無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月10日

ポータルサイトの作り方|流れや注意点を徹底解説【2022年最新版】

さまざまなコンテンツ・情報を集約したポータルサイトは、利便性・有用性の高さから積極的に活用されているサイトです。ビジネスの推進のために、ポータルサイトを活用してみたい方もいるのではないでしょうか。
当記事では、ポータルサイトの作成方法・制作のステップ・制作時の注意点について解説します。ポータルサイトの制作を検討している方は、ぜひご参考下さい。

【関連ページ】
ポータルサイト制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。

ポータルサイトの作り方3選

現在主流となっているポータルサイト作成方法は、大きく分けて3つの方法があります。以下にご紹介します。

ポータルサイト作成ASPを利用する

ポータルサイト作成ASPとは、ポータルサイトの構築・運用に必要な一連の機能を提供しているサービスのこと。サイト構築の専門的な知識・技術を必要とせず、コンテンツの充足に注力できるのが大きな特徴です。
代表的なサービスには、社外向けポータルでは「ヒラメキペーパー」、社内向けポータルでは「NotePM」などが挙げられます。ASPを活用する際には、複数のサービスを比較検討して、自社の目的・用途に合ったものを導入することがポイントとなります。

WordPressを利用する

コストをかけずにポータルサイトを構築したい場合は、世界トップクラスのシェアを誇るCMS「WordPress」を活用するのもおすすめです。
ポータルサイト用のテーマ・プラグインも多数リリースされているため、これらを適用するだけで比較的簡単にサイトを完成させることができます。テーマを自作・カスタマイズすれば、オリジナルのポータルサイトを構築することも可能です。内製にも適している方法となるため、WordPressに詳しいメンバーがいる場合はぜひ検討してみることをおすすめします。

制作会社に外注する

ポータルサイトはASPやWordPressを活用して自社で内製を行うことも不可能ではありません。しかし、技術的問題に直面することも多く、時間と労力も必要となるなど、内製にはある程度の困難が伴うことは否定できないでしょう。
そこでおすすめとなる方法が、ポータルサイトの制作をWeb制作会社へ外注することです。専門的な知識・技術を有しているため要望通りのサイトを実現しやすく、自社の負担も大幅に低減することが可能です。
内製に課題を感じている場合には、ぜひ検討してみることをおすすめします。

ポータルサイト制作の5ステップ

ここでは、ポータルサイトを制作する方法・手順を5つのステップに分けて解説します。これから制作を行う方は、ぜひご参考下さい。

目的の整理やコンセプトの決定

ポータルサイトを制作する最初のステップは、目的・コンセプト・方向性を明確に設定することです。どのようなサイトを作るのかを具体化しておくことで、成功の確率も高まり制作もスムーズに行うことができます。
まずは以下の点について、情報を整理・検討しておきます。

・サイトを立ち上げる目的・ゴール
・主なターゲット層
・マネタイズ手法
・参入するジャンル


漠然とポータルサイト制作を行うと、支持も得られず結果に繋がりません。社内で検討を重ね、明確な理想像が見えてから制作に着手するようにしましょう。

競合サイト調査

社外向けのポータルサイトを制作する場合においては必ず競合が存在するため、競合調査を行ってまずは状況を把握しておく必要があります。以下の点についてチェックを行いましょう。

・競合の数
・競合の強さ(SEO順位・利用状況等)
・優位性を発揮できるか
・差別化できるポイントはあるか


競合の状況によっては当初の目的・コンセプト・方向性を変更するなどといった対策も必要となってきます。競合の状況次第でポータルサイトの成否は大きく分かれるため、競合調査は入念に行っておくことが重要です。

デザイン

競合調査まで完了してポータルサイト制作の方向性が定まったら、続いてデザインの設計を行います。
ポータルサイトのデザインには以下のような重要な役割があるため、サイトを成功させるためにも詳細に設計しておく必要があります。

・サイトイメージやコンセプトを伝える
・サイトのユーザビリティ・アクセシビリティ向上
・情報の見やすさ・分かりやすさを高める


自社ポータルサイトのターゲットとなるユーザーに合わせて、ファンが増えるようなデザインを設計しましょう。

システム構築・コンテンツ制作

デザイン設計が完了したら、実際にポータルサイトの構築を行います。サイト構築のプロセスは、大きく分けて以下2つの作業に分類されます。

・ポータルサイト全体の枠組みを構築
ASP・WordPress等サイト構築用のプラットフォーム・CMSを活用して、設計に従いサイト全体の構築を進めていきます。
・コンテンツ制作
ポータルサイト内に実際に掲載するコンテンツの制作を行います。

リリースまでのスケジュールを短縮するために、可能であれば上記2点について同時進行で進めていくことをおすすめします。

サイトリリース

ひと通り構築が完了したら、ポータルサイト全体の表示・動作の確認や、設計段階での要件を満たせていることの確認を行います。問題が無ければ、いよいよポータルサイトのリリースです。
リリース後も利用状況によって問題個所・改善箇所が浮上してくるため、定期的な保守・運用が必要となります。PDCAサイクルを継続的に回し、より便利で使いやすいポータルサイトへと仕上げていきましょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ポータルサイト制作の注意点

ポータルサイトを制作する際には、押さえておくべき注意点があります。スムーズに制作を進めるためにも、ぜひご参考下さい。

セキュリティ面の対策を徹底する

ポータルサイトでは、有料コンテンツ・会員限定コンテンツ・メルマガ等の提供を行うために、会員登録機能を搭載するケースが少なくありません。会員情報にはユーザーの個人情報等の重要な情報が含まれるため、情報漏洩やサイバー攻撃等のリスクに対処するためのセキュリティ対策を行っておくことが重要となります。
セキュリティ事故が発生するとポータルサイトならびに運営企業の信用失墜・失客等の重大なリスクを招く恐れがあるため、セキュリティ対策については徹底しておきましょう。

コンテンツを継続して更新できる体制を作る

ポータルサイトは、立ち上げを行っただけで継続的に収益を得られるほど簡単なビジネスではありません。同じコンテンツを掲載し続けるだけでは、すぐに飽きられてしまうでしょう。
競争の激しいポータルサイトビジネスにおいてユーザーに自社サイトを継続的に利用してもらうためには、常にコンテンツの追加・更新を行い、サイト内のコンテンツを充実させていくことが必要不可欠です。
そのため、社内に専任の運用チームを設けるなど、常にコンテンツを追加し続けられるような社内体制を整えておくことが重要なポイントとなります。

【まとめ】ポータルサイト制作でお悩みならアイミツへ

ポータルサイトは一般的なWebサイトとは目的・特性が大きく異なるため、制作を行う際には手順や注意点を押さえておくことが非常に重要です。ビジネスとして成果に繋げるためには、競合調査や差別化のための戦略も検討しておく必要があるでしょう。
ポータルサイトの制作に課題を抱えている方は、プロに依頼するのもおすすめ。アイミツでは、課題や要望についてヒアリングを行い、おすすめのWeb制作会社をご紹介しています。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ポータルサイト制作ができるホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ポータルサイト制作の費用・相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!