システム開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

オープン系のシステム開発とは?汎用系と徹底比較!

オープン系システム開発とは

更新日:2018年04月19日 | 公開日:2017年05月23日

オープン系システム開発とは、技術的な仕様が公開されているOS、周辺機器、ソフトウェアなどを自由に組み合わせてシステム構築する手法で、主な仕事は業務系アプリケーションの開発です。

現代のビジネスでは業務効率を上げるために、PC環境を充実させていくことは重要な課題であり、必要であれば自社でシステム開発をして業務効率改善を目指します。

システム開発にはオープン系、汎用系といった種類がありますが、同じシステム開発でもそれぞれ求められる知識、技術は全く異なり、その専門性の高さからエンジニア募集の際はそれぞれ別に行なわれるほどです。エンジニアにとってはこうした区分は半ば常識ですが、一般的にはあまり馴染みがありません。

私たちがシステム開発を依頼するときには、それぞれの専門家に依頼をする必要があるので、こうした違いについて詳しく知っておく必要があります。

そこで、今回はオープン系のシステム開発について特集を組み、汎用系との違い、費用、注意点、将来展望、業者の選び方などをご紹介します。これからシステム開発をされる方はどうぞご注目下さい!

汎用系システム開発の特徴

汎用系システム開発の特徴

システム開発ではオープン系に対して「汎用系」と呼ばれるものがあります。汎用系システム開発とは、汎用機という大規模なコンピューターのシステム開発のことを意味しています。

汎用というのは「1つのものを幅広く用いること」といった意味なので、オープン系に対してクローズド系なら理解できますが「汎用」というのはピンとこないかもしれません。ここで言う汎用系とは、オープン系に対立するものではなく、むしろそれ以前の計算専用のコンピューターに対してつけられた言葉で、それまで目的別にハードウェアを変更する必要があったのですが、汎用系は1台のコンピューター上で全てを処理できるようになったことからそう名付けられました。

近年ではコンピューターの小型化が進んでいますが、今でも膨大なデータを扱う大企業では大規模コンピューターが使われ、その保守・再構築は汎用系システムによって行なわれています。汎用系システムを利用している業種はいくつかあり、例えば金融機関や保険会社は、重要な個人データを膨大に取り扱っていますが、データ処理が滞りなく行われているのは汎用系システムのお蔭です。そのほか、大手流通のPOSシステム、運輸業界の座席管理などは汎用系の技術が使われています。

汎用系システムは大規模かつ重要情報を取り扱うことから独自開発され、プログラミング言語もCOBOJやPL/Iが使用されています。この辺りはオープン系と大きく異なり、これからシステム開発をお考えの経営者の方にはオープン系の方が縁があるでしょう。

オープン系システム開発の特徴

オープン系システム開発の特徴

オープン系システム開発の費用

オープン系システム開発の費用は汎用系に比べればリーズナブルです。なぜなら、汎用系では汎用機と言われるハードウェアが必要ですが、オープン系では汎用機に当たる部分をパソコンで代用できるからです。

パソコンで代用出来ると言っても、利用するのは私たちが日ごろ使っている個人用PCではなく、24時間稼働の高性能サーバーです。しかし、PCのOSを使うことは可能で、汎用のための開発も不要となるので、汎用系に比べれば圧倒的にコストダウンできます。また、プログラミング言語もJAVAなどを使うので、オープン系を手掛ける開発会社は多く、その点でも高品質な製品をよりお得に手に入れられるでしょう。

オープン系システム開発の注意点

オープン系システム開発は開発会社ごとに得意、不得意分野が分かれます。

オープン系システム自体は在庫管理、顧客管理、会計、営業支援といった業務にニーズがあり、効率化をするほどコスト削減、本業への集中が可能となります。こうした業務はエクセル管理もできますが、自社仕様でシステム開発をすれば業務効率は飛躍的に上がります。

しかし、開発会社はオールラウンドにどの業務もできる訳ではなく、ある会社は顧客管理が得意、別の会社は営業支援に特化しているなど必ず特徴があります。

システム開発に際しては自社の業務環境に合ったシステム開発をすることが先決なので、そのニーズを満たせる開発会社を選ぶことが肝心です。発注の際はコミュニケーションを、柔軟性がありヒアリングをしっかりしてくれる会社を選びましょう。また、トラブルへの対処も必要となるので、できるだけ経験豊富な開発会社に依頼をすることをおすすめします。

オープン系システム開発の将来展望

オープン系システム開発の将来的な展望は、次の2つの理由で明るいと言えます。

・コスパの向上
オープン系システム開発は、コンピューター所有の総コストであるTOC(Total Cost of Ownership)を減少させることでコスパが向上している点です。パソコン自体は年々機能が向上し、ハードウェア、ソフトウェアなどのコスト、関連する人件費は下がっているので、オープン系システム開発の導入費用、維持費用についても安くなります。

・豊富なパッケージの活用
オープン系システム開発の現場では、製造業、小売業、サービス業など業界ごとにシステムがパッケージ化された製品が用意されています。また、顧客管理、営業支援、経理・会計など業務別のパッケージも用意されています。こうした豊富な製品を上手く活用すれば、競合他社に勝てるシステム開発を行うことが可能です。

オープン系システム開発業者の選び方

オープン系システム開発業者の選び方

オープン系システム開発は費用面でのメリットがあり、将来的にも有望です。オープン系システム開発をすると決めて業者に依頼をする際は、ぜひ2つの点に気をつけて下さい。

サポート体制が充実しているかをチェックする

オープン系システム開発業者を選ぶときは、サポート体制について十分チェックしましょう。オープン系システム開発では複数ベンダーのシステムを組み合わせるので、従来のシステムと比べて、トラブルがおきたときの原因究明や対処が難しい面があります。

汎用系であれば一つのメーカー、もしくはその子会社が開発を行いますが、オープン系はメーカーによる一元管理ができません。よって、トラブルの際に複数ベンダーのシステムの検証を行ってくれる業者を選ぶのがベストです。

システム開発業者を選ぶときは、そうしたオープン系独自のリスクを想定し、サポート体制がニーズに見合ったものかどうかよく確認することをおすすめします。

ビジネスプロセス改善への対応をしてくれるか

オープン系システム開発業者を選ぶときは、単にシステム開発をするだけでなく、ビジネスプロセス改善に対応してくれるかどうかもチェックしましょう。

オープン系システム開発は、業務効率化および競争力の向上のために導入をする側面があります。ビジネスプロセスは時代と共に変わるので、システムも最新のものである必要があります。より良いシステムを導入すれば業務効率は改善されるので、それだけ高い競争力を身に着けることができるでしょう。

そのため、システム開発業者を選ぶ際は、自社の業務フローをどのようにしたらより効率化できるか、一緒に考え、より良いアイデアをシステムに落とし込んでくれる、そんな対応をしてくれる業者がおすすめです。

【まとめ】オープン系システム開発が企業を成長させる

【まとめ】オープン系システム開発が企業を成長させる

いかがでしたでしょうか。システム開発にはオープン系と汎用系がありますが、汎用系は大規模なシステムを導入するときに適しており、これからシステム開発をする方の大半はオープン系が対象となるでしょう。

オープン系システム開発は汎用系に比べれば費用もリーズナブルで、高品質なシステムを手頃な価格で手に入れることが可能です。また、将来的にもコスパの向上が期待でき、業界ごとの豊富なパッケージを活用することで業務効率化を実現し、結果、高い競争力の獲得とさらなる成長も夢ではありません。

ただし、オープン系システム開発業者は会社によって得意、不得意があるので、発注の際はその開発業者の持ち味をよく理解して、自社のニーズにマッチする会社を選ぶことをおすすめします。また、オープン系システム開発は複数のベンダーのシステムを組み合わせるので、トラブルの際に原因究明が難航することが予想されます。そうした事態でも十分なサポートが受けられるかどうかを事前にチェックしましょう。さらに、自社のビジネスプロセスを改善してくれるようなシステム開発をしてくれる業者であれば鬼に金棒です。

オープン系システム開発業者を選ぶ際は、ここでお伝えしたことを踏まえて、最適の業者を選んで下さい!

“システム開発”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono