システム開発における標準化はなぜ必要なのかを理解しておこう

更新日:2017年06月20日 | 公開日:2016年09月08日

システム開発において「標準化」というと、システムを組む上での設計やプログラミングの話になります。
なので、発注側の自分には関係のないことだと思っている方もいるのではないでしょうか?

たしかに技術的な面で標準化はプロジェクトの効率化や失敗の回避の為には欠かせませんが、システム構築における「標準化」とは外注先とのやり取りやプロジェクトの進め方や品質管理などの標準化になります。
つまり「プロダクトマネジメントの標準化」もあるのです。

「プロダクトマネジメントの標準化」のメリット・デメリットとは

パソコン

「プロダクトマネジメントの標準化」のメリット・デメリットを検討する前に、まず「プロダクトマネジメント」とは何かについて整理しておきましょう。

システム開発の納品物は、もちろん製品(商品)です。この導入部分に関して、品質を一定以上に保ち、ミスのない形でシステムが稼働することに対する責任は開発側企業とともに、発注者側にも責任があります。

一般的なシステム開発のプロセス

システム企画

現状システムの問題点を洗い出して、どんな仕組みがほしいのかを開発側に伝えます。

要件定義

発注者の現状業務やシステムを分析し、業務要件とシステム化要件を定義します。 発注者側の要求は、システムを設計する際には、まだあいまいだったり、矛盾があったりしますが、ITコンサルタントやSEが実現可能な要件を定義する工程となります。

概要設計

基本設計、UI(ユーザインタフェース)設計とですので、どんな画面、帳票(レポート)が欲しいのかなどを的確に伝えます。

詳細設計

開発側で発注者の要望に沿ってシステムの中身を設計します。

プログラミング

プログラム設計書に基づき、プログラムを作成する工程です。

単体テスト

作成したプログラムをテストしたり、機能を検証したりする工程です。

結合テスト

各プログラムをつなげて機能レベルのテストを行います。

運用テスト

発注者が実際に現場で使えるかを検証します。

運用保守

システムが実際に動いた後、障害対応やユーザの追加要望に対して対応しながら、システムの運用や保守を行っていく工程です。

上記のプロセスの中で、純粋に開発側だけにまかせておけるのは、下記のフェーズのみとなります。

開発側だけに任せてできるもの
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • 単体テスト
  • 結合テスト


上記以外は、システム開発の要望を出して開発側と一緒に仕様を作ったり、納品物を受け入れるためのテストを行ったり、実際に運用を開始したりと、むしろ発注側がメインといえる作業が多いのです。

先ほどのプロダクトマネジメントの定義に合ったように、たとえ外注を使うにせよ「製品の開発から導入、製品ライフサイクルマネジメントまでの流れを管理する」のは発注側である自社が主役だということを忘れないようにしましょう。

プロダクトマネジメントを成功させるには適切な標準化が必要

メモを取る人

発注した製品を間違いなく意図通りの納品をしてもらうためには、プロダクトマネジメントの標準化が欠かせません。行き当たりばったりで口約束で発注したり、いい加減なテストをしていては、プロダクトマネジメントは成功しないことは明らかです。

プロダクトマネジメントの標準化には下記のようなフェーズがあります。

成果物の標準化

どのような成果物を作るかを定めるために、ドキュメントのテンプレートや記述の規約を用意しておき、共通の管理体型を作ってドキュメントをファイリングしていくことが大切です。

作業の標準化

RFP(Request For Proposal=提案依頼書)は誰がどんなプロセスで作成するのか、関係各部署のヒアリングはどんなプロセスでどんなドキュメントに落としこむのか、開発会社との窓口は誰が行い日報はどのように記録するかなどについて、社内で規則を作っておきます。

テスト体制の標準化

テストに誰が立ち会うのか、最終的な責任者は誰か、テスト項目の妥当性をチェックする体制をどうするか、テストが予定通りパスしなかった場合どのような対応を求めるか、などについて規則を作っておきます。

【まとめ】製品を作るのは外注先でも品質を決めるのは発注側

以上、システム開発を成功させるために発注側でも整備しておくべき「プロダクトマネジメントの標準化」について整理しました。製品を作るのは外注先であっても、その納品物の品質の良し悪しを左右するのは発注者側であることを忘れないようにしましょう。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください