無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月22日
更新日:2022年3月22日

生産管理システムとは?機能やメリットを解説【2022年最新版】

モノづくり企業にとって、生産管理は業績を大きく左右する業務の1つ。どんなに技術力が優れていても、どんなに付加価値の高い製品を形にできたとしても、受注の手続きや在庫管理にミスが頻発しているようでは、取引先からの信頼は得られません。

またExcelや紙の帳票で原価を計算したり、出荷手配を行ったりしていると、ノウハウが社員個人のスキルや経験則に依存してしまい組織全体の生産性にマイナス影響を及ぼします。

そうしたミスや属人化を防ぐためには、生産管理システムを導入するのが近道。今回はシステム開発などさまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、生産管理システムの概要や機能、メリットを詳しくご紹介します。ぜひご一読ください。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。

システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき
システム開発を依頼できる会社一覧

生産管理システムとは?

生産管理システムは、資材の調達や製造、在庫管理といった製造業の業務を横断的、一元的に管理するためのシステムです。

個別の機能については次章で詳しく解説しますが、取引先や顧客からの受注データを取り込んで在庫数と照らし合わせたり、製造に必要な資材の数、仕入れ時期を自動で算出したりすることが可能。製造現場の生産性アップに大きな効果を発揮します。

たとえば、創業70年以上の歴史を持つある老舗金属加工メーカーでは、バーコード読み取り機能の付いた生産管理システムを導入した結果、在庫管理や出荷における手作業のミスが軽減。クライアントからの発注にスムーズに応えられる体制を構築し、デイリーの納品率100%を達成しました。

ちなみに生産管理システムはERP(Enterprise Resource Planning)システムと混同されることがありますが、ERPは販売や財務会計まで包括的にカバーする業務用システムのこと。

それに対して生産管理システムは、あくまで生産・製造工程の改善・最適化に特化したシステムです。基本的に財務指標の分析、債券・債務の管理といった機能は搭載されていません。

生産管理システムの機能

ここからはより具体的に、生産管理システムに搭載されている一般的な機能について、業務上どんな効果が見込めるのかメリットとあわせてご紹介します。

2-1.生産計画

1つめは生産計画。生産管理システムのコアとなる機能です。過去の販売データや在庫状況、現場の稼働率といったデータをもとに、「いつ」、「なにを」、「どれくらい」製造すべきかプランニングし、在庫不足や過剰生産を未然に防ぎます。

製品によってはガントチャート機能も付いており、資材・原材料の調達から出荷まで、スケジュールを1つの画面で視覚化することも可能です。

2-2.資材管理

こちらも生産管理システムの中核を成す機能の1つ。生産計画をベースに、製造に必要な資材や原材料の数や仕入れ時期を算出します。

あわせて原材料の調達先の選定、仕入れ価格のシミュレーション・調整などを行うこともでき、製品によっては調達管理、購買管理とも呼ばれます。うまく活用すれば、製造の効率化とあわせて仕入れコストや人件費の削減にもつながるでしょう。

2-3.在庫管理

在庫品の個数や保管場所を入力・一元管理できる機能です。

在庫管理機能を活用することで、顧客や取引先からの発注に対していくつまで在庫でまかなえるのか、残りいくつを製造すべきなのかが明確になる上、出荷の際のピッキング作業や棚卸し作業を効率化できます。

また個数や保管場所とあわせて、製造年月日や賞味期限のデータを紐づけられる在庫管理システムも少なくなく、製品の劣化防止、廃棄率の改善などにも効果を発揮します。製品によってはロットトレース機能という名称が付いていることもあるようです。

2-4.工程管理

製品ごとの製造スケジュールとあわせて、ステータス、作業完了予定日などを入力し、工程に遅れはないか、不足している資材や部品はないか一元的に把握・管理するための機能です。

製品によってはライン別や部署別の作業実績を集計することも可能。納期遅れを未然に防ぐだけでなく、工程改善にもつながります。工程管理機能を活用しながら、リソースの再配分・最適化を進めている製造関連企業も少なくないようです。

2-5.原価管理

製造に必要な原材料や資材の価格(仕入れ値)を個別に管理する機能です。この機能を使って原価をデータ化しておくことで、取引先から見積もり依頼を受けた際に、スムーズに対応できるようになります。

また、製品をつくるにあたって何が必要で、いくらかかるのか誰が見ても明らかになるため、使い方次第では業務標準化、属人化の解消にもつながるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

生産管理システムを導入する際のポイント

続いて生産管理システムを導入する際のポイントを簡単にご紹介します。のちのち後悔しないためには、どんな点に気を配るべきなのでしょうか?

3-1.目的を明確にする

まず何より大切なのは、導入の目的を明確にすること。最初にも触れたとおり、生産管理システムは製造工程の改善・最適化を念頭に置いて開発されており、メーカーや工場における業務のすべてカバーできるわけではありません。

そういった意味ではあくまでツールの1つであり、何のために、何をどこまでシステム化するのかきちんと定めた上で導入するのが大切です。

「生産計画に問題はないけど、在庫の数え間違いが頻発している」、「出荷数は以前と変わらないのに、利益率が低下している」といった場合は、在庫管理や原価管理などに特化した簡易的なシステムを導入するのも1つの方法だと思います。

3-2.使い勝手に目を向ける

生産管理システムは管理部門のスタッフを中心に、製造に関わる多くのスタッフがほぼ毎日利用するツールです。画面がわかりにくかったり、データを処理する際の動作が重かったりすると、即生産性の低下につながっていまいます。

既成の生産管理システムを導入する場合は、忙しいときでもストレスなく操作できるか、使い勝手をしっかりチェックしましょう。

3-3.従業員に周知する(導入の理解を得る)

ほかの業務用ツールと同様、せっかく費用をかけて生産管理システムを導入しても、システム上にデータが蓄積されなければ前述のような機能は活かせません。そういった点では上記2点とあわせて、現場スタッフの理解を得るのも大事なポイントの1つ。

とりわけ職人肌のベテラン従業員が多いメーカーや工場の場合、システムというだけで反発を招いたりすることもあるので、事前にガイダンスや説明会といった場を設け、会社としての業務課題、導入の目的をしっかり説明するのが大切でしょう。

生産管理システムを導入するメリット

最後は生産管理システムを導入するメリットについて、あらためて大きく2つにまとめてみました。

1つは、製造プロセス全体を最適化し、生産性を高められる点です。前述のとおり、生産管理システムの多くには資材管理機能を生産計画機能が搭載されており、仕入れコストを管理しながら、いつ何をどれくらい製造すべきなのか、的確にジャッジできます。

もう1点は、人件費の削減が期待できること。在庫管理機能や工程管理機能をうまく活用すれば、ピッキングや出荷の際のオペレーションを効率化した上で、人手の足りない業務に必要なリソースを再分配できるようになるでしょう。

まとめ

今回は生産管理システムの主な機能や導入メリットについてご紹介しました。

アイミツではみなさまからのご相談を無料で承っています。ご予算・ご要望を承った上で複数のシステム開発会社をご紹介し、まとめて見積もりを取ることも可能です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発を依頼できる会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!