システム開発における「テスト」は何をどのタイミングでやるべきか

更新日:2017年06月20日 | 公開日:2016年09月08日

システム開発で開発業者が顧客から開発を依頼されたときの大まかな流れは次のようになります。
(1) 顧客と開発業者で仕様を決定
(2) 開発業者が設計、製造、テスト
(3) 成果物を顧客が確認
(4) 完成品の納品

最近では、テストを多く繰り返すアジャイル型の開発が主流になってきています。
この記事では「テスト」に焦点をあててシステム開発の方法を整理します。

「ウォーターフォール型」はゴールに沿って返ってくるもの

ウォーターフォール型とは、システムの開発を「基本計画」「外部設計」「内部設計」「プログラム設計」「プログラミング」「テスト」という工程に分け、基本的に後戻りをしないで納品までこぎつけます。しかし、この後戻りしない、というところが少々誤解されているところもあります。実際にはウォーターフォール型開発は下記のように、「テスト」をしながらV字を描いて最初の地点に戻ってきます。

最初のフェーズで行った「要求定義」(こんなシステムがほしい)という部分を最終テストの「受け入れテスト」で検証し「本当に欲しかったシステムができているか」を確認します。

「基本設計」時のシステムの中身に関する動作のテストは結合テストとも呼ばれ、予定通りシステムがプログラムとして動いているかどうか、を確認します。

「詳細設計」はインターフェースなどの外部設計部分と、内部のデータベースなどの論理的な部分をバラして開発し、それぞれが単体として機能しているかどうかをテストします。

ウォーターフォール型は、開発工程では前の工程には戻らない前提であることから、滝の流れにたとえてウォーターフォールと呼ばれていますが、実際にはV字で戻っているのが図から分かります。

「アジャイル型開発」は何度もテストを繰り返し前進する

出典テストのイメージ

アジャイルとは「すばやい」「俊敏な」という意味で、「反復」 (イテレーション) と呼ばれる短い開発期間単位を採用することで、開発のリスクを最小限にしようとする開発手法です。

途中段階で、クライアントに完成品を見せながら「テスト」を繰り返すので、ウォーターフォール型のように、最終納品前に「え? こんなシステム頼んだ覚えないよ!」という悲劇が少なくなります。

アジャイル型のソフトウェアテストの場合、短期間(例えば2週間)に「範囲の要求の決定、実装、テスト、修正、リリース」を行い、オッケーであれば次に進むという形でテストをクリアしていきます。

プロトタイプモデルは「テスト」済みの試作品を完成させる

制作中

プロトタイプモデルは、その名の通りプロジェクトの最初に完成システムの試作品であるプロトタイプを作り、それを発注者に「テスト」してもらって順次システム開発を進めていく開発技法です。

順次進めていく手法なので、最初に設計をして一気に開発を完了させるウォーターフォール型と違うのは理解しやすいと思います。では、さきほどのアジャイル型とはどう違うのでしょうか?

アジャイル型は、一つの完成品ができた時に、次の方向性を残った課題の中で優先順位を付けて再構築します。プロトタイプモデルは、クライアントが「テスト」済みの試作品を完成品にしていく開発プロセスです。ゴールが決まっているという点では、むしろウォーターフォール型に近いといえるでしょう。(プロトタイプモデルと比較したアジャイル開発の特徴については「ソフトウェア開発の代表的な2種類の手法を知って自社の案件に最適な外注先を選択しよう」 などもご参照ください)。

【まとめ】テスト方法から開発会社を選択へ

以上「テスト」という点にフォーカスをあてて、ウォーターフォール型、アジャイル型、プロトタイプ型の開発手法を検討しました。どのタイプでもテストは重要な開発プロセスの一部ですが、その重点が違っているのがおわかりいただけたと思います。

ウォーターフォール型では、最初に頼んだことがきっちり出来ているかをテストで検証することが主眼です。また、アジャイル型ではテストをするということ自体がゴールの方向性を決めていくことになります。そしてプロトタイプ型では、テスト済みの試作品を提示してそれを仮のゴールとして開発を進めます。

開発先がどれが得意かというよりも、どんな形でテストをしたいかによって、最適な開発先を選ぶという態度が、システム開発を成功に導く重要なポイントです。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください