無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

動画制作・映像制作会社の費用相場が
いますぐわかる!

料金シミュレーションをスタート>
更新日:2022年10月17日

YouTube動画制作の平均費用と料金相場|内訳や仕組みも解説!【2022年完全版】

Google Japanの発表によると、YouTubeの利用者数は全世界で20億人以上。18歳~64歳のネットユーザーのうち、8割以上がYouTubeで配信されている動画を視聴し、世界における一日当たりの再生時間はトータル10億時間以上にのぼります。
この記事では
・YouTube動画の制作を外注する際にかかる費用とその内訳
・コストを抑えるコツ
・依頼先選びのポイント

などについて紹介していきます。



人イメージ


YouTubeの動画制作でお困りの方へ
私たちコンシェルジュがアドバイスします!アイミツでは完全無料で動画制作・映像制作会社の一括見積もり・比較も可能です!費用に関する相談や会社探しの手間を減らすお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!



費目別に見るYouTube動画制作の費用の相場

費目別(工程別)の費用の相場についてご紹介します。

費目別に見るYouTube動画制作の費用の相場
費目 平均的な相場
企画・構成費 5万~15万円
撮影費 3万~10万円
編集費 3万~8万円
音響・ナレーション費 3万~8万円
その他オプション費用 広告予算…月額3万円程度~ YouTubeのアカウント運用費…広告予算の20%前後

こんな動画制作・映像制作会社を探していませんか?

企画・構成費

YouTube動画の用途やクライアントの要望をもとに、構成を決めていく際にかかる費用です。

制作プロジェクトのベースとなる部分で、動画のコンセプトやシナリオはもちろんのこと、撮影の進め方、音響効果・ナレーションの有無なども基本的にはこの段階で決まります。多くの制作会社では専任の映像ディレクターが担当しています。

企画・構成費の相場は5万~15万円前後。企画・構成で決めた内容は台本や絵コンテに落とし込まれるのが一般的ですが、YouTube動画のほとんどは3分以内、長くてもおおむね10分以内に収まるため、本格的な構成台本が必要になるケースはそれほどありません。

また、手持ちの映像や静止画を利用する場合などは、絵コンテ作成が省かれるケースもあります。そのため、ほかの動画制作(企業プロモーションビデオなど)と比べると費用の相場は安めです。

撮影費

ディレクターが決めた動画全体の企画・構成をもとに撮影を進めていく際にかかる費用です。

前述のとおり、撮影スタッフ(カメラマン、照明、音声、アシスタントなど)の人件費と、撮影に使う機材費が含まれますが、YouTube動画の場合、撮影は1時間~半日程度に収まることが多く、場合によってはスタッフ1人~2名で進めることも。

また、機材についても特別な場合を除いてハイスペックなカメラや照明機材は必要なく、本格的なプロモーションビデオの制作などと比べるとやはりコストは抑えられます。
半日程度の撮影で3万~10万円前後が一般的な相場です。

編集費

撮影が済んだあと、撮影された映像から無駄な部分を省き、カットをつないで作品として仕上げていく際にかかるのが編集費です。編集作業にはAdobe「Premiere」、Apple「Final cut」といった映像編集ソフトが使われ、テロップなどもこの段階で挿入されます。

主な編集工程としては
・テロップの挿入
・効果音の挿入
・画像・イラストの挿入
・アノテーションの挿入
(=他コンテンツのリンクボタンやテキストを挿入することで関連動画やサイトに遷移)
などが存在し、多くの工程を必要とするとその分費用もかさんでいきます。

編集費の一般的な相場としては、尺が3分程度のYouTube動画で3万〜8万円前後

最近では撮影を行なわず、手持ちの動画素材の編集作業だけを請け負う制作会社も増えており、そうした会社にスライドショー形式の動画などの編集を依頼する場合、さらにコストを抑えることも可能です。

音響・ナレーション費

編集し終わった動画にBGMや効果音、ナレーションなどを加えていく際にかかる費用で、一般的な相場としては3万~8万円前後です。

通常の映像制作の音入れと同様、Webサイトなどで配布されている無料の音源を使うことでコストを抑えられます。

その一方、JASRAC(日本音楽著作権協会)が管理している楽曲を使う場合はその使用料(おおむね5,000円前後)、声優を起用してキャラクターボイスを吹き込む場合や、外部のスタジオで録音をしたりする場合は、相応のギャランティやスタジオ利用料がかかるので注意しましょう。

その他オプション費用

制作した作品を動画広告としてYouTubeで配信する場合、動画自体の制作費とは別に広告費やYouTubeアカウントの運用費がかかります。

広告費(広告予算)に関しては最低出稿金額の制限はなくスモールスタートすることが可能。一般的に競合の少ないローカルビジネスで月額3万円前後、初めてYouTube広告を出す中小〜中堅企業は月額10万〜20万円前後に設定しているところが多いようです。

一方の運用費用については広告予算の20%前後が相場で、多くの映像制作会社やWebマーケティング会社がこの前後の料金で依頼を受けています。具体的な業務内容は、アカウントの設定や動画広告のアップロード、SNSとの連携、予算管理など。
そのほか、アップロードした動画の効果測定や改善点のアドバイスをしてくれる会社にコンサルティングを依頼し、より効率的に収益に繋げるという選択肢もあります。


実際にご自身の案件の費用がどれくらいかかるのか確認して発注したい、という方は、まず動画制作の料金シミュレーターでシミュレーションしてみてください。アイミツへお問い合わせいただければ、担当コンシェルジュがあなたの発注をサポートします!

見落としがちな費用にも注意

撮影にともなうスタッフの交通費宿泊費は、クライアント側で負担する必要があるので注意しましょう。

また、YouTube広告を配信する場合、前述のとおり制作費+αの費用が発生します。

リスティング広告などと同様、YouTube広告のクリック単価や視聴単価は業・商材によって変わり、たとえば不動産、人材サービスといった業種で中長期にわたって広告を配信すると、制作費を大きく上回るコストがかかることもあるようです。

広告配信を目的にYouTube動画を制作する際は、あらかじめ余裕を持って予算を確保しておくといいでしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • YouTube動画は総じて尺が短く、ハイスペックな機材も必要ないため、
    全般的に費用は安め
  • 企画・構成費の一般的な相場は5万~15万円前後
  • 撮影費の一般的な相場は3万~10万円前後
  • 編集費の一般的な相場は3万~8万円前後
  • 音響・ナレーション費の一般的な相場は3万~8万円前後
  • YouTube広告の予算は月額3万円程度~、運用費は広告予算の20%前後が相場

種類別に見るYouTube動画制作の費用の相場

種類別に見るYouTube動画制作の費用の相場表
種類 一般的な相場
インタビュー動画 (1分~2分前後) 8万~20万円
商品・サービスのPR動画 (2分~5分前後) 30万~80万円
YouTube広告 30万円~(+広告予算、運用費)

ここからはさらに具体的にYouTube動画の種類ごとに費用の相場をご紹介していきます。

インタビュー動画(1分~2分前後)

経営トップのメッセージや新商品の開発エピソードなどをまとめたインタビュー動画。最近では企業の知名度アップや採用ブランディングを目的に、YouTubeの自社アカウントでインタビュー動画を配信する企業が増えてきました。

こうしたインタビュー動画はおおむね1分~2分程度の尺に収まることが多く、複雑なカット割りなども必要ありません。おのずと撮影・編集の工数も抑えられ、限られた予算でも十分制作できます。

一般的な制作費の相場としては8万~20万円ほど。カメラや三脚があれば、自社で撮影を済ませることによってさらにコストを抑えることも可能です。

商品・サービスのPR動画(2分~5分前後)

商品・サービスの販促を目的としたプロモーション動画の場合、限られた時間のなかで商材の持つ魅力や特徴をわかりやすく伝えるため、シナリオや構成にも工夫が求められます。

多くの場合、テロップやナレーションの挿入は必須。また、実写が難しい無形商材(業務用システム、クラウドツールなど)では、一部をアニメーション化したりする必要もあるため、インタビュー動画などと比べると制作費はやや高くなります。

一般的な相場としては、2分前後の尺のシンプルなプロモーション動画が30万~35万円前後カット数が多く、アニメ―ションやエフェクト(視覚効果)などを組み合わせた動画が40万~80万円前後です。オリジナル音源やCG制作の有無などによっても制作費は変わってきます。

YouTube広告

YouTube広告の長さに制限はないものの、10分を超えるような長尺の動画は視聴者に避けられる傾向があります(※YouTube公式サイトも3分以内を推奨)。

加えて、メインのTrueViewインストリーム広告(動画コンテンツの冒頭などに挿入される広告)は最初の5秒以降、ユーザーが自由にスキップできる仕様になっています。

つまり、YouTube広告で効果を出すためには、冒頭の数秒間で視聴者を惹きつける工夫が不可欠。短い尺でも制作会社には企画力・表現力が求められ、撮影や編集の手間は当然費用にも反映されます。

広告動画の費用の相場は30万円前後を中心に、内容によっては50万円を超えることも。前述のとおり、制作費以外にクリックや再生によって消化される広告予算、運用費も必要です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • インタビュー動画の費用の相場は8万~20万円前後
  • 商品やサービスのプロモーション動画の相場は30万~80万円前後
  • YouTube広告の費用の相場は30万円~。別途広告予算や運用費も必要

YouTube動画制作の費用の算出方法

YouTube動画の制作費用がどのようにして決まるのか見ていきましょう。

一般的な映像制作と同様に、YouTube動画の制作費用の内訳は企画・構成費撮影・編集費に大別することができます。

一般的な相場としては次章の表のとおり。最近ではYouTube動画の制作に力を入れ、中小企業向けの廉価なプランを用意する映像制作会社も増えているようです。

アイミツでの取引事例

ここでは実際にあった取引事例をご紹介します。
YouTube用の動画制作には実際どのような費用がかかるのでしょうか。
下の表は、ある会社が提案した見積もりの内訳です。

費目 単価
動画撮影 100,000円
動画編集 50,000円
サムネイル作成 5,000円
youtube用オープニング作成 50,000円
BGM
50,000円

このようにYouTube用の動画制作には通常の動画制作では発生しない費用がかかることがあります。
ご自身の動画制作がいくらでできるのか気になりましたらこちらからお問い合わせください!

こんな動画制作・映像制作会社を探していませんか?

アイミツで「時間」「コスト」の無駄を解消

ここからはアイミツで発注先を探すことの3つメリットについて説明します。

完全無料で利用できる

お客様の負担は0円。費用は一切かかりません。発注に至った際にも諸費用をご請求することはございません。

最短翌日までに複数社の見積もりを比較できる

コンシェルジュがヒアリングを行った上で、最適な発注先をご紹介します。

発注での失敗を削減

ヒアリング内容を踏まえて、最新のAIシステムを活用して発注先の選定をするため、会社選びのミスをなくすことができます。

アイミツのメリットを簡単にご紹介しました。発注初心者の方でも安心して利用できるような体制を整えていますのでお気軽にお問い合わせください。

こんな動画制作・映像制作会社を探していませんか?

なぜ価格が違う?価格差の出る理由

YouTube動画の場合、年々ニーズが高まるなかで制作会社同士の競争も進んでおり、各社の制作費にもそれほど大きな差はありません。動画の尺や内容が同程度なら、おおむね上記の表の範囲内に収まるはずです。

そうしたなかで複数の映像制作会社から見積もりをとって金額差がある場合は、運用費などが含まれている可能性があります。動画をつくる目的を念頭に置き、不要なオプションサービスが含まれていないか確認するようにしましょう

できるだけ費用を抑えるためには

制作費を抑える方法の1つは、写真やイラストをもとにしたスライドショー作成サービスを利用すること。厳密には動画とは言えないものの、撮影の手間・コストを省いて動きのあるコンテンツを形にできます。

また、インタビュー動画などの場合、人手と時間に余裕があれば撮影を自社で済ませて素材データを持ち込み、編集作業だけを依頼することで大幅にコストをカットすることが可能です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 映像制作会社同士の競争が進んでおり、各社それほど大きな料金の違いはない
  • 見積もり金額に差がある場合は、
    オプションなどが含まれている可能性があるので要確認
  • 費用を抑えたい場合、
    写真やイラストをもとにしたスライドショー形式にするのも1つ
  • インタビュー動画などの場合、
    自社で撮影を済ませて編集だけを外注するのも効果的

実際にYouTube動画制作の料金表を調べてみた

YouTube動画の制作料金を公開している映像制作会社を見つけたので、参考までにご紹介します。

株式会社A
費目 料金
プロモーション動画制作 30万円~
YouTube動画の編集 7万5,000円
YouTubeアカウントの運営 月額5万円~
株式会社B
費目 料金 備考
コミコミ安心制作パック 10万円 動画3分以内 撮影2時間以内
ビジネスプラン 30万円 動画10分以内 撮影6時間以内
株式会社C
費目 料金
動画制作 30万円~
YouTubeアカウントの運営 月額5万円~

こんな動画制作・映像制作会社を探していませんか?

YouTube動画制作に関する費用の具体事例

関連する費用事例です。様々な企業の実績をベースに費用事例として紹介しておりますのでぜひご覧ください。

【51万円~100万円】 アイティアスリート様|採用動画

業界
ITインフラ
発注者規模
10-25人未満
納期
1か月程度
オプション業務
サムネイル作成
テロップ
ディレクション
絵コンテ制作
実績企業
クレディット(カルチュアルライフ株式会社)
アイティアスリート様|採用動画
課題
事業がどんどん拡大していく中、人材採用のサイトで「動画を使ったPRがあれば、さらに効果的です」というお話を伺い、
会社のブランディングにもなると思い、動画制作をお願いできる会社を探していました。
解決
クレディットさんは、非常にこちらの要望をよくヒアリングしてくれ、1を伝えれば10のリサーチ・アウトプットをしてくれているように感じました。
動画のクオリティにも大変満足しており、さっそく採用サイトに動画を使用しています。
効果
まだまだ小さな会社ですが、動画の力は絶大で、やはり「(広告に予算がとれるほど)ちゃんとしている」「しっかりしている」という印象を与えられていると思います。
事実、求人数はかなり増えており、いい人材の獲得に大変貢献していると思います。
対応できる類似企業を探す

【101万円~300万円】 【堺市】 SAKAI NOW ON SALE!!

業界
官公庁・公社・団体
その他
発注者規模
3,000人以上
納期
2ヶ月
オプション業務
コンサルティング
動画広告運用
キャスティング
サムネイル作成
タレント起用
テロップ
ディレクション
ナレーション
動画マーケティング
絵コンテ制作
実績企業
株式会社GoGoMarke
【堺市】 SAKAI NOW ON SALE!!
課題
大阪、堺市の知名度をあげつつ、街の良さをアピールし、移住してくる人を増やしたいということが課題。
解決
YouTubeチャンネルで、MV風、アニメ、アイドル起用等、様々なタイプのプロモーションムービーを配信することを提案。動画の企画、キャスティング、アニメーション、演出、編集などすべてをプロデュース。
またYouTubeチャンネル運用のコンサルティングも行った。
効果
YouTube上で、想定以上の再生数を記録し、チャンネル登録者数も増加した。
移住や子育て環境についての問い合わせも増えた。
対応できる類似企業を探す

【601万円~1000万円】 【バズる広告動画】職場のゾンビ篇

業界
メーカー(その他)
化学
発注者規模
3,000人以上
納期
2ヶ月~3ヶ月
オプション業務
コンサルティング
動画広告運用
キャスティング
タレント起用
テロップ
ディレクション
ナレーション
動画マーケティング
絵コンテ制作
実績企業
株式会社GoGoMarke
【バズる広告動画】職場のゾンビ篇
課題
新規立ち上げのブランドなので、まずは知名度を上げていきたい。また独自の機能の理解を促したいということが課題。
解決
ブランド認知を高めるということで、商品機能の訴求だけでなく、エンタメ性の高い動画で拡散を狙うことを提案。
ホラー映画風の広告動画を制作した。動画の企画、キャスティング、演出、撮影、編集のすべてを担当。
配信についてのコンサルも行った。
効果
配信予算が十分でなかったが、動画のエンタメ性を追求したことで、YouTubeでのオーガニックの再生数が広告の再生を上回って、コストパフォーマンスに大きく寄与した。動画はおもしろ動画としてバズり、配信から1ヶ月で30万再生を記録した。
対応できる類似企業を探す

【51万円~100万円】 堺市チャンネル 子育てRPG篇

業界
官公庁・公社・団体
その他
発注者規模
3,000人以上
納期
3ヶ月
オプション業務
コンサルティング
動画広告運用
イラスト作成
キャスティング
テロップ
ディレクション
ナレーション
動画マーケティング
絵コンテ制作
実績企業
株式会社GoGoMarke
堺市チャンネル 子育てRPG篇
出典:堺市
課題
大阪、堺市の知名度をあげつつ、街の良さをアピールし、移住してくる人を増やしたいということが課題。
解決
YouTubeチャンネルで、MV風、アニメ、アイドル起用等、様々なタイプのプロモーションムービーを配信することを提案。動画の企画、キャスティング、アニメーション、演出、編集などすべてをプロデュース。
またYouTubeチャンネル運用のコンサルティングも行った。
効果
YouTube上で、想定以上の再生数を記録し、チャンネル登録者数も増加した。
移住や子育て環境についての問い合わせも増えた。
対応できる類似企業を探す

【101万円~300万円】 【ライオン】こどもの歯磨き嫌いはママのせい?

業界
流通・小売(その他)
メーカー(その他)
発注者規模
3,000人以上
納期
2ヶ月~3ヶ月
オプション業務
コンサルティング
キャスティング
タレント起用
テロップ
ディレクション
ナレーション
動画マーケティング
絵コンテ制作
実績企業
株式会社GoGoMarke
【ライオン】こどもの歯磨き嫌いはママのせい?
出典:ライオン
課題
子供を持つママをターゲットに子供への歯磨き啓蒙をPRしたいということが課題。
解決
ターゲットであるママに子供の歯磨きに対する不安や不満をヒアリングし、企画、構成を立案。
動画の企画、演出、編集のすべてをプロデュース。
効果
公開一ヶ月で300万再生を達成。オールマスコミライオン会でライオン賞(最優秀賞)広告電通賞を受賞。
対応できる類似企業を探す

失敗しない動画制作会社選びのためには

最後に動画制作会社を選ぶ際のポイントについてご紹介します。
のちのち後悔しないためには具体的にどんな点に気をつけるべきなのでしょうか?

自社に見合った制作会社を選ぶ

スマホや小型カメラ、動画編集アプリなどの普及によって、YouTube動画の制作はぐっと身近なものになりました。
あわせてプロモーションツールとしての動画も定着し、以前のように「動画だから」といって注目を集めたり、飛躍的にコンバージョンが高まったりすることもありません。

そうしたなかで、見栄えにこだわりすぎたりして必要以上の予算をかけるのはナンセンス。YouTube動画はあくまで販促や集客の手段の1つとしてとらえ、動画の目的、予算、事業規模に見合った制作会社を選びましょう

動画の配信・運用に目を向ける

前述のとおり、ここ数年は動画を配信するだけで具体的に成果に結びつけていくのは難しくなってきています。
とりわけ広告の場合、成果を高めるためには効果測定や予算の調整、動画そのものの見直し・改善といった運用面での打ち手が欠かせません。

依頼先を決める際はそうした点も視野に入れ、運用面のサポートが充実している動画制作会社を選びましょう
たとえばYouTubeに加えて、インスタ、Facebookなどのアカウント管理や投稿まで請け負ってくれる会社なら、自社で対応する手間を省きつつ、多角的な成果が見込めるはずです。

【まとめ】会社選びで迷ったらアイミツへ

今回はYouTube動画の制作費用の相場を中心に、コストを抑えるためのコツや動画制作会社選びのポイントをご紹介しました。みなさまのご参考になれば幸いです。

なお、アイミツでは動画制作に精通したコンシェルジュがみなさまからのご相談を無料で承っています。
依頼先選びに迷っている方、「もっと具体的に費用のことが知りたい」という方は、ぜひ動画制作の料金シミュレーターで一度相場をご確認ください。
また、「一括見積をする」ボタンからご相談いただければ、アイミツのコンシェルジュがあなたの発注先探しをサポートします!

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連する動画制作・映像制作会社一覧

YouTube動画に関連する記事

YouTube動画に関連する記事一覧を見る