動画制作・映像制作会社を
お探しですか? PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

動画制作・映像制作発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アニメーション動画制作の種類・流れ・費用などを徹底解説

更新日:2024.01.24

表現が多彩で視聴者に分かりやすい形でPR可能なアニメーション動画は、企業にとってもさまざまな場面で効果をもたらします。そこでこの記事では、アニメーション動画の種類やおすすめの動画制作会社を徹底解説。さらに、企業がPRにアニメーション動画を選ぶメリット、自社制作と外注の比較、気になる費用相場やアニメ動画制作のコツに至るまで、事前に知っておくと役立つ情報を分かりやすくまとめます。

PRONIコンシェルジュ 横島
PRONIコンシェルジュ 横島

アイミツコンシェルジュの横島です。
動画制作会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!さらに、アイミツでは完全無料で動画制作会社の一括見積もり・比較も可能です!会社探しの手間を減らすお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページについて

このページについて
ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、現在は変更になっている場合があります。また、ご依頼内容や納期等の条件によって案件の難易度が変化するため、当ページで紹介されている企業へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
PRONIパートナーとは
PRONIアイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

アニメーション動画の種類

一口に「アニメーション動画」といっても、実はその種類は10種類以上存在しています。もちろん種類ごとに特徴は異なりますし、メリット・デメリットもさまざま。大切なのは表現方法ごとの違いを理解した上で、目的や用途に合わせて適した表現方法を選択することです。そこでまずは、アニメーション動画の主な表現方法12種類をピックアップし、メリットやおすすめの用途などを解説しますので、順にチェックしてみましょう。

スライドショー

スライドショーは、枚数の少ないイラストをつなぎ合わせたタイプのアニメーション動画です。文字どおりイラストをスライドさせる形の編集で済むため、近年では、マンガにちょっとした動きを付けてアニメーションのように見せる「マンガ動画」として活用されるケースも増えており、低予算でPRや商品・サービス紹介した場合におすすめです。

イラストアニメーション

イラストアニメーションは、イラスト内のキャラクターの首が動く、手を上げ下げするなど、部分的に簡単な動きを加えるタイプのアニメーション動画です。わずか数枚のイラストでアニメーションとしての表現が可能となるため難易度が低く、親しみのある印象を与えられるのがメリットです。音声や文字で伝える情報に集中してもらいたい際に有効で、視覚に与える情報をなるべくシンプルに抑えたい場合におすすめの表現方法です。

キャラクターアニメーション

キャラクターアニメーションとは、文字どおりキャラクターを中心に展開する表現方法です。人や動物などをモチーフにした特定のキャラクターをメインに据えることで、視聴者に親近感を与えられるのが大きなメリットです。また、自社のイメージキャラクターなどがいる場合に相性の良い表現方法で、オリジナルのキャラクターを中心にアニメーションを展開することで認知アップやブランディング効果に期待できます。

ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションとは、ホワイトボードや黒板などに手書きで絵や文字を書きながらアニメーションを進行させる表現方法です。手書きで絵や文字が徐々に描かれることから「次は何が出てくるのか?」という視聴者の期待感を高められる効果があります。また、情報を順番に紹介できることから、学習コンテンツやレビュー、時系列に沿った情報の紹介(施術)などと相性が良く、順序立てて視聴者に情報を届けたい際におすすめです。

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスとは、文字やとロゴ、イラストといった静止画の素材に動きと音を付ける表現方法です。単なる文字や静止画と比べて視聴者の興味をそそることができるだけでなく、動きを付けて表現の仕方を工夫すれば、インパクトのある印象深い動画となります。個性を出しやすいとともに視覚的に情報を分かりやすく届けられるメリットがありますので、短時間の広告やCM、実写では分かりにくいテーマの紹介などに適しています。

タイポグラフィ・アニメーション

タイポグラフィ・アニメーションは前述のモーショングラフィックスの一種ですが、文字に特化したタイプの動画です。文字の色、大きさ、フォントなどを変化させながら動きを付けることによりメッセージ性を込めやすくなり、視覚的にインパクトの高い動画となります。商品・サービスにキャッチコピーがある場合、特定のブランドイメージがある場合などに用いられるケースが多く、文字のみを使った情緒的な表現を行いたいときに便利です。

ストップモーション・アニメーション

ストップモーション・アニメーションとは、静止している物体を少しずつ動かしながら1枚ずつ静止画を撮影し、その静止画を連続して流すことで動いているように表現する方法です。イラストがベースのアニメーションとは異なり写真を用いるのが基本であるため、カクカクした動きが独特の味を出し、視聴者の印象に残りやすいメリットがあります。古くから用いられている手法であるため、中高年をターゲットにすれば懐かしさを感じてもらうことも可能です。

インフォグラフィックアニメーション

インフォグラフィックアニメーションは、「info(情報)」と「graphic(視覚的な表現)」を組み合わせた手法で、イラスト、写真、表、図などを組み合わせたアニメーションです。文字や言葉だけでは理解してもらうのが難しい情報を分かりやすく届ける点がメリットであり、マップや組織図、年表、比較データなど、複雑化した情報を視覚的に分かりやすく説明したい場合に便利な表現方法です。

3Dアニメーション

3Dアニメーションはイラストなどに立体感を持たせて動きを付けることにより、三次元的な見せ方を行う表現方法です。さまざまなアニメーション種類の中でもリアル感が非常に強く、実写に近い形で情報を届けられるのが大きなメリットです。その特性からリアリティが求められる映画やゲームで頻繁に用いられるだけでなく、製品紹介や医療での活用(臓器の説明など)といった幅広い分野で活用されますが、制作コストは高めです。

アイソメトリック

アイソメトリックとは、2D動画でありながら3Dのような表現を可能とする新しい手法です。対象物を斜めから映すような構図で描かれるのが特徴的で、平面では目視できない部分まで可視化できるため、2Dと3Dの間を取り「2.5D」と呼ばれることがあります。低コストで作成できるとともに3Dより低コストなことから、コンセプトやサービス紹介、企業紹介動画など、ビジネスでも幅広く活用されています。

線画アニメーション

線画アニメーションとは、手書きの線画(色は塗らずに線のみで描かれたイラスト・絵のこと)に動きを付ける表現方法です。手書きによる文字やイラストがメインとなるため、親近感や温かみを視聴者が感じやすい点がメリットです。視聴者に親しみやすいイメージを持って欲しい際に有効なのはもちろん、逆に堅苦しいテーマや難しく感じがちなテーマで用いることにより、視聴しやすい動画に仕上げられます。

フルアニメーション

フルアニメーションとは、映画やテレビアニメに使用されるタイプのアニメーションで、動きが非常に滑らかな特徴を持ちます。「アニメ」と聞くと多くの方が一番に連想するタイプの手法であり、ストーリー性のあるテーマに適しています。特に若年層はアニメーションに対して親近感があるため、映画やテレビアニメといった娯楽以外のジャンルであってもビジネスに活用する企業が近年では増えています。

企業がPRにアニメーション動画を選ぶメリット

テレビCMやWeb広告でも頻繁に見けることからも分かるとおり、近年では企業が積極的にアニメーションを活用しています。そこでここからは、企業が動画制作でアニメを活用する主なメリットを紹介します。

制作費用を抑えられる

実写版の動画制作をお考えの方も多いでしょうが、実写映像では撮影が必要となるため、キャスティングや宿泊交通、機材費などさまざまなコストが発生します。一方アニメーション動画では撮影が不要なため、前述のコストを大幅にカットすることが可能となり、トータルコストを抑えやすいメリットがあります。ただし、アニメが長尺の場合は費用がかさむケースもありますので、動画の長さに合わせて検討すると良いでしょう。

表現の幅が広い

実写の場合、当然ながら映せるものは現実世界に存在する被写体に限定されます。一方アニメーションはイラストで自由に好きなものを描くことが可能なだけでなく、アニメならではの演出やエフェクトによって伝えたい情報を効果的に発信できるメリットがあります。また、アニメやイラストを用いることで実写では言いづらいメッセージをマイルドに伝えたり、独自のキャラクターを用いて「企業の顔」として情報発信したりできる点もメリットです。

実写に比べシンプルでわかりやすい

実写では目に見える情報をリアリティに届けられますが、不要な情報まで映り込んでしまうため情報が複雑化してしまうリスクもあります。一方アニメーションの場合、どんな情報を描くのかは作り手が自由に決められるため、伝えたいメッセージのみをシンプルに強調して描くことも容易です。特にマニュアルやサービス紹介など、特定の情報に絞り込んで視聴者に届けたい場合にアニメーションは相性が良いといえます。

再編集しやすい

アニメーションは一度完成したものであっても再編集が容易なため、改善や再利用しやすいメリットがあります。実写動画では内容に修正を加えるために撮り直しが必要なケースでも、アニメーションなら、シーンの追加やカット、セリフの修正など、既存の素材を調整するだけで内容を変えられるケースは多々あります。再編集が容易になると、コストを抑えながら将来的にさまざまな形での活用の可能性を残せますから、長い目で見ても大きなメリットがあるといえるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「PRONIアイミツ」にお問い合わせください。数ある動画制作・映像制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

アニメーション動画を作るなら内製?外注?

アニメーション動画を制作する方法は、自社での内製、動画制作会社への外注、という二つの選択肢があります。どちらが適しているか判断するには、双方の特徴を把握した上で自社との相性を検討するのがおすすめです。そこでここから、「個人・自社制作」「外注」それぞれのメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてください。

個人・自社制作するメリット・デメリット

アニメーション動画の作成はハードルが高いかもしれませんが、近年では動画制作ツール・ソフトが充実しているため、個人もしくは自社制作も可能です。内製化の大きなメリットは、やはりコストを抑えやすい点でしょう。内容によっては外注より安くアニメーションを作成できますし、コミュニケーションコストの削減、外注時に起こる「発注者と制作者のイメージのずれを防げる」といったメリットもあります。一方で内製化の場合は以外にも費用がかさむケースが多く、不慣れな従業員が対応するため制作時間が多くなることから人件費が膨らんでしまいます。また、プロに比べるとスキルや経験は劣るため、クオリティが担保されない点も代表的なデメリットです。

外注するメリット・デメリット

アニメーション動画制作を外注した場合、何といっても豊富なノウハウや経験に基づいてプロが対応してくれるため、「高いクオリティに期待できる」というメリットがあります。また動画制作会社の場合、作業フローが整備されているため無駄なコストがかからないだけでなく、予算に合わせて対応してくれる会社も多いため、結果的に自社制作よりコストを抑えられるケースもあります。一方で全体的に見ると、内製化より費用が高くなる傾向にあるのが外注のデメリットです。とはいえビジネスで動画を活用する場合は効果が発揮されてこそですから、費用対効果を考えてもクオリティが担保しやすい外注がおすすめです。

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

アニメーション動画制作の流れ

個人・自社で制作するにしても、外注するにしても、動画制作の流れを事前に知っておけば失敗のリスクは軽減できますし、スムーズな動画制作に役立てられるでしょう。そこでここからは、「個人・自社で制作する場合」「外注する場合」それぞれのアニメーション動画制作の流れを解説します。両者の違いを比較しながら、どちらの方法が自社に適しているのか検討する際の情報に役立ててください。

個人・自社で制作する場合の流れ

個人・自社でアニメーション動画を制作する場合の流れをまとめます。

1.企画・シナリオ作成
アニメを制作する目的やターゲットを明確化し、「どのようなアニメに仕上げるのか」を決める。その後、大まかなストーリー、世界観、登場させるキャラクターやデザインのイメージなどを固める。

2.コンテ作成
企画内容をもとに、ストーリーの内容や流れを絵で表す「絵コンテ」を制作する。

3.原画作成
アニメーションの動きの元となる原画を作成する。全てのイラストを描くのではなく、ポイントとなる部分だけ作成し、次の工程で間を埋める。

4.中割り作成
原画と原画の間に入る中割りを作成する。中割りと原画を組み合わせたものを連続して映すことでアニメーションとして完成する。

5.編集
編集ソフトを使って原画と中割りをつなげて動画の形にまとめる。作業には編集ツールを用いるが、色彩調整や音声の挿入など、アニメーション編集全般の作業に対応しているツールがおすすめ。

外注する場合の流れ

アニメーション制作を外注する場合の流れをまとめます。

1.企画
制作会社と動画制作の目的やターゲット、動画の長さ、アニメーションのテイストなどを詰める。

2.シナリオ・コンテ作成
企画内容に則り、台本となるシナリオや絵コンテを作成する。

3.素材・イラスト作成
アニメーションに用いるキャラクターや背景などの素材・イラストを作成する。一度決定したイラストの書き直しや修正は難しい場合が多いため、念入りにチェックしておく。一枚のイラストで判断するのではなく、複数の絵コンテから全体的な流れを重視してチェックするのがポイント。

4.ナレーション・BGMの決定
アニメーションに挿入するナレーションとBGMを編集前の段階で決めておく(ナレーションやBGMに合わせてイラストを動かした方がイメージのずれが生じにくいため)。

5.編集
イラストをつなげてアニメーション化する。テロップや字幕、ロゴなどもこの段階で適宜挿入する。

6.MA(音入れ・ナレーション)
セリフや効果音をアニメーション内に入れる。

7.試写
納品前に行われる発注者側での完成品チェック。

動画制作の流れは、以上の通りです。更に詳しいステップを知りたいという方は、ぜひ以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

アニメーション動画制作の費用

まずはアニメーション動画を外注した場合の費用相場を、費目別に一覧表でまとめましたのでチェックしてみましょう。

アニメーション動画制作の費用
費目 費目
制作費(絵コンテ、グラフィック、アニメーション)   10万~80万円
音響・ナレーション費 5万~20万円
その他オプション費用 声優のアテンド:2万円~
スタジオ利用料:2万~3万円
販促物の制作:2万~8万円  

では次に、種類別のアニメーション動画制作費用の相場をご紹介します。

・製品やサービスPR用:15万~50万円
・ストーリー仕立て:80万円~


この費用相場は平均的な相場であり、実際の費用は表現方法(3DCG、フルアニメーションなど)や動画の長さによって変動しますが、既存のイラストを利用する、イラスト枚数が少なくい表現方法で制作する、といった方法によりコストを抑えやすくなります。PRONIアイミツなら、簡単に複数社の相見積もりを取得して比較検討できますので、コスト比較や適正価格を知りたい場合はお気軽にご相談ください。

また、更に詳しく動画制作・映像制作の費用を知りたいとう方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

格安でアニメーション制作ができる動画制作・映像制作会社4選

ここでは、アニメーション制作を格安で依頼できる動画制作・映像制作会社4社ピックアップしてご紹介します。コスト重視の場合でもお金をかけて動画を制作する以上は、それなりの成果が期待できることを大前提に考える必要があります。各社の特徴や強みを比較しながら自社との相性を吟味し、会社選びに役立ててください。

株式会社ウェブデモ

株式会社ウェブデモの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社ウェブデモ http://webdemo.co.jp/

こんな人におすすめ ・アニメーション動画の制作ツールをお探しの方
・無料版でツールの使い勝手を試したい方
・低コストでアニメーション制作を内製化したい方  
VYOND 製品紹介動画


ウェブデモは神奈川県茅ヶ崎市に所在する動画制作会社です。大きな特徴は、ビジネスアニメーション動画制作やPR動画制作などを誰にでも簡単にアニメーションが制作できるツール「VYOND(ビヨンド)」をVYOND日本認定パートナーとして提供している点。14日間の無料体験版が付いており、価格は1年間で17万円(税抜)~とリーズナブルに設定されているため、低コストでアニメーション動画制作を内製化したい方におすすめです。

予算感 アニメーション動画制作ツール:1年間17万円(税抜)~
設立年 1973年
受賞歴 『YouTube 投稿&集客で稼ぐ!コレだけ!技』
取引先情報 富士通株式会社
ソニー株式会社
キヤノン株式会社
シャープ株式会社  
会社所在地 茅ヶ崎市共恵1-4-14 T&Sチガサキ 303
電話番号 0467-58-0365

株式会社フラッグシップオーケストラ

株式会社フラッグシップオーケストラの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社フラッグシップオーケストラ https://movi-lab.com/

こんな人におすすめ ・できるだけ費用を抑えてアニメ動画の制作を行いたい方
・なるべく早くアニメ動画を制作したい方
・ビジネスで動画広告を活用したい方

掲載実績・事例(85件)

フラッグシップオーケストラは、東京都港区の映像映像制作会社です。「動画制作をもっと安く、大量に。」をコンセプトとする動画制作サービス「ムビラボ」を運営しています。業界トップクラスの格安料金とスピード対応に特徴があり、30秒までのアニメーション制作は3万円から、プロによるナレーション収録も1万5,000円から請け負っています。また動画を制作して終りではなく、効果測定まで合わせて依頼できるのも特徴です。

予算感 アニメーション動画制作:3万円~
設立年 2014年
従業員数 30-99人
会社所在地 東京都港区芝5-3-2 +Shift Mita B1F
電話番号 03-6455-7099

出典:YouTube 株式会社トゥーワンラボ様_サービス紹介動画(サイネージ用動画) https://www.youtube.com/watch?v=JUH7uUM-R3s&t=7s

株式会社トゥーエイト

株式会社トゥーエイトの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社トゥーエイト https://koetatsu.com/

こんな人におすすめ ・ナレーション込みの格安アニメーション動画制作サービスをお探しの方
・プロに台本や絵コンテ作成をサポートして欲しい方・多言語対応のアニメーションを制作したい方  

東京都渋谷区に本社を構えるトゥーエイトは、格安のアニメーション動画制作サービス「動画の達人」を提供しています。料金は30秒以下の長さの場合、動画制作費+ナレーション収録費込みで34万円(税抜)~とリーズナブルに設定。価格が安いだけでなく、プロの構成作家・放送作家による台本の作成、多言語対応、台本・絵コンテ作成費無料など、お得な特典が豊富に整っている点も見逃せません。

予算感 アニメーション動画制作サービス(30秒動画):34万円(税抜)~
設立年 2008年
従業員数 30-99人
取引先情報 株式会社電通
株式会社博報堂
株式会社KADOKAWA
花王株式会社  
会社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-1-12 フロンティア恵比寿4F
電話番号 03-6412-4028

Givee株式会社

  • PRONIパートナー
Givee株式会社の動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:Givee株式会社 https://givee.co.jp/

こんな人におすすめ ・なるべくアニメーション制作にかかる費用を抑えたい方
・アニメーション制作と動画マーケティングをセットで依頼できる会社をお探しの方
・まずはお試しで30秒ほどのアニメーション制作を依頼してみたい方

Giveeは、東京都豊港区にある映像・動画制作会社です。「勝ちに繋がる価値を生む。」をコンセプトに企業向け動画制作サービスを提供。特にアニメ動画事業とSNS事業に強みを持っています。
料金プランは、様々なニーズに応えるため、「ライト」「スタンダード」「アドバンス」の3種類を用意。最もリーズナブルなライトプランは、15万円~30万円という格安料金でありながら、ナレーションありの映像を撮影から編集まで依頼することができます。

予算感 ライト 15万円~30万円
スタンダート 30万円~100万円
アドバンス 100万円~
設立年 2020年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都豊島区西池袋1-38-1池袋YSステージパートⅡ5階

サービス

出典:YouTube 【サービス紹介映像制作】Youtube運用支援ならムビくん! アニメーション動画 モーショングラフィックス企業CM https://www.youtube.com/watch?v=CEJpEijW0fc&t=1s

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

ビジネスアニメーションが得意な動画制作・映像制作会社2選

ここでは、ビジネスアニメーションが得意な動画制作・映像制作会社を2社厳選して紹介します。会社紹介や採用、ブランディング、BtoBなどのジャンルでアニメーション動画制作をお考えの方に特におすすめです。ただし、ビジネスアニメーションとジャンルは幅広いですから、各社の強みを把握した上で自社との相性を見極めましょう。

株式会社ワールド

  • PRONIアワード
株式会社ワールドの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社ワールド https://vision-world.biz/

こんな人におすすめ ・法人用の映像制作実績が豊富な会社をお探しの方
・マーケティングに精通した動画制作会社をお探しの方
・顧客の要望を大切にしながら動画制作を進めて欲しい方  

掲載実績・事例(26件)

大阪府と東京都に所在するワールドは、官公庁や法人用映像制作などを中心に、これまで6,000件以上の動画制作に携わってきた実績を持っています。アニメーション動画の分野においては、高品質・低価格にこだわり、マーケティングの視点を取り入れた上で「結果の出る映像制作」を実施。徹底的に顧客の要望をヒアリングした上で、納得いくまで絵コンテを作り込んで制作にあたるため、品質にとことんこだわりたい方にもぴったりです。

予算感 要問い合わせ
設立年 2010年
従業員数 10-29人
取引先情報 株式会社JPリサーチ&コンサルティング
総務省消防庁
酒井重工業株式会社
株式会社カワタテック  
会社所在地 【東京】東京都港区港南1丁目9-36 13階 【大阪】大阪府大阪市都島区都島本通1-7-19-705
電話番号 0120-16-2126

出典:YouTube 近畿経済産業局「家電、プラスチックのリサイクルをご紹介!」 https://www.youtube.com/watch?v=VU61Y9xnTpE

株式会社プルークス

株式会社プルークスの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社プルークス http://proox.co.jp/

こんな人におすすめ ・幅広い表現方法に対応できる動画制作会社をお探しの方
・多ジャンルのビジネスアニメーション制作に携わってきた会社をお探しの方
・動画マーケティング全体をサポートして欲しい方  

掲載実績・事例(150件)

東京都中央区に所在するプルークスは、累計2,000社、6,000本以上の動画制作を行なった実績を持ち、アニメーションやCG、VR、ARなど幅広い表現手法に対応しています。ブランディングやサービス紹介、展示会などアニメーションを用いた多ジャンルの動画制作に携わってきた経験が豊富。アニメーション制作はもちろん、その後の活用から効果検証に至るまで、動画マーケティング施策全体のサポートにも対応しています。

予算感 動画制作(サービス紹介、営業ツール、マニュアルなど):~100万円
動画制作(テレビCM、ブランディング):300万円~  
取引先情報 タクトホーム株式会社
株式会社ウェザーニューズ
パーソルキャリア株式会社
株式会社クラシアン  
会社所在地 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル4階
電話番号 03-6260-6882

子供向けアニメーションが得意な動画制作・映像制作会社2選

ここからは、子供向けアニメーションが得意な動画制作・映像制作会社を2社ピックアップしてご紹介します。子供向けの商品・サービスを展開している場合、子供に刺さるアニメーションを活用することで集客やPRにつながる可能性を高められるでしょう。各社のおすすめポイントを参考にしながら、外注先選びに役立ててください。

合同会社スタジオななほし

合同会社スタジオななほしの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:合同会社スタジオななほし https://www.studio-nanahoshi.com/

こんな人におすすめ ・子供向けCGアニメーションの制作を依頼したい方
・確かな実績を持つ映像制作会社をお探しの方
・温かみのあるメッセージ性の強い動画制作を検討中の方

スタジオななほしは、東京都新宿区にある映像制作会社です。「子供たちに夢を与え、想像力を育むコンテンツ作り」を目指し設立された会社で、子供向けのCGアニメーション制作を中心にサービスを提供しています。
これまでにTV局や出版社など、多くの企業から制作の依頼を受けており、実績も豊富です。子供向けアニメーションはもちろんのこと、温かみのある映像作品を通してメッセージを伝えたいという企業にもおすすめの会社です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2017年
会社所在地 高田馬場1-34-8 大輝ビル303

インタラクトテクノロジー株式会社

インタラクトテクノロジー株式会社の動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:インタラクトテクノロジー株式会社 http://www.interact.co.jp/

こんな人におすすめ  ・子供向け教育の分野に精通している動画制作会社をお探しの方
 ・固いテーマを児童や学生向けに分かりやすくアニメ化したい方
 ・子供向けアニメーションの制作実績が豊富な会社をご希望の方  

東京都中央区に所在するインタラクトテクノロジーは、子供向けの教材映像をはじめとした子供向けアニメーション動画の制作を得意とする会社です。子供向けアニメーションの分野においては、子供への予防教育、エチケット・マナーなど、堅苦しいイメージのあるテーマを馴染みのあるアニメーションで子供にも分かりやすく制作。教育機関からの依頼実績も豊富なため、第三者に評価されている制作会社をお探しの方におすすめです。

予算感 要問い合わせ
設立年 1988年
従業員数 10-29人
取引先情報 立正大学
日本アニメーション
JICA横浜 海外移住資料館
世田谷保健所  
会社所在地 東京都中央区日本橋人形町1-14-8 郵船水天宮前ビル 3F
電話番号 03-3639-4631

広告向けアニメーションが得意な動画制作・映像制作会社2選

ここでは、広告向けアニメーションが得意な動画制作・映像制作会社を2社ご紹介します。表現が多彩でさまざまな情報を分かりやすく届けられるアニメ動画は広告でもよく用いられていますので、個性的な動画広告の運用を検討中の方はぜひチェックしてみてください。自社との相性を判断する際は、実績や提供サービスの内容などから得意分野を見極めましょう。

InSync株式会社

InSync株式会社の動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:InSync株式会社 https://insync.jp/

こんな人におすすめ ・アニメーション動画を自社のマーケティング活動に活かしたい方
・オンラインでもオフラインでも使えるアニメ動画を制作したい方
・さまざまなテイストのアニメ制作に対応している会社をお探しの方  

掲載実績・事例(31件)

大阪府大阪市に本社を構え、東京にも拠点を持つInSyncは、顧客のマーケティング活動促進に役立つアニメーション動画の制作サービス「FILM BANK」を提供しています。制作動画はCMをはじめとしたオンライン広告として使えるのはもちろん、プレゼンや商談、展示会での放映など、オフラインでも活用できるのが魅力的。フルイラスト(フルアニメーション)、手描き、アメコミ風、インバウンド用など、対応可能なアニメのテイストが豊富な点も見逃せません。。

予算感 アニメーション動画制作:1分あたり39万6,000円(税込)~
取引先情報 ソニー株式会社
株式会社ミライロ
グリー株式会社
株式会社セルテック  
会社所在地 大阪府大阪市淀川区宮原4 丁目4-64 新大阪千代田ビル4階
電話番号 050-5583-6712

Crevo株式会社

Crevo株式会社の動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:Crevo株式会社 https://crevo.jp/

こんな人におすすめ ・アニメ動画制作に定評のある会社をお探しの方
・幅広い広告向けアニメーションに対応可能な会社をご希望の方
・戦略的な提案が得意な制作会社をお探しの方

掲載実績・事例(26件)

東京都港区に所在するCrevoは、「アニメーション動画といえばCrevo」といわれるほど、アニメ動画制作を強みとしています。これまでに積み重ねた計2,000社・1万件にも及ぶ実績を活かし、YouTube広告やSNS動画、テレビSM、ブランディングなど広告関連の幅広い領域に対応。「どこよりも戦略的であること」をモットーの1つとして、顧客ごとの目的に特化したプロデューサーが戦略を練るところから効果的なアニメ制作をサポートしてくれます。

予算感 要問い合わせ
設立年 2012年
従業員数 30-99人
取引先情報 ・三井住友海上火災保険株式会社
・三菱電機株式会社
・株式会社アドバンジェン
会社所在地 東京都港区六本木4丁目8-5 和幸ビル502
電話番号 050-1748-1535

出典:YouTube イベント用映像制作「A-PLAT KIDS」(Crevo制作実績) https://www.youtube.com/watch?v=hCb9SIlLY5Q

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

ゲーム領域のアニメーション制作が得意な動画制作・映像制作会社2選

ここからは、ゲーム領域のアニメーション制作が得意な動画制作・映像制作会社を2社厳選して紹介します。ゲーム関連のアニメーションは他のジャンルより高いクオリティが求められるため、専門性の高い制作会社に依頼することでクオリティを担保しやすくなります。各社の特徴や強みを参考にしながら、相良の良し悪しを判断しましょう。

株式会社ニジボックス

株式会社ニジボックスの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社ニジボックス https://nijibox.jp/

こんな人におすすめ ・ソーシャルゲームのアニメーション制作実績が豊富な会社をお探しの方
・イラストからアニメーション制作までワンストップで対応できる会社をご希望の方
・ゲームのキャラクターやアイテムなど細かな依頼にも対応できる会社をご希望の方  

東京都中央区に所在するニジボックスは、多種多様なジャンルのソーシャルゲーム開発で培ったノウハウを活かしたアニメーション制作を得意としています。イラストからアニメーションまでの領域をワンストップで対応できるだけでなく、ゲーム内のキャラクターやアイテムのデザイン・イラスト制作までカバーできるのが大きな強み。Live2D、Spine、Unityなど、さまざまなツールに対応可能となっており、顧客の要望に対する柔軟性が魅力的な会社です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2010年
従業員数 100-499人
取引先情報 株式会社スクウェア・エニックス
みずほ情報総研株式会社
株式会社バンダイナムコオンライ  
会社所在地 東京都中央区勝どき1-13-1イヌイビル・カチドキ4F
電話番号 03-6705-9230

株式会社ジーアングル

株式会社ジーアングルの動画制作・映像制作サービスのホームページ画像
出典:株式会社ジーアングル https://www.g-angle.co.jp/

こんな人におすすめ ・有名ゲームタイトルの制作実績が豊富な会社をお探しの方
・ゲームに関わるあらゆる領域に対応可能な会社をご希望の方
・顧客の予算や課題に合わせて柔軟に提案して欲しい方  

掲載実績・事例(34件)

東京都渋谷区に本社を構えるジーアングルは、数々の有名ゲームタイトルにおけるアニメーション・イラスト制作などに携わってきた豊富な実績を持っています。ゲーム関連の領域においては、ゲームイラスト、キャラクターイラスト、さらにはゲーム音楽・サウンド制作に至るまで幅広いニーズをカバーできるのが大きな強み。アニメ制作時には顧客の課題や予算に合わせた最適なアニメーションと手法を提案しており、他社では難しかった制作の相談にも乗ってくれます。

予算感 要問い合わせ
設立年 2002年
従業員数 30-99人
取引先情報 株式会社BIGBANG
株式会社サイバーコネクトツー
株式会社Cygames
株式会社f4samurai  
会社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-13-6恵比寿ISビル3F
電話番号 03-6721-7900

更に詳しく、ゲーム業界に強みを持つ動画制作会社を知りたいという方は、こちらもあわせてご覧ください。

アニメーション動画制作のコツ

アニメーション動画は実写より表現が多彩なため、あらゆる用途で効果を発揮してくれますが、作り方次第で完成品のクオリティは大きく左右されます。そこでここからは、アニメ動画制作にあたって押さえておくべき3つのコツやポイントを紹介しますので、ひととおりチェックした上で制作時に役立ててください。

ターゲットを明確にする

アニメーション動画を制作する際は、事前にターゲットを明確にしておきましょう。アニメは表現方法が多いだけでなく、見せ方次第で受け手の印象がガラリと変わるため、あらかじめターゲットを明確にしておかなければ「視聴者に刺さる動画」を完成させるのは難しくなるからです。「誰に対して、何を伝えたいのか」をあらかじめ明確化しておけば、ターゲットとの相性を考慮した適切なメッセージ・表現方法などを絞り込みやすくなるでしょう。

目的を決める

効果的なアニメーション動画を制作するためには「何のために動画を作るのか」という目的が明らかになっていなければいけません。ビジネスでアニメ動画を制作する場合、ブランディング、サービス紹介、認知向上、集客などさまざまな目的が考えられますが、目的ごとに最適な表現の仕方は変わるからです。目的があいまいな状態で制作を進めると、「結局何を伝えたいのか分からない」という中途半端な結果に終わってしまうリスクがあります。

動画の長さを決める

動画の長さはアニメーションの方向性を決める上で重要な意味を持ちます。例えば15秒程度のCM動画の場合、ストーリー性を持たせることは難しく、込められるメッセージも限定されることになります。そもそも人間は1つの項目に対して20~30秒程度まで情報を記憶できる修正を持つため、用途や伝えたいメッセージの数に合わせて最適な動画の長さを考える必要がありますし、動画の長さに応じた表現方法や演出の仕方を工夫することで視聴者の心に刺さりやすくなります。

動画制作・映像制作会社の選び方

アニメーション動画の制作に対応している会社は数多くあるため、「何を基準に動画制作会社を選べばいいのかわからない」と悩んでしまうこともあるかもしれません。動画制作会社を選ぶ際には、以下のポイントを意識することをおすすめします。

これまでの実績

 実績がある会社は、それだけ顧客から信頼・支持を集めており、動画制作に関する知識や技術も充実していると考えれます。ただし、実績数だけに着目して会社を選ぶことは避けるようにしましょう。

希望のアニメーション動画制作を得意としているか

動画制作会社の得意とする分野はそれぞれ異なります。シンプルなアニメーションを格安で制作する会社もあれば、ハイクオリティな3DCGアニメーション制作を強みとする会社も存在しています。自社の希望するアニメーションの種類を得意とする会社を選ぶことで、イメージどおりの動画が手に入るでしょう。

料金が明確に提示されているか

アニメーション動画の制作にかかる費用は、動画の長さや種類などによって異なります。特に予算が限られているという場合には、料金体系が明瞭な会社を選ぶと安心です。

動画制作の費用相場

つづいては、動画・映像制作を外注した際にかかる費用相場を映像の種類ごとにご紹介します。

動画・映像制作費用相場
種類 費用
インタビュー撮影 5万円~
セミナー・イベント撮影 15万円~
Webムービー制作 30万円~
会社紹介PR映像制作 50万円~
テレビCM制作 80万円~

動画・映像制作の費用相場を映像の種類ごとにご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

  ※映像・動画制作の細かい費用などに関しては『映像制作の費用と料金相場』に詳しくまとめているので、確認してみてください。  

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

【低予算で作りたい方必見!】動画制作・映像制作に使える補助金・助成金まとめ

効果的な動画を制作するにはそれなりの費用がかかります。そこで、少しでも費用を抑えたいときに役立つのが国や地方自治体の補助金です。以下に動画制作・映像制作に活用できる補助金を3つ厳選してご紹介します。原則、契約前に申請が必要なので、発注先選びと並行して補助金情報を調べるのがおすすめです。

動画制作・映像制作で使える補助金の種類と補助額
最大補助額 補助率 申請方法
持続化補助金 200万円 1/4 電子または郵送
事業再構築補助金 1億5,000万円 2/3から1/2 電子
IT導入補助金 450万円 1/2以内 電子

持続化補助金(小規模事業者持続化補助金)

「持続化補助金」は、小規模事業者が制度変更に対応し、持続的な経営を実現するために、必要な販路拡大に関わる経費を一部補助するものです。通常枠または特別枠(賃金引上げ枠、インボイス枠など)の申請類型いずれか1つの枠のみ申請可能。商品販売のための動画など動画制作にかかる費用はウェブサイト関連費に計上され、最大補助額は200万円・補助率は1/4です。

出典:小規模事業者 持続化補助金(一般型)https://r3.jizokukahojokin.info/

事業再構築補助金

「事業再構築補助金」は、ウィズコロナ・ポストコロナの経済社会の変化に対応するために、事業再構築に前向きな中小企業を支援し、日本経済の構造転換を促すことを目的としています。支援類型は、通常枠や大規模賃金引上枠など合計6つ。枠によって異なりますが、最大補助金額は1億5,000万円で補助率は2/3から1/2です。

出典:事業再構築補助金 https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

「IT導入補助金」は、ITを活用した中小企業や小規模企業の業務効率化・売り上げの向上を目的とし、ニーズに合うITツールの導入にかかる費用の一部を補助するものです。業種などによって異なりますが、対象となる動画制作ツールもあるので詳細を詳しくチェックしてみましょう。補助額は最大450万円・補助率1/2以内です。

出典:IT導入補助金 https://www.it-hojo.jp/ 

補助金について、さらに詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

補助金を利用する際は、申請スケジュールや必要書類の準備に注意しましょう!

補助金を利用する上で何より大切なのは、規定に沿ってきちんと申請を行うことです。事業計画書、経費明細書など、必要な書類は各補助金・助成金の公式ホームページに記載されているため、もれなく準備し、不備のないように記載しましょう。しかし、補助金申請は揃える書類や申請項目も多く、業務が煩雑になりがちです。スケジュールをきちんと把握しておらず、「気がついたら申請期限を過ぎていた」なんてことが起こる場合も。

「アイミツ」は、申請をスムーズに進められる補助金に詳しい動画制作・映像制作会社を厳選し、「無料」でご紹介可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

※本記事は、2022年度の補助金情報をもとに執筆しています。

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

アニメーション動画の種類やメリットを知り、効果的に活用しよう

アニメーション動画は表現方法が非常に多く、それぞれにメリットがあることから相性の良い用途も異なります。選択肢が豊富なだけに表現の幅は広いものの、適切な選択を下せるかどうかで最終的な動画のクオリティは左右されますので、やはりプロである動画制作・映像制作会社の力を借りるのが安心でしょう。
ただし、アニメーション動画制作に対応している会社は多数存在するため、複数社の得意分野や料金、サポート内容などを比較した上で検討する必要があります。
PRONIアイミツなら、コンシェルジュがお客様のお悩みや要望を踏まえて相性の良さそうな会社をご紹介できるだけでなく、複数社の相見積もりを手軽に比較検討できます。動画制作会社選びで迷った際には、お気軽にご相談ください

こんな動画制作・映像制作会社探していませんか?

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連する動画制作・映像制作会社一覧

詳細条件から発注先を探す

アニメーション動画に条件を追加して企業を探す