ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

LPの格安制作でおすすめのホームページ制作会社(web制作会社)7選

これまでの評判、実績をもとに審査して厳選

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」「サービス」「実績」を基準にランディングページ制作に強いホームページ制作会社を厳選!

・格安で手軽に依頼できるランディングページ制作会社
・格安でデザイン力のあるランディングページ制作会社

の2つに分けて5社紹介します。
ホームページ制作会社選びで失敗しないためのポイントも解説。ランディングページ制作にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.格安で手軽に依頼できるランディングページ制作会社3選

まず、格安で手軽にLP制作を依頼できる会社を紹介します。

1- 1. 株式会社 Ryuki Design

株式会社 Ryuki Design
出典:株式会社 Ryuki Design https://ryuki-design.jp/

Ryuki Designは、大阪府に本社を置く企業です。楽天ショップ用のデザインに特化したLP制作会社で、その実績は40,000件以上。楽天ECサイトの運用経験者やECに関わっていたプロが多数在籍しており、個々の強みを最大限に活かしています。
料金プランは、スポット対応から月額の制作代行まで幅広く用意されており、企業のニーズに合わせたプラン選択が可能です。
また、ディレクターやデザイナー、写真撮影者など、案件対応は全て社員が対応。内製化でLP制作のクオリティを一定に保っています。デザイナーの新入社員には、デザイン研修を3ヵ月から半年受講させ、楽天で「売れる」デザイン作成を実現しています。

こんな人におすすめ
・楽天市場でショップを出したい方
・既存の楽天ショップの売上を伸ばしたい方
・楽天市場で魅力的なLPを使って集客したい方

予算感
レスポンシブデザインのLP製作の場合5万1,800円から
設立年
2009年
取引先情報
CAPCOM、サンリオ、グンゼなど大手での実績多数
会社所在地
大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
電話番号
050-3541-5719

1- 2. 株式会社レポス

株式会社レポス
出典:株式会社レポス https://reposu.net

レポスは大阪府大阪市にある会社です。「レポス」の名前の由来は「レスポンス」で、誰よりも早い対応をモットーとして社員一人ひとりが行動しています。
事業は人材派遣、デイサービス、webサイト制作など多岐にわたります。特にwebサイト制作は初期費用0円で依頼できるプランがあり、その料金は月額5,000円から。資金が不足しやすい創業期の企業に嬉しいプランです。
ホームページ制作の事業名は「BLUBLO(ブルブロ)」。LPの制作も受け付けています。画像の選定も含めてLP制作を依頼できるのが嬉しいポイントです。レスポンシブデザインのLP制作はシルバープラン以上で依頼することができます。

こんな人におすすめ
・LPはもとより、webサイトの制作も格安で依頼したい方
・初期費用を抑えてwebサイトやLPの制作を発注したい方

予算感
LP制作は4万9,800円から
取引先情報
大阪府大阪市議員サイト、東京都の音楽教室、福岡県宮若市の保育園など実績多数
会社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原5-1-18 7F
電話番号
0120-723-623

1- 3. 有限会社フィール

有限会社フィール
出典:有限会社フィール https://www.feil.co.jp/

フィールは、広島県広島市にオフィスを構える会社です。webコンサルティングと付随業務全般を手掛けており、その一環としてLP制作も請け負っています。webコンサルティングの会社らしく、複数のLP制作によるABテストの実施などを推奨しています。
また、LPの制作にはCMSを使用。サイト制作の専門知識がなくても、制作ページでLPのパーツを移動させることにより、LPの構成案を自分で簡単に作成できます。LPのパーツは他の記事にも流用できるため、複数のLPがほしい場合でも費用を抑えて作成が可能です。
フィール作成のLPが1,700万件中1ページ目に表示された実績もあり、その豊富な成功事例からは確かな実力が伺えるでしょう。

こんな人におすすめ
・webコンサルティングに強い会社にLP制作を依頼したい方
・LP制作の費用を抑えたい方

予算感
要問合せ
会社所在地
広島県広島市中区銀山町3-1
電話番号
050-3396-6394

格安で手軽に依頼できるランディングページ制作会社を紹介しました。

webページ制作の外注、と聞くと少々ハードルが高いような気もしますが、気軽に対応してくれる会社なら安心して依頼できるでしょう。特に初めてランディングページを制作するのであれば、手軽に依頼できる会社がおすすめです。

2.格安でデザイン力のあるランディングページ制作会社2選

デザインにこだわったランディングページを、格安で作成できるweb制作会社を2社紹介します。

2- 1. 株式会社TONOSAMA

株式会社TONOSAMA
出典:株式会社TONOSAMA https://fukui-hp.net

TONOSMAは、福井県福井市の本社のほか、東京都品川区・石川県金沢市にも拠点を置くweb制作会社です。
ページの長さが4000pxのプランであれば、8万円からオリジナルデザインのランディングページを発注できます。リーズナブルな価格設定が特徴で、料金にはHTMLコーディング料やSSL設定料、問い合わせフォーム設置料(一部オプション)が含まれています。また、月額管理費も無料となっており、浮いた予算を広告に回すことも可能です。
スマホに対応したランディングページが必要な場合も、プラス3~5万円でレスポンシブル化できます。
500社以上との取引実績があり、ランディングページの発注が初めてで、どのようなコンテンツを用意すれば良いのか分からないという場合も安心です。

こんな人におすすめ
・オリジナルデザインのランディングページを発注したい方
・PC・スマホの両方に対応したランディングページが必要な方
・ランディングページのランニングコストを抑えたい方

予算感
ランディングページ制作:8万円~
設立年
2012年
従業員数
10-29人
会社所在地
福井県福井市毛矢2丁目1-9
電話番号
050-5892-7415

2- 2. 株式会社Bgreen

株式会社Bgreen
出典:株式会社Bgreen https://bgreen.co.jp/

Bgreenは、東京都港区に本社を置くweb制作会社です。
テンプレートをベースにランディングページを作成することで、3万円からという低価格を実現しています。ランディングページが複数必要な場合でも、コストを抑えられます。ページの顔であるヘッダー画像はプロのデザイナーが作成するため、テンプレートを使用しつつも、オリジナリティのあるランディングページの作成が可能です。また、テンプレートをベースにすることでページの作成時間を短縮でき、プラン次第では最短5営業日でランディングページが完成します。
ランディングページを作成してみたものの、成果が上がらないという場合のアフターサービスも別料金で依頼できます。自社にランディングページを運用できる人材がいない場合や、ランディングページの運用に不安がある方は、相談してみると良いでしょう。

こんな人におすすめ
・デザインのクオリティを下げたくない方
・ランディングページを複数作成したい方
・今すぐにでもランディングページが必要な方

予算感
ランディングページ制作:3万円~
会社所在地
東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル2階

格安でデザイン力のあるランディングページ制作会社を紹介しました。

見栄えの悪いランディングページは、訪問者がページから離脱する原因となる可能性があります。しかし、高額な費用をかけてデザインにこだわったとしても、費用に見合った成果が出るとは限りません。
重要なのは自社に合った運用方法です。異なる層の見込み客を想定して、ランディングページを複数用意するケースや、広告の予算を多く確保するために、ランディングページの作成費を抑えたいというケースもあるでしょう。
見栄えの良さとコストのバランスを重視する方には、格安でデザイン力のある制作会社がおすすめです。

3.ランディングページ制作を格安で制作するための費用


ランディングページを格安で作成するために、費用の相場や押さえておきたいポイントについて解説します。

3-1.ランディングページ制作の相場


ランディングページ作成の費用は、発注先によって相場が異なります。

フリーランスのデザイナーに発注した場合、10万円以下で発注できることが多いです。ただし、デザイナーによってクオリティに差があるため、実績を確認しておいた方が良いでしょう。
中小規模の制作会社に発注した場合、50万円以下になることが多いです。フリーランスよりもクオリティを担保できる上、大手の制作会社よりも費用を抑えられます。
大手の制作会社に発注した場合、50万円以上と高額になる傾向があります。各分野の専門技術を持つ社員が在籍しており、クオリティの高いランディングページの作成が可能です。

3-2.ランディングページ制作の費用のポイント


ランディングページの作成費用以外にも、考慮すべき費用があります。

ランディングページは、公開後も効果を測定しながら改良していく必要があります。自社にランディングページを運用できる人材がいない場合、発注先に公開後のアフターサポート(LPO)が可能かどうかも確認しておく必要があります。ランディングページ作成を依頼する前に、LPOの見積もりも依頼しておくと良いでしょう。
また、LPOは自社と同じ業界の企業からの受注実績が、多い制作会社に依頼することをおすすめします。理由は、自社の業界でのランディングページ運用のノウハウが蓄積されている可能性が高いためです。

4.ランディングページをつくるメリット5つ


LP制作を依頼する前に、LPを作るメリットを把握しましょう。LPは具体的にどのような効果を持つのでしょうか。

4-1.メリット1:新規ユーザーに幅広くアプローチが可能


LPは広告ページであるため、情報がまとまっています。そのため、LPを広く宣伝することで、新規ユーザーに幅広くアプローチが可能です。

検索エンジンの検索連動型広告やパートナーサイトでのディスプレイ広告に、LPへリンクさせた広告を出稿すると、LPへの流入が見込めます。そして結果的にコンバージョンへ結びつけられる確率が高くなるのです。

webサイトの記事でも広く宣伝することは可能ですが、LPで宣伝するとよい理由については後述します。

4-2.メリット2:ユーザーが知りたい情報を1ページに集約して伝えられる


LPを実際に見るとわかりますが、どの企業のLPも1ページに情報が集約されています。通常のwebサイトでは、サイトを回遊させるため、情報をあえて複数のページにわけて記載する場合もあるでしょう。

しかしLPは、商品に関して興味を持ってもらうコンテンツです。情報を厳選し、ちょうどいいボリュームで集約し、要点を効率的に伝えられます。

LPの商品に興味があるユーザー側も、LPだけ見れば要点がわかるので、コンバージョンに結びつきやすくなります。

4-3.メリット3:ユーザーに見せたい順序で情報を見せることができる


情報を見せる順序は重要です。通常のwebサイトでは、1ページに掲載できる情報量が限られてしまうので、紹介ページは複数に別れがち。そのため、ユーザーは企業側が意図したような順番で情報を参照してくれない場合もあります。

しかしLPでは、情報が1ページにまとまっています。ユーザーはページをどんどん下にスクロールさせていけばよいので、見せたい順番で情報を見せることができるのです。

極端な話、最初にいきなりデメリットを見せ、ユーザーにインパクトを与えるようなこともできるでしょう。

4-4.メリット4:デザイン性が高く訴求力が強い


LPは、下へスクロールして閲覧させる性質上、デザインをあえて崩したものにすることがよくあります。

一般的なwebサイトのデザインは、サイト全体で統一するとユーザーへ違和感を与えにくくできますが、LPでそのような統一されたデザインにしてしまうと、ユーザーは下へスクロールする間に飽きて離脱してしまうことも。

このような理由から、LPのデザインには変化が多く、結果としてデザイン性が高く訴求力が強いものになっています。

4-5.メリット5:ページ離脱率が少ない


ここまでのメリットを総合することで、ユーザーの離脱率を通常のwebサイトよりも少なくできます。そのため、通常のwebサイトよりもLPで宣伝した方が、ページの参照数やコンバージョン率などで良い結果が出やすくなるといえるでしょう。

LPは通常のwebサイトと異なり、奇抜なデザインが使いやすく、説明の順序などでもインパクトをユーザーに与えられます。そのため、一般的なwebサイトよりもページ離脱率が少なくなるのです。

5.ランディングページ制作を依頼する際の注意点4つ


続いて、LP制作会社にLPを依頼する際に注意すべき点について、1つずつ見ていきましょう。

5-1.ターゲット・商材は絞れているのか


LP制作会社に格安で依頼するためには、複数のターゲットに向けて宣伝することや複数の商材を一度に宣伝することは避けるべきです。

LPに掲載できる情報量は限られています。ターゲットを複数設定してしまうと、LPの対象製品のアピールがぼやけてしまいがち。その結果、本来アピールすべきターゲットに対して具体的に訴求できず、関心を持ってもらえないということにもなりかねません。逆にターゲットがしっかりと絞れていれば、ターゲットの周辺層にも効果的にアプローチできることがあるのです。ターゲットはなるべく絞り、効率的なアピールをしましょう。

また、1つのLPで複数の商品を宣伝することも避けるべきです。先ほども記載しましたが、1つのLPに掲載できる情報は限られています。そのため、複数の製品を1つのLPに記載してしまうと、それぞれの商品に対する情報が薄れてしまいます。
クオリティの高いLPを制作するために、必ず宣伝する商品は1つに絞ってLPを制作しましょう。

5-2.ユーザーが求めている情報を把握しているか


ユーザーは、自分のほしい情報を求めてLPを訪れます。そのため、ターゲットとなるユーザーが求めている情報を提示できていないと、ユーザーはLPから早々に離脱してしまいかねません。

その商品を購入するにあたり、ターゲットとなるユーザーが、どのような思考プロセスを経て商品を購入するか熟慮することが大事です。そして、その思考プロセスになるべく沿った順序で情報を与えるようにLPを制作する必要があります。

例えば、脂肪を落とす効果があるといわれるダイエット茶。ユーザーは「楽をして痩せたい」と思っている人が多いはずです。楽をして痩せたい人は、まずその製品を使用して実際に痩せられるのか知りたい人がほとんど。そのため、このようなダイエット製品を販売するLPは、最初に痩せられた人の実績を見せます。実績を見せられることによって、ユーザーへ製品の効果を具体的に示せます。

このように、ターゲットとなるユーザーの思考プロセスに沿ってLPを制作することが大事です。

5-3.制作会社の実績は自社の業界とマッチしているのか


各業界には、経験者しかわからない情報が少なからず存在します。そのため、LPを通して商品をより売れるようにするためには、これから売りたい商品にマッチした実績を持つLP制作会社へ依頼することが必要不可欠です。

例えば、プロテイン。よくLPを経由して購入される商品の1つです。プロテインを買う際に重要なのは、筋肉をつけたいのか、それとも日々の健康を増進したいのか目的によって種類を選ぶこと。また、たんぱく質以外にも、脂肪の燃焼を助けるアミノ酸など付加価値の高い栄養素が入っていること。美容業界に知見をもつLP制作会社であれば、このような重要な点を見抜き、ターゲットとなるユーザーに訴求できることが多いでしょう。

反対に、美容業界に詳しくないLP制作会社は、このような強調すべきポイントについての知識や意識が薄い場合もあります。そのため、LP制作を依頼する場合には、LP制作会社の実績をよく見て、強みのある業界や分野がマッチしているLP制作会社へ依頼することが大事です。

5-4.制作会社にどこまで依頼するのか


LP制作会社に制作を依頼するからといって、LP制作を全て任せてしまうと制作費用がかさんでしまうのは事実。LP制作会社へ依頼する前に、自社でできることはないか検討しましょう。自社で対応できる可能性がある項目は、例えば次のような項目です。

【まとめ】ランディングページ制作は格安でも効果大!


今回お伝えしたLP制作会社は、格安で依頼できるところばかりです。しかしながら、制作されたLPのプロモーション効果は絶大で、次のような成果があがっています。

・月平均売り上げと比較して2100%の売り上げ達成
・4年間の売り上げ平均伸び率200%アップ
・製作後、受注数が激増

ランディングページは格安で作成したとしても、その効果は計り知れません。

また、ランディングページだけでなく、webサイト全体の設計・製作もできる会社がほとんど。予算に余裕があれば、まとめて発注するとWebサイトのテイストにまとまりが出ます。みなさんもぜひLP制作を依頼して、売り上げアップを達成していきましょう。

「自社にぴったりなweb制作会社を知りたい!」とお急ぎの方は、ぜひアイミツにお問合せください。あなたのニーズをしっかりヒアリングしたうえで、最適な会社をご提案いたします。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

ランディングページ 格安のホームページ制作会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

ランディングページ 格安でホームページ制作会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

web・デザイン制作とは、コーポレートサイトやプロモーションサイト、ECサイトなどのwebデザインやページ制作を行うことで、歴史の浅い業界ながらも数多くの会社が存在します。まずは制作したいサイトがどのようなものなのか、企画から依頼するのかデザインだけを依頼するのかなど外注範囲を明確にした上で、会社の得意分野や実績、業務内容、担当者の実績や相性などに注目し、自社に最適な制作会社を選択しましょう。料金が安いからという理由で選んでしまうと、クオリティが低かったり、オプション等で結局高く付く場合がありますので、サイト制作から制作後のアフターフォローまで含めたトータルコストがいくらになるのかを比較するようにしましょう。

ホームページ制作会社が
最短翌日までにそろう