもあるため注意が必要です。とはいえ、ヘルプページでは日本語対応が進んでおり、導入と運用で不都合を感じることは少ないでしょう。

Shopifyを導入するデメリットへの対策方法

Shopifyはコストが低く、豊富なテンプレートを取り揃えており、カスタマイズ性も高いです。
しかし、数多くの導入メリットがある一方で、オリジナルECサイトを構築する場合や、不具合・トラブルの対応を行う場合には、専門的なスキルが必要だというデメリットもあります。自社で対策が難しいと感じる場合は、実績や信頼性のあるWeb制作会社への相談や外注がおすすめです。

まとめ

この記事では、ホームページ制作に役立つサービスShopifyについて解説してきました。低価格で高機能な決済に対応しているため、ビジネスを幅広く展開したい方にとっては大きなメリットがあるでしょう。
しかし、大規模に展開する場合は、結果的にエンジニアなどの専門家によるカスタマイズが必要なため注意が必要です。あらかじめ運用方針を明確にしておくことをおすすめします。

自社にノウハウがなくとも、Shopifyに強いホームページ制作会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ・Webサイト制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
Shopifyに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!