電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

動画制作・映像制作会社を選定する際のポイント

目次

数ある動画制作会社の中から適当に決めて制作したら満足いくようなものに仕上がらなかった、なんて方も多くいるのではないでしょうか。

料金、納期といった、わかりやすい要点をはじめ、動画の完成度や提案力、企画力など選ぶ基準はさまざまあります。

こちらの記事では動画制作・映像制作会社を選定する際のポイントをまとめました。その中でも重要な4つの選び方を厳選。動画制作・映像制作会社に初めて依頼するという方は是非参考にしてみてください。

1.得意分野・実績・経験を確認する

重点を明確に、こだわるポイントで業者を選定!

映像・動画制作はおおまかに以下の流れで行われます。


企画書、台本の作成
撮影
映像・動画編集
音楽・ナレーションの収録

会社によって企画から映像編集までトータルで対応可能な会社もあれば、映像デザインが得意な会社、撮影技術が優れている会社など様々で、それぞれ得意とする映像の種類や技術が異なります。さらに、不動産関係の映像に強い会社やアパレルに強い会社など、それぞれ得意な業界もあります。まずは社内で何のための映像制作なのか、商品やサービスの知名度をあげたいのか、イメージアップをしたいのか、売上を30%アップさせたいのかなどを明確にし、これまでの制作実績から適する会社をピックアップすると良いでしょう。

また、会社によってクオリティや納品スピード、費用なども大きく異なります。とにかくクオリティにこだわりたいのか、スピーディーな納品が必要なのか、費用をできるだけ抑えたいのか、あるいは長期的に付き合える信頼できる会社がいいのか、など最も重視する点を明確にしておくことで、よりスムーズに適した会社を見つけることができるでしょう。

2.優秀なディレクターがいるか

良し悪しはディレクターの腕次第、優秀なディレクターの在籍確認!

前述の通り、どのような会社かを判断するには制作実績を確認することが重要ですが、そこで注目したいのがその作品を実際に作ったディレクターです。映像作品の良し悪しはディレクター次第と言っても過言ではなく、過去の実績に素晴らしい作品があっても、その作品を担当したディレクターがすでに会社にいなければ同じクオリティの映像を望むことはできないのです。そのため、実績の中に気に入った作品があった場合は、担当のディレクターは在籍しているか、仕事を依頼することはできるかなどを確認するようにしましょう。また、特に過去の実績に気になる作品があるわけではないという場合でも、所属するディレクターの経歴を確認し、きちんと経験を積んだベテランであるかどうかをチェックしましょう。

3.本当に実力のある会社か

ドキュメンタリー作品を参考に、素の実力をチェック!

最近はデジタル編集のおかげで一見派手に見える映像が簡単に制作できるようになっています。デジタルワークで飾り立てる映像は一見美しく見えますが、映像の基本ができていなくてもソフトさえあればできるため、このような作品だけを見て会社の実力を判断するのは危険です。ドキュメンタリーなど、あまりデジタルワークを使っていない作品を確認し、素でどれだけ勝負できるのかをチェックすると良いでしょう。

4.信頼できるか

問い合わせの対応や、打ち合わせで信頼できるか確認を。

映像制作は決して安い買い物ではないため、できる限り信頼できる会社に依頼したいものです。上記のように会社の制作実績やディレクターの質を確認することはもちろんですが、その他、電話やメールでの問い合わせ、実際の打ち合わせなどを通して以下のような点をチェックすると良いでしょう。

・電話での対応は良いか
・メールの返信は迅速か
・説明はわかりやすいか
・実際に合った際の印象は良いか
・対応可能なことだけでなく、対応が難しいことについても話してくれるか
・要望や相談を親身になって聞いてくれるか

まとめ

今回は動画制作・映像制作会社の選定ポイントと注意点についてご紹介しました。

動画制作・映像制作会社を選定する際に気をつけることは、自社が制作したいシステムの内容と依頼会社の強み、得意分野とが合致しているのか確認することが基本となります。

自社にノウハウがなくとも、企画力・提案力を強みとし、アフターフォローも充実している動画制作・映像制作会社であれば、安心して依頼できるでしょう。

アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う動画制作・映像制作会社の情報を多数保有しております。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。