無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月18日
更新日:2022年3月18日

基幹システムとは?情報系システムとの違いや導入メリット【2022年最新版】

基幹システムという言葉は聞いたことがあっても、どのようなシステムを指しているのかはわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、基幹システムとは何なのかといった基本的な説明をはじめ、情報系システムやERPとの違い、基幹システムを導入するメリット、さらには基幹システムの導入を成功させるポイントまで解説していきます。基幹システムについて基本的な部分をおさえておきたいという方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
基幹システムの開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】
基幹システムの開発ができるシステム開発会社一覧

基幹システムとは?

基幹システムとは、企業や組織において使用されるシステムの中でも、事業活動に深く関わる非常に重要なシステムのことを指します。

例えば、在庫管理システムや生産管理システムなどの業務に関わるシステムのほか、会計システムのような社内経理に関わるもの、さらには自治体における住民情報の管理システムや税務関連のシステム、金融機関における勘定系システムなど、企業や組織を経営・運営していくためになくてはならない業務を管理するシステムが基幹システムです。企業活動の基盤を担うシステムともいえるでしょう。

ここからは更に詳しく基幹システムについて紐解いていきます。

基幹システムと情報系システムの違い

企業の根幹を担う基幹システムとは違い情報系システムは、それ自体の運用がもしストップしてしまっても、企業活動の根幹を揺るがすことにはなりません。具体的には、社内でコミュニケーションを取るために活用しているグループウェアや社内SNS、メールやスケジューラーなどのほか、外部とのオンラインミーティングを叶えるWeb会議システムなどがあげられるでしょう。

もちろん、上記のシステムが使えなくなってしまえば非常に不便ではありますが、基幹システムが及ぼす影響とは大きく異なります。基幹システムは、先にも述べているとおり企業活動の基盤を担っているシステムであるため、自分たちだけでなく取引先や顧客にまで広く影響を及ぼしてしまいます。そのような事態を未然に防ぐためにも、基幹システムの構築・導入は非常に慎重に行うべきでしょう。

基幹システムとERPは違うもの?

基幹システムというワードとともによく用いられるのが、ERPというワードです。
ERPとは、Enterprise Resource Planning(企業資源計画)の頭文字をとった略語であり、ERPパッケージやERPシステムといった呼び方のほか、統合基幹業務システム、業務統合パッケージと呼ばれることも少なくありません。

ERPは、会計管理システムや人事給与管理システム、生産管理システム、販売管理システム、さらには在庫管理システムまで1つにまとまったシステムであり、これまでにはバラバラに行われていた業務管理を統合して効率化するために生まれました。ERPを活用すれば、異なる業務間でわざわざデータをやり取りする手間がなくなるため、経営状況のスピーディな把握、迅速な経営判断を下せるようになるのが大きな特徴でしょう。

基幹システムの種類

繰り返しにはなりますが、ここで改めて基幹システムにはどのような種類があるのかを確認しておきましょう。基幹システムには、基本的に以下の6つのシステムがあげられます。

・生産管理システム
生産計画や原料購入などを管理し、生産工数を可視化するほか、生産量・出荷量がどれほどであれば適切なのかを分析・予測・反映するシステムです。

・販売管理システム
商品の販売プロセスに関する業務をまとめて管理・効率化することのできるシステムです。

・在庫管理システム
生産時や入出庫時に在庫過剰や不足が起こっていないかどうかを把握・管理するためのシステムで、在庫調整を行うことで余剰在庫や在庫切れを防止します。

・受発注管理システム
受発注の内容を管理・効率化しミスなくプロセスを進められるようサポートするシステムです。

・財務・会計システム
決算書や帳簿の作成、キャッシュフロー管理を行えるほか、取引先の債権・債務などを自動で管理することのできるシステムです。

・勤怠管理システム
従業員の出退勤を一元管理することのできるシステムです。

基幹システムを導入するメリット

それでは、基幹システムを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。
もはや企業においては基幹システムはなくてはならないものと言っても過言ではありませんが、改めてメリットについて確認しておきましょう。

①業務効率を改善し、標準化できる

基幹システムを導入することによって、業務効率の改善や標準化を大幅に進めることができます。例えば、生産管理システムや在庫管理システムなどを導入せず、Excelなどを用いて数字を管理している場合、非常に多くの手間と時間がかかってしまいます。業務過多による遅延が起こってしまうリスクも非常に高まり、さまざまな面でトラブルが発生してしまう恐れが高いでしょう。また、業務管理を行える人が限られてしまうという懸念もあります。しかし、基幹システムを導入すれば多くのフローを効率化・自動化できるため、業務効率化を叶えることが可能です。

②社内情報を一元化し、可視化できる

基幹システムを導入することによって、社内情報を一元管理することができ、可視化できるのも大きなメリットです。システムを導入することによって、システム内にデータを収集し可視化させることができるため、経営判断をスピーディに下したい場合などには非常に役立ちます。それぞれの業務における情報をより集約して一元管理を進めたい場合には、それぞれで基幹システムをバラバラに導入するのではなく、ERPを導入する方が効果的でしょう。

③自動化によって、人為的なミスを防げる

基幹システムを導入すれば、管理業務を自動化させることができるため、人為的なミスを防ぐことが可能です。基幹システムを導入することなくExcelなどで管理している場合、業務量が非常に多いことから、人為的なミスが起こってしまうリスクがどうしても高まります。生産管理や在庫管理、会計管理などにおいて数字の誤りがあれば、後々大きな損失・トラブルにつながってしまうかもしれません。そのような事態を防ぐためにも、基幹システムを導入することは不可欠といえるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

基幹システムの導入を成功させるには

基幹システムの導入を成功させるためには、企業活動の根底をなす基幹システムと、社内のコミュニケーション効率化などを主軸とした情報系システムとを分離して導入・運用することが重要です。基幹システムで求められるセキュリティレベル、可用性などはまったく異なることから、双方を分離せずに導入してしまうことは非常にリスクが高いといえるでしょう。

また、システム開発会社に依頼して一から基幹システムの開発を行うという場合には、必ず実績を確認してから外注先を選びましょう。システム開発会社と言っても、基幹システムに強い会社や情報系システムに強い会社、Webアプリケーションに強い会社などさまざまなので、これまでに基幹システム開発を数多く手掛けてきた会社を選ぶべきです。

【まとめ】システム開発会社選びで迷ったらアイミツへ

今回は、基幹システムとはどのようなシステムなのか、情報系システムとはどのようなシステムなのか、基幹システムを導入するとどのようなメリットがあるのかなどを解説してきました。基幹システムは、企業が活動していく上でその根幹を成す非常に重要なシステムです。業務の効率化やスピーディな経営判断を叶えるためには、導入が不可欠といえるでしょう。

基幹システムの開発を依頼したい場合には、ぜひアイミツにご相談ください。要望をヒアリングした上で、おすすめの会社を複数提案し、一括相見積もりも可能です。スピーディにシステム開発会社を探したい方は、ぜひご活用ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

【費用感を知りたいという方はこちら】
基幹システムの開発ができるシステム開発会社一覧

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!