ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

【2019年最新】ECサイト向けおすすめCMS6選|無料のものから上級者向けまで徹底解説!

【ECサイト構築】CMSを使うと何が便利!?

更新日:2019年07月12日 | 公開日:2017年05月28日

人々のライフスタイルや嗜好が多様化し、あらゆる情報がインターネットで入手できるようになった現代では、趣味・嗜好品や日用品などを含む、さまざまな購買活動の中心がインターネット=ECサイトに移行しつつあります。

当然、これからショップ経営をしようと考える人は、個人・法人問わず、実店舗よりもまずはECサイトの開設を考えるのではないでしょうか?すでに、Yahoo!や楽天などのECモールを利用している方もいるかもしれません。

しかし、ECサイト間の競争も激化しているなか、モール型ECサイトでは他サイトに差を付ける独自性を出しにくいのも悩みのひとつです。

こうしたお悩みに対応し、リーズナブルに管理しやすいECサイトを構築できるのが「CMS(コンテンツ管理システム)」です。それでは、CMSとは具体的にどんなものなのでしょうか?ECサイトをCMSで構築すると、どんなメリットが得られるのでしょうか?

そこで本記事では、これからECサイトを開設したいと考える方に向け、CMSとはなにか、ECサイトをCMSで構築するメリットはなにかを解説するとともに、ECサイトを構築するのに最適な、おすすめのCMSを幅広く紹介していきます。

ECサイトを作る4つの手段

ECサイトを作る4つの手段

CMSの解説をする前に、そもそもECサイトを作るにはどのような方法があるのかおさらいしておきましょう。まずは、上述したモール型ECサイトに出店するという手法があり、Yahoo!楽天などのほかに、Amazonなども含まれると考えられます。

この手法は、気軽に出店できて維持費用も集客も必要ないというメリットがありますが、販売した商品の売上からそれなりの手数料が引かれます。しかし、それよりも一番の問題は、購入してくれたカスタマーが「あなた」からではなく、Yahoo!やAmazonから購入したと思ってしまうことでしょう。つまり、モール型ECサイトでは、独自性を打ち出せないため、リピートしてくれる優良顧客を獲得するのは困難です。

こうしたモール型ECサイトの問題点から脱却し、独自性を持ったECサイトを作るには、大きく分けて4つの手段があります。具体的に解説していきましょう。

ASP

ASPとは、Application Service Providerの略称であり、サービス事業者(Service Provider)が、インターネット環境で利用できる、さまざまなアプリケーション(Application)を提供するサービス形態です。プロバイダのサーバに用意されたアプリケーションに、webブラウザを使ってアクセスして利用する形態で、G SuiteやブログサービスなどのSaaS型/クラウドサービスを思い浮かべてもらえば理解しやすいでしょう。

ASPでは、さまざまな分野のサービスが提供されており、ECに特化したASPも多数存在します。ECサイト運営で必須の在庫管理機能やショッピングカート機能、決済機能、配送機能などがはじめから搭載され、リーズナブルな初期費用・月額費用で手軽に素早くECサイトをはじめられるのが大きなメリットです。

豊富なテンプレートを使い、自分好みのデザインでECサイトを構築でき、独自ドメインを取得して専用のURLを使えるのも独自色や専門性を演出するのに役立つでしょう。MakeShopカラーミーショップサーブなどはその代表であり、豊富な機能と柔軟性で多くの支持を得ているほか、無料で利用できるサービスもあります。

一方、ある程度完成されたアプリケーションを利用するASPは、ニーズに応じたカスタマイズがほぼ不可能であり、自由度に制限があるというデメリットもあります。小・中規模のECサイト運営に向いており、モール型よりも独自色を打ち出したい場合に最適な手法だといえるでしょう。

オープンソース

オープンソースとは、ソフトウェアを形作るプログラミング言語、ソースコードを無償で公開・配布し、だれでもが自由に改変・再配布できるようにしたソフトウェアを意味します。代表的なオープンソースとしては、UNIXをもとにしたオペレーションシステムである「Linux」Netscapeをもとにしたwebブラウザである「Firefox」ブログエンジンとして世界中で利用されるCMS「WordPress」などが挙げられるでしょう。

いずれも無料で利用できるのが大きな特徴であり、オープンソースによっては世界中のエンジニアが集まるコミュニティが形成され、さらに使いやすくするための拡張機能=プラグインが、有償・無償を問わず数多く公開されています。たとえば、上述したCMS「WordPress」を、Eコマースで利用できるようにしたプラグインが「Welcart」です。

もちろん、ECサイト向けに特化したオープンソースも多数存在します。もともとはロックオンが開発したCMS「EC-CUBE」は、その代表だといえるでしょう。

オープンソースCMSをECサイト構築に利用する最大のメリットは、ASPに近い簡単操作で、より自由度の高いECサイトが構築できること、CMS自体が無料のため、ドメイン・サーバを考慮しても低価格でECサイトをはじめられることです。

一方で、カスタマイズの自由度はASPよりは高いものの、保証やサポートが一切得られないオープンソースは、開発・保守・管理をすべて自力で行わなければなりません。豊富な機能を搭載するため有償プラグインを多数利用すれば、開発費用がかさんでしまうことも考えられます。小〜中規模以上のECサイトを運営し、独自色を打ち出すのに必要なオープンソースのリソースを持つ個人・法人向けの手法だといえるでしょう。

パッケージ

オープンソースで独自開発するリソースは持たないものの、独自色を打ち出せる自由度の高いECサイトを構築したい、という要望に応えるのが、CMSの基本機能に在庫管理機能やショッピングカート機能、決済機能、配送機能、さらにメールマガジン機能などを追加し、包括的なシステムを提供する「パッケージ」です。ECサイト向けCMSに高度な機能を追加して販売する「パッケージソフトウェア」だと考えればいいかもしれません。

オープンソースのEC向けCMSに、追加機能と保証・サポートをパッケージングして販売するもの、大手ベンダーが独自開発したEC向けCMSをパッケージ販売するものという、大きく2つに分類できます。前者の代表としては、EC-CUBEをパッケージングして販売する「EC-Orange CMS」、後者の代表としては、富士通が開発する「SNAPEC」などが挙げられるでしょう。

独自ドメインの取得やサーバの確保が必要なのはオープンソースと同様ですが、オープンソースを開発するリソースを持たなくとも自由度の高いECサイトが構築でき、簡単に更新・運営できるのがパッケージの大きなメリットです。

一方、オープンソースやASPと比較して、やや高額な導入費用が必要なのはデメリット面となり得ます。運営に余裕のある中〜大規模企業が運営するECサイトに向いており、個人が導入するのはややハードルが高いかもしれません。

フルスクラッチ

利用形態こそ異なるものの、ここまで解説してきたECサイト構築手法は、既成のソフトウェア・アプリケーションを活用するものだといえるでしょう。これに対し、ECサイトをまったくのゼロから構築・開発していく手法が「フルスクラッチ」です。大規模企業などでは、自社の業務に最適化されたシステムをフルスクラッチで開発することもあるため、耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

もちろん、フルスクラッチでECサイトを開発する手法もあります。ECサイトで必須の機能を搭載するのは当然のことながら、基幹システムとのシームレスな連携、APIを利用した外部サービスとの連携など、ほぼ制限のない柔軟性の高いECサイトを自由に開発できるのが最大のメリットであり、世界に二つとない独自システムを構築できます。

一方、要件定義からシステム設計、コーディング、テストと、フルスクラッチ開発には長い期間が必要であり、膨大な開発費用が必要になるなどのデメリットがあります。既存のシステムを利用しないため、バグなどの不具合が発生しやすく、開発期間が長引きがちな側面もあるでしょう。

年間売上がトップクラスの超大規模ECサイトが、戦略的にシステム構築するには最適な手法ではありますが、オープンソースやパッケージが充分な機能と自由度を持つ現在、ショップ経営を考えるほとんどの個人・法人には適さない手法だといえます。

ECサイトを作るのに便利な「CMS」とは

ECサイトを作るのに便利な「CMS」とは

ここまでの解説で、小〜大規規模という幅広いECサイトの構築に役立つのが「CMS」なのだ、ということがおわかりいただけたのではないでしょうか?それでは、CMSとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

CMSとは、Contents Management Systemの略称であり、ECサイトやwebサイトで公開されるさまざまなコンテンツ(Contents)を、管理するためのシステム(Management System)です。

HTMLやCSSで構築されたwebサイトの場合、コンテンツの作成にもHTMLやCSSを利用する必要があり、リンク切れを防ぐためにディレクトリ構造を理解しなければならないなど、ある程度の専門知識が必要です。CMSとは、こうした専門知識なしにコンテンツの作成・更新・公開を可能にしたシステムであり、リンク切れの心配もないのが大きな特徴です。

CMSは、webサイト・ECサイトを構成するヘッダ・フッタ・サイドバー、およびコンテンツを表示する「index.php」などで成り立っており、ユーザーのリクエストに応じてデータベースに保存されたコンテンツ=index.phpを「動的に」読み込んでページを生成する仕組みを持っています。

ヘッダなどが固定表示されるなかで、さまざまなコンテンツをリクエストに応じて表示できるため、サイト全体のデザインを統一できるというメリットがあり、サイドバーなどもphpで保存できるため、デザインを比較的自由にカスタマイズできる特徴も持っています。

プラグインを追加することによって機能を拡張できるのはもちろん、セキュリティ強化も実現できるため、一般に公開しつつ大量のコンテンツ更新が必要なオウンドメディア、常に商品の更新や変更が必要なECサイトに最適なシステムだといえるでしょう。

ECサイト制作にCMSを活用するメリット

ECサイト制作にCMSを活用するメリット

CMSがECサイトに最適な特徴を備えていることは、上述の解説で理解いただけたと思いますが、実際にCMSを活用してECサイトを制作すると、どんなメリットが得られるのでしょうか?具体的に解説していきましょう。

メリット1:専門知識なしに素早くECサイトを構築できる

HTMLサイトを構築するには、ディレクトリ構造を理解したうえでHTML・CSSの記述方法を習得するなど、専門知識の習得が欠かせません。ショップ経営を考える個人・法人が専門知識を持つケースは多いとはいえず、サイト構築に際して学習するのは効率的でないだけでなく、ECサイト開設までに長い期間を要してしまいます。

CMSであれば、サーバへソフトウェアをインストールするだけで、あとはテンプレート、用意した画像などを利用し、美しいECサイトを素早く構築可能です。ECサイトに特化したCMSであれば、在庫管理機能やショッピングカート機能、決済機能、配送機能などがはじめから搭載されているため、複雑な設定や機能追加なしにECサイトを開設できるでしょう。

ASPにも匹敵する手軽さでECサイト構築が可能なCMSは、商品の手配や管理、受注、梱包・発送など、やるべきことが山積みのECサイト運営を簡単に、しかもリーズナブルに実現できる最良の方法だといえます。

すでにASPでECサイトを運営している方でも、扱い商品点数や顧客数などの規模が拡大すると限界を感じてくるかもしれません。そんなケースでも、CMSへの移行は素早くスムーズに行え、同様の操作感覚でさらなる自由度も得られるのです。

メリット2:だれでもコンテンツを更新できる

扱い商品の変化はもちろん、在庫状況や受注状況が刻々と変化するECサイトでは、その変化をリアルタイムに反映させるタイムリーな更新が欠かせません。HTMLサイトでこれを実現するのは容易ではなく、仮に実現できたとしても、更新専任のスタッフを配置せざるを得ないでしょう。当然、スタッフが休暇を取るなどで作業できない状態になれば、更新作業が滞ってしまいます。

CMSであれば、管理画面を使ったブログ感覚で、だれでもコンテンツを制作できるため、個人の場合はもちろん、少人数のマルチタスクでECサイトを運営するのにも最適です。実際の制作手順は、用意した画像をドラッグ&ドロップで配置し、必要なテキストをそのまま打ち込んでいくだけ。基本的なコンピューターの操作スキルさえあれば専門知識も必要なく、プレビューで実際の見栄えを確認しながら、統一されたデザインのコンテンツをだれでも制作できます。

スキルなしでだれでもコンテンツ更新できるというのは、ECサイトを運営するうえで想像以上に有効です。集荷時間が迫ったら全員で梱包・発送に集中し、完了したら全員で更新作業に取りかかる、といったメリハリのあるワークフローも実現できるからです。

メリット3:柔軟にカスタマイズできる

スクラッチ開発ほどではありませんが、柔軟なカスタマイズに対応できるのもCMSの魅力でしょう。たしかに、ASPでもテンプレートなどを利用してルック&フィールを変更可能です。そういった意味では、ASPもクラウドサービスで提供されるCMSだといえるのかもしれません。しかし、不特定多数のユーザーに提供するプラットフォームであるASPは、個別のニーズに応じた自由なカスタマイズを施すのは不可能です。

CMSであれば、インストールした素の状態であっても、ある程度のカスタマイズが可能であり、豊富に存在する有償・無償プラグインを利用して、機能を拡張するのも可能です。ベンダーに依頼してカスタマイズを施すのはもちろん、専門知識さえあれば、オープンソースのCMSをコアからカスタマイズし、独自の仕様に変更するのも可能でしょう。

最初はCMSの基本機能を使いこなすことに徹底し、慣れてきたらプラグインを追加、専門知識を身に付けて本格的なカスタマイズを施すなど、スキルや習熟度に応じてECサイトを成長させていく、なども実現できます。

おすすめのECサイト向けCMS6選

おすすめのECサイト向けCMS6選

CMSとはどのようなものか?なぜECサイト構築にCMSが適しているのか?具体的なメリットを含め、その概要が理解できたのではないでしょうか?それでは、独自色を打ち出したECサイトを構築するためには、どのCMSを活用したらいいのでしょうか?

以下からは、オープンソース、パッケージ、プラグインを含め、幅広い選択肢の存在するCMSのなかから、特におすすめできるBtoC向けCMSを厳選して紹介していきます。

EC-CUBE

EC-CUBE
出典EC-CUBE

「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築システム「ECKit」をもとに、2006年にオープンソース化されたECサイト向けCMSです。無償でダウンロードできるオープンソースソフトウェアでありながら、国内で開発されたことから日本語マニュアルが用意されており、3万店以上のショップが利用するなど、国内トップクラスのシェアを誇ります。

その人気の秘密は、充実した基本機能のほかにも豊富なデザインテンプレート、ポイント機能、SNS連携、スマートフォンアプリ対応、BtoB専用機能などが標準で備わっていること、800を超える豊富なプラグインを活用した機能拡張が容易なこと、自在にカスタマイズを施せる柔軟性にあります。

5万人以上が利用するユーザー・コミュニティが形成されており、自力でカスタマイズする際にヒントを得られるネットワークとして活用するのも可能です。また、ECサイトの構築を支援するインテグレーター、越境ECサポートなど、EC-CUBEを取り巻くパートナーネットワークも強力。予算に余裕があれば、パートナーの豊富なノウハウを自社ECサイトに活かせます。

オープンソースのダウンロード版のほかにも、クラウド環境で手軽にECサイトをはじめられ「ec-cube.co」も展開。ニーズによってさまざまな手段が選択できます。

Magento

Magento
出典Magento

「Magento(マジェント)」は、全世界で25万以上ものECサイトが利用するECサイト向けオープンソースソフトウェアです。もともとは、Zen Cartなどの導入・カスタマイズを手がけて、ロサンゼルスに本拠を持つManento社が開発したCMSであり、多言語・多通貨へ対応することから越境ECに最適なCMSとして高い評価を得ています。無償提供されるオープンソース「Magento Community Edition」のほか、商用版として有償ライセンスが付与される「Enterprise Edition」「Enterprise Cloud Edition」も用意されています。

Magentoの大きな特徴は、なんといってもマルチサイトをひとつの管理画面で管理できることでしょう。もちろん、複数ドメインであっても問題なく管理でき、複数のプロモーションサイトをひとつの管理画面で管理できるのはもちろん、ひとつの管理画面で英語・日本語・中国語、それぞれで異なるサイトを管理するのも可能です。越境ECで高い評価を得ているのも頷けます。

豊富なテンプレートデザインで美しいECサイトを構築できるのはもちろん、10万人にもおよぶ開発者コミュニティが存在し、機能拡張できるプラグインも豊富に用意されています。一方、基本的にコミュニティは英語になり、関連のサイトも英語が多いため、英語に苦手意識を持つ方にとってはややハードルが高いかもしれません。

SITEMANAGE Commerce

「SITEMANAGE Commerce」は、1989年に広告代理店として創業した株式会社シフトが、2012年に販売開始したプラグイン型CMS「SITEMANAGE」をもとに、ECサイト構築に特化した機能をパッケージングしたCMSパッケージです。サイト・ユーザー・バナー・ショッピングカート管理や商品管理・在庫管理・FAQはもちろん、アクセス解析などのECサイト運営に必要な機能をパッケージ。ベーシックなままでも不足のないECサイト運営を可能にします。

もちろん、必要な機能を追加できるプラグイン型ならではのオプションも多数用意。ページ・メール配信・ポイント・レビュー・クーポン・SEO・売上集計管理機能まで、80以上用意されたプラグインを必要に応じて追加するだけで、理想のECサイトを構築できます。

テンプレートを利用したデザインの自由度はもちろん、カスタマイズの柔軟性も確保。サイト内の全文検索、BIツールとの連携、オートレコメンド機能、入荷通知メール、ソーシャルログイン機能、オムニチャネル対応などの多数のカスタマイズ実績も安心できるポイントでしょう。外部システムへの連携や、マルチサイトライセンス取得による、複数サイト管理も可能です。

EC-Orange CMS

EC-Orange CMS
出典EC-Orange

「EC-Orange CMS」は、ロックオンが開発したオープンソースCMS「EC-CUBE」をベースにしたパッケージCMS「EC-Orange」に、さらにCMS機能を追加したECサイト特化型パッケージソフトウェアです。ベースとなったEC-Orangeは、BtoB、BtoCのほかにも、実店舗のPOSレジ機能を提供するOrange Operationと連携できるパッケージもある高機能ECサイト構築システムとなっており、単純にEC-CUBEにプラグインとサポートを追加したパッケージではありません。

さらにEC-Orange CMSは、コンテンツを素早く簡単に作成するための工夫が満載なのが特徴だといえるでしょう。自社の既存ページを再利用したい場合は、webブラウザに表示されたページを取り込み可能、そのまま自動で編集画面を生成してくれるため、変換作業を減ることなくそのままコンテンツを作成できます。再デザインもコーディングも必要ありません。

通常のCMSでは、編集画面とプレビューを行き来しながらコンテンツを作成しますが、EC-Orange CMSではそれも不要。編集している画面がそのままブラウザに表示されるため、スピーディーなコンテンツ作成が可能です。Facebookページの自動更新、Twitterの自動投稿を実現するソーシャルメディア連携とともに、タイミングを逃さない更新で顧客とのエンゲージメントを高められるでしょう。

Welcart

Welcart
出典Welcart

「Welcart」は、世界でもっとも利用されているCMSである「WordPress」で、ECサイトを構築できるようにするオープンソースのネットショップ構築プラグインです。WordPressはもちろん、Welcartも無償で提供されており、インストールするだけで会員機能、クレジットカード決済機能、クーポン発行機能、受注の一元管理・CSV出力が可能になり、ECサイトを素早く構築できます。

基本となるテーマはレスポンシブ対応のシンプルなものですが、オンラインストアからニーズにあわせたテーマを手に入れるのも、拡張機能を備えたプラグインを手に入れるのも自在です。たとえば「WCEX DLSeller」をインストールすれば、WordPressでダウンロード販売をはじめるのも、価格変動に対応するのも可能。もちろん、オープンソースCMSのため、世界最大のコミュニティを活用し、自分好みのECサイトへと、じっくりカスタマイズを施すのも難しくありません。

ECサイトをWordPressで構築できるWelcartの大きなメリットは、世界中で利用されているCMSを使えるというだけでなく、SEOに強いWordPressをCMSとして使えることにあるといえるでしょう。

CS-Cart

CS-Cart
出典CS-Cart

「CS-Cart」は、ロシアで開発されたECサイト向けのCMSであり、もともとはオープンソースとして無償提供されていましたが、現在はBtoC向けのCS-Cartスタンダード版としてパッケージ販売されています。ショッピングモールを構築できるCS-Cartマーケットプレイス版も存在し、多言語・多通貨対応の越境ECとして高い評価を得ています。

オールインワンパッケージとして豊富な機能を搭載したCS-Cartスタンダード版は、独自のルックを表現できるデザイン機能、複数ショップ管理機能、会員機能、SSL対応、ショッピングカート、カテゴリー管理、在庫・商品管理はもちろん、クーポン・ポイント・キャンペーン・レビューなどのマーケティング機能も搭載。豊富に用意されたプラグインで機能を拡張するのも、デザインテンプレートを追加するのも自在です。

ドメイン・サーバを用意して独自に構築するライセンス販売はもちろん、月額料金でサーバ・サポートも提供されるサーバプランも用意され、ECサイト構築に関するさまざまなニーズに対応可能です。

「どんなECサイトにしたいか」をよく考えてからCMSを導入しよう

「どんなECサイトにしたいか」をよく考えてからCMSを導入しよう

ECサイトを構築する、とひとことにいってもさまざまな手段があり、そのためのソリューションも豊富に用意されているのがおわかりいただけたのではないでしょうか?そのなかでも、幅広い用途に対応可能で、比較的リーズナブルに、しかも自由にECサイトを構築できるCMSは、規模を問わずにショップ経営を考えている方に有効です。

しかし、オープンソースCMSではサポートが得られないため、ECサイトの構築・運営のすべてを自己責任で行わなければならず、カスタマイズを施すためにはそれなりの専門知識が必要です。一方、パッケージCMSではサポートが得られる一方、高額な導入費用やカスタマイズ費用が発生する可能性も排除できず、必要ない機能が付随してくるケースもあるでしょう。

自身がどのようなECサイトを構築したいのか?まずはこの点を明確にし、CMSソリューションの特徴を見極めて選択するのが重要です。

たとえば、一般的なCMSのカスタマイズでは、理想とする機能が得られないと感じるのであれば、web制作会社にECサイト開発を依頼するという手もあります。フルスクラッチであれば法外な金額がかかってしまうかもしれませんが、CMSをベースに開発するなら現実的な価格に収まるでしょう。その場合は、きっとアイミツが制作会社を選択するための強力なサポートを提供できます。お気軽に問い合わせてみてください。

“ホームページ制作”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono