無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年7月29日

ECサイト構築の費用相場はいくら?方法別に解説【2022年最新版】

ECサイトの市場規模やEC化率は毎年右肩上がりに成長を続けており、コロナ禍による消費動向もその成長を後押ししています。現在ECサイトの構築を検討しており、どのくらいの費用がかかるのかを知りたい方も多いでしょう。
当記事では、ECサイト構築の費用相場をはじめ、外注がおすすめである理由や、構築費用に関する注意点について解説していきます。

【関連ページ】
あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ECサイト構築を依頼できるホームページ制作会社一覧

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

ECサイト構築の方法と費用相場

ここでは、主要なECサイト構築方法の概要や特徴、メリット・デメリット、費用相場についてそれぞれ解説します。作成したいECサイトによって適した方法も異なるため、まずはどのような構築方法があるのかを把握しておきましょう。

モール型ECサイト

モール型ECサイトとは、楽天市場やYahoo!ショッピング、AmazonといったECモールが提供するシステムを利用してECサイトを構築する方法です。自前のECサイトを持つのではなく、ショッピングモールのテナントのように、モールのプラットフォームを借りてECサイトを出店する形態となります。
モール型ECサイトのメリットは、モールが持つ集客力や、販促イベント、提供されるツール・システムを活用できることです。初期費用をかけずに短期間で手軽にECサイトの運用をスタートさせることができます。内製する場合は、10万円前後の初期費用でECサイトを構築することも可能です。
一方で、サイトの構築は提供されるシステムの範囲内となることや、モールのルールや規約の制限を受けること、毎月の利用料・ロイヤリティが発生するというデメリットがあります。

オープンソース

オープンソースとは、無料で公開されているECサイト構築システムのことです。誰でも自由にカスタマイズしながら利用できます。オープンソースのメリットは、初期費用や月々の利用料金をかけることなくECサイトを構築するできる点。カスタマイズの知識や技術さえあれば、コストをかけずにクオリティの高いECサイトを完成させられます。
その反面、サポートが提供されていないため、トラブルやセキュリティ面の対策はすべて自己責任です。技術的障壁をいかにクリアするかが重要となる構築方法であるため、すべての企業におすすめできるわけではありません。しかし、社内に専門のITチームやエンジニアチームを有している場合には検討してみる価値があるでしょう。

ASP

ASPとは、クラウドで提供されるECサイト構築・運用のためのサービスのことです。ECサイトの構築・運用に必要な機能がまとめて提供されており、専門知識がなくてもブラウザ上で手軽にECサイトを構築できる点が大きなメリット。ASPの利用には月額費用が発生しますが、構築する際の費用は10万~100万円程度と比較的安価です。短期間でECサイトを構築できるため、自社で内製を行う場合にも適しています。
しかし、手軽さ・利便性に優れている反面、提供されている機能の範囲内でのサイト構築となることや、カスタマイズ性に乏しいことがデメリットです。ASPによるECサイト構築は、高度なECサイトや独自性の強いECサイトを求めない場合や、ECサイトの構築・運用に不慣れな場合に比較的おすすめの方法だと言えるでしょう。

パッケージソフト

パッケージとは、ECサイトに必要な機能がパッケージングされたECサイト構築システムのことです。ECサイトの構築・運用に必須の機能が標準で搭載されており、カスタマイズ性にも優れているのが大きな特徴。開発工数を削減しつつ、独自性の高いECサイトや大規模ECサイトをスムーズに構築できる点が大きなメリットです。
一方で、モール型EC、ASP、オープンソース等の構築手法等と比べると初期費用や運用費用が高額であることがデメリットだと言えます。パッケージでECサイトを開発するコストは、サイトに求める機能や要件によって異なるため、ベンダーに問い合わせないとわかりません。一般的には、数百万円~1千万円程度が構築費用の相場です。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、ECサイトのデザインからシステム、インフラ等を含めてすべてをオーダーメイドのオリジナルで開発することを言います。独自に開発を行うためデザインや機能の制限がなく、自社が求めるECサイトを自由に構築できることが大きなメリットです。外部システムや自社システムとの連携、機能の追加・拡張も自由に行うことができます。
一方で、すべて独自に開発を行うため構築費用が非常に高く、工数も長いことがデメリットです。フルスクラッチでECサイトを構築するには、サイトの規模や仕様にもよりますが1千万円以上の莫大な金額が必要であるため、基本的には資金力のある企業向けの手法だと言えます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

ECサイト構築は外注がおすすめな理由

自社の要望どおりにECサイトを構築するには、内製を行うよりも信頼できるWeb制作会社への外注がおすすめです。ここからは、ECサイト構築を外注するおすすめの理由について解説します。

仕上がりがハイクオリティ

まず、Web制作会社にECサイト構築を外注するメリットとして、ハイクオリティな仕上がりに期待できることが挙げられます。Web制作会社には専門的なスキルを有するWebディレクターをはじめ、WebデザイナーやWebエンジニアといった人材が揃っており、設計からデザイン、機能実装まですべてを任せることが可能。自社に専門的な知識やスキルを持つ人材がいなくても、Web制作会社がECサイト構築の目的や要望、意図を汲み取って高品質なサイトを構築してくれます。
また、ECサイトは一度立ち上げたら長期的に運営していくことになるため、スムーズにトラブルなく運用するためにも、はじめからプロに任せるのがおすすめ。万が一の際にも頼れる相手となります。

最低限のリソースで問題なし

ECサイト構築を内製する場合は、企画をはじめ、設計、開発、テスト、リリースまでのすべてを自社で行うこととなり、膨大なリソース(時間・労力・人員)が必要となります。その点、Web制作会社に外注すれば、プロジェクトのほぼすべての工程をWeb制作会社が担当するため、最低限のリソースで済ませることが可能です。
ただし、完全に丸投げする形では満足度の高いECサイトを構築できない場合があります。クオリティを担保するためには、依頼時の打ち合わせや進捗の確認、リリース前のチェックなど、要所での介入を積極的に行うことが重要です。

ECサイト構築の費用について注意したい3つのポイント

ECサイト構築を外注する場合には、当然ながら費用が発生します。ここでは、ECサイト構築の費用について注意しておくべきポイントを解説します。外注を検討している方は、発注前にぜひチェックしておいてください。

予算は前もって組んでおく

ECサイト構築を外注する際には、以下の理由から、あらかじめ自社が用意できる予算を算出しておくことが重要です。

・予算の範囲内での見積もりを取得できる
・予算の範囲内で相見積もりを比較できる
・予算の範囲内で実装できる機能のラインがわかる
・不必要な機能の搭載によって費用が高くなるのを防ぐ
・追加費用の発生や予算不足に陥るのを防ぐ

見積もりを依頼する際に予算を伝えておくことで、不要な検討を行う手間と時間を省ける上、費用面でのトラブルも防ぐことができます。予算に応じてスムーズに外注先を決めるためにも、事前に予算の算出は行っておきましょう。

見積もりはきちんと確認する

見積もりを取得する際には、総額だけでなく見積もりの内訳を細かく把握しておくことも重要です。必要な機能や要件を満たせているか、どの工程にいくらの費用がかかっているのかを把握するため、また、追加費用や別途費用が発生するのを防ぐためにも詳細の確認は必須。見積もりの内訳を把握しておくことで、制作工程や費用に関するトラブルを回避できる上、自社に適した外注先も選びやすくなります。
表面的な見積もり金額だけで判断すると思わぬトラブルを招くことがあるため、必ず内訳も確認しておくようにしましょう。

価格だけで制作会社を選ばない

ECサイト構築を依頼するWeb制作会社を決める際には、相見積もりを取得するのが効果的な方法です。そこで重要となるポイントが、単に価格と作業内容のみを比較してWeb制作会社を選ばないこと。「熱意があるか」「提案内容は具体的であるか」「対応は迅速丁寧であるか」「実績・実力は十分であるか」などの点についてもチェックしておく必要があります。
外注先選びで失敗しないためにも、金額面だけでなくコストとパフォーマンスのバランスを検討しながら依頼先を選ぶようにしましょう。

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

【料金シミュレーター】あなたのしたいECサイト構築の相場感がわかります

アイミツでは、ECサイト構築費用の相場感がわかる料金シミュレーターを無料で公開しています。必要事項を入力するだけで簡単に相場を把握できますので、ECサイト構築を検討している方はぜひご活用ください。

【まとめ】ホームページ制作会社選びで迷ったらアイミツへ

完成度の高いECサイトを構築するのであれば、専門知識やスキルを有するWeb制作会社への外注がおすすめです。そして、外注で失敗しないためには、ECサイトの構築手法による相場を把握しておくことや、見積もりを取得して内容を確認しておくことが重要です。

自社の要件を満たしてくれる外注先がわからない方や、外注先選びに自信がない方は、ぜひアイミツまでご相談ください。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。いつでもお気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイト構築を依頼できるホームページ制作会社一覧

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!