無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月29日
更新日:2022年3月29日

システム開発におけるプログラミング言語とは?【2022年最新版】

ITシステムはプログラミング言語をベースにできています。開発者に言語の知識が必要なのはもちろんですが、そうでない依頼側もプログラミングに関する基礎知識を理解しておくと開発をスムーズに進められるでしょう。本記事では、システムの構築に欠かせないプログラミング言語についておさらいしていきます。ぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。

システム開発の費用・相場
システム開発会社一覧

システム開発の工程をおさらい

まずは、システム開発において発生する工程についておさらいしておきましょう。大きく分けて、「要件定義」「設計」「プログラミング」「テスト」「実装」という手順で行われます。
クライアントと開発会社が必要な機能を要件定義の段階ですり合わせ、定義書を元にシステムを設計。設計書の指示に沿ってプログラミングを行い、動作テストで問題がなければ本格実装に移行します。

システム開発とプログラミングの違い

システム開発とプログラミングは同義語として扱われることもありますが、厳密には意味合いが異なります。以下でそれぞれの定義について確認しておきましょう。

システム開発の特徴

システム開発は、プログラミングも含めた一連の作業のことを指します。システムを開発するすべての工程がシステム開発であり、実装後の維持管理も含まれた意味合いで用いられることが多いです。
複数の業務がシステム開発の中で発生するため、基本的にはプロジェクトごとに1つのチームとしてシステム開発に取り掛かります。

プログラミングの特徴

プログラミングは、システム開発を行う際に、設計書にもとづいて構築するプロセスのことを指します。システム開発の手順の1つとして重要な役割を果たしており、担当するのはプログラマーです。
システム開発というとプログラミングだけがイメージされがちですが、実際には多くの作業工程があり、複雑なフローによって構成されています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

システム開発におけるプログラミング言語とは

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、開発するシステムに応じて使い分けられています。ただし、近年ではいくつかのプログラミング言語が集中的に採用されることも少なくありません。
代表的な言語としてはJavaやPython、PHPといったものが挙げられます。これらのプログラミング言語は非常に汎用性が高く、扱えるエンジニアも豊富であることから、人材の確保が比較的簡単です。システムを開発する際には、こうした主流のプログラミング言語を採用することで、開発の難易度を下げることができます。開発コストや維持管理の負担も抑えられるため、適切なプログラミング言語を選ぶことが重要です。

プログラミング言語の種類

プログラミング言語は、大きくプログラミング言語とスクリプト言語の2種類に分けられます。ここからはそれぞれの運用方法の違いについて理解を深めていきましょう。

プログラミング言語

一般的にプログラミング言語と呼ばれているものは、コンピューターを制御し、特定の目的に従って動かすためのシステムを構築する目的で利用されます。いまやロボットの制御をはじめ、アプリ開発、AI運用など、その活用範囲はますます広まっていくばかりです。
開発目的に沿って多様な言語が各領域で運用されており、構築方法やコマンド内容も大きく異なるため、言語ごとに学習を深める必要があります。

スクリプト言語

スクリプト言語はプログラミング言語の一種で、比較的簡単に習得できるよう工夫されている点に特徴があります。アプリケーション開発を得意とするものが多く、ほかのプログラミング言語に比べて記述が容易です。
簡単にソフトウェアを構築できるため、多くのシステム開発の現場で採用されています。代表的なものはJavaScriptやRuby、Pythonです。

システム開発の流れ

システム開発の手順は上でご紹介したとおりですが、開発アプローチには複数の方法があります。従来主流とされてきたのはウォーターフォール開発と呼ばれるもので、これは要件定義から実装、テストにいたるまで、決められた順番で不可逆的に進めていく手法です。あらかじめスケジュールやコストが可視化されているため、マネジメントが容易であることから、システム開発において長年用いられてきました。
ただし、突然の仕様変更などに弱いという課題を抱えていることから、近年ではアジャイル開発と呼ばれる手法が好まれる傾向にあります。アジャイル開発は大まかな方向性に基づいて、機能ごとにチームを組んでシステムを組み立てるという手法で、コミュニケーションが取りやすく柔軟性とスピードに優れている点が特徴です。

言語の選定時に考えるべきこと

プログラミング言語を選ぶ際は、そもそもどのようなシステムを必要としているか、という点から検討を進める必要があります。WebアプリケーションであればJava、業務アプリであればC#といったように、ある程度言語には向き不向きがあるため、開発したいものに合わせて選定を進めましょう。
ただし、近年では使用するプログラミング言語をあらかじめ一本化するケースや、現場の状況に応じて選定される場合も多く、システムを開発する環境次第で使用言語が変わる可能性もあります。外注する際は、よほどのこだわりがない限りは、システム開発会社に使用言語を任せた方がスムーズに開発を進められるでしょう。

まとめ

今回は、システム開発におけるプログラミングの役割についてご紹介しました。プログラミング言語には多くの種類があり、それぞれ得意分野も異なります。各種言語の特徴を正しく把握しておくことが重要です。

アイミツでは、あなたが必要とするシステム開発に最適なプログラミング言語を扱うシステム開発会社をご紹介できます。システム開発にお悩みの際には、ぜひお気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の費用・相場

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!