あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2019年07月05日 更新日:2020年04月10日

動画広告の平均費用と料金相場|おすすめの動画制作会社もご紹介【2020年最新版】

再生ボタンが表示されたパソコンを持つビジネスマン

FacebookやYoutubeなど多種多様なメディアの登場に伴い、インターネットは絶好の広告の場になりました。現在、特に注目されているのが視覚的効果の高い動画広告です。

そこで気になるのは、動画広告の制作を依頼するといくらになるのか、広告の掲載・運用にはいくら必要なのかという点ではないでしょうか。そのようなお悩みを持つ方のために、この記事では動画広告の料金相場や広告運用時の費用について説明します。おすすめの動画広告制作会社も紹介しますので、業者選定にも活用してみてください。

目次

1.動画広告制作にかかる費用相場

動画広告の制作発注にかかる費用は、安くて数万円、高ければ1,000万円程度は必要となります。ボリュームゾーンで言えば、20万円~80万円程度を設定している制作会社が多いようです。

動画制作の料金に大きく影響するのは、「人件費」「機材費」の2つです。制作には、ディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフなどといった人々が動員されるため、決して少なくない人件費がかかります。モデルや俳優をキャスティングすればさらにコストはかさむでしょう。場合によっては、スタイリストやナレーターも必要です。

人件費に加えて、機材のグレードによっても費用は大きく変動します。業務用のハンディカメラなら比較的費用は安く済みますが、肩に担ぐ大型のENGカメラや映画撮影に使用するデジタルシネマカメラを使うと品質も金額も高くなります。とはいえ、近年では比較的安いの機材でも高品質の映像を撮ることが可能となり、また、ひとりがさまざまな作業を兼務することで、費用を抑えている業者もいます。

2.動画広告を掲載するにあたって知っておきたい「CPV」と「CPM」

動画広告を運用する際に知っておきたいのが、費用対効果の指標となる「CPV」と「CPM」です。

まず「CPV(Cost Per View)」とは、あるサイトに動画広告を掲載した際に1回の視聴あたりにかかる費用のことです。CPVの算出方法は「広告出稿費用÷再生回数」で、たとえば広告の出稿費用が50万円で2万5,000回視聴された場合、CPVは20円となります。

一方、「CPM(Cost Per Mille)」は、1,000回表示あたりに要する費用のことです。CPVとは異なり、動画が視聴されたかどうかは問われません。CPMの計算式は「広告出稿費用÷表示回数×1,000」です。出稿費用が50万円で表示回数が100万回なら、CPMは500円となります。

3.媒体別!動画広告の掲載費用一覧

多くのユーザーが集まるSNSなどのメディア媒体は、動画広告の掲載枠を設けて収入源の1つとしています。掲載費用については、リアルタイムで金額が変わる「入札型」という形態を取る媒体が多いです。

ここでは、主要なメディアでの大まかな費用相場を紹介しますので、参考にしてみてください。

3-1.Youtube

言わずと知れた世界的な動画投稿サービスYoutubeは、3つの広告形態があります。

YouTubeの広告形態
  • 動画の再生前・再生中・再生後に表示され、5秒経つとスキップできる「インストリーム広告」
  • 動画の再生前・再生中・再生後に表示され、スキップできない6秒以下の広告「バンパー広告」
  • 広告スペースに表示され、ユーザーが自主的に再生する「ディスプレイ広告」

掲載費用は、いずれの形態でも1再生あたり数円~20円程度とされています。なお、ユーザーが自主的にクリックするか、30秒以上視聴しないと料金は発生しません(30秒未満の動画は最後まで視聴した場合に発生)。

3-2.Twitter

Twitterに広告を掲載すると、ユーザーのタイムライン上に「プロモーション」という形で動画広告が挿入されます。こちらも掲載されるだけでは料金はかからず、ユーザーが何らかのアクション(リツイート、返信、お気に入り登録)などを行った場合に支払いが発生します。

費用相場は、1アクションあたり80円程度とされています。

3-3.Instagram

Instagramでは、フィード(タイムライン)に最大30秒の動画広告を掲載できます。また、ホームページへの誘導やアプリのインストールつなげることが可能です。課金形態は4種類あり、それぞれの費用相場は次のとおりになっています。

Instagramの動画広告課金形態と費用相場
  • CPM(表示数に応じて課金):1表示1円程度
  • CPC(クリックごとに課金):1クリック40~100円
  • CPI(アプリのインストールによって課金):1インストール100円~150円
  • CPV(動画が視聴されるごとに課金):視聴1回4円~7円

3-4.Facebook

Facebookでは、次の2つの課金形態が用意されています。

Facebookの動画広告課金形態
  • 1,000表示ごとに支払いが発生するCPM課金
  • 10秒以上動画が再生された場合に支払いが発生するCPV課金

CPM課金の場合は1,000表示あたり500~2,000円、CPV課金の場合は1再生あたり100~150円程度が相場となっています。なお、動画の再生時間が10秒未満の場合は、ほぼすべてが視聴された場合に課金が発生します。

3-5.ニコニコ動画

ニコニコ動画に動画広告を掲載すると、動画の開始前に一定の割合で広告が再生されます。こちらもYoutubeと同じく、ユーザーは再生から5秒後に広告をスキップすることが可能です。

費用はYoutubeの入札型と異なり、1週間単位での表示とインプレッション数が保証された予約型となっています。相場は1再生あたり0.8円程度が目安です。

4.動画広告制作で注意したいこと

ユーザーを惹きつける動画広告を制作するには必ず押さえておくべきポイントがあります。次の注意点をしっかり把握して、ユーザーに響かない動画にならないよう気を付けましょう。

4-1.広告のターゲットと目的を明確にする

自身で動画を制作するにせよ、外注するにせよ、なぜ動画広告を作成するのか、誰を対象にするのかを明確にすることは必須事項です。性別・年齢・ライフスタイルなど、ターゲットとなるユーザーによって最適な動画の構成や掲載先は変わります。

一般論ですが、女性がターゲットならInstagramの市場規模が大きいでしょうし、サブカル関連ならニコニコ動画のユーザーに響きやすいかもしれません。また、商品を購入して欲しいのか、何かのサービスに登録してほしいのか、あるいはSNSでフォロワーを増やしたいかなど、広告の目的によっても動画の構成やテーマは変わってきます。

4-2.最初の5秒でユーザーの心をつかむ構成にする

ネットユーザーのほぼ100%が、はじめから動画広告を見たいとは考えていません。それどころか、見たいコンテンツを邪魔する不快な存在だと捉えています。ですから、動画の冒頭でいちはやくターゲットの心をつかむ必要があるのです。

目安は、Youtubeやニコニコ動画ではスキップできずに確実に目に入れることになる最初の5秒間です。この5秒にどれだけ力を入れられるかが勝負となるでしょう。制作会社の選定する際、過去の制作動画が見られるのであれば、冒頭5秒に注目して確認するとその実力がうかがえるのではないでしょうか。

4-3.動画時間はできる限り短く収める

インターネットの場合、ユーザーはテレビほど受動的に行動することはありません。つまらない、冗長だと感じれば自分の意思で閲覧するコンテンツをどんどん切り替えていきます。したがって、動画広告もできるだけ短い時間にまとめて密度を高めていく必要があるのです。

また、シチュエーションを考えても駅やバス停での待っている間などのスキマ時間に利用しているケースも多く、必ずしもまとまった時間を確保して動画を見ているとは限りません。これらの点から、web上の動画広告の場合は長くても1分以内に抑えた方が良いでしょう。

5.費用を抑えたい方におすすめの動画広告制作会社3選

5-1.株式会社自然農園

北海道札幌市に本社を構える自然農園は、webサイトの制作や各種プロモーション事業を行っている会社です。東京にも事業所を構えています。
ビジネス向けの動画制作事業「動画deいちばん」を展開しており、安価かつ短納期での動画制作を強みとしています。費用は3万円から非常に安く抑えられており、なおかつ内容についても簡易台本作成・ナレーション・BGM・簡易イラスト・編集が含まれています。スピーディーなオペレーションも特徴で、作業を効率化することで一般的な制作期間の半分以下での納品が可能、さらに3年間は簡易修正に無料で対応できます。
相談・ヒアリングはもちろん、専属ライターによる企画・構成および見積りまで費用は一切発生しません。内容に十分納得した上で発注することができるので、費用・内容ともに高確率で満足することができるのではないでしょうか。

5-2.株式会社フラッグシップオーケストラ

フラッグシップオーケストラは、東京都品川区に本社を置くwebサービス企業です。料理メディアを運営するほか、格安動画制作・マーケティングサービス「ムビラボ」を運営しています。
ムビラボでは、無駄なフローの徹底削減により低価格での受注が可能となっており、1本につき2万円から依頼が可能です。企画・ディレクションは日本の本社スタッフが担当し、編集作業はマニュアルに基づいて海外にあるラボが担うことで、安くても質が良い成果物を提供できるのです。効率的な作業フローの確立により、月間で最大1,500本の動画制作が可能となっています。
制作した動画広告の効果測定も行っており、離脱箇所・完全視聴率・アクセス経路の分析や仮説・検証を依頼できます。低価格かつ成果の出る仕組みを確立している点が魅力の制作会社です。

5-3.デコデザイン

新潟県新潟市にあるデコデザインは、画像制作やweb制作などデザイン事業を請け負うデザイン事務所です。事業の柱の1つとして広告動画や企業CMなどの動画制作も行っています。
企業向け動画制作の料金は、15秒のアニメーションタイプで1万円からと破格とも言える価格設定になっています。これは、1つの案件につき専属の担当がディレクション、デザイン、コピーライティング、イラスト、事務作業などを一貫して行うことで、人件費を大幅に削減できるためです。また、営業担当や管理職をおいていない点も費用削減につながっています。
初稿完成までの期間は最低料金で10日、追加料金を支払うことでさらに短期間で制作可能と迅速な対応力も魅力です。見積りは無料で行っていますので、気になる方はまずは問い合わせてみるべきです。

6.実績を重視する方におすすめの動画広告制作会社3選

6-1.株式会社シードアシスト

シードアシストは、大阪府大阪市に本社を置く映像・音声・web制作会社です。web用動画からテレビCMまで幅広く対応しています。
1990年の設立から四半世紀以上にわたって支持され続け、大阪を中心とした関西エリアで年間220本にも及ぶ映像制作・動画制作の実績を誇っています。蓄積されたノウハウとマーケティング・ブランディング思考を活かし、ユーザーの課題に応じたソリューションを提供している点が長年にわたり支持を得ている理由の1つです。
動画の内容についても、採用動画、企業紹介、商品紹介、SNS動画などさまざまでニーズに対応可能です。タレント事業や音声制作も行っており、キャスティング、音声制作、web利用までワンストップで提供できる点も強みです。

6-2.株式会社プルークス

プルークスは、東京都中央区に本社を構える動画・映像制作会社です。経営コンサルティング会社出身のメンバーによって設立されたことから、ただ動画制作をするだけでなく、商品やサービスの課題や強みに応じた最適な動画マーケティングプランを提案することが可能です。
動画制作においては、大手企業からベンチャーまで企業規模を問わず引き受けており、年間1,000本というハイペースなスピードで制作を行っています。クライアントには大手銀行やコンビニ、旅行代理店、新進気鋭のIT企業などが名を連ねており、実に幅広い業種・業態から支持されていることがわかります。
また、公式サイトに掲載されている「お客さまの声」からも、クライアントからの信頼の厚さが感じられます。

6-3.株式会社サイリング

東京都品川区にあるサイリングは、TV番組・企業用DVD制作・CM・プロモーションビデオ制作を行う会社です。また、各種広告・宣伝に活用できる動画制作を請け負う「映像制作コンビニ倶楽部」を運営しています。
大きな強みは、テレビ番組の制作で約20年にわたって培ったノウハウを活かし、成果につながる動画を提供できる点です。累計6000タイトル以上の制作経験から、商品紹介、社員採用、セミナー、通販などさまざまなシーンの映像に対応できます。
支持されている理由の1つに、いかに視聴者をクギ付けにできるかを追求している点が挙げられます。ユーザーの心理を徹底的に考え打ち立てた仮説に基づき構成を組み立てることで、短時間で見る者を惹きつける映像に仕上げています。

7.広告運用まで可能な動画広告制作会社3選

7-1.株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブは、大阪府大阪市に本社を構えるデジタルマーケティング企業です。各種広告運用代行のほか動画広告の制作代行も行っています。制作可能な動画は多種多様で、会社紹介・商品紹介・アプリ・ハウツー・インフォマーシャルなど幅広いジャンルに対応しています。
マーケティング企業なので、企画から動画制作、配信設定、分析までワンストップで提供できる点が大きな強みです。動画のインプレッションや視聴時間、サイトへのアクセス数やコンバージョンといった効果測定を行い、運用改善の提案につなげることが可能です。対応メディアもFacebook、Twitter、Instagram、LINEと拡散力の高い各種SNSに対応していることから、どのような属性のユーザーがターゲットでも安心して依頼できます。

7-2.株式会社Muve Creations(ムーブクリエイション)

Muve Creationsは、東京都世田谷区に本社を置く動画・ホームページ制作会社です。5,000件以上の制作件数を誇り、クライアントには大手IT企業・鉄道会社・新聞社・ガス会社などが名を連ねています。
事業の1つ「angluee事業部」では、動画制作から運用までを一貫して担っており、webサイトやLPへの誘導数拡大、および商品や会社の認知度を高めるサービスを提供しています。
広告運用事業のユニークな特徴として、AIによる広告運用を行っている点が挙げられます。オンライン上の行動履歴ビッグデータとして保持し、その先の行動パターンを解析することで制度の高い広告運用が可能です。一般的に流通しているマーケティングのロジックではなく、AIが導き出した施策を実施することで、リスティング広告での入札争いに巻き込まれることなく、最適な運用を見込めます。

7-3.株式会社CyberBull(サイバーブル)

東京都渋谷区に本社を置くCyberBullは、インターネット広告に特化したマーケティング会社です。IT事業を行うサイバーエージェントの連結子会社でもあります。
オフィス内に動画広告の制作に特化した撮影スタジオを所有しており、動画メディアのプランニング、運用、制作、効果検証までを一貫したワンストップサービスを提供しています。対応可能な分野は、日用品やスマホアプリなど多種多様。海外向けの動画マーケティングも対応可能で、100社を超える動画マーケティングの支援と3万本を超える動画制作で培ったノウハウにより、最適なソリューションの提供を実現しています。
各種テクノロジーを活用した制作フローによって無駄な手間を削減することで、スピーディーな対応ができる点も強みです。

8.【まとめ】動画制作会社選びに迷ったらアイミツへ

動画広告は、テレビ番組とは異なり、基本的に見る気のないユーザーを振り向かせるという課題が伴います。この難題をクリアするためには、映像のセンスとマーケティング対策を効果的に組み込むことが求められるでしょう。

また、世に出ている動画広告の多くはプロが制作したものですから、その中でもひときわ輝く動画の制作が見込める、経験とノウハウに裏打ちされた制作会社を見出せなければ、web上での熾烈な競争に打ち勝つことは適いません。自社のイメージと課題解決にマッチした制作会社に依頼するには、複数の業者を比較し、さらに予算と費用対効果を検討するために見積りを取る必要があります。

とはいえ、これらの作業には決して少なくない労力が必要となり、最適な業者を見極めるための目利きの力も求められます。アイミツでは、この手間も時間もかかる相見積もりを効率的かつ効果的に行うことが可能です。専門のコンシェルジュによるご相談も承っておりますので、制作会社選びにお悩みの際はぜひ気軽にご相談ください

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

このテーマに関連する優良会社

動画制作・映像制作会社が
最短翌日までにそろう