オープンソースでここまで出来る!低予算で存在感のあるポータルサイト構築を構築する秘密とは?

更新日:2016年12月19日 | 公開日:2016年04月29日

この記事を読むための時間: 5分

つまり、自社の強みを活かしたコンテンツを用意できれば、自社サイトの集客に十分なポータルサイトをオープンソースで構築することはそれ程困難なことではないのです。
ここでは、オープンソースをベースとした存在感のあるサイトを低予算で構築するコツをお伝えします。

どんなポータルサイトを構築したいのかを明確にしよう

ポータルサイトを作りたい!と思ったら、それを「必須機能」に分解してみましょう。そうすれば、自社では手が出ないと思っていたポータルサイトが実は意外と実現可能であることに気が付きます。また、「必須機能」を見極めれば、予算の都合で切り捨てるべき「付加機能」(余分な機能)も見えてきます。

ポータルサイトの種類ごとに「機能」を整理する

◇情報掲載ポータル
情報掲載ポータルは、自社のサービスや制品に関連した基礎知識や活用法、ノウハウなどを分かりやすく集約したサイトです。

《必須機能》
 ・情報を更新するための機能
 ・サイトを横断的に検索する機能
 ・RSSなどのプッシュ通知機能

こうして整理してみると情報ポータルで必要なのは、ブログ機能に検索機能を充実させたシステムであることが分かります。したがって、WordPressをはじめとしたほとんどのオープンソースCMSで情報ポータルサイトを構築することが可能です。むしろ、情報ポータルサイトの成功は質の高いコンテンツにかかっているといえるでしょう。

《参考》
WordPress org 公式サイト


◇マッチングポータル
商品やサービスを軸にユーザーどうしを結びつけるサイトです。

《必須機能》
 ・商品や案件登録機能
 ・登録者情報管理機能
 ・商品や案件検索機能
 ・申込み機能
 ・決済機能

こうして整理してみるとマッチングポータルで必要なのは、ECサイトとほとんど同じだということが分かります。ただ一つだけ違っているのが、「登録者管理機能」です。ECサイトではこの部分は購入者情報として住所などの情報を入れるだけですが、マッチングポータルではもっと詳細なプロフィールが必要で、なおかつ一般のユーザーが検索できないといけません。逆に言えば、オープンソースをベースにそこだけ有料で開発すれば良いわけです。

オープンソースを使って格安で実現するには方法としては2方向あります。一つはEC-CUBEなどのECサイト構築オープンソースに、会員検索機能プラグインを付加する方法です。もう一つは、OpenPNEなどの会員制ポータル構築用オープンソースにEC機能プラグインを付加する方法です。

《参考》
EC-CUBE公式サイト
OpenONE公式サイト


◇比較ポータル
商品やサービスの比較が一覧できるサイトですが、実は商品部分はECサイトと同じです。
《必須機能》
 ・商品登録機能
 ・商品検索機能
 ・口コミレビュー投稿機能
 ・ランキング機能

こうして整理してみると意外なことに、大規模なオリジナルシステムが筆頭かと思われた比較ポータルは、高機能はECサイトと同じだということが分かります。

口コミやランキング機能は、各種EC系のオープンソースでプラグインとして定番のものがあります。ECサイトと違うのは比較のみで、そのサイトでは物販を行いませんので商品のリンク先を自サイト内のショッピングカートではなく、比較対象となっているサイトの商品ページに飛ばせば良いだけです。

《参考》
Zen Cart


◇掲示板ポータル
特定のテーマに関心のあるユーザーが集うサイトですので、使いやすい掲示板を用意すればOKです。世界最大の掲示板サイト2ちゃんねるも単体の掲示板の集合ですので、システム的には何も複雑なことをやっていません。

《参考》
Geeklog


◇リンク集ポータル
外部サイトのへのリンクを集めて一覧にしたサイトです。これもシステムというよりは、質の高いリンクを集められるかというコンテンツ勝負になってきますので、対応できるオープンソースはたくさんあります。ただし、リンク集については最近ではGoogleのSEO対策ではネガティブに評価されるケースもあるので注意が必要です。

《参考》
無料相互リンク集作成・管理ソフト一覧

【まとめ】

以上のように、どんなポータルサイトを作りたいのかをハッキリさせることで、必要な機能が見えてきます。必要な機能が見えてくればそれに対して必要な要件が明らかになりますので、最小限の費用で効果の高いポータルサイトを構築する方法が分かります。

むずかしいのは、自社のやりたいことがどうやったら実現できるのかという部分をオープンソースのシステム的に洗い出すことです。信頼できる業者が見つかれば、そうしたシステム的なところが全く分からなくても、企画案から必要なオープンソースベースの仕様書を作成してくれます。

ビジネスマッチングサイト『アイミツ』でオープンソースを使ったサイト構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュがオープンソースベースのポータルサイト構築可能な業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください